« そして帰国 | メイン | 部屋を探しています。 »

贅沢三昧な日々

西條です。
最近は贅沢三昧な日々を送っています。
マクドナルド食べたり、飲み会いつにしましょうか、と話したり、コーヒー飲みにいったり、映画見たり、カツどん食べたり、親に電話したり、弟に土産を上げたり等等。
しかしいつものごとく、雨が降ると洗濯が出来ず、本気でイライラし、本気で凹む。
いつかきっと雨が降らない日が来ることを本気で祈りつつ、毎回この日誌にも書いています。
雨は、僕が寝ているときに降ってください。

雨が降ると作物が育たなくなるから、我々が生きるためにとても必要なことなのです。
と、言われても、そういうことでイライラするんじゃないのさオカミサン。雨は天敵。渇かないことを心配して、パンツを二枚買いました。

映画を見てきました。
この前弟に勧められた映画、「(500)日のサマー」
直前まで「インビクタス」と迷いましたが、久々に渋谷に行くのもいいかな、と。
ヒューマントラスト渋谷でやっています。
面白い映画でした。

ネットのレビューを見ても、いい評価が沢山。
雰囲気がほのぼのしているのに、結構身につまされるようなところもあるからなんだろうね。
完璧だ、とか、ゾーイ・デシャネルがかわいい、とか、マーク・ウェブは期待の監督だ、とか。
好印象の要因はいくらでもあるんだけれど、この作品の一番の良いところは、
ゾーイ・デシャネルが演じるサマーの不思議ちゃんに見えてしっかりしたキャラクター造型にある。

冒頭、サマーの小さい頃のエピソードで、
両親が離婚した後、サマーは伸ばしたいと思って長くした髪をすっぱり切ることを覚えた、といったような、そんな感じのナレーションが入る。最初はなんだか意味不明な生い立ちの説明なんだけど、それが何を意味しているのかが見ているとわかってくる。カジュアルな恋愛にとどめたいというサマーは、恋愛に対して臆病な人とも取れるが、要するに心が動揺することに対して不安や嫌悪感を抱いてしまうのだ。そんな自分を小さい頃に経験して、ではどうしようか、と時間を掛けずに習得した防衛策。
しかし時は優しく彼女はごく普通に育ち、おそらくは思春期も人生の選択を迫られる年齢のときも、周囲の友人と共に考え、自分としてはこんな感じかと道を選び、努力し、流行のものは反応せずとも知っていて、なんとなくマイナーなものを選んで安心したりして、社会を意識して生きているようで、破天荒な思いつきも先天的な性格からくるものではなく、どうなるか知りつつしたたかにやっているわけで、つまりは天然な印象を与えながら極めて一般人サマー、ちゃんと描かれている。

そんなわけで勝手に解釈をしてゆくと、
サマーはどこかで心が揺れることを期待しているのだが、それは小さな幸せや愛情ではなく、思いっきり大きなものでないとなかなか打破できない、とサマー自身が思っているような気がする。決め付けているというか、信じないことでやってきた人だから、自家用ジェットからパラシュートで降りてきたイケメンがパチンと指をはじいた瞬間、鼓笛隊の大群がやってきて自分を取り囲み、驚きの中、歯が光るイケメンが手を取って求婚してくれる並の香港映画なら珍しくない展開、くらいしか自分を打破してくれるものが無いと思ってたかもしれない。映画「卒業」を見て、自分でもなぜ涙が出るのかわからないと思って凹んだサマーの態度がそんな事を思わせてくれる。結婚した理由が、運命である、という、いままでずっと現実的なことを言っている冷めた人間かと思わせておいてなんすかそれ、的な言葉から察するに、やはり彼女にとっての恋愛はとてもでかく高い場所にあるもので、きっと出会えないし出会るなんて考えるほうがおかしい、という期待極薄なものという位置に落ち着かせて今まで安心してきた半生が伺える。
長く伸ばした髪を切る、ってことに、未練を感じるなんておかしな話だ、という位置に落ち着かせて、安心する手段を幼少の頃手に入れたのだ。
サマーが登場する最後のシーンの背中は極めて庶民的だ。

キャラクターが反映されてるお話し。
物語は時間軸がばらばらになっているだけで、そんなに大それたものではない。オチもすぐに予想が付く。この映画の面白いと思わせるところはWiiで遊ぶトムとか、皿を次々と割ってゆくトムとか、なで肩過ぎるトムとか、理想と現実を同時に見せる映像の手法とか、ちりばめられた音楽とか、そんなことではなく、サマーのキャラクター造型にある。1時間半のいい映画だった。ちなみに僕は、トムがビールとウイスキーの小さなグラスを一緒に手に持ってサマーと友人が待つ席に着くだけのシーンに引かれた。なぜかビールとウイスキーの小さなグラスを持つトムの、その持ち方が真似したくなるような持ち方だった。タイタニックでディカプリオがパンにかじりつく様を見た時と同じ感覚であった。

そんなわけで、いい映画でした。お時間有りましたら是非。

明日からまた頑張るマンな日々だ。

スーツとか買わなきゃなと思って街に出たわけです。
なかなかピンと来るものってありませんな。
スーツよりスーツの上に着るコートの方が欲しい。
これもなかなかピンときませんな。
来週は二日ほど休みがあるので再び街を歩くのさ。
またいい映画に出会っちゃうぞ、いやスーツ見つけなきゃ。

自分の映画も作りなさい、とはっぱ掛けつつ、
最近はiphoneでパズルをダウンロードしてメチャクチャはまってます。ダラダラしてるってことです。
う~ん、まだリゾートにいる気分だ。いかん。もうキンモクセイが香りだしているっていうのに。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年03月06日 00:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「そして帰国」です。

次の投稿は「部屋を探しています。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.