« エッフェル塔点灯1 | メイン | 元気なようだ »

地震

西條です。
頭痛い。余震であんまり寝れてない。
まだ安否のわからない友人がいます。きっと大丈夫だと思って布団に入りますが、あんまり寝れてないようです。頭痛い。

地震発生時、仕事帰りで僕はコタツで寝ていた。
大体地震の前ってなにかしらの虫の知らせで勝手に目が覚める。
今回も目が覚めた。があきらかに虫の知らせで起きたわけじゃない、起こされるくらいの揺れ。

なんだ地震か。しかしやけに長いな。。。でかいな。。。やばいな。

PCデスクのモニター二つがガクンガクンと前後に揺れて止まらなくなったので反射的に抑えた。
瞬間、デスクの上にあるもの全部が床にドサッと落ちた。後ろの本棚からバタバタと本とDVDが落ちた。台所のまな板がひっくり返った。ギターもひっくり返った。
天井を見上げた。ひびが入るかどうか待った。声を上げることは無かった。今まで経験したことの無い揺れだったが、僕は意外と冷静だった。死にたいと思ったことはあるけど、こんな感じで死にたくないなと思った。

大きく揺れた日本。
テレビをつけるとまだ何の情報も無い状態。
徐々に情報が出てきて、NHKも民法も地震の報道しかしなくなり、テレビからCMが消えた。
自分の身を守る術を考え、でもなかなか見つからず。思いつかず。大体部屋から出ていいものか、下手に外に出ないほうがいいのか、判断が難しい。外に出ても頭上に何も無い広い場所なんて近くに無いし。さっきの揺れで崩れないならここにいたほうがいいのかも知れないと判断。
余震が次々と来て、来るたびにPCモニターを抑えていた。

家族に連絡、が全然繋がらない。
繋がらないまま夕方近くになる。
まるっきり誰にも電話が繋がらない。
ソフトバンクの携帯にかけても、こちらはNTTドコモです、と言われる。10分おきくらいに電話していたが、全然繋がらず。テレビの映像はとんでもない状態を映し始めている。
メールなら送ることが出来ると知り、メールを送りまくったが、返事は無いし送れる時と送れない時が合って、台所付近からが一番メールを送りやすいと知る。

床に落ちたPCデスクのものを拾い、片付ける。
ついでにデスクの上を拭いて、もともと乱雑におきいたものを整理して、
なんだかとっても綺麗になった。

夜の8時頃、やっと嫁の会社と連絡が取れる。
どうやら無事らしい。しかし電車が全部止まって帰れない、から歩いて帰ると会社を出た。とのこと。
数名で行動しているようなので、少し安心した。相変わらず携帯電話に連絡が取れない。数時間前に出されたであろうメールがちょっとづつ届くようになる。
夜の12時過ぎ、やっと嫁と連絡が取れる。動き出した地下鉄に途中から乗ろうとしているのだが、
本数が少なく、また、やてきても満員で乗れない、という状態が続いているとのこと。
我先に、と押しのけて乗ろうとする人がいて、女の子がドアから弾き飛ばされた、とか。カオスになりかけているようだ。電話の声が途切れ途切れなので、ミクシのメッセで話をすることにした。

それから数時間後、やっと合流。
お互いの無事を確認し、テレビで得た情報を話す。
電話よりツイッターの方が連絡が取りやすかったことを知り、お互いツイッターやりますかと決める。
オートロックのドアを抜け、エレベーターのボタンを押してしばらく待ったが様子がおかしい、動いていない様子。見るとエレベーターは一階で半分落ちて動かなくなっていた。

深夜4時、実家方面が震源地の地震発生。
震度6の地震が長野の北を襲った。しかし連絡すると今回はすぐに電話が通じる。無事な様子。弟からも連絡が来る。無事な様子。

明けて飯山線脱線のニュース。
昨日にも増してトンでもない映像の数々。
連休の予定を全部キャンセルして停電に備え、缶詰を買いに行く。
スーパーのカップ麺とパンコーナーはガラガラに何も無い。
水をペットボトルに溜め、準備を整える。

余震は頻繁。さすがに気持ち悪い。
やっと繋がりだした携帯でメール。SNSをチェックしてそれぞれの安否を確認。
マシュマロを食べる余裕も出来た。
でもまだ眠れない夜。
被災地と比べれば雲泥の差で落ち着いているのだが、精神的にちょっとやられているようで、頭が痛い。

今回は国も報道も対応が早かったと思う。
ニュースの地震予測も結構役に立つ。靴下履く時間が作れる。
停滞するニュースの中でも、国連や諸外国の救助チーム派遣のニュースに心底ありがたいと思う。
家族や友人の多数が無事であることに感謝する。まだ連絡が取れない岩手の友人がいるので、それだけが心配だ。きっと大丈夫だと信じています。

東京の街は平和な雰囲気。
井戸端会議で主婦が笑いながら話していたり、若者がファミレスにたむろしていたり、マックで若者が参考書を広げていたり。
スーパーやコンビニの棚以外はいつもと変わらない。見た目だけかもしれないけど、平穏無事だ。風呂にも入れる。エアコンは節電のために付けない。被災地の方々にはちょっとでも暖かい場所にいて欲しいと思う。たくさんの人が死んだ。僕は生きている。大きな事を模索するより小さくても出来ることをしよう。今の日本は皆おなじことを考えているはずだ。命を感じる。いつもとは違う誕生日を迎えています。
この国が世界中から守ってもらえますように。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年03月13日 08:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「エッフェル塔点灯1」です。

次の投稿は「元気なようだ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.