« トッポ40本 | メイン | 春は寒い毎年 »

トッポ40本

西條です。
そろそろ春ということで、お花見のシーズン。
毎年土日が休みってわけでは無いので、人の誘いにはなかなか行かれませんが、
家族では毎年ちょっとは行っている。公園が真横なので。

このところ、鼻がむずむずし、くしゃみも出ます。
つまり花粉症です。しかしそんなに大した症状ではなく、極めて微妙に花粉症。
本格的にやばいひとには申し訳ない程度。でも昨年よりひどくなっている感、おそらくは歳を追うごとに徐々に徐々に。花粉症はなるときは一気にその症状になると思っていたのだけれど、そうじゃないなら上限がわからないので怖いですね。そういえば昔花粉症の猪を追うシナリオを書いたことがありました。未だにあの話は面白いと思っています。それはさておき。

もう先月のことですが、
ロウ・イエ監督作品「ブラインドマッサージ」を見てきました。
非常に斬新でエキセントリックで中盤の映像なんかとっても新鮮だったのだけれど、
どうもカメラワークと映画館の温度にやられたのか途中で気持ち悪くなってしまった。
もともと車酔いとか激しいタイプなのだが映画でも手持ちまくっているものとか面白く見ているんだけれど途中でダメになってしまうときが結構ある。

うーん、残念。。。でも一緒に見た人と帰りの電車で話し、やっぱりためになる作品だったなあと思う。
話の運びや豆腐メンタルな院長とかはいいとして、映像と音がとても斬新で新鮮だった。なんて、この監督の作品でそんな印象なのは初めてである。

今年は子育てばかりに集中するのではなく、夫婦ともども外に出よう。もちろん子供も一緒に出られるときも増やそう
と思っており、唐突に家族全員で原宿にピザを食べに行ったり、雪深い温泉で一泊したり、映画見に行ったり飲み会行ったり、デビッドボウイイズに行ったり、国立に研修に行ったり、うずまきさんの撮影にちょっとだけお邪魔したりしてるんだけど、ほんとそろそろ車が無いとしんどいかもしれない。

とはいえペー&パードライバの僕に運転できる自信は無く、とはいえ自信はあとからついてくるかもしれないし、とはいえ車買える金があるわけでもなく、駐車場どうすんのって感じだし。でも人生において車の運転が出来ないなんて損という気持ちが無いわけではない。

ようするに迷っているですが、運転技術は多分大丈夫として、道路の構造がさっぱりわからなくていつも自信がなくなってしまう。言うとそんなの慣れだって言うんだけれど、慣れる前に事故ったらどうしようというネガチブ思考。でもいいよね、あこがれちゃう、青い空に白い雲に青い海に赤い太陽見に行くか今からなんて言えたら。しかしなんでこう二の足を踏むのか、本当の理由も実は知っている。車の運転があんまり面白いと感じたことが無いのだ。面白いと思う人ならちょっとでも余裕があれば車と共にあるのだろうけど、僕はそこまでのロマンと実感が無いのである。楽しいというか必死なんだな、それが僕は運転できないもっとも大きな理由なのだ。だから取り合えずこの前テレビでやっていた映画「ワイルドスピード」を観てみた。

すげーおもしろしれーこの映画と感動してしまった。
主人公の警察官がもうこの世にはいないのかと思うと残念である。
ヴィン・ディーゼルって目が綺麗なんだなと初めて知った。今年はなんとか車に乗れるように自分を追い込んでみたいなと少し前向きになれた。やはり悩んだときは映画だ。

誕生日を迎えた。おめでとう僕。ありがとう世界。
あらためて世界は狂っているんだなあと思う今日この頃。欲も悩みも不安も尽きませんが、瞬間的に喜怒哀楽を出せるかどうかとそれを後悔しても二日後には引きずらないことですね。それは強メンタルですが強がりメンタルでもいいのかと思いました。よくよく考えればみんな大事なことに対してはメンタル豆腐なはずだ。しかし豆腐メンタルなんて世の若者のセンスに感服する。

そんなわけで目指せ50代ですが、なんとか髪の毛を維持することも目標の一つです。
世界のどこかで自作を上映したいし、その前に作らなきゃいけないけど、いろいろ欲しいものもまだあるし、やっぱり欲は尽きない。だからまだいけそうだと思えています。嫁が誕生日タルトケーキを作って、バキバキに折ったお菓子のトッポを40本、ケーキの随所に刺し、真ん中に2と書いたロウソクを立ててくれました。だからまだいけそうだと思えています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年03月13日 23:14に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「トッポ40本」です。

次の投稿は「春は寒い毎年」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.