« 2021年01月 | メイン

2021年03月に書かれた日誌

2021年03月22日

スマホっくび

西條です。春の風、春の雨。少々人を不安にさせるまとわりつく湿気。
桜は今週満開の予報。新学期。新生活。季節は生き物に関係なく更新し、僕らは追いつこうと歩く。新型コロナは少し感染者が落ち着きだした、との認識。地方は記録更新。子供が春休みになっても実家に帰れるのかどうか直前までわからない。しかしここまで来ると、なんだかもう不謹慎ながら慣れ始めてきて、感染したことが無いからとわかっているのだが。やはり気の緩みは自然と出てしまう。いかんのう。手洗いだけでもちゃんとしなければのう。

濃厚接触者の定義がマスクをつけないで近距離で15分以上話していた人、と言われた。
となると家族くらいしかいない。外食しなければそれくらいだ。と考えると結構動けるが、密閉されたところはやはりまだこわい。軽傷でもなりたくない。ご飯がおいしくないというのは結構つらい。手洗いとマスク。不必要なところを触らない。と自分に確認し、久しぶりに池袋に行った。

池袋。ていうかコロナ禍になってから街になかなか出ていない。
前行ったのはいつだったのか。そろそろ旅行土産でもらった財布がくたびれてきたので、閉店するマルイにでも行って新しいものを買おうかなと。なんか理由つけて街に出たいなとも少し思っていて。

昼間、電車に乗るとマスクをしている人99%。1%マスクをしていない。乗客のほとんどは若者。池袋につく。変わらない風景。まあ何年も来ていないわけではないし。マルイまでの道。エスカレータを登って芸術劇場方面。交差点。歩くと一等地なのにシャッターが下りている店舗が多数。ああ、これが今であるか。こんな一等地がシャッターになるのか、と思いつつ。マルイも閉店するわけだからここら辺の一体どうなっていくのだろう、願わくば思い切り再開発してもらって活気のある一角になってくれるとうれしい。東武デパートには頑張ってほしい。と歩きながら思いつつ。マルイの中へ。

マルイも僕が若いころとくらべて、 といってもかなり前になるのか・・・
変わったところと変わらないところがあって、って当たり前か・・・
階を上がるとお客さんの数も減り、でも財布売り場は家族連れがいたり。
吟味したがあんまりしっくりくるものがなかったので、東武へ移動。あいかわらず僕の買い物の仕方が小さいころから変わらないな、と少し嫌になりつつ東武でまだしっくりくるものが無く、パルコに移動。イシバシでピックだけ買ってハンズにでも行ってみようかなと移動。歩く街。やっぱ相変わらずな感じ。でもちょっと閑散としたような。

ハンズも久しぶり。どんだけ小道具材料を買いに来てないんだ、と気づく。
久しぶりのハンズは相変わらず魅力的だ。いろんなものが売っている。ネット社会からスタートしていない僕はどうしても現物みないとそこに魅力を感じずらい。なんていうか、商品が何かしらの雰囲気を纏っている時がある、店員さんもしかり。少し高くても店員さんの雰囲気で買ってしまうことが僕はよくある。楽しくなったら買ってしまうというか。世の中はいい商品がとても多く、選択肢が多い中での決め手はそんなところだったりする。

財布コーナーを物色し、よさそうなものを見つける。新学期、新しい生活がちょっと見える。
下の子も4月から小学校。すごいことに今の小学校性は皆ノートパソコンが支給され、段階的に教科書がそこに収納されるとのこと。タッチペンで算数を説いている。漢字を書いている。
パスワードを忘れるとPCの中に入れなくて宿題が出来ない。充電は毎日する。グーグル。ギガスクールなんだって。・・

これが次世代の人間を育てるやり方なのか、いやただ単純に勉強の仕方が変わっただけなのか、結果はどうなるかわからないが、人類の英知、インターネットによる情報の共有、学習は着実に生活必需品となり、衣食住に匹敵しかねないのだな、と思わせられる。まあそんな流れ。新しい時代。

Ζガンダムを全部見た。バンダイチャンネル、サブスク。全50話。
なぜ見たくなったのか、それはこのコロナ禍の中でふと、自分はいい加減な過去がいくつかあるなと気づいたためである。まあ時間があるからそんなことをかんがえたんだろうけど。記憶違いや思い込みはまだいいとして、よく知らないのに知ったように思っていることが少なからずあり、その一つはタイムリーに見ていたはずのΖガンダムであった。複雑な設定とかっこいいモビルスーツ、子どもの頃はいくつもプラモデルを作ったし、その話の半分は思えているが、半分はまったくわからないまま適当に自分の中に経験したものとして半端にある、ときづいてしまったのだ。

だからって愕然としたわけではなく、これから更に歳を重ねていく中で、いい加減な過去をそのまま忘れてしまうほど、僕は強くない、と随分前からわかっているため、今一度半端をなくそう、ちゃんと自分の過去にしよいう。と思ったのだ。と書くとなんとも、ただの中二病じゃないのさ、とも言われてしまうが。半分あってる。もう半分は先に進めない感を払しょくしたいがためのトライなのだ。

そんなわけで50話全部見ました。
まあ、ぶっちゃけ面白かったしラストも知っていたので心構えありのため冷静だったが、とにかく第一話から全く説明が不親切で何がどういう関係なのか全然わからんし、主人公のカミーユはのっけからキレやすい若者で少々心に狂っている部分もあり、戦争の世界だからか、とになく体罰あるわ男性上位だわ大量虐殺あるわ子供は死ぬわで、これ子供向けではないでしょ、と・・・幸か不幸か僕らはそれを利用して成長してきたところもあるけれど。まあとにかく今と全く価値観の違う世界、当時はそれがまだ実社会を席巻していたのも思い出した。

説明の不親切さはツインピークスに匹敵するなと思えたが、描こうとする戦争の理不尽さと、子どもが巻き込まれる過酷な状況を描いていたことはとても胸に突き刺さり、やはり戦争は世紀の愚策なのだと改めて思った。

その後流れで見始めたダブルΖは前半のコメディ要素が賛否分かれるところとなり評価が分かれているようで。僕は何とも言えないないが、とりあえずΖと比べると登場人物のファッションがいきなり明るくなっている。ファッショナブルな若者の中にアーガマのクルーが入ると途端に地味さが目立つ。あの当時、時代は速い速度で変わっていたのだ。

そんなわけでスマホで50話見たらその数日後、とんでもない頭痛に苛まれ、なんだろう、これは、と思っていたらどんどん首が痛くなり、むち打ちのごとく首が回らなくなってしまった。どうにも苦しく日常生活に支障が出るくらいになったので、調べてみると、すまほねっく、ストレートネックなる症状らしい。同じ姿勢でスマホを見過ぎて首の筋肉が猫背のまま固まってしまう症状。まあ正直結構きつい。
それから体操をして、なんとか首の筋肉をもとに戻す努力をしました。今はすっかり治っているんだけれど、皆さまスマホで長時間視聴するはやめましょう。Amazonプライムで幕末太陽傳デジタルリマスターを見たのもいけなかったのかもしれない。

コロナ二度目の春。緊急事態宣言解除。身についた感染予防法とスマホネック予防法で新学期乗り切ろう。戦争反対。まだまだ生きるぞ

About 2021年03月

2021年03月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2021年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.