« 六本木で凹む。 | メイン | 隔離されてきます »

カメラを買うとよく更新するようになる。

西條です。
春の陽気、いかがお過ごしでしょうか?
最近はすっかり「女子女子over8」のことばかりをやっていますが、
やっているといってもたいしたことはしていませんが、
今日はそんなこんなでパソコンの中身を一生懸命整理していました。大きく、作業スペースを開けなきゃ成らない。外付けのHDDを借りることになりそうですが、一応念のため。こちらも準備しといて損は無いだろう。で久々に開くフォルダなんかもあり、昔の自分の頑張りっぷりがイロイロ出てきて面白い。

宣伝活動は、自主上映の場合は、それこそ草の根活動ばかりになりますが
劇場公開となるとそうはいかないので、それこそ必要なものが多くなってきます。
スチールやシートやリストや焼付け用の映像ばかりじゃなく、言葉も。

言葉、それはキャッチーなコピーから、どんな映画なのかわかってもらうための説明文句等。
もともと国語が大の苦手な僕は、言葉を考えることに結構必死になっていたようで、
なんていうか、文字が羅列されたメモを眺めると、頭おかしかったんじゃなかろうか、と。

宣伝期間はちょっとしたことで一喜一憂するもので、しかし終わってみると、とてもかけがえの無い経験であり、いい出会いがたくさんあるすばらしい活動期間。ある日突然、3週間前に展開させていたことの反応が来たり、全然アクセスしてなかった場所からメールが来たり、ひどい解説付けられたり、とまあいろんなことがあります。ありました。今回もあるやもしれません。Pの川野さんを助けつつ、あと1カ月ちょい、頑張るつもり。思い切ってファイルを捨てました。頭がおかしいメモとか。それだけじゃ全然空かないのでその他諸々、おかげで100GBくらい空いた。多分、大丈夫じゃないかな。あとは部屋の掃除だ。納屋みたいな部屋になってますから最近。。。いや、前からか。

う~ん、しかし音がまた宜しくなかったらどうしよう。
いや、きっと大丈夫。対策はイロイロ考えているわけだから。

先日、最寄の駅で、僕はフリーペーパーを物色していた。
フリーペーパーって広告費が高いけどなんとかこの映画も載らないもんかなあと思いつつ、
イーノなんか手にとって見ていると、
「西條さんじゃないですか!」
と声を掛けられる?
西條「!?」振り返ると、花粉症のマスクを付けていてもすぐにわかった昔のバイト仲間、
尚且つ、若かりし僕の作品に興信所のカンフー使い役で出演してくれた友人だった。
なんと、ここ最近、結婚したらしく、ここ最近、ここら近辺に引っ越してきたらしい。
かれこれ3年は会ってないであろう僕ら。
友人はその頃付き合っていた女性と別れを繰り返しつつも、ゴールインしたらしく。
さらにデザインから足を洗わずに、今はアクリルな仕事をしているという。
おお・・・なんかかっこいい。僕は感嘆するばかり。しばし話に花を咲かせつつ、名刺を貰って別れた。
今度奥さん共々飲みに行きましょう。奥さんも友人である。

新宿で森山さんに会い、宣伝材料を渡す。
新宿ツタヤで「女子女子over8」のチラシを確認する。
ついでに「恋鎖」がレンタルされているかをチラッと確認する。
紀伊国屋でコピーライトについての本を図書券で買う。

図書券て、もう無いんだよね。図書カードになっているんだよね。
僕はずっと昔に貰った図書券を後生大事に取っていたが、これですべて無くなった。
世の中総カード時代。いつ頃、映画がカードで入れるようになるんだろうか。いや、もうなっているのか?

家に帰り、カレーとラーメンを食べて、コクリと寝る。
起きたらテレビで「相棒」がやっていた。そういえば、友人が制作で入っている。いい仕事してるなあ、と思いつつ、再びご飯を食べる。テイタラクなわけではありません、今日は休日なのです。来週は休日じゃありませんから。

そんなわけで先日の試写に来られなかった石川さんが、
やっとこさ家に来てくれたので「土井さんの不幸」完成版を見せることに成功した。
いい感触だった、ようで!もう一回見よう、と、もう一回見た。
そして僕は思う。。。色が黄色すぎるかも。そんなわけで優柔不断な僕は、石川さんが帰った後、カラコレスタート。

カラコレしてると、シアンマゼンタシアンマゼンタと呪文のように繰り返している時がある。
その昔、大学時代の友人が、「映画は、阿片である」と言った。僕は若干中毒気味に編集に望んでいる自覚がある。だって楽しいじゃない。映画が良くなっていくのがわかるから。どうにもならないことがわかる時もあるけどね。

打ち上げで撮れなかった石川さんの写真を載せます。
カメラを買うと、ブログを更新するようになるね。しかし後ろのマイ布団はハケとけば良かった。
IMGP0224-1.JPG

マイケル・マン監督の「マイアミ・バイス」を借りてきました。
「恋鎖」と公開時期が被っていた作品で、勝手にライバル視したりしてました。
今回も叶わない相手をライバル視したいと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年02月19日 03:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「六本木で凹む。」です。

次の投稿は「隔離されてきます」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.