« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月に書かれた日誌

2009年10月06日

なんだか落ち着いた

西條です。
せっかくの休日なのに、雨。
雨って最悪。いつも人を閉じ込める。でもまあいいか、閉じ込められるのも悪くないときもある。雨が降ってなくても閉じこもるときってありますが、そんなときは雨が降ってない日よりもひどく落ち込んだりしますね。雨のときは、雨が言い訳になってくれるから、それはそれでよいもんだ。
というわけで、僕はいったい今後どうすればよいのだろう。と
半ば真剣に考えてはガックリ落ち込んだりしたりしています。
まいったねえ、あらゆることが安定に向かうと思い切り反発したくなるというのが僕のダメだところ、なわけで。贅沢病です。

しょうがないので、気分転換に雨の中缶コーヒーを買ってきました。
なんだか妙に缶コーヒーが欲しくなったので。
自動販売機に小銭を入れようとしたら、財布の中には万札しかなく、
しょうがないので、コンビニに行ってチョコレートも一緒に缶コーヒーを買いました。
どうやら、糖分が欲しかったみたいさ。

家に帰ってパキッと蓋を明けて飲む。
うまい。甘い。うまい。
なんだかやる気が沸いてきたので、音楽でも聴いちゃおうかなとCDを選定。
そう言えば最近CDなんて全然買ってないや。と気づく。
借りてばっかり。でも買いたいものが無いんだからしょうがないじゃん。
とあれこれ選択していたら、ふと、そういえば、今年の初めに融解座で知り合った方から頂いたCDを思い出し、久しぶりに聞くかとPCに入れた。

NO WHERE MANSというバンドのボーカル、増田さんから頂いたDEMOなのだけれど、久々に聞いたがすげーいい。久々と言っても2ヶ月ぶりくらいなんだけど。
すげーいい。さっきからぶっ続けで聞いてます。
なかなか予定が合わなくてライブに行けないのだけれど、
ライブで聴きたい曲ばかり。憂鬱で爽快で、下ネタで綺麗でかっこいい。
とりあえず、今そんな気分なんでいい感想しか書けない。

気分がよくなった僕は、久しぶりにシナリオを書こうと思ってデータを開いた。
久々に読む自分が昔書いたシナリオ。すげーいい。
とりあえず、今はそんな気分なのでいい感想しか書けない。
調子を良くした僕は、加筆することにした。でもなかなか加筆できない。
一度形になるとそれを変えることってなかなか難しいのだけれど、
打開策を知っている。初期に帰る、帰すことで少しクールに物語を観ることが出来る。
そんなわけでキャラクター設定を再度構築し、ストーリーはあんまり変えずに、
新しいキャラクターを作ったりして、あれこれと考えながら、大体テーマはなんだ?僕がやりたいことってなんだ?と、雨の中、なんだか充実し始めた。

ここ半年、いろいろと必死にやることがあったので、
素直に必死にやってましたが、僕は、何か作ってないと、死んでしまう。
その実感を思い切り掴んで、落ち着いた。何かってやっぱり映画なんだけど。
同年代の友達に悩みを抱えて立ち止まってしまう人達を幾人か知っている。
押しつぶされている。押しつぶす力があるのだ。外にも内にも。
そして解放してくれる力もある。外にも内にもコンビニにだってあるかもしれない。
その時その人がそれを求めていれば、それはどこかにそれとして転がっている。
ということを、コンビニのコーヒーとチョコレートと音楽と過去のシナリオと現在の僕から見つけ出した。今は甘いものが必要らしい。

そんなわけで融解座に行ってきました。
映画に最も甘い場所、融解座。久々に行ったのだけれど、
相変わらずのフランクな場所。大西さんの作品は相変わらずかっこよくて刺激的だ。小拓君が自転車でこけたらしく、アゴを固定してすでに3週間を経過しているようで、まるっきり口が開かない状態ながら、模写映画を制作して上映していた。しゃべれないと知ると、小拓君ともっとしゃべりたいなと思ってしまう。非常に嫌な性格の僕。あの独特な空中を舞うトークが聞きたい。カンバックスーン。
ウズマキさんの新作もとても良かった。作風と言うものをこの人は確立している。読んでる漫画を教えて欲しい。

その後、打ち上げではジョー君が「仲間がたくさん来ているから」と言うので、
融解座の飲み会を中座し、そちらへ向かう。
田中ジョー監督はこの前のアップリンク上映を終えて、すっかりステキな経験をしたようで。改めて劇場公開おめでとう。一緒にいた皆さんともあれこれと話、やっぱり作ろうとする人達っていいなあと。いや僕だってそのうちの一人でいるつもりだ。願わくば果てしなくその一人でいたい。

「キリトル」上映のトークイベント以来である、おもちゃさんとも会い、人となりをアピールすることにも成功。諸江監督の仕事も順調にスタートしているし、ジョーは次回、寿司パーティーを計画中。レーサーやエディターの方もいて、店員と揉めたりしてアットホームな雰囲気のまま深夜に帰宅。

次の日も雨だったが、歯医者帰りのウズマキさんを家に誘い、
カレーを食べて適当な話をする。「デスプルーフ」をお勧めされたので見たいのだけれど、レンタルビデオ屋に言ってもいつもレンタル中。人気が有るねぇ。

この前ジャームッシュの「リミッツ・オブ・コントロール」を観にいった。
バルト9に行ったら思いっきり満席だったので、池袋に移動。シネ・リーブルで鑑賞。
途中寝てしまった。いや多分評価の高い作品でしょうが、今の僕にはこいうのはいいかな、というゆっくり感。存在感でキャラクターを見せられてもなんだか魅力的に感じないなぁ。というわけで。
映画「神様のパズル」をDVDで鑑賞。こっちの方が面白かった。

まあそんなわけで。
楽しみにしている福島監督の「OUR BRIEF ETERNITY」だが
すっかりチケット完売近しのお知らせである。
しかし上映の20日と22日はまだ仕事のシフトが出ていないため予定が立てられない。う~n・・・n当日券が出るらしいのでそれ狙いで行くしかないだろう。

台風が近づいているそうです。
傘なんか差さずに水となれ。健康な引きこもりを演じるのをやめて新橋に飯を食いに行ってきます。とりあえず、ありがとうNO WHERE MANS。僕にはまだ何かやれる。そういう気分。

2009年10月13日

iphone買った

西條です。
家のPCの前に彼女が100円ショップで買った、もみじの蔓が飾ってあります。
商店街に掛かっている万国旗のようなものです。商店街に掛かっている万国旗なんて最近全然見ませんが、油売っている江戸の油売りを想像するのと一緒で、そんな感じで捉えてもらえれば幸いです。そのもみじが、極めて微妙な位置にあり、視界に邪魔でもありそんなに邪魔なわけでもなかったりして、もどかしい秋を感じさせます。

そんなわけで、先日、携帯電話を換えました。
ここしばらく携帯電話を変えることばかりを考えていましたが、
やっと決断できて、iphoneにしました。
あのアップルが作った携帯電話です。

迷いました。
店員さんと一緒にやりたいことを検証しながら、iphoneと他の携帯を比べて決断。
液晶のでかさと、思ったほど液晶の綺麗度に差が無かったことと、
やっぱり触って動かすと、今までの携帯とは全然違う感覚が新鮮。
さらにiphoneの方が安かった。キャンペーン中。

予想通り極めてメールが打ちにくい。
徐々に慣れてきましたが、打ちづらい。違う文字を打ってしまう。ちょっと焦るとせっかく打った文字を消す。故に検索のキーワードも打ちづらい。極めて未来系な携帯電話、昭和後半の僕にはとても大変だ。

でもアプリとか教えてもらってダウンロードしたりして、遊んでみると
メチャンコ楽しい。ゲームとか興味無いのでゲーム関係のアプリは何もダウンロードしてませんが、生活に必要な乗換案内とかね、生活にも何に対しても必要ではないアプリとかね、振ると写真が勝手にダウンロードされるアプリとか、なんかいろいろで楽しい。ていうかこんなくだらないことに世の中の人達は一生懸命だったりするのかと思えるものもあり、若い人達の言葉を借りるとホッコリする。

しかしこの携帯、こんなにいろんな機能がついてホッコリまでさせるというのに、

赤外線通信が出来ない。

なんでだ。

着メロをいとも簡単に設定できない。

なぜだ。

こんなにいろんなことが出来るのに、なぜ。
というところがまたアップル製品らしさでもある。と思って攻略策を検索しています。
二次元バーコードを用意しておかないといけない様子。予告編を携帯できるというのはいいものだ。Wi-Fi接続がたまにウザイ。通話メインでパケホーダイをマックスまで使ったことが無いので実際どのくらい毎月請求が来るのか予想が出来ない。これで自分が話題の中心になって友達がたくさん出来そうにも思えるがそんな世の中甘いわけでもなく、どこでもネットにアクセスできるので逆に皆でいるときでさえ引きこもりな人になってしまう危険性がある。とりあえず、使いこなせるようにはなりたいのでしばらくアレコレ試してみます。がすでに少し飽きが来ています。

そんなわけで、気がつくと太っている日々。
体重がとても増えてきた。全然動かないのにビックマックとか食べたり昨日も中華の食い放題に行ったりしているからなのだろう。ジョギングだきっと僕に今必要なのは新型の携帯ではなくジョギングなのだ。と思いつつ、今日もポテトチップスを食べながらDVDを観る。このコンビは最強だ。

先日田中ジョーの家で寿司パーティーがあるということで、
行ってきました。ほとんど深夜になってからの参加でしたが
すでに出来上がっている初対面の役者の方やらアパレルの方やら諸兄監督やらと楽しく飲み、寿司なんて残ってなかったのでカキピー食べつつ缶ビールを飲んで楽しくおしゃべりしてきました。映画「闇の子供たち」の話しが出来たり、実写版「ドカベン」を観たり。「神様のパズル」に出演している人がいたり、高橋君が途中行方不明になったり。
朝方に僕の不思議体験を話したらそれで結構盛り上がってくれたようで。しかしそれほど不思議なことだろうか、と当の本人はその不思議度が未だよくわからない。まぁなんにしても夢の中の出来事ですから。

そんなわけで懐かしい話しも出来たし、楽しかったのでまた誘ってください。
今度はジョー君が潰れる前に参加したいと思います。ダラダラ飲むって、いいね。

小拓君からメールが来た
アゴが治ったとのことで、良かったね。
なんでも好きなものを食べてくれ。おごらないけど。
一緒に下っ腹を出そうぜ。

2009年10月31日

年末が近い

西條です。
そんなことより年末が近い。あと2ヶ月で来年になってしまう。
今年、いったい何をしていたんだろうか、と多少呆然としてしまう。
何をしていたのかと言えば、ミクシアプリのサンシャイン牧場で野菜を育てていたくらいだ。
いかん。そんな三十歳半ば。何か企画でも立てなければ。しかし最近イマイチなノリの僕だ。
勢いが無い。勢いがある人と一緒に飲んだりしたい。

そんなわけで、僕界隈で最も勢いのある人物とこの前飲んだ。
とても勢いのある人なので、名前は伏せておきます。最近売れ出した俳優さんなのだ。

もともと最初に会ったときからどうもこの人気になるなぁ
と思って、役柄にそこまでストレートにフィットしたわけではないのにオファーしてしまった人。
要するに、監督に演出やシナリオを再考させるくらいの人であった。
売れる売れないは別にして、いい役者さんなのだ。

近々結婚するらしく、
なんともめでたいことなので飲みに行こうと誘った。
池袋で待ち合わせ、iphoneで飲み屋を探す。ホントに便利だ。日に日に便利になってゆく携帯電話。
さっきなんか暇だったもので、ノートを買いに行くついでに自転車で迷走していたら完全に道に迷ってしまい、慌ててiphoneのマップで現在位置を確認した。本気で便利だ。あのまま自転車に乗っていたら鬼子母神に到着していた。

ほんとはさらに勢いのある人達を増員させたかったが、急だったためサシ飲み。なんかいろいろとこちらの悩みも聞いてもらい、ありがたかった。固い握手を交わし、現場で会えることを誓う。

時間がまだ早かったので、
地元に戻り、ウイスキーバーに向かう。
お客さんの一人が久しぶりに会う熱血漢で、まだこんな人がいたんだなぁとつくづく。
他、江ノ島のエスカを知っているか?とふられ、知らないと答えたら、教えたいんだけど教えられない!とホクホク顔のカップル。とてもいい夜になってきたなあと思わせられる。

ラーメンを食べて帰宅し、起きて、仕事。
数日たって、久々に多摩映画祭の黒川さんに会った。
多摩映画祭のコンペ。TAMA NEW WAVEは10周年と言うことで。
今まで参加、受賞した人達で会える人には会ってコメントを貰っている、との事。
久々に黒川さんに会えますな、と楽しみにしていたが、仕事の都合で30分ほど集合時間に遅れ、
すでに山岡監督と江藤監督がインタビューを受けていた。

二人は現在。某もっと有名なシナリオコンペで最終選考に残り、
モーニング娘。とAKBへの情熱を抑えつつも、いい作品をつくろうと粘り頑張っている。
審査員の方が、微妙にいろんな噂を聞く人なので、ちょっとだけ僕なりの傾向と対策をアドバイスしつつ
新宿で世界のビールが飲める店に入り、たらふく飲んだ。

それにしてもビールっていろんな種類がある。
ちょくちょく世界のビールを飲むけども、まだまだ飲みつくせない。飲みつくしたいのでまたあの店には行こう。いまのところ、僕にはオーストラリアのVBが一番うまいと感じられる。やっぱ最初の衝撃が強かったな。現地で飲んだからか。

この日はそれなりに飲んで凄くいい気分で帰ったが、
いい気分が先だったのか、飲んだビールが先だったのだ。とりあえず今年の多摩映画祭にも顔を出します。高橋監督の作品も上映に成るようだし。
インタビューでは久々に当時のことを思い出させてもらった。あれからどれほど経つのやら、
あの頃と比べると、今の自分はもっと緻密なものを作りたいと思っているんだろうな。

この前の東京国際映画祭。
僕は仕事の都合で結局福島監督の作品を見ることができなかった。
来年の上映が待ち遠しい
そしてもう一人、知り合いでの高橋ゆーや監督の作品も見ることができなかった。
「掌の小説」というオムニバスの一遍を監督している。もともと知り合ったのは融解座で
かれこれ何年前だろうか、あの人とあの人がまだああなっていない頃のあの人のあれだった、ぐらい昔。しばらく融解座でいろんなイメージ映像等を上映していた人だった。僕の映画も観てくれて面白かったと感想をくれた。全然会ってないけど、それでも名前もあの頃見た作品もちゃんと脳みその入っている。やっぱり印象に残るものを作るひとだったんだなぁ。
この作品も本上映の際には是非観に行きたい。これも来年なのかしら。

そんなわけで僕も負けじと次回作を思案中です。
って何度も書いていますが、作ってないときはみんなそんな感じでしょう。何度も書きます。

年末が近い。
ウカウカしていると年賀状を書く時間が無くなってしまう。僕は今年、
東京に来て初めて年賀状を書くことになっています。世の中にはいろんな諸事情があります。
僕にだって諸事情ぐらいあるのさ。

インターネットエクスプローラー8がイマイチうまく動いてくれない。
ので
思い切ってブラウザをファイヤーフォックスに代えました。
はやい。びっくりするほど早い。なんてカジュアルで軽いんだ。
もともとメールソフトもサンダーバードだったので、本から入っていたのだが、もっと早く乗り換えればよかった。ファイヤーフォックスは極めてカジュアルな感じがしますよ。

一昨日、銀座のトンカツ屋で食べた味噌汁がとてもうまく、今日も食べたいと思い、
さっき家で作りました。要するに、味噌汁最近食べてなかった。
鍋がうまい季節だ。そろそろこの家に誰かを誘って鍋をしよう。
春先にはおそらく引越します。もう4年も住んでしまったなあ。マンション買いたい。

About 2009年10月

2009年10月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年09月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.