« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月に書かれた日誌

2009年05月11日

5月は長野に帰る。

西條です。
長い連休を抜けて、ボケボケなまま、未だに仕事しなくないぞ~と胸の中で思っているあなた、
同感です。
そんなわけでGW中、実家に帰ってきました。
現在長野県善光寺は御開帳ということで、善光寺の本尊がお目見えしている最中です。
回向柱という柱が境内にあり、それと本尊がヒモで結ばれているため、柱に触ると本尊と気分的に繋がった感があるという7年に一度の一大イベントです。
前回、つまり7年前、確か僕はイベントに参加しなかった。今回は一眼レフカメラを持って新幹線あさまに乗った。

しかし着いた次の日からあいにくの雨。やはり雨は好きになれない・・・
それでも行かないわけにはいない。小降りの雨の中を家族と共に突き進み、
回向柱に触ってきました。本尊に手を合わせてきました。なにかしらを祈ってきました。
一大イベントなだけあって、行列でしたね雨の中でも。
でもピーク時は二年参り並の人数だったらしい。そう考えると、雨が降ってくれたことも功を奏していたのだろうか。

_IGP0665.JPG
_IGP0668.JPG
_IGP0673.JPG

帰りにソバを食べる。
僕はぶっこみを食べたのだか、母親と弟はザルソバ。少しわけてもらったらすげぇ美味かった。
ソバは、善光寺内や駅近では無く、その道すがらの店が狙い目。と思います。

母親の還暦祝いもした。
僕は彼女の協力を仰ぎつつ、プレゼントに赤い時計を選んだ。
ネットで選んだ後、購入ボタンを押そうと思ったら、GWでこちらに到着する日数が、極めて都合の悪い日。店舗で買おうと取り扱い店に電話しまくった。がしかし、2年前のモデルなので、すでにどこも取り扱っていない・・・でも最終的に草加市の丸井にあるという情報をゲット。草加市に寄ってから大宮に行って新幹線あさまに乗ったわけである。
草加市は遠い場所だったが、近場の店で似たようなものを買うよりも、自分としてはしっかりと贈り物が出来た気分だ。と自分のことばかりですが、母親も喜んでくれたようで良かったですよ。
そんなわけで、いろいろあったGW。みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?
次は夏休みです。

映画「女子女子over8」参加作品「土井さんの不幸」
のサンプルDVDを焼いて、関係者の皆様に配ろうと思い、頑張っているのですが、さっぱりうまくいきません。なんだか最近PCの調子が悪いようで、ファンの音もでかくなってきたし、DVD焼きソフトもうまく働いてくれず、何枚も120円のDVD-Rが燃えるゴミとなっています。
う~ん、そろそろエンジニアの方に電話しないといけないなあ。そんな季節か。

あったかいっすよね東京。この前26度あったみたいで。夏。最高。

所要でシネマート六本木に行って来ました。
担当の方といろいろ話し、つくづくいい場所で上映させてもらったなぁと。
「欲望の翼」「天使の涙」のポストカードと「恋戦」のレスリーTシャツを購入。〆って感じです。
ここ最近の映画だと「チェイサー」がお勧めらく、「女子女子over8」は名古屋の上映が本決まったようです。この映画は短編集なんだから個別に上映をすることが可能だし、宣伝効果もあるから別に展開して、再上映、なんて面白いなと個人的に思います。

そんなわけで、最近太ってきました。顔がポムッと成っています。
強烈に牽引してくれる映画が欲しい。
お暇でしたら善光寺の回向柱にさわりに行ってください。
ご利益なんてあってもなくてもいいじゃない。

_IGP0681.JPG


2009年05月20日

飲まないkg

西條です。
いくら天気が良くても寝てしまっては無意味な太陽。
そんな無意味な太陽を今日も見送りつつ、まだ眠い。

先日、健康診断を受けたら体重が2キロ増えていました。
ビールが原因と思われます。しょっちゅう飲んでしまいますねえこの季節。
視力検査もしましたが、検査した医者にレーシックを受けているんですよ、と言うと、
びっくりして「え?これで?」と言うので「ええそんなもんです」と言うと絶句した後「残念ですねえ」と言ってました。なにかアドバイスは無いのかい。

ジャッキー・チェンの新作映画「新宿インシデント」を観てきました。
イ・トンシン監督の新作、久々にグロいヤクザ映画を見た感じです。
小さい頃、テレビで放映していたヤクザ映画は復讐劇が多かった。
つまりは復讐を正当化するくらいひどいことをされてしまったりするシーンがあるわけで。
結構グロいですよね、「南へ走れ、海の道を!」とか。ひぇ~と逃げ出したくなるシーンがあった。
香港ノワールには切った張ったやケンカや耳に爆竹入れて吹っ飛ばしたりするシーンなんかあったりするわけです。腕とか指とかスパスパ切られます。いとも簡単にそんな展開になる作品もありますが、「新宿インシデント」はちゃんと、ちゃんとと言うのも変ですが、衝撃的に描かれていました。一気に気分が悪くなった観客も少なくないでしょう。
でも映画として、特にクライマックスシーンのカオスと大久保駅に向かって走るシーンは監督のテクニシャンぶりに感嘆でした。素晴らしい演出でした。ノワールのカタルシスを観ました。「新宿インシデント」は何年後かには名作として、若い人達が語ってくれるでしょう。
ついでに竹中直人がとってもかっこいい。ほんとにかっこ良かった。

先日「土井さんの不幸」の東京上映を終えて、打ち上げをしました。
アジアンキッチンで打ち上げしたら、こんなオシャレなところをしってるなんてすげージャンと言われました。一応、もっとオシャレなところならいくつも知っている、つもりですぜ。
盛り上がった僕らはそれから店を変えて朝まで飲んでしまった。これでまた体重が増えるのう・・・
朝っぱらバッティングセンターに向かったが、やはりやってはおらず、
富士そばでソバを食べて大久保駅まで歩いて帰ってきました。そんな軽いインシデント。

この前は仕事先に蕎麦屋さんがいて、
その蕎麦屋さんに昼からみんなで飲みに行ってきました。
う~ん、ホントに気づくと飲んでばかり。
仕事の話やらナンやらで盛り上がり、途中爆睡。豪快な蕎麦屋さんの蕎麦を食べ、てんぷらを食べ、漬物を食べ、飲んで飲んで帰ってきました。釜飯が最高にうまかった。

釜飯は、横川の釜飯しか食べたことが無い僕なのだ。
新幹線あさまが出来るまで、特急あさまで横川まで行くと、山を登るために車両を連結する。
その間、乗車客は横川駅で釜飯を買い、車内で食べるのだ。そんな釜飯の印象。
仕事先にいる蕎麦屋さんの釜飯が横川の釜飯の器よりも深く、たっぷり入っていました、蟹とか海老とかもたっぷり、またkgが増える。

そんなわけで、飲んでばかりということは、まだまだ動き出せない証拠で。
朝まで飲んでる人が昇進するわけないのです。
最近は日々のことばかりを書いていますが、しばらくはそんな感じの日誌でしょう。

豚インフルエンザが広がってきています。気をつけてください。
といってもどうやって気をつければいいのかわかりませんが。
気をしっかり持っていなさいということなんだろう。と思って、また明日から頑張ります。
う~ん、しばらく飲まない!多分!

About 2009年05月

2009年05月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年04月です。

次のアーカイブは2009年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.