« エッフェル塔点灯3 | メイン | 芽 »

僕たちは飲んでいる

西條です。
震災から一ヶ月を過ぎ、徐々に復興に向かう日本。
友人がフェイスブックで上げてくれる現地の写真はホントにすさまじいもので、
津波以前の状態に戻すことはかなり難しいとやっぱり思う。
同じに戻すと言うより、また新しく作ってゆく、と言う感覚で皆取り組んでいる。
まだ心が切り変われない人や、今も大事な人を捜索していたり、家が依然として水浸しで途方に暮れている人もいる。本当に長い戦いになる。僕らの感覚も以前とは少し変わっている。

震災後、観たい映画が変わった。作りたいものも変わった。
題材は変わっていないんだけど、アプローチと落としトコロが変わったと言うか。
元気になるものや震災をそのまま描くのは他に任せるとして、
僕は安全な場所で経験した人達の意思の浮き沈みをヒントに、感じた大事なものを描いていこう。

そんなことを考えながらキャラクター作りをしてゆくと、
なんだか本当に売れる映画とか売れない映画とか、ほんとどうでもよくなる。
毎回議論になるし、企画力の評価もそこらへんで問われてしまう場合があるけれど、
映画の価値ってそこではないと改めて思ってしまう。
まあそう思いながらみんな頑張って作っているのだけれど、頑張ってるからいいものが出来た、という業界ではないので、僕は僕なりに。

4月。花見の季節、自粛ムードで盛り上がらない桜の下、かと思いきや、
そこそこ友達は宴会していたようで。僕は友人から鹿児島土産の芋焼酎を頂き、酒を酌み交わしていたら、花見を終えた友人達が家にやってきて、更なる宴会となり、焼酎と日本酒とウイスキーをぱっくり開けた僕は、何年かぶりに本気で記憶を亡くし、その日の自分が何を言ってたのか全然覚えていない。
朝方バリバリ元気良く吐いていたことは覚えている。

弟がこの前やってきて、またも焼酎が土産。
焼酎はすっかり土産物として定着したんだろうか。
バランスボールにしがみついて旅行の話しなんかする弟もそこそこ幸せそうで良かった。

震災後の融解座に顔を出し、何事も無い常連さんの顔を見て安心。
某先輩は昨日カラオケ屋で殴られて右目を腫らしていたけど。先輩らしくて少し安心。本人は大変だろうケド。

iphoneでアクションゲームをダウンロードして遊んでいるのだが、
まるでボスが倒せない。強すぎる。それでも倒した。でもまた新たなボスが現れて更に倒せない。
しかし僕は負けない。

数年ぶりにカラオケをした。10年ぶりくらいかもしれない。
歌えるは20年前くらいのものしかなかった。

プリンターを変え、名詞を作りなおそうと用紙を買って、
そのメーカーのHPからテンプレートをダウンロードしたら、トロイの木馬が入っていた。ナイスジョークと思うようにした。

西條組作品「土井さん不幸」字幕が完成し、海外での上映も可能となった。
もう一回短編集の一遍を監督してみたい。オムニバス映画って面白い。企画モノ結構好きなのだ。と教えてもらった「女子女子over8」。今度ドイツで上映決まったらしい。ドイツに行こうか迷い中思案中。

ゴールデンウィークもそろそろ。
今年はあんまり旅行の気分ではないらしく、都心から人が消えることもなさそうだ。
数年前にゴールデンウィークを利用してこの作品を作りたいと書いたシナリオがあるのだが、
全然制作のメドが経たず、放置状態。なんとか作りたい中篇。誰に相談しようかしら。金より仲間が必要だ。

台湾からの義捐金が100億円と友達が言っていた。すごい。大国に匹敵する。他の国も沢山援助してくれているが、クウェートが原油を結構な量無償提供とか、あまりにも話がでかすぎて僕は想像力が追いつけない。氷室京介が全曲BOOWY曲でチャリティライブをするらしい。とか、日本中も世界中も出し惜しみしない。僕も再度、義捐金を送らなければ。

一人では不安な夜も、僕は幸運なことに二人で過ごしていた。
それでも不安は不安だったわけだ。11日は深夜に実家の方に大きいのが来たし。
慌てて電話したら親はあんまり感じてなかったみたいだったけど。
そろそろ友達みんなに会いたい。

そんなわけで日々の生活をちゃんとしていること。
たまには飲むこと。
元気でいること。なんで生まれてきたのかとか、生きているのか、なんていう疑問を持つ人が今はあまりいない気がするわけで。僕らは自分が思うちゃんとをしてればいいのだ。
と1ヶ月経って再び思う。

さっき作った冷やし中華がすごく美味い。そんな季節。先取り。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年04月18日 17:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「エッフェル塔点灯3」です。

次の投稿は「」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.