« 2011年08月 | メイン | 2011年10月 »

2011年09月に書かれた日誌

2011年09月02日

ケーキを作った八月。

西條です。
八月も遊んだ日誌しか書かなかったけど、ちゃんと生活しています。
床屋に行って来ました。残暑。暑い、昨日まで台風だったけど。髪切って少しさっぱり。家賃も振り込んで財布もさっぱり。

この前、実家から桃が届きました。
ありがたい。始めはまだ硬かったけど、今はちょうど食べごろで、めちゃんこうまいぜ。
長野県はリンゴが有名だけど、個人的には桃の方が美味いと思う。

友人の結婚式二次会に出席した。
その人は女性で、役者事務所経営者。若いながら女社長をしている。
総勢300人はいたのだろうか、そんなにはいないか。大きな箱での大きなパーティー。
知り合いがビデオ撮影を依頼されていたので、僕は終始一人でカンパリオレンジと生春巻きを楽しみつつ、iphoneで映像を撮っていた。

パフォーマー沢山出演。こういうの見るといつも芸を持っている人ってすごいなと思う。
ものまねとか、ダンスとか、チアリーヂングとか、一気飲みとか。なんでも一芸持っているだけですごい。僕はせめて車の運転だけでも出来るようになりたい。
花嫁さんも花婿さんも綺麗。今年の結婚式、3.11後の式は、いつもにも増して、本当におめでたいと思う。本当におめでとう!一枚ツーショット写真を依頼して、耳かきをプレゼントでもらった。

この前嫁の誕生日だったので、
人生に二回目のケーキ作りに挑戦してみた。前回はパウンドケーキを作ってみるかとすべてを100円ショップでそろえて挑んだのだが、見事に失敗し、しゃちほこのように膨らんだパウンドケーキは、その後シナビてカンパンのようになっていた。今回はとにかく失敗したくなかったので、なるべく簡単な作り方をクックパットで検索。
炊飯器で出来るケーキを発見。順番さえ間違えなければ絶対失敗しなそうだ。

そんなわけでいざ挑戦となったが、グラム数とか、マチマチで困ったが、これで補填すればなんとかなるかなとやっぱり想像力を駆使しないといい料理は出来ない。
家に帰ってあれやこれやとコネコネ混ぜて電動のシャカシャカでシャカシャカと混ぜては何か足して混ぜては何か足して。炊飯器にポン。ほんとケーキ作るとボールとか食器とかジャカスカ使う。

レシピには二度炊いてください。と書いてあったのだが、二度では足りず、
4度ほど炊いた。それからカマを冷蔵庫で冷やして、そろそろいいかな、と皿に移そうとしたら、
炊飯器から出ない。
ひっくり返して叩いても微動だにしない。うーん、側面に、バター塗るの忘れた!
しかし結構いい感じの形に焼かれているのでどうしても形を崩したくない。
ちょっとだけ空気を入れて、ぶっ続けで左右に振ってからひっくり返す、を繰り返し、
30分ほど掛けてやっと炊飯器から出てくれたチーズケーキ。ぼとっと落ちて、半分に割れた。
まあ、味は良かった。

そんなわけでケーキまで作れるようになった主婦男の僕ですが、シナリオは出来ていません。
頑張らずに頑張ります。ただいまストーリーはあらぬ方向に飛び、ドメスティックな感じになっています。

それにしても僕はなんか短編書く頭でも長編書く頭にもなっていないようで、でも昔からそうなんだけど、どうも書くと中篇になってしまう。中篇て一番取っ付きが悪くて扱ってくれるところが無いものなので、人からはあんまり作るなと言われてしまうし自分でもそう思うんだけどね。まあ今回は、そこらへんも考えた結果、あまり考えないと言う結論にも至っている。

台湾の義援金が200億円を突破したそうで。涙が出る。
台湾ブーム来ないかしら。

フェイスブックが使いづらい。けど携帯から写真をアップしやすいので重宝している。ツイッターをやらない僕はツイッター的にフェリスブックを使っているのだが、自分的にはうまい使い方をしていると思う。しかし英語がわからないのでいろんなサービスがどう使っていいのかわからないままだ。そして得体の知れない外国人からリクエストが来るのだが、よくわからなすぎて承認してしまう。気楽なのかいい加減なのか、その両方なんだねネットって。

9月、すさまじい勢いで芝居のDMが届く。役者はみんな芝居やるみたい。殆どが下旬。繁忙期なのかしら。全部はいけないけど全部行きたいがやはり全部はいけない。

宇宙服をレンタルできるところを探して見つけたが、20万以上する、宇宙服作れる人いませんか。

せみの声は少し小さくなってきた。風も秋の匂いに変わりつつある。今年の夏は、節電もしてたから暑かった!名残惜しいなぁ

2011年09月28日

差した傘は10分もたない

西條です。
作品作って無いからあんまり書くことがないのですが
あまり書かないと失踪したのかと思われそうなので、何か書こうと思います。
と思ってPCを起動させたら、どうもモニターが逝ってしまったみたいで、、、

僕は編集用に二台のモニターを使っているのですが、
そのうちメインで使っていた一台が、チラチラし始めた。
なんだろう、。。サラサラ言い始めて、画面がチラチラし始めました。やばいねえ・・・

しかし財布は液晶モニター並に薄い。どうしよう。
ネットで調べてみると、モニタが故障、とまだ安易に決め付けるのは早いぜ、という情報発見。
ボードにゴミが挟まった可能性もあるようで。
明日は休みなので、掃除機掛けてみようと思います。
今編集作業をしていたわけではないのに、二台無いと、やっぱ慣れているから、不便ですね。

そんなわけで、この前演劇を見に行ってきました。
今回はやけに沢山誘われたんだけど、結局行けたのはごく僅か。9月の連休に芝居打つ人多かったみたい。

一つは下北沢の「劇」での芝居。
昔からお世話になっている役者が二人出ている、心温まる作品。
僕はちょうどいい時間を設定して電車に乗り、下北沢に到着。散策。散策の時間を含めてちょうどいい時間を考えた。
久々の下北沢。何も変わっていないだろうと思っていたのだが、若干、下北らしい店が少なくなったような気もする。気がするだけで、きっとあんまり変わっていないのだろうと思ってはいるのだけれど、昔行った店が無くなっていたりするとそれだけで変わったなあと自己中に思ってしまうね。
ファーストキッチンでハンバーガーを食べて、トイレを借りて劇場へ。

芝居はLEDが発売されたことで消え行く白熱電球工場のお話。
新しいものの影で、消えてゆくものもあるということをちゃんと教えてくれるいい芝居だった。
白熱電球自体は本当になくなってしまうのだろうか、完全にはなくならない気がするんだけれど、
世の中の流れは完全にそっち方面なわけで。
田舎の記憶がある人ほど、白熱電球のあっつい感じを思い起こせるだろう。あつかったし、バチバチと虫が突撃してきたり、そのままの裸電球はとってもワイルドなものだった。パリンと割れるのが絵になった。

もう一つ見に行けた。
場所は新宿。小さな劇場で、題材は震災。
震災を機にそれまで考えていた芝居を方向転換し、考えをまとめるために、福島の原発を見に行くお話。今小劇場ではそこそこ震災、原発の話を上演している。フットワークの軽さを利用して、震災について、事故について、それについての自分について、のストーリー。ただの感動ものにしてたらやだな、と思いつつ。

内容は3.11を受けて方向転換せざるおえなくなった作家の苦悩がメイン。
非常に共感してしまう感覚でおそらくはモノ作りならだ誰でも陥ったし、未だに陥っている可能性が高い感覚である。何を書いても、シラケテしまう。何を作ってもそれが今大事な時間を割くくらい必要性があるメッセージとは思えず、今の状況がしっかり把握できず、物語に結論付けられない。何をどう書けば、誰も傷つけないで自分でもそれを受け入れられるのだろうか。正直、まったく関係のないものを、震災がまるで無かったかのように、すっかり忘れてしまって、書いたほうがいいんじゃなかろうか、でもそんな事考える自分にものすごく罪悪感があったりして。まとまらない。。。という。。。後半はカオスになってゆくお話。
いろんな感想を持ったが「私は原発を止めます」と言い切ったラストは良かった。

この芝居は一つの大事な視点を気づかせてくれた。
原発は、本当に敵なのかどうか。

現在、福島の原発は荒れ狂って海と陸のハザマに出来た癌細胞か放射能が作った凶暴な怪獣になっている。がしかし、爆発するまでは、確かに僕らの味方であった。大都市の電気を供給しつづけ、エアコンを回し続け、エコカーを誕生させる信頼を勝ち得ていた。まさに味方だった。それが制御不能になり、狂ったように暴れだし、大都市への供給も、エアコンへの供給も無くなり、有毒物質を撒き散らしながらわめき散らすことになった。

今現在、僕らはあんな奴とっとと処分してしまえ、と忌み嫌う感覚で原発を見ている。少なくとも僕はそうだ。でも芝居をみて、気づかされた。アレは、自分でもどうすることも出来なくて、本当はわめきたくも、毒をまきちらすこともしたくないのに、どうにもとまらなくて泣いている姿なのかもしれない。

これは人が作った怪物が非業の死を遂げる最中なのかもしれない。原発から僕らは何を学ぶべきか、沢山の話をすることが、誰とても出来る。でも原発からの視点なくして、エネルギー問題の本当のところは語れないんじゃなかろうかと考えさせられた。
そして確かに、もっと自分のことだと思って当事者として考える姿勢であることがとても大事だと思う。
本当に、「自分は、自分の出来ることをするしかないんで」が、今回は通用する問題ではないのだ。

そんなわけで。
再度気合を入れる。

この前の台風大変でしたね。
僕は運よく家にいたけど、風も雨も攻撃性強く、差した傘は10分持たずに破壊されました。

そういえば、台所の電気もチラチラしていて、この前取り替えたばかり。
風呂の電気もチラチラしているし、うーん、どうしてこう壊れるときはみんな一緒なんだろう。世界の七不思議のひとつですよねこれ。

この前メロンを貰い、この前マンゴーアイスを買い、この前巨砲を食べた。
果物DAySで、多少加唐多過。ただでさえでっぷりきているというのに、そろそろ体重が70キロになるんじゃなかろうか、とヒヤヒヤしています。まるっきり運動していないんで。こわーい。

最近、焼酎の美味い割り方を覚えました。炭酸水最高。

台湾か沖縄に行こうと思っているのだけれど、全然決まらないので、唐突に温泉になるかもしれません。

この前DVDで「ファクトリーガール」見ました。
ウォーホールとボブの間で揺れたイーディ・セジウィックの話。誰のせいでもなく自滅してゆく話。映画としてはそこそこ面白く出来ていて、僕は好きです。本当に麻薬って、怖いね。絶対やっちゃダメだね。

とりあえず、モニターなんとかしなきゃなあ・・・

About 2011年09月

2011年09月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年08月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.