« まだまだ女子女子続いています。 | メイン | ライトオンと謎の朗読会、そして春。 »

ついに女子女子上映終了

西條です。
皆様ホントにありがとうございました。
映画「女子女子over8」は17日(金)でシネマート六本木での上映を終えました。
皆様ホントにありがとうございました。
まだまだ名古屋での上映も控えているし、海外での展開もあるかもしれないし、なので、一つの上映を終えたに過ぎませんが、ホントに支えてくれた方々、楽しみにして見に来てくれた方々に、最後にちゃんとお礼を言わなきゃいけない、と思って粛々と最終日、17日、舞台挨拶に臨もうと思ってたら、寝坊で遅刻しちまった!

ダッシュ。
久々にしました。

朝早い仕事をしているため、最近の僕は夜の八時とか、十時には眠くなる癖がついています。
この日は朝から18時まで仕事。それから直ぐに家に帰り、用意。舞台挨拶の時間は上映が終わってから、だから、22時30分くらいから、だから、さすがに疲れた、から少し仮眠していこう。と思ってクカッと寝た。
で起きたら20時くらい。お~、あとちょっと寝れるな~・・・で気づいたら携帯電話が鳴っている。
西條「もしもし西條です」
森山さん「もしもし西條さん今どこにいるの?」
西條「すまんまだ家だ・・・」
時間は22時10分。
舞台挨拶まであと20分。僕は家にいる。
川野さん「最低だよ!とにかく打ち上げがあるから来て!」
西條「すみませんぇん」

とまさかの事態。仕事に遅刻することに恐怖を抱き、朝早くてもバッチリ遅刻しない僕ですが、
まさかメインワークのこっちで失態するとは思わなかった。
用意は出来ているので、そのままバババッと部屋を出て、チャリにまたがり、大江戸線の駅まで向かう。ダッシュ!
階段をダッシュ!
祈るは都合良く電車が来てくれること。
しかし都合良く行かないのが人生である。それでも半端にアクセスは良い。3分ほど待って、大江戸線がやってくる。乗る。座る。どうしよう。ここは一つ、何かしらのギャグで乗り切るしかない。
と依然眠い脳をゆっくり回転させながら、何かギャグを考えていると、六本木に着いた。
思ったより早い。よし!時間は22時35分。全然よしじゃないけど、よし!走れ!

ダッシュ。六本木で上映中始めてのダッシュ。
六本木駅のエスカレーターがすげー長い。
地上にたどり着けるだろうかと思ってしまうくらい、深い六本木駅。

息も絶え絶えになりながら地上に着くと、キャバやサラリーや黒人やらでごった返している金曜日の六本木。ダッシュ。
障害物競走のような感覚。化粧の匂いの中をぬって走る、突然目の前に現れる黒人をかわす、ダッシュしているにもかかわらず、ガールズバーのチラシを差し出すガールズ、ぶつかったら違う場所に連れて行くであろうエリが大きめの黒服達の間をぬって、劇場に到着。
地下に降りると劇場のドアから少し舞台挨拶の声が聞こえる。
言葉からまだ挨拶が始まったばかりだと気づく。いける!
中根さんとすれ違う。
西條「すみません、呼び込んでもらえますか?」
中根さん「大丈夫ですよ」
袖のドアから顔を出す。ちょうど福島さんが挨拶をしている最中だった。
来たよ~
と一生懸命手を振ってアピール。

結果。極めてナイスタイミングで舞台に上がらせてもらった。
日頃の行いがいいからかもしれないが、どうやら、神はいるようだ。

そんなわけで
本当に大江戸線六本木駅は深く、そのおかげで遅刻したということでなんとか・・・

息も絶え絶えになったが、最高の舞台挨拶を終えて打ち上げ。
一先ず川野さんには話しかけないでおこう。と思って有馬さんや岩本さんと話しながら
ぶっ続けで朝まで飲み明かした。

家に帰って吐いた。
かなり飲んだみたいでかなりはしゃいだみたいです。
皆様ホントにありがとう。家には「土井さんの不幸」に絵画作品を貸し出してくれた大沢さんが書いてくれた「土井さんの不幸」の画が飾ってある。どこまでも夢心地。こんな夢心地な毎日じゃ、遅刻もしますねぇ・・・いやホントに大江戸線が深くってねえ・・・

気合が足りないと感じる僕はこれからもまだまだ作品作りをやめるわけにはいかないと思うわけです。
また、これから作るものはさらに面白いものに成ってくれると思うわけです。3週間、とても恵まれた、いい上映でした。そしてこれを生まれて一番の思い出にする気はありません。

いろんなことが重なって、結構キツい3月でした。上映が始まって、毎日ドキドキしてました。
初めての六本木上映。勉強になったことが沢山あります。もう一度、シネマート六本木で上映したいです。最後までお祭り騒ぎでしたが、怖かったりもしてました。

3月17日~4月17日までの3週間、
観に来ていただいた皆様、何度も書きますが本当にありがとうございました。
応援してくださった皆様、本当にありがとございました。
劇場関係者、プレス各位、スタッフキャスト、その近親者の方々、本当にありがとうございました。
また次回も、吐くまで飲みたいと思います。遅刻はしませんです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年04月19日 09:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「まだまだ女子女子続いています。」です。

次の投稿は「ライトオンと謎の朗読会、そして春。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.