« 2009年12月 | メイン | 2010年02月 »

2010年01月に書かれた日誌

2010年01月08日

今年も明けました

西條です。
2010年。宇宙の旅です。
この前会社の先輩に、「あ・け・お・め、こ・と・よ・ろ」と流し目で言われてリアクションに困りました。
もみ上げが若干白髪交じりの先輩は、やり手の男。夢みたいなことと現実的なことを明るく話すモテ男。流し目な正月男。今年は僕もモテ男を目指してもみ上げを白髪にしてみます。嘘です。

そんなわけで、いつものように実家に帰ってきました。
新幹線あさまに乗って長野県へ。

_IGP1486-1.JPG

_IGP1490-1.JPG

_IGP1507-1.JPG

_IGP1510-1.JPG

_IGP1517-1.JPG

_IGP1520-1.JPG

_IGP1526-1.JPG

_IGP1530-1.JPG

_IGP1536-1.JPG

_IGP1538-1.JPG

_IGP1541-1.JPG


そんなわけで満喫した後、帰ってきて即仕事。
あーだこーだといろんなことがありました。
明日は今作っている企画書の写真撮影です。

昨日、パイロットの友人と会ってきました。
同じ大学を卒業したのに、なぜかパイロットの道に進んだ彼は、
アメリカでグランドキャニオンを滑空した後、シカゴ、サンフランシスコあたりで自動操縦を楽しみ、名古屋で飛べる機会を得て帰国しましたが、JALだって不況、職を失い、数週間前にグァムでルイス・ゴゼットJrな仕事を見つけて来ました。でもやっぱジパングだ!とただいま書類書きの真っ最中。派遣的面接を狙っています。

そんな僕には到底マネのできない破天荒でかっこいい友人とカレー屋さんでキーマカレーを楽しみ、
トリスなコーヒーを飲みながら今とってもシビアでドキドキな人生の岐路をどう乗り切るか談笑。
とにかくグァムに就職しなさい、と念を押す。だって僕に、宿が、できるじゃない。

そんなこんなで僕もグローバルに生きたいと思うのだけれど、今からじゃもう遅いのかしら、
とコインランドリーにパンツ&シャツを入れながらタバコに火をつける。一箱400円になってしまうのか。
思えは出合った頃は、まだ年端もいかない220円だった君が、いつのまにか400円なるのか。スティービーワンダーでも聞こうかな。

と、近くのビデオレンタル屋さんに行くと、
なんと、2月上旬でこのレンタル屋さん、閉まってしまうらしい。
ダウンロードの時代に突入していく映画産業。話しには聞いていたが、いよいよ形に見え出したんだなぁと。映画は無くならないが、とても切ない気持ちになった。お世話になったなこのお店にはホントに。

中学の頃、僕は街に出来たレンタルビデオ屋さんに通い詰めていた。当時一泊550円くらい。7泊なんてありえなかった。ビデオというものが世の中に出てきて、βってなんなのかよくわからなくて、
とりあえずVHSのものを沢山借りて、沢山見て、沢山感動して、映画を作る人になろうと決めた。
監督別、役者別、ジャンル別に並ぶビデオ達を見て、その店のセンスを比較検討し、まさにフラッと入る感覚でいくらか払って借りては観て、真夜中4時頃だったとしても、生きてゆくためのヒントを得ることが出来た。ビデオはそのうちディスクになり、並ぶ薄い背表紙からお目当てのタイトルを探しては借りて、いつの間にか自分の作った映画もそこに並んだりして、なんだかよくわかんないな、と思いながらも、観たい映画が何も無かったとしても、なぜか入ってみたりして、ぷらぷらと店内を歩いてそのうちトイレに行きたくなってなんでもいいから手にして借りて家に帰ってトイレに入って出てきて観るだけ観るかと再生ボタンを押して見終わった後はトイレから出てきたときよりもずっと爽快な気分に成ってたりして。

妄信的に映画を信じていた僕は、地上に着地したその後、レンタルビデオは友達とすでに気づいていた。徐々に無くなってゆくであろう巷のレンタルビデオ店。友達が消えてゆくのはとっても寂しい。
大型チェーンは新しい店舗を構えては新作とアダルトを大量に並ばせるが、僕にとっては借りたいものが見つからない確率が高く、あまり足が向かない。でもそんな事も言ってられなくなるんだろう。そしてそんな事も言ってられないんだからこんな企画はどうでしょう?と別に誰が書いても同じな映画企画を立てたりするんだろうか。

そんなこんなで正月早々ちょっと寂しくなったでの、消えゆくレンタルビデオ屋さんで映画を借りて、
スティービーワンダーも借りてきて聞いた。「Stay Gold」っていうアウトサイダーな曲が好きなのさ。

まあそんなわけで、明日は企画書の表紙に乗せる写真を撮影するために、
バイクとアクションモデルを駆使して頑張る所存です。
今年は動かなきゃね。タフで行く。僕は消えんぞ。応援よろしく。

2010年01月28日

また日誌書くのを忘れた

西條です。
寒かったり暖かかったりの冬。いかがお過ごしでしょうか?
僕は先日体調を崩し、しっかりとひどい状態に陥りました。
その日は今泉さんと飲むことになっていたのですが、朝起きたときからなんだかとても寒く、
これは、寒気、というものだ、と自覚できるものでしたが、自分で自分をごまかして、飲み屋さんに行きました。
しかしながら自分で自分に嘘を突き通すことには限界があることを知り、早々に飲み屋を退散、
すっかり今泉さんに迷惑をかけつつ、あきらかに体力が奪われてゆく感覚を覚えながら、
いつもは感じない家までの遠さを実感しながら、家について直ぐ横に。全然寒気が引かない、しかめっ面で紅茶を飲んで体を温めて、一生懸命水飲んで、何度か寝てみました。
ようやく回復にこぎつけましたが、体のだるさが抜けるまでには数日かかりました。

そんなわけで、順当に風邪にもなり、機器の悪いエアコンで冬をしのいでいます。

日々やることがあり、あんまり暇がありません。保坂君と今週会うつもりだったのだが、
都合が合わずに来週に持ち越し。お土産のマカダミアナッツが早く食べたいです。ところで、
この前仕事先の方がイタリア旅行に行ったのですが、8日間で20万円だったそうな。
激安い。貧乏旅行ではなく、しっかりしたツアーだったようで。ここ最近海外旅行が激安いらしい。これは行かなきゃ損だ。

そんなこんなで僕だって海外くらい行けるのさ、と自慢したいがために、現在海外旅行を検討中です。
南国に行きたい。南国で南国ジュースを飲んでコテージと呼ばれるところに泊まってみたり、海の上にぼっかりたっているキノコみたいな家に停泊して梯子で海に泳ぎに行ったりしたい。夢膨らむ2010。電卓を叩く旅に夢が破れていくので、電卓を世界の果てに捨てに行くつもりです。

先日、六本木に行きました。仕事の同期と一緒に研修。飲み会と言う流れ。
あまり自分を出すことが出来なかったけど、なんだかとても楽しかった。やっぱりみんなでわいわいするのはそれだけで楽しいね。自分も健康な証拠だ思う。しかし六本木でワタミに入るというところがなんともかっこいい。っていうか慣れてなくてステキだ。

昨日ウズマキさんの家にシチューを食べに行ってきた。
すごくうまかったので作り方を聞くと電子レンジを間に挟んだ調理法。
そんなことやったことがないぜ。非常にために成った。ニンジンうまい。

週末予定の会食会場を探しに銀座に向かった。
スペイン料理のお店が検索でヒットしたので、そのままそこにGOしたのだが、思った以上に健康的でキレイでフレンドリーでステキな店だった。料理もうまい。個室もある。立地もそんなに悪くない。更に池袋スパイス中にあるデザート屋にも行ってみた。デザートとコーヒーで1200円という値段がビックリしたが、それなりに納得のいくものだった。4種類のデザートを食べられてコーヒー付いて1200円。とは。結構いいね。そんなわけで世の中には知らないことがまだまだ山ほど有るんだなぁと思う今日この頃。

iphoneで間取りのアプリをダウンロードし、毎日見ています。
もともと間取り大好きなのです。僕は引越しが大好き。引越し貧乏なのだ。
間取りを見るだけでワクワクする。住んでないのにどうやって住もうか、と思ってしまう。
しかし飽きないというのはいい面と悪い面を持っている。いつまでたっても決まらないのだ。
いつまでたっても決まらない。決められない。決めたくない。もっといい部屋あるんじゃなかろうか、
なんて。
そんなこんなで引越しは依然停滞中です。
また鍋会やろう。

1月もそろそろ終わりに近づきました。
と、家賃払いに行って気付いた。今月も矢のように過ぎていったが、
なんていうか、いろんなことがあった。まずは新年だったわけだしね。
企画書の写真を撮りに行ったんだそういえば。

朝っぱらに新宿に集合し、日笠君と蛭川君に手伝ってもらい、ビルをバックにナイスな写真を撮って来ました。やっぱり被写体がいいと写真も決まるね。
それから日笠君お勧めの家系ラーメンを食べに行った。新宿の高島屋方面をちょっと入ったところにあるラーメン屋。紹介されなければきっと死ぬまで知らなかったであろうラーメン屋。しかし有名らしく、目立たない路地にあるのに、店内お客満載。確かにうまい。僕は寝ていなかったので、目を覚ますべくラーメンに辛味をくわえて食べる。辛いって最高。そういえば日笠君とは六本木で朝まで飲んだ際、帰りにものすごく辛いラーメンを一緒に食べたことがあった。また食おう。今年も六本木には通いたい。いろんな理由で。辛い思いはしたくない。

そんなわけで麻布十番の駅から坂を上って右に折れて少し行った定食屋さんも結構うまいミソ豚定食を出してくれます。

今年の僕の映画活動はどうなることやら、まったく計画〇。いかん。
ホント作らないとイカン、があんまり頑張りすぎると作れなくなるので、どこらへんのスタンスでつくればいいのか一先ず落ち着いて考えよう。海外の映画祭もちゃんと視野にいれていかないとなぁ。これはハードルを高く設定すると言うことではなく、需要の拡大と言うことで映画としてはある意味死活問題なのだ。やっぱり海外に行こう、今年はドバッとね。あと今年はギターをちゃんと弾けるようにしたい。適当なコードばっかり出来るだけなので、なんか一曲弾けるようになろう。

ということで、今年の目標は決まった。きっと実行します。願うことから始めます。まずは電子レンジを挟んでシチューを作れるようになることからだ。

About 2010年01月

2010年01月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.