2018年07月23日

たまには引きこもろう

西條です。
夏になりましたがまあ暑いね。ものすごく暑い。みんなきれいに日焼けしている。
異常気象なのかどうなのかほんとのところは僕にはわからないけれど、いつもよりよっぽど早く暑い夏が来た。

西日本の雨はひどかった。そちらに友人や親戚が住んでいるわけじゃないので情報見ることしか出来ない。インターネットでは報道されていない被災状況。個人で上げたらしい画像や動画から感じるすさまじい雨の脅威、濁流の怖さ。もう、少し前の話になっているけれど、この暑さでの復興作業は大変だけれど。被災して頑張っている方々の情報を読んで、自分だったらどう乗り切ればいいかを考える。

僕は最近少し弱っているみたいでその昔でいうヘタレな感じになっている。なんだかとっても辛く感じる時もあり、その原因がなんなのかいつも考えている。答えが複数あり、解決策もあるんだけれど、ちょっとした思い切りが必要なので、それを考えてまた辛くなってしまう。すごく嫌な感じだ。明るくいられない。

こういう時は昔から、なるべく弱音を吐くようにしている。
僕は弱音を吐くのを恥ずかしいと思ったことがない。といってもその原因を言うのは確かに恥ずかしかったりするのでそれはあんまり言わない。弱音というより、弱音に近い愚痴のようにしてボロボロと人にぶつけるみたい。ぶつけられた方は少し迷惑な顔をしている。だけど多分、世のおじさんは皆似たり寄ったりで言えばスナックに誘われそうな感じで。

しかしながらそのおかげでちょっとづつ回復していく、力を借りてわざと忘却させるわけで。奥底にしまったことすらも忘れるまで粘る。

まあちょっと物事をまじめに考えすぎていたようで、
キャパオーバーになったのだと思う。そういうの数十年ぶりの感覚。
やばいと思ったら最悪逃げちまったほうがいい。逃げたように見えてそれは世間的にそうでも本人からすれば会心の攻めかもしれない。

そんなわけで、どうなろうと自分一生懸命やってるんで、それでだめっていうならダメでいいですと思うことにしたし、もう付き合いたくない人とは無理に付き合う気はないので、気も使わない、と十数年前に決めたのに、今改めて思う、、、
ということは、その感覚を忘れていたのか、と悟り、
つまりはこの間そう思わない時間を過ごしていたわけで、
そのことに感謝すべきだなあと。

少しネガティブな日誌なので、他に明るいこと書きたいことあったのだけれど、また今度にします。今は少々引きこもるか、という感じで。こういう感じだと、何気ないニュースにも若いころみたいな少し敏感な感覚で接することが出来るみたいで。歳を食ったふりをしていたのかも。

乗り越えられない試練を神様は与えない、という言葉がありますが、
僕は乗り越えられない試練を神様はよく与える、と思っています。だからって神様を信じてないわけでもありません。宗教家ではないんだけれど、神様って、いた方がいい気がしています。ただ長渕剛も歌っていますが、さい銭箱に100円玉入れたら、つり銭出てくる人生がいいとも思っています。自分は何を一番求めているのかをいつも覚えておきたいのです。それを見失いそうになると、引きこもるわけです。だからたまには引きこもろう。世の中狂っているのだから。

不思議なことにこうなると創作意欲も感覚も敏感になります。そしてせっかくの夏なので楽しく過ごしたいわけです。暑くって全然外に出られないんだけれど。月末は海の予定。

2018年05月16日

買い物が高い

西條です。
上の子が来年小学生という事で、ランドセルを見に行ったんですが、まあ高いね。。。
7万円とか。。。いいもの買おうとしているわけでもなく、そこらへんがスタンダードみたいで。でもお店でその機能とか質感とか、そこに至る苦労とか、聞くと、なるほどと。最近のランドセルは僕の小学の時と比べると進化している。
いかに背負いやすく、それが6年間持続できるかを追及。こだわり。親の気持ちをよく理解しているんだなあ。いい姿勢で6年間を全うしてほしい。

携帯電話が壊れたので、一日かけて一番安く機種変する方法をお店で検討。もちろん乗り換えも検討したが最終的には乗り換えずが一番安いという事に落ち着き、一括でiPhoneを購入。10万円近い。。。まあ機能聞いたり試しに触ったりすると納得するんだが、高い。いつからこんなに携帯電話が高くなったのだろう。まあiPhoneて電話っていうよりマックなんでしょうけど。今は幼稚園も職場の連絡もlineで、スマホは必須だが、高い。これ以上だと買えないでしょ、そうそう。値段頭打ちなんじゃないかなそろそろ。そうであってほしい。。

そんなわけで来年に向けて財布のチャックをしっかりしめておきたいのですが、今年は夏が早そうなので、遊びに行く予定も早く決めないといけないきっとクラゲも早く出る気がする。下田まで下りて行こうかな今年は。

この前「レディ・プレーヤー・ワン」を観た。
スピルバーグ直撃世代の40代半ばの僕としてはラストにかけていろいろなつかしくて涙が止まらなくなってしまった。VFXではなくSFXだった時代のハリウッド映画は夢の塊。人間模様を描く良作も多くあり、香港のアクションも全盛期を迎え、映画が世界で一番最高の存在であった。
僕自身も夢がたくさんあって、夢をたくさん信じた時期だった。一周回って子どもの頃の僕の観ていた映画を再度考察して楽しんでみたいなと思った。

「レディ・プレーヤー・ワン」当時の映画ファンの心をくすぐるものとして、デロリアンが一番目立つ場所にいるが、他にもいろんなものやポーズやオマージュが出てくる。それでも一番心にくるのはラスト近くに出てくる部屋だった。物語の舞台となる仮想世界を作ったハリデーという人の幼少期の部屋で、テレビゲームや宇宙がそこにはあり、現実逃避と言われても何かに夢中になっている内気な少年の部屋で、そんな場所をよく映画の中で僕は見ていたなとなつかしくなり、その部屋をおそらくいろんな人と映画を通して共有してたんだろうとも思った。そのいろんな人は日本だけではなく世界であったのだろう。

悪者のソレントが拳銃を構えて主人公を襲おうとしたときに躊躇する、という展開の描き方も、極めて懐かしく感動的だった。ここ最近こういうの見てなかった。
ストーリー自体はたいした話ではない。しかしそれは「宇宙戦争」や「激突」を監督して最後まで面白く見せきる監督の演出力でカバーされちゃっている。ディズニー映画だったらこうはいかないんだろうな。

この映画は作品的にはそれほど高い評価も得られないだろうし、心にも残らないものかもしれないけど、その当時夢中になってそっちの映画を見ていた人達にとっては最高のプレゼントになっている。ロストジェネレーションの特権かな。昔マイキーやマーティやジョン・コナーだった人は見るときっと楽しい。

そんなわけで、再度確認した。
僕の作る作品、作りたい作品は、ゴテゴテに作ったものから少しリアルが垣間見れればそれでいい。多分僕はそこに価値を見出している。作り物ってものに魅力を感じるわけで、やはりファンタジーを描くことが出来ればそれでけっこう満足しちゃうんだろう。どうりで「土井さんの不幸」みたいな作品ができたわけだ。と10年くらい経って今さら気づいた。ファンタジー作りたい。うん、こうしちゃおられない。しかしミッドタウン日比谷は劇場にたどり着くまでの道のりが長い。

日比谷でみたいだけれどまあミッドタウン。エスカレーターで劇場まで上がるのが大変です。大きな商業施設ってなんで真ん中に吹き抜けがあってそこにエスカレーターがあってそのエスカレーターがイオンとかリビンみたいに交互に乗りやすくなってなくてぐるぐる回らなきゃいけなくなっているんでしょう。その方がほかの店を観る機会が出来るからなんでしょうけど、急いでるときは面倒だ。尚且つそんな買い物が高そうなお店に入る懐の余裕は僕には無いんだぜ。歳は取ったが夢がいっぱいの頃と今と使える額はそこまで差があるわけじゃないんだぜ、ロストジェネレーションなんだぜ、とね。
でもここも誰かの思いが詰まって出来たものだろうから、高くてもみんな集まってくるんだろうと思う。天使の羽やiPhoneもね。

2018年03月22日

春に冬

西條です。
昨日春に冬、梅咲く道に雪がふりましたね。
びっくりしましたが、春といってもまだ三月なわけで、雪が降ってもおかしくはないっちゃないですが、このところ暖かかったので意外っちゃ意外。思わず子供と一緒に外に出かけ、盛り上がってビールとかワインとか買ってアサリの酒蒸し作ってもらって。

そんなわけで、先日友人の上映会に行ってきました。
青山の洒落た空間。何年も前にそこで定期的にライブしている人を知っていて、名前だけは知っていた空間。行くのは初めて。丸い席に丸いテーブルに。ステージ。なんか久々に上映の会というものに来た感じ。

友人は自身が撮った作品と撮ってもらった作品とこれから編集する作品と。友人の友人が撮った短編と。詩と朗読と。といろんな要素があって楽しかった。ほとんどの人が酒を飲んでいるのに僕はコーヒーを注文していた。酒飲みながら映画って見らせないのだ僕は。トイレ近くなっちゃうし。

今年は人の作品を見に行く機会が増えそうなんだけど、やはりいい刺激になる。
空間をマネージメントする人たちは悩みもあるんだろうが今の仕事に満足している感じがして見てて楽しかった。僕も将来はこういうマネージメントもやってみたいなと思ったり。
友人と話をしたかったが時間が無いし、たくさんいる中で順番待つのも得意ではないので後々メールで。いい役者を見つけられて収穫だった。

昨日は昔から西條組の作品にかかわってもらっている役者さんの芝居を見に行った。
まさに雪の中。そこそこ雨に変わっていたけれど。雪の日の僕は傘が煩わしくて差さないんだけれど雨になると傘が欲しくなる。雪は払えばいいのだけれど、雨はそのまま濡れちゃうから困る。

久々の下北。フードを被るとぬれた路面の光が目立って見える。昔見てたアメリカのB級映画を思い出す。よくわからないんだけれどアメリカのB級は路面がぬれて光が反射している画が多い気がしてる。

何度か誘われ入っている劇場は以前より椅子が良くなっていたのかとっても座り心地が良くて初日でもあり、雨の影響もあってゆったり。といってもそこそこお客さんは入っていたんだけれど。芝居はよくあるワンシチュエーションの悲喜こもごもなんだけれど。バイオレンスでもなくセクシーでもなく男女のすれ違いを描いていただけで、それでけで面白かった。
何度か観ている劇団。女性の演出家、脚本家だからか、女性の感覚が強く、女からするとこういう男は嫌で、なんでこういう時にそんなこと言うのかな、もしくは言わないのかな、とか。こういう男には弱い、とか、女からするとこういう女はとても嫌でこういう女は好き、とか、そういうのがなんだか押し付けることもなく、伝わってくるのがこの劇団の魅力なのだろう。

人とのかかわりというものを少し考えた。穏やかにいい人たちといつも一緒であれば、
ストレスもあまりなく、やりたいことも素直に言えて、やれる環境を作る努力も前向きにできるだろう。ろくでもない人たちと一緒であれば、いつも焦らされて、プレッシャーも掛けられて判断も誤ってしまうだろう。力いっぱい作ったものは褒められても次を作る気力まで使ってしまっているかもしれない。なんにしても人なのだ。我が強い人もいつか環境を求めるようになる気がする。世の中は一人ではできないことがとても多い。孤独と一人という言葉の違いも考えた。いかにも春らしい感覚である。東京の雪はこれで終わりだといいな。自転車乗りづらいし。

人の作品を見るといい刺激になる。この芝居もすごく刺激になるものだった。
最近ひどい作品にあたらなくてうれしい。自分も人に面白いと言ってもらえる作品を作りたいなあ。

新しいPCはなかなか快適なんだけれど、まだわからないところがあるので使いこなせてない感覚。ウィンドウズ10がよくわかっていないんだろう。SSDはほんとに早くてびっくりする。今までの起動にかかる時間は何だったんだろう、SSDすんげえ早い。キーボードも変えたので打ちやすい。この日誌も早く書けている。便利なものやいいものを選択することはいいことが起こるってことだね。と単純に思うことにする。

  My Yahoo!に追加
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

カテゴリー

2018年07月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ