« 僕たちは飲んでいる | メイン | コンソメ入れすぎた »

西條です。
雨、シトシト長く降り続いています。

先日は送別会。少人数飲み。
主賓「お好み焼き食べたい」との情報を入手したので、
駅より遠く、お好み焼き屋近くに集合場所設定。
がしかし、主賓「どこでもいい」ということになり、話してたら飲み屋でいいという雰囲気。
僕もそっちのほうが都合いいので、駅まで移動することになり、みんなチャリで来ていたのだが僕はバスだったので、なんと走って駅まで行った。

途中まで青春の二ケツ。
坂の手前で降りて僕は走った。かなり久しぶりに走った。
意外と走れるもので、息は切れたが気分は爽快。その後はやはりビールが美味い。鳥のレバーが美味い。

聞いた話では、運動の後、お酒を飲むのは危険らしい。
ほどほどに。等出来るわけも無く、飲みすぎた僕はいつものごとく二日酔いで目が覚める。
最近飲みすぎる。
途中から日本酒始めるともうヤバイ。饒舌でもないのに話を止めない、オヤジになってしまったんだなあ。反省しないところだけまだ若い。

GWいかがお過ごしでしたでしょうか?

僕はDVD三昧。増村保造の「巨人と玩具」とか見る。終わり方とか、久々に唸るほど素晴らしかった。
企業と人間とのかかわりってやはりまだこの時代から何も変わっていないように思った。しかしこんなに熱い人間はもう目立たないなとも。
増村保造について、今更語る人もなかなかいないと思うけど、いい作品は時代に関わらず輝いているものだ。つまりは作品の良し悪しは時代に左右されないと言うこと。でも「巨人と玩具」は当時全然当たらなかったらしい。このせめぎ合いも時代に関係なく果てしなく続くのだろう。

最近あまり感性と使った生活をしていないので、
どうも日常が平坦に思える。平坦で別にいいし、刺激の求め具合は変わらずなので、
あんまり焦ることも無いのだが、時たま出会うセンスに前より面食らうようになった。
油断しているとすごいものに出会った瞬間を逃してしまいそうだ。気づかなくなるのが怖い。

この前セッキーと飲んだ。
久々に会うのだが、あんまり久々な気もしない。
お互い今年はなんか作ろうと、深酒。仲間と飲むときが一番深酒るね。

昨日の酒がまだ残っている、実は少し朦朧としながらこの日誌も書いている。
そして走った足が筋肉痛。翌日に来るんだからまだ若いってことさ。

この前Iphonをアップデートしたら、ダウンロードしていたアプリケーションが全部消えた。
マジで!?とあせったがもう遅い。
諦めて再度ダウンロードしたら、なぜかデータは復旧していた。途中までやってたゲームとか。メモとか。Facebookのパスワードとか。Facebookやってます良かったら是非。
復旧ついでに8ミリフィルムで撮影したかのように撮影できるアプリケーションをダウンロード。
¥230。にしてはかなり遊べる。これでなんか撮りたい。

そんなわけでシナリオ書いてます。
どんな話になるか自分でもわからない部分が沢山ある。
大筋とテーマだけは決まっている。長い話になる。狭い話にもなる。僕は全世界に警鐘を鳴らすものを作る気は無いみたい。普遍的なものを描きたいと思っている、みたい。一先ず書かなきゃ何も語れない。というわけで書き出すと、なんだかテイストが古い。自由に書くとちょっと古く書いてしまうようで。24とか観て軽く影響受けながら臨んでみようかしら。キャラクターは魅力的になりそうだ。多分主人公はいい人にはならない。

西條組作品「土井さんの不幸」に字幕をつけたんだから
更に海外で上映したいぜと思い、登録サイトに自分のプロフィールを登録してはみたものの、
沢山やってくる英語メールが解読できず、四苦八苦。若い頃に渡米していればよかったと本気で思う。

GWの最後の日、みょうがを育ててみるか、
と100円ショップで苗を買って植えてみた。親にもアドバイスを聞き、
とりあえず野菜育て用の土を購入。鉢いっぱいに土を入れて、苗を植える。
出るだろうか、芽。雨のおかげで土が湿ってくれてるぜ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年05月12日 02:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「僕たちは飲んでいる」です。

次の投稿は「コンソメ入れすぎた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.