« この一ヶ月 | メイン | よだれを狙え »

今年もあと数ヶ月

西條です。
九月。久しぶり日誌、いかがお過ごしでしたでしょうか?
僕は相変わらず育児な毎日を過ごしていますが、とにかく残暑に負けそうです。
残暑。すんげえジリジリ来ますな、今年の残暑熱。
あんまり雨が降らなかった印象の東京。明日降るとか降らないとかの予報。照り返しが毎日まぶしい。
海に行きたいが今年はいけない。去年、原発事故が心配だったが海行っておいて良かった。
育児は大変、毎日トライアンドエラーで格闘しています。
来年は子供と一緒に海外に行くのが夢だ。

この前フェイスブック経由で中学時代の友達から連絡があった。
ほんとこんなことってあるんだなあと。
僕は小さい頃から引越し族で長野県の中をあっち行ったりこっちしていた。
とはいっても記憶にある土地はそこまで多くはないのだが。
松本の記憶はあまり無い、飯田市くらいから記憶がある。その頃保育園。小学校で長野市、中学校で岡谷市、高校でまた長野市、大学で東京、それから家族は松本、佐久と移動し、その度帰省の度に新しい長野県を見せてもらった。

中学時代は岡谷市。もっとも刺激的な時期だった中学の頃は、今もたまに思い出す。
学生服っを始めてきた歳。初めてメガネをかけた歳。初めて映画を意識した歳。
いいことも悪いこともあったけど、全部ひっくるめて好きな過去の時間帯。

長野県の真ん中にある諏訪湖を中心に展開するあの場所は、
峠からおりてくる風でとても寒く、あまり雪は降らないのだが、一回降ってしまうとなかなか溶けてくれない、つまりはアイススケートの盛んな場所である。
北信州の12歳には方言もきつく、最初は何言ってんだか全然わからなかった、友達もみな態度がはっきりしていて、キャラが立っている人が多かったような。そんな人しか印象に無いからそう思うのか。

少年時代。ファミコン全盛期、カセットテープ、CD、スピルバーグ、イカスバンド、おにゃん子、少年ジャンプ、なめ猫。さびたフェンス、砕けた縁石、でかくてなにやら音がするんだけど何作ってるんだかわからない工場、橋の上の蛇、メッコールの自販機、たまり場のゲームセンターとロッテリアのジュークボックス。初めてのコンビニ。

そんな原風景から、突然メッセージが届いたのさ
同級生。同窓会でちょっとだけニシジョウは何をしているのか、という話になりネットで検索したら出てきたということらしく、フェイスブックでメッセージをくれた。

メッセージは残念なことに「その他」に入ってしまい通知をされないまま一ヶ月が経っていた。
気づいたのはPCでアクセスしたときになんとなく「その他」を開いた時だった。一ヶ月経っての返信は申し訳なかったがそれでもその返信に返信をしてくれて皆の近況も知ることが出来た。意外な人が意外な職に付いていたりして、でもみんな地元を離れないで就職している様子。僕も最近は遅ればせながら子供が生まれた。メッセージをくれた友達の子供はもう中学生で、父親と同じ中学に通っている。つまりは僕の後輩だ。と、、、と、歳を食ったなあ僕ぁ。

そんなわけで懐かしい気分で残暑。
育児奮闘中だと他に何にも出来なくなるので、こういったネットでの会話が外とのつながりとしてとても重要になる。とはいえ僕はまだ全然自由なんだが、嫁は本当にかかりっきりで大変だ。しかしおっぱいを上げられるのはうらやましい。僕もそれさえ出来れば、かなりのエキスパートになれる気がするのに。

残暑の中育児。育児の合間に仕事。仕事の合間にシナリオ。シナリオの合間に違うシナリオ。と寝る間も惜しんでいるのだが、全然映画館に行く時間がない。それでもまあしかたない。頭の中はバランスが取りづらい状態が続いているが、それでも僕はフックを掛け変えながら生きていくのだ。

ロンドン五輪も終わり、高校野球も終わり、終わったと思ったら尖閣だ竹島だタバコ増税だというわけで。とりあえずシナリオは全然進んでいないんだが、あーだこーだしているのは歯痒いんだけど楽しい作業でもある。結局のところ、何をしたいんだ僕は、という模索をナナメ45度見ながらやる。ストーリーはあっち行ったりこっちいったりしている。そのうち、ああこういうことがやりたかったのかと思う。さらにストーリーはあっちいったりこっちいったりする。そしてキャラクターがまた増えたり消えたり。いつものことだけど、まとまった時間が無いので定まりづらいのはしょうがない。牛歩のごとくだが、大学時代の先生は、とにかく毎日一行でも書いていることが大事だと言っていたのでそれは今も守っている。

段々お父さんになってきちゃった。子供見てると一瞬で一日が終わる。しかし後悔が無い。子供のカリスマ性は本当に恐ろしい。うーん。保険のこととか決めなきゃいけないこと沢山あるんだけれどもね。
来週から予防注射が始まる。
任意のものも全部受けるつもりなのでスケジュールがかなり立て込んでしまい、風邪なんか引いたらまずいので気合入れて気をつけないといけない。が一番大変なのは子供である。一日に3本も注射打ったことなんか無いよ僕は。

うーんしかし可愛いねわが子って。この子が20歳になるころ僕は還暦近い、若い頃に子供作っておけば良かったなぁとつくづく思う。その分映画は沢山作ったか。いつか一緒に観るか?
_IGP0210-1.jpg

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年08月26日 12:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「この一ヶ月」です。

次の投稿は「よだれを狙え」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.