« モンサンミシェルのTシャツ | メイン | 青大将と若大将 »

無線LAN設置

西條です。
夏い暑が続くかと思いきや、気温がめっきり下がったりして、
すっかり過ごしやすい最近。いかがお過ごしでしょうか。
僕の家に無線LANがやってきました。さっき買ったんです。

少しバカにしていた無線LAN。WI-FIってやつさ。、
なんだか良くわからないしそこまで必要に駆られていないから、いいや、
と手を伸ばしたり、伸ばした手をひっこめたりして幾年月。
ソフトバンクの店員からFONとかススメられたりして、徐々に意識が向き向きになってはいました。

そんなわけで、嫁がアンドロイドになったのを機に、無線LAN購入。
「ア・ホーマンス」か「2046」かと思われるでしょうが、携帯の話です。

最近はIPHONでYOUTUBE見るときにすぐ止まってクルクルしてしまうことがとってもストレスになっていた。寝転がってYOUTUBE見るときのストレス、布団にまでストレスを持って行きたくないのに。
ちょっと前に買ったブラザーのプリンターも無線LAN対応なので、なんか宝のモチグサレ感があった。
ついに買ってしまったバッファロー。なんか変な羽みたいなアンテナがついていて、結構強力らしいし、USBも接続出来るらしい。やっぱりなんだかわからないのだがとにかくPCにつけてみた。

説明書みてもよくわからなかったので、
直感でつけてあれこれ、試してなんとかなった。IPONEで試してみたが、本当に快適にYOUTUBEが見られる。すげーノーストレス。画面も綺麗になった気がする。おそるべしWI-FI。セキュリティしっかりしなきゃいけないけど、そこは全然設定の仕方がわからん。

電気屋ついでに扇風機も買った。
ウチには扇風機が一つあるのだが、卓上の、クリップで机にくっつくやつ、がどうしても欲しくなって購入。1780円。早速試してみたが、これもとっても快適。これでPC作業がかなり快適になった。

が問題が一つ浮上。
コンセントが足らない。
外付けHDDのコンセントを抜いて、そこに無線LANをつけたのだが、扇風機どうする。
扇風機どうしよう。外付けHDDだって必要な時はめずらしくない。
しょうがないので、他から伸ばしてくるしかないのだが、どこから伸ばせばよいのやら、コンセントの口はなかなか都合のいいところにありはしない。都合のいいところばかりが痒くなったりしない。だからドラマが出来るのさ、考えた挙句、台所のよくわからない、柱の天井近くにあるコンセントから引っ張ってくることを決断。意味不明な場所にあるので、いままでさっぱり使用しなかったわけで、二口開いたままに成っている。明日延長買ってこなきゃ。なんで今日買わなかったのかしら。

先日は飲み。
久しぶりに会った先輩を囲んでの、飲み。久々に会う先輩は相変わらず素敵な人だった。
不思議なメンバーが集まった、12人中、10人が喫煙者、というノーマルには過酷な状況だったが、
一言謝って楽しく飲んだ、ごめんなさい。僕は途中からどうも記憶が無くなっており、どうやって帰ったのかあんまり覚えていない。最近、記憶をなくすことが多い。本当に、年取ってしまったんだなあと実感する。
家についてから、震度5強の地震、しかし、あんまり、覚えていない。僕はどうも、PCのモニターとか抑えたらしいのだが、あんまり、覚えていない。酒って恐ろしいね。でも飲んじゃうね。

新作のシナリオは行ったり来たりを繰り返している。
最初から最後まで決まっているのに、なぜかしっくり来ない冒頭にずっと悩んでいる。
原因はわかっている、まだキャラクターがフラついているのだ。

どんな話でも、面白くすることが出来る。それでもつまらない話が出来上がるのは、
大体は大人の事情や諸々時間とか、が原因で、つまらない話しを書きたいなんて思う人は全世界に一人もいない。僕はかなりフリーな立場なんだから、面白いものつくらなきゃいけない。少なくとも、自分で責任取れるくらい自信持てるものでないといけないのだ。
と追い込んでもなかなか解決策が見つからなかったので、設定じゃなく、キャラの絵を描いてみた。
なんかいい感じだ。しまいにはどんな顔をするんだろうこの人達。

この前「スーパー8」観た。
周りの評判はそんなに良くなかったのだが、僕はすごく面白かった。とくに最初の事故のシーンは圧巻だ。あれだけでも何度も観たい。どこかバカみたいなシーンもあって本当に最後まで楽しめた。
ただ、音で脅かす演出が、若干多くてそれだけ残念だった。個人的な趣味なのだが、あんまりセンスを感じない演出なので多用されると腕時計を見ようとしてしまう。見なかったけどね。

今は宇宙人というより、宇宙生命体というか、宇宙怪物というか、人間と似たような、というイメージではなくなってきている。メッセージが単純なんだろうか、家に帰りたいとか、侵略したいとか、昔は警告的なものが多かった気がする。宇宙が身近になったと言うことなのだろうか。もっと遠くであって欲しいという願いなのだろうか。

そんなわけで、豊島園のプールにも行って来ました。
その日の気温は25度。メチャクチャ寒かった。久しぶりに唇が紫色になるかと思った。
回りは高校生ばかり。おじさんには少少場違いな感じでして。
空き缶にタバコ入れてそのまま放置する若者がいて、ちょっと腹が立った。
が、昔は僕もそんなかっこ悪い若者だったかもしれない。大人になって気づくことがまだまだ沢山ある気がして怖いね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年08月03日 03:07に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「モンサンミシェルのTシャツ」です。

次の投稿は「青大将と若大将」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.