« 咳き込んでいます。 | メイン | 毎年のごとく花火 »

暑いという名のもとに

西條です。
夏ってやはり暑くないといけないですね。
体温並みに暑くても、気分は最高。
多少は雨降って欲しいけど、多少でいい。毎日夏なら最高さ。

暑さの名のもとに、冷蔵庫が作ってくれる氷を大量摂取しています。
僕はいつの頃からか、コップに目いっぱい氷を入れて、その隙間に水を注いでくるくる回して飲む、
という瞬間冷却法で水道水を飲んでいるのだけど、前まで使っていた冷蔵庫ではそれが出来なかった。
氷が作れなかったからだ。

霜が冷凍庫を支配して何も入らなくなっていたのだ。
新しく買った三菱の冷蔵庫の自動的に作ってくれる氷は、気分をリッチにさせてくれる。
氷ばっかりのコップに水とか麦茶とかオレンジジュースとか注いで飲む。
ジュースの場合は、しばらくするとかなり薄まってしまうけどその薄まり加減もまた良し、なのだ。

エアコンをガンガンに付けて部屋を冷やしてその中でホットコーヒーを飲むのも大好き。
パンツ一丁でホットコーヒーを飲むのもまた贅沢なのだ。すげーうまいホットコーヒー。

そんなことをしているので当然部屋から出ると大量の汗が出る。
蓄積された水分が、一気に噴出し、さらに年々薄くなる頭は森から林になっているため、
流れる汗を止められない。ポタポタと水滴が地面に落ち、灼熱のドッヂボール的にアスファルトで水蒸気となっても次から次へとボタボタ落ちる。
そんなこんなで部屋に戻るときには、すっかり水分不足になっていて、やっぱりエアコン付けてホットコーヒー飲んでその残りを氷を詰め込んだコップに注いでアイスコーヒーにして飲んで。夏最高。

ぜんぜん日誌を書かなかったのだけれど、
それなりに忙しかったのです。事情を知っている人ならわかると思いますが、
7月、僕の仕事場は大変なことになっていました。
大惨事、といわざる終えない。長年いてもっともひどい、ある種の惨劇のような、勝てない相手に自分の力を信じて果敢に挑むもそういうレベルではない話、非常につらい時期でした、自分がどうのということよりも、必死に戦っている仲間たちを見てそう思うのは、実は極めて辛く悔しいものです。

映画制作も先が見えない状態にはしょっちゅうなりますが、
もうちょっと心に希望を持って望むことが出来ます。組織ってがっくりくるもんなのだなぁと実感。

そんなこんなで新作のこともあれこれ考えています。
なんかやっぱしファンタジーなんだよね。僕が見たいものって。とか。
日常の中にドラマがある、とも思うんだけど、観たことないものから感じたことがある感覚を意識する楽しさのほうが好き。好きを詰め込んだものになればなぁと思ってハコ書いたりしています。

そろそろ、8月。
海にも行かねばなるまい。ということで昨日から宿探し。
上旬の宿は結構埋まっていて、唸る。、。
昨年の弓ヶ浜は雨で残念だったが、今回は雨になっても残念がらないように心がけ、
ドンキホーテで水着とかシュノーケルとか買いてぇ!と思いつつ。
タルタルの腹をなんとすべく、毎年のように直前から腕立てとか若干やったりする。
花火も見てえぇ!カナブンを腕にとめて歩きてぇ!
夏最高。

盛り上がってます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年07月26日 17:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「咳き込んでいます。」です。

次の投稿は「毎年のごとく花火」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.