« 2012年01月 | メイン | 2012年04月 »

2012年02月に書かれた日誌

2012年02月14日

引っ越すのさ

西條です。
日記はすっかり書かなくなってしまいましたが、シナリオは毎日書いています。
日誌って、他の書き物をしていると書かないですね。
編集の時期に入らないとなかなか書けませんね、
そんなわけで、

二月も半ばを過ぎました。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
もうすぐ震災から一年になろうとしています。福島原発二号機の温度計が故障というわけで。
火山の噴火を必死に抑えているような感じだ。次の一手はどんなものなのか、全然情報が伝わってこない。

国の借金も1000兆円近いということで。
このままでいくと、ギリシャみたいになって、尚且つユーロ圏ほど支援を考えてくれそうも無い状態に陥りそうです。一度破錠したほうがいいという意見も有りますが、一度壊れたものを直すには、相当な努力が必要で、相当な努力が出来る才能が無いと実現不可能なわけで。道路がボコボコのままだったり水が出なかったりするもはや戦後だ状態になったらどうしようと思うわけです。でも金が無いので消費税上げてほしくないとも思っているわけです。経済的鎖国状態なら国内需要を活性化させる以外に無いと思うんだけど、なんか策は無いのかしら。他人事では無いけれど、一人ではどうすることも出来ない、国の問題。ひとまず、家賃が安いところに引っ越します。

3月に引越しをします。
もうちょっと家賃の安い家にお引越し。さっき業者が見積もりなうでやってきました。
引越し好きな僕ですが、業者に頼むのは今回が初めて。営業の方はいい人そうだったけど。作業員の方はどんなだろう。まだ頼むと決まったわけじゃないけど。家のギターを見て、デビッド・ボウイが好きなんですといったら、僕、どんぴしゃです、とバンドを組んで全国ツアーしていた過去を聞く。人に歴史あり。家のギターが無名メーカーのものなのがちょっと痛い。コードしか弾けないことは言わないでおいた。

この前ラジオから流れてきた「All The Young Dudes」のボウイ版が聞きたくなってCD借りた。
武道館ライブでも聞いた名曲。プラチナムコレクション。ディスク3にはラビリンスのテーマのシングルのバージョンも入っていた。シングル版は始めて聞いた。

演劇見に行ったり、飲みに言ったり、次回作談義な日々。
意外と一月中はお金を使ったかもしれなくて財布の中が寂しい。来週も見たい演劇が二つほどあるんだけどどうしよう。シナリオ作成中は金が溜まるものなんだがなあ。家族が増えるのでビデオカメラも買わなきゃいけないんだけども。

嫁が「休暇」という映画を借りてきた。この作品は死刑囚と刑務所職員、家族というものを題材にした静かな映画で劇場で見たときにシンプルな演出と構成が力強く感じた作品だった。
DVDで見返してフィルムではなくて24Pだったのか、と。
劇場で見たときよりも、遥か彼方に感動が鈍ってしまうパラパラ感。
作品がいいだけにこの残念な技術にガックシである。というわけで、24Pって良くないですよ、少なくとも日本映画では。とはるか彼方に向かって言い放ちたい。でも「リリィ・シュシュのすべて」とかも24P撮影なんだってね。なにがどう違えば質が上がるんだろう。やっぱ照明か。あんまり動かないほうがいいのか。

僕の場合、24pでの撮影はしたことが無い。
8ミリフィルム出身者で、尚且つアクションシーンを良く撮るのでコマ数に関しては気になって二十代前半からいろいろ試した。24じゃなく25Pも試した。が、やっぱり30pなのである。要するにフレームのブレンド、保管力の精密さが肝で、60iを30pにするのが限界じゃないかなあ。と考えると、48iってのが出れば24p最高ってことになるのかも、とか。
とちあえずなんであんなにパラパラするのか、そしてあんなにパラパラするのに画質は良くなっているんですよ、とかいう理論上データは欠落して無いんです的なエンジニアみたいな言い方で納得しようとするんだろう。見ててそうならもうそうじゃないかと思うんだけど。まあいいや。

フランスに新婚旅行に行ってからもそろそろ一年になります。
うーん、懐かしい。フランス映画でパリが出るたびに観るたびに、ああここは、おおここは、と思う。
いけるうちに行く、やれるうちにやる、とっても大事なことだ。それでも遣り残したことは沢山あるものだ。
少林寺拳法習うとか。香港行きたい。

この前「片腕カンフー」の字幕無し動画があったので、なんとなく見ていたら止まらなくなってしまい、
家を出るギリギリまで見てしまった。字幕が無くても話が良くわかる面白いこの映画、素晴らしいすぎる。

現在作成中のシナリオは、セリフばかりのセリフ劇。字幕無いと伝わらない。
でもこういうのやってみたいのさ。
意見聞いて当初の形からかなり変わってきているシナリオ。テーマも人物関係性も違うんだけど、
それぞれの職業の詳細とかが増えていっているわけです。なんか無骨になってきました、女同士の話なのに。そして話が長くなってきました。40分作品を目指していたのに、1時間越えそうです。うーん、どうしよう。キットなるようになるんだろう。

映画「ヒミズ」を観た。
園子温の映画は安定しているほうなので見やすいんだけど、どこかで見た事のあるシュチュエーションがたくさんで、もうちょっと独特な感じは無いものかと多少物足りなさを感じつつもやっぱり見てしまう監督の一人ではある。暴力シーンを無くしたら、きっと名作を作る人だと思う。今回の「ヒミズ」も無駄に殴りあうシーンが多かったのがちょっと残念だった。でもラストは近年まれに見るメッセージ性の伝わり方で、やっぱり涙が溢れた。先が見えない未来に向かって走る姿は最悪なんだけど、それでもその姿に希望を見出してしまう僕らは、根本的な命という可能性を知っていながらも、雑に扱ったり、知らないフリをしたりで。いい作品だったと思う。そして坂口拓のアクション指導は作品を重ねることに素晴らしいものに成っている。ヒミズのアクションシーンは素晴らしいです。暴力シーンじゃなくアクションシーンね。

2012年02月21日

春が近い。

西條です。
節分の残り、落花生があったので、バチバチと食べまくった。
落花生食べると殻がてんこ盛りになりますが、見てるとこれ何かに使えないかしら、
と無能の人感覚になりますね。まあそんな話はどうでもいいとして。

この前有馬さんの演劇を見てきました。
「HOLSTEIN KILLER NEVER DIE!」というタイトルの演劇。
有馬監督舞台初演出で、ゾンビが出てくるとか、ロックンロールとか、
とても面白そうな内容だと思い、見に行ってきましたが

ホントに面白かった。

いや
メチャクチャ面白かった。
飛び出す演劇。びっくり箱みたいに突然いろんな人が飛び出してくるし、
ゾンビが出てくる理由があんまり説明されていないし、踊りだすし、ハッピーエンドじゃないし、すごい力技なんだけど、グッと来た。クライマックスなんか泣きそうになってしまった。
B級映画の面白さなんだろう、冒頭の映像もかなりかっこ良くて、非常にシンプルなタイトルバックがすげーセンス良く感じた。
有馬さん所属、馬車馬企画はこんど大きな舞台にも関わるみたいだし、すごく飛躍しそうな予感がする。

そしてこの前は林田さんが出ている芝居を見に行った。
下北。三時間ちょっとの芝居。時間を聞いて多少ビビッタが、見終わった後は、まったく時間を感じさせないものだったなと。
「トラッシュマスターズ」の「狂おしき怠情」という芝居。
震災後の放射能拡散、ガンが多発する可能性、政府の陰謀を含めた病院と薬剤会社に従事する人々の葛藤と、迷いと、それぞれの立場からのどうしようもないエゴが沢山ちりばめられている。

改めて表現が世を問うものなのだと感じる芝居。
特に今の政治や経済、社会の構造は権力と保守と貧乏感と軍隊を持たないことで極めて複雑になっている分、結局のところ解決策を見出さずに、誰かがやってくれる、と次の流れを待っている人ばっかりの、僕を含め一億総評論家。
何かを言わなきゃいけないし、何かを決意してうごかなきゃいけないはず。
TPPの問題を医療の側からだけの問題定義にしたのは良かったし、とかいってアメリカが嫌いなだけなんですよ、なんていうセリフがかなり効いてくる会話の運びもちゃんと伝わってくる。
この芝居は世の中に指針を示そうとしているものだった。なんてつもりで作ってなんかいないんだろうけど、何が正しくて何が悪いのか、いろんな意見が市民権を得ている現代では、掴みづらく、想像ししずらく、否定しずらいと思った。
そのうちこうなりますよ、っていう話は今はとても興味深く、大事なことと思う。

脚本が極めて無駄の無いものなだけに、役者がうまくないと、文化祭になりかねない。
この芝居に出演していた役者はみんな上手かった。余計なこと全然しない。イーストウッドやショーン・ペンの映画を見たときのような感覚。三年前くらいに一回会っただけの林田さんの演技を見るのも実は初めて。幅の広さを感じた。ダメな部分を持つ普通の人間を好演。二部構成の二部目に登場したときは少し大人びている感じも出ていて。一回しか会ってないからもう一度会って話したいなと思う。

そんなわけで相反する2作品だったがどっちもおもしろかった。
ああ、こういう構成の仕方ってそういえばあったなと再確認するところも有り、自分が忘れていたものを思い出させてくれる芝居でもあった。お金掛かったけど見れて良かった。

そんなわけで親知らずを抜いてきました。
親知らず。本人だって歯医者に教えてもらうまで知らない歯。
僕は4本親知らずを持っていて、そのうち3本は抜いた。最後の一本は、頭が出ていないので
大学病院でないと抜けません、と言われ、しかしこの前、歯が痛くなって歯医者にいったら、
今は、この病院にも大学病院の先生が日曜だけいらっしゃってますので、日曜に来ていただければ抜けますよ。とのことで、
一月に二月の最後の日曜日に予約を入れるという臆病っぷりを発揮。

で、
行って来ました。歯医者。
ちょっとドキドキしながら診察台へ。
お医者さんは女性の若干ふっくらしたお医者さん。
そんなわけで麻酔かけますね。ギューっと奥の歯茎に複数麻酔をかける。
歯医者「気持ち悪くなったりしてませんか?」
西條「してませんけど、ドキドキしますね」」
歯医者「そうですね、ドキドキする成分が注射の中に入ってますから」
西條「ははは」
歯医者「ははは、ホントなんですよ」
西條「へえ」
歯医者「ホントなんです。血が出ますから、毛細血管を収縮させるための成分が入っていて、心臓がドキドキするものなんです」
西條「へえそうなんですか、へえ」
歯医者「そうなんですって」

若干ムッとしていた、歯医者。
僕はドキドキしている。
麻酔が効いてきて、器具が口の中に入る。歯科助士女子のハスキーなメガネの方と共に、口の中を何かいじっている歯医者、小声で、「抜けねえな・・・」とか聞こえるし、一息付かれるし、「歯茎切りますね」と言われるし、「悪くなった歯茎削りますね」と言われるし、縫合失敗して再チャレンジしてるし、でなかなかエキサイティングな時間。こんなこと書きながらもいい歯医者だったと思う。気を使ってくれる人だった。
何分くらいの手術だったか、ガーゼを噛んだまま、終了。
麻酔バリバリに効いててまるで感覚が無いが横に置かれた親知らずはとっても大きく、立派に見えた。

帰宅、数時間後、ロキソニン飲んでいるからか全然痛くは無いのだが、まったく血が止まらない。
ガーゼ取ったらダラダラと血が流れて口の中ドラキュラ。嫁に新しくガーゼを買ってきてもらい、ガーゼ噛みながら引越しの荷造り。結構はかどる。

医者にも言われていたのだが、翌日、二日後、3日後、とドンドン腫れてくるが決してヒエピタとかつけて冷やさないように、治りが遅くなりますからあしからず。と。
その通り、翌日には顔の半分が小太り爺さん、間違えた、コブとり爺さんになった。下の歯だからか、もっちりと頬が垂れ下がり、ぶくっとしている。うーん、エースのジョーだ、顔の半分が宍戸化している。両方ならいい悪役なのだが半分だと外にも出られん。

そんなわけで昨日までマスクつけて過ごしていました。
今はかなり引いていますが、抜歯は明日。化膿してなきゃいいけどなあ。

親も知らない歯を抜いたことで、また少し、成長した僕だったが、
実はまだ乳歯を持っているのである。レントゲン撮ると、その歯だけ、歯茎の上に乗っかっているだけで、他の歯みたいに、歯茎に愛知県の形して突き刺さってはいない。願わくば、死ぬまで取れないで欲しい乳歯。今回抜いた親知らず、貰えなかったんだけど、もし持っていたら乳歯が抜けたときにそこに移植してもらえたり出来るんだろうか。なんて。無能の人感覚か?

About 2012年02月

2012年02月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年01月です。

次のアーカイブは2012年04月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.