« 春が近い。 | メイン | 価格.comな僕 »

春のポップコーン

西條です。
久々に日誌なんぞ書きますねえ書いてないときはシナリオ書いてるか、一応生きてはいます。
そんなわけで、そういえば、引越ししました。
区は変わらず。部屋変わる。
初めて引越し業者に頼んでみました。今回は二人文有りますんで、友人たちにお願いするにはちょっと荷物が多い。嫁の友人に紹介された安い業者に依頼。クオカードくれると言うし。

引越し当日、いつものごとく愛着のある部屋を離れる寂しさで一杯だったが快晴。
やってきた業者は、ことのほか、イケメン。イケメンすぎる。イケメン言葉丁寧挨拶段取説明。
ハーフ?役者の方ですか?変に思われるのが嫌で聞けない。
ドンドン荷物を運んで、後からやってきたもう一人の作業員に指示。もう一人の作業員はドラゴン・アッシュみたいな。イケメンとドラゴンの二人でドンドン荷物を運び、終え、移動。

僕は、自転車で、移動。快晴。自転車で移動できる距離に引越しというほんとに家賃だけで部屋を選んだ引越し。三人になるんだから背に腹は変えられないのだ。そんなわけで

そんなわけで、新しい家に到着。
今回の家は3LDKの広い家、しかし12階建ての12階。という高所恐怖症の僕には難易度の高い部屋。しかも古いので洗濯物を干すときにベランダが崩れてしまったらどうしようと不安タラタラである。でも眺めは絶景。都市と山が一望で出来る。でもベランダに出るのは怖いので部屋の中から横目で見ています。

引越し業者ドンドンと荷物を運ぶ。
仕事が速い。午前中で作業は全部終了。引越し代激安。3万ちょい。すげーやすーい。のであいさつ回りで余ったお菓子をお礼に、とイケメンとドラゴンに挙げた。ありがとう次回もお願いします。
午後になる前に飼ってきたおにぎりを食べる。ここから一仕事だ。分解した2畳ほどあるクローゼットを組み立てなければならん、尚且つその間にガス屋とネット屋とエアコン取り付け屋がやってくる予定なのだ。

エアコン、今回の部屋には付いていない。
今までは付いている部屋にばかり住んでいたので、買うのは初めて。
エアコン、めっちゃ高いですよ。こんなに高いとは知らなかった。しかも一部屋分買うわけではない、一応二部屋分買わなきゃいけないので、二倍の高さだ。もちろん安いものもあるんだが、子供のために空気清浄機が付いていたり、勝手に掃除してくれたりするものを選んだ。
ら、
めっちゃ高いっすよ。エアコン二機で20万円した。
そのくらいなら安いほうだとも言われたが、いや高いっすよ、快適って値が張りますね。

やってきたエアコンの取り付け業者は二人組。
竹ホウキみたいな頭に鋭角なメガネをかけた男とその手下みたいな坊主頭の男。
大丈夫なんだろうかと思ったが作業も言葉もとても明確で判断が早く、また遠慮がちに振舞うナイスガイ二人だった。エアコンを取り付けるにあたり、もともと設置されていた壁のボッチを使うとコンセントを覆ってしまい、エアコンが付けられないから壁に新しく穴をあけていいかといわれ、それはオーナーに聞かないとわからないからちょっと待っててくれと言い、オーナーに電話。事情を説明し、僕では話がうまく出来ないから代わってくれと、竹ホウキ氏にお願い。竹ボウキ氏は電話でオーナーと話し、新規に穴をあけて良い、という承諾を得た。その後、僕もオーナーと話しをして、その旨理解したことを確認。頼れる竹ボウキ先生。

エアコンの取り付け工事は見ていると面白い。穴をあけて、平行を取り、器具を取り付け、エアコンを取り付け、ホースの穴からホースを通して、通した穴を粘土みたいなのでふさぐ。
へえ、と観ていたらガス会社の人が到着。ドアを開けた際、12階だからなんだけど強風が吹き、ガス会社の方の髪の毛が真横にたなびく。真横にたなびいた髪の毛を再びトップに直し、ガス会社の方はガス栓開けてチェック。風呂のたき方のレクチャー、このガスコンロには銀の紙をおかないほうがいいですよ、とアドバイスをくれて、再び髪の毛を真横にたなびかせてドアを閉めた。

次にチャイムが鳴り、ネット屋登場。「とりあえず、光、あけてきます」と言って去る。まだエアコン工事はトンテンカンしているのだが、そのなかで僕はPCを組み立て。ネット屋、戻ってきて正座で作業。程なく終了。「そのうちCDとか送られてくるから設定してください」とのことで。
程なくエアコンも取り付け終了。業者が去り、エアコンを起動。
とものすごくあったかい。そのあったかさに驚く。まるで春風のごとく。音も静か。いつのまにか世界一のブルジョアになってしまったんだろうか、と錯覚するくらい春の風。いや僕の貧乏性。

インターネットはWI-FIで接続する予定だったのだが、なかなかうまくいかず、
姉妹にはプロバイダにリモートアクセスしてもらうという大掛かりなものとなった。
自分のPCのマウスが勝手に動くという光景は何度見ても不思議なものである。

DVDや本を整理するために、本棚を10420円で購入。
嫁と共に組み立てて、扉にお気に入りのCDジャケットを飾る。フランス旅行の写真を飾る。
洗濯機のエルボを買って水漏れ防止テープを巻く。新しいカーペットを買う。新しいお皿を買う。自治会に参加する。大きなゴミ箱を自作する。ベランダがでかすぎて4メートルの物干し竿を買う。近所のラーメン屋に行って見る。二人で写真を撮る。
そんなわけで引越しは完了し、現在はそこそこ快適に暮らしています。
近くに何でもあるから便利なんだけど、夜の盛り場がゼロというベッドタウンなので、ちと物足りないのだが、治安は良さそうな気がする。家の横に警察署と消防署なのだ。毎夜出動している。治安よくないのだろうか。

桜の季節近くの公園と川を散歩。
今年のサクラは例年よりホタンボタンと満開だった。とりあえず、春来る。
シナリオは展開が広がってしまったので、プロットに一回戻っています。やっぱりプロットがあると楽だよな、と改めて思った。核時間が足らなくて困っていますが、まあなんとか、頑張りやす。
春。桜に夕焼けを足すとポップコーンみたいになると知った。
_IGP9882-1.jpg

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年04月10日 23:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「春が近い。」です。

次の投稿は「価格.comな僕」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.