« 僕はディゾルブに頼る | メイン | 私は一眼レフで撮った »

私は一眼レフを買った

西條です。
この前、「ショートバス」という映画をDVDで見ました。完璧なR指定ですが
とっても面白かったです。ジョン・キャメロン・ミッチェル監督の「ヘドウィグアンドアングリーインチ」も好きですが、この「ショートバス」も好き。おかしい。そして僕はゲイではありません。満たされているのに満たされていないという感覚は、なんだかよくわかります。
そんなわけで欲張りん坊の僕は、ついに、一眼レフカメラを買ってしまいました。

新春、何買うか、と迷っていましたが、
一眼レフカメラにしました。
液晶テレビにも心が突き動かされましたが、それならば、パソコンのモニターを買ってしまったほうが安いというとっても簡単なことに気づき、さらに一眼レフがことのほか安いことを知り、決断。飯田さんごめんね。

年末にパンフレットを漁ってあれこれ考えていました。
やっぱりキャノンの50Dがいいかなぁ、しかし値段が高いなあ、なら40Dかなぁ、
しかしそこまでのスペックが初心者の僕に必要なのか?どうなんだ?おいどうなんだ!なんでカメラなんか買うんだ!そんなことよりやるべきことが山とあるだろ!やめちまえ!
と布団を被っても起きればやっぱり欲しいなあ、と一服。

デジカメ、買ったこと無いんですよね、しかし映画作る上で、実は結構使うの物なのです。
ロケハンはもちろんですが、後の上映、宣伝素材のために、撮影時は絶対撮らないといけないし、
HPにも必要だし、役者にあった際も、今まで携帯で撮ってましたが、シナリオ当て書する時は、PCに大きく写真があったほうがいいなと思う時があり、ゴダールは映画監督は絵コンテじゃなく、写真を撮るべきだと言ってた気がするし、ゴダール好きじゃないんだけど。
そんなわけで帰省したときも、海に行った時も山に行った時も、写真を撮れたら面白いじゃない。
で、
どうせ買うなら、一眼が欲しい。とね。

そんなわけで、価格ドットコムでレビュー見たり、最近一眼を買った人に連絡して何買ったのか聞いたりして、予算と合わせて、キャノンのイオスキスFにしようと決定。した後、いきなり気が変わってペンタックスK-mに方向転換し、決済ボタンを押した。ライブビューが付いてないけど、デザインがね。イオスキスFより惹かれた。結構重要だ、見た目って。
ネット価格、レンズキットで4万3千円。おお・・・1020万画素っすぅ。
しかし3年保障とプロテクターとケースとSDカードと総量を入れて、大体5万3千円くらいになった。おお、なんて金持ちなんだ僕は。

クリック後、すぐに発送してくれたらしく翌日には神奈川県から届いたペンタックスK-m。ママでも安心してお使いいただけます、簡単一眼レフ。ウキウキしながら待っていた佐川急便。佐川の兄ちゃんもニコヤカにハンコ下さいと言った。ハンコあげる。

梱包を解いての第一声は、「スゲー」
ねじ込み式のレンズをねじ込む。何撮ろうっかなぁ。しばらく部屋のものをあれこれ撮った。
多分初心者ってみんなこんな感じなんじゃないかしら。無駄に電池を使いながら、部屋の中で一人、「スゲー」を連発。まだロクに活用していませんが広角が欲しい。
「土井さんの不幸」の打ち上げでは沢山写真を撮ろう。
そして沢山加工しよう。

カシオのハイスピード撮影で動画が取れるカメラにもかなり惹かれたんだが、
それはまた今度、持っている人がいたら是非見せて。そして貸して。ハイスピード動画撮りたい。

実はプロテクターとケースとSDカードはビックカメラで買った。
店内。ペンタックスk-mを見ながら、口径を確かめていると、すぐに年配の店員さんが声を掛けてくれた。シャツの胸に、ペンタックスの文字。この人は、ビックの店員ではないかもしれない。ペンタックスから派遣された人かもしれないぜ。
あれこれ聞くと、商店街の電気屋さんみたいな凄く親しみやすい接客でいろんなことを教えてくれた。商店街の電気屋さんが親しみやすいかどうかと言うと、必ずしもそうではないのだが、そんな感じということで。
商品を購入した人の気持ちを考えながら接してくれる店員さんにあたるとホントにうれしい。ペンタックス万歳。ちなみにペンタックスはHOYAになったようです。しかしその名前は健在のようです。

昨日、セッキーが撮影した作品「てるてる坊主と金魚姫」の試写に行った。
ジャッキー、香港映画好きのセッキーは筋金入り。本作品も障害者を題材にした映画ながら、ジョニー・トーみたいな編集と画で面白かった。完成した後、順次介護施設や映画祭等を回るようです。
展開が凄く楽しみな作品なのだ。
そこで一枚。初一眼。カメラに向かって笑ってくれる皆を撮る。ありがとう、みんな幸せになれますように。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年01月28日 11:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「僕はディゾルブに頼る」です。

次の投稿は「私は一眼レフで撮った」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.