« ハリーが死んだ。 | メイン | モニターがまた増えた »

何だこのニュースは

西條です。
三沢光晴が死んだ。というニュースをヤフーで見たばかりです。
実は今日は土曜日のくせに一緒に呑む相手がいないということで、なんだよおい、と地元のバーに行き、さっきまで飲んで、80’Sな話をしてきたばかり。そんな話を中心に、日誌でも書こうかなと思ってローカル接続したら、とんでもないニュースがヤフーに乗っていて思わず一人暮らしの6畳の部屋で叫んだ。
三沢光晴が死亡。なんだこのニュースは。嘘なはずだと思う。がおそらく嘘ではないんだろうと酔った頭で思う。ちょっと、しんどいニュースだ。いやちょっとっていうか、なんというか、とにかくテレビをつけてみたが、ニュースはやっておらず、僕はただいま迷走中です。

そんなわけで、
なにがそんなわけでなんだと突っ込みつつ、一先ず現実を受け入れたくない。
そんなわけで、
ビールをまた一缶空けてこの日誌を書いています。

三沢といえば、ノアのプロレスラー。社長。二代目タイガーマスク。僕がプロレスが好きになった時、ちょうど全日本から抜けて、ノアを立ち上げたばかりの人。僕がプロレスにはまったのは、25歳の時。
なんていうか、なんとなく、なんか面白いなこれ、と思ってしまったそれは、全日本の試合を見て思ったのではなく、新日本を見て思ったんだけど。当時、ADSLに加入したばかりの僕は、プロレスのサイトを見まくり、やはり全日本、ノアの動向はどこにでも載っていたわけで、試合結果も沢山載っていたわけで。僕の歴史の中で、僕は映画しか好きではなかったのだけれど、そんな僕にもう一つ趣味を与えてくれたのは紛れも無くあの時のレスラー達で、決して馬場や猪木ではないのだ。

橋本が死んだときもあまりのショックでなんともしばらくは立ち直れなかったが、
今回、なんていうか、なんていうか、まさか、三沢が。とショックです。なんというか、なんというか。信じられないので。とりあえず嘘だと思うことにする。三沢はいい試合しかしてこなかった。僕が見た彼の試合はみんないい試合だった。とにかく、ちょっとこの話はまた今度。

そんなわけで、
昨日、僕のPCが再びいい感じになった。
前々から計画していたモニターでかくするぞ計画を実行に移し、
ただいま、僕の目の前で稼動しているモニターは24インチのワイド画面、ISPパネルのとっても明るい液晶モニターになっている。
いや~でかいってステキですね。写真も思いっきり綺麗に見える。
DVDも再生してみたが、極めて綺麗に見える。
う~ん、すごい。これで使っていないモニターを含めると、6畳の部屋に、モニターが三つあることになる。何かしないといけない気がする。西條組作品「土井さんの不幸」を編集する際、とにかくモニターがちっちゃい事がネックになって編集が結構大変だった。もちろんそればかりがネックだったわけではないが。これも一つのネックの一つ。である。いいっすよIPSパネル。極めて明るい。明るい。

明るすぎるのでさすがにコントラストを下げた。それでも明るい。どの角度から見ても良く見える。
ああ~しかし三沢がそんなバカなことってない。
とにかくいいモニターを手に入れました。これでハイビジョンの編集もストレス無く出来るように、一歩近づけたわけで。

しかしモニターが良くなると、今まで見ていたものの粗が目立つようになる。
西條組作品「土井さんの不幸」なんか見てみると、素材はすばらしいのだが編集したものを見るとやはり圧縮が掛かっているため、汚さが目立つ。西條組作品「恋鎖」なんか見てみると更に目立つ。しかし西條組作品「そして一人きり」なんか見てみると、素材がフィルムだからあんまり目立たない。う~ん、フィルムで撮りたい。いや、ハイビジョン対応物にしたんだから順次そうしていきます。

そんなわけで、その他いろいろとあった今月ですが、とりあえず、三沢のニュースで吹っ飛んだ~
さっきまで飲んでいたのに今から飲みに行きたい。。。弱った。
取り留めの無い文章は狙いですが取り留めの無い気持ちはちょっと萎えるね。
エメラルドフロージョンがもう一度観たい。三沢のテーマは僕の大好きなジャッキー・チェンの「スパルタンX」のテーマでした。やばい、やばい、そんなはずない。いかん。やばい。ありえない。誰かに頼りたい。まだニュースがやってくれない。郵政問題よりもこっちの方が大切なんです僕には。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年06月13日 23:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ハリーが死んだ。」です。

次の投稿は「モニターがまた増えた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.