« 2017年03月 | メイン | 2017年05月 »

2017年04月に書かれた日誌

2017年04月24日

春は寒い毎年

西條です。
花が散ってこれからゴールデンウィーク。いつも春は寒い。
春なので暖かい服とか考えたりしてもやっぱりまだ寒くてなかなか着る機会がなくて、すぐ夏になる。
青いジーパンと一緒に青いシャツも買ったんだけど、まだ一回しか着られていない。
まあシャツなら夏でも着れるけど、もどかしさがね、春っぽい。

そんなわけで、今年の春はまだ寒い。気をつけないとすぐに風邪をひきそう。
寒さと花の儚さが秋と一緒で寂しい、だからついつい思いつくお話があったり思い出す嫌な出来事があったり、出会いと別れがあったり、夏の計画とか、子供の成長とか、焦らされる。時間は限られている。世界は回る。

最近世紀末的な話を考えている。世界の終わり話みたいな。
ずっと僕は世紀末的な話は見る分には面白く見てたんだけれど、自分で作りはしなかった。
自主映画は結構この類が多く、少し食傷気味になった時期もあった。ノストラダムスが嘘ですっかり世紀末は北斗のマッドマックスでしかなくなったと思っていたが、ここ最近はそんな世界の終わり話を自分でも作ってみたくなってきた。なぜなんだろう。東日本大震災は画面とは比べ物にならない恐怖と不安と悲しさで、どこまでも逃げていきたいのに逃げる場所がなくて助けられなくて無力で一杯で、そんな現実を描く映画なんか全然見る気がしなかったし、それは今も変わらないので多分そっちを描きたいわけではないんだろう、もっと漠然とした不安感というか、多分僕はそんな漠然した不安感になんだか襲われているのかもしれない。春だからだろうか。いや多分戦争ってものがホントに対岸の火事じゃなくなってきたからなのか。

多分そんな時代遅れの策をアジアで起こすなんてメリットがどこにもないので、
きっと戦争にはならないのだろうけど、それでも誰かが死んでそれを止めることが出来ずに、
いい国ニッポンと言ってることがなんだかリアル不安。とか言ってもこの不安の正体はそんなくそ真面目な理由ではなく単純に老化による体力の減退や子供のちょっとした反抗的な態度や、休日の使い道がわからなくなりつつあることとか、そんな日常のむなしさからきているのかもしれない。ピンポイントじゃなく広い範囲で体の中を覆っているモヤンモヤン。これは解消したい。五月病になる。

そんなものつくりには好都合な感覚を抱きつつ、
最近ラインのCMソングでキリンジが歌う「エイリアンズ」という曲を聴いています。
ラインのCMは人波を歩く能年玲奈が振り返るというイメージCM。キャラクターも照明も今時な感じで、昔だったらホントに新宿とかの人ごみの中で振り返ってマクセルとか言いそうな懐かしさもあっていいんだよね。そのCMのソングのキリンジのエイリアンズって曲、結構検索されているみたい。いいものはかならずいつかみんなのハートをつかむものだ。

キリンジって聞いたこと全然なかったのだが、オフコースみたいだな、と思った。いや僕がオフコースを好きなだけで、その時代のサウンドに近いってだけだ。PVもフィルム使ってその時代風なつくりにしてる。その時代のサウンドが今聞くととても新鮮だと気づいた。しかしラインモバイルのCM、CMとしてはなんだか商品が伝わってこないので、つかみ的なものとしては成功してるけど、lineモバイルってだからなんだろう。なにが他より秀でているのだろう。

今年になってlineをちょっとやりだして、最近になってスタンプというものを買い始めた。
検索するといろんなものがあって飛び出したり音が出たりしてスタンプってものすごく面白い。
けど買ったはいいが送る人がそんなにいないことに気づく。lineつながりを増やしたいなと40過ぎにして思った次第。

さすがに目が悪くなったので、メガネを買うかと眼鏡市場にいった。
眼鏡なんてレーシック手術してから掛けてないので、30過ぎから掛けてない。
ということは10年以上掛けていなかったわけか。小さい頃眼鏡少年だったのだが、すっかり眼鏡無しの生活に慣れているしわずらわしさはわすれていないのでちょっと残念。でもやっぱ劇的に見えるねレンズ越し夜の街。それでも僕の大脳はあまり世間をしっかり見たくないのか、そのうち今の視力までワザと落としにかかってくるとは思う。うーん、左効き目が0.05すげー落ちてる。

そんなわけで今年もいろいろと変わっていくのだろうけれど、楽しく愉快に生きることが目標。
戦争反対。世界の終わりを描く可能性あり。

About 2017年04月

2017年04月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年03月です。

次のアーカイブは2017年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.