« 愛の歌 | メイン | 小室とオバマな一日 »

黒い陰謀

西條です。
いいね、太陽が照ってる晴れの日って。
そんなわけで、昨日は映画「女子女子over8」で新しい監督達との飲み会でした。
オムニバス映画「over8」は今回で第三弾。三回目。
ホントは今年の11月に上映予定だったんだけど、
いろんなことがあり、再スタートを切ったわけです。
いろんなこと、のようです。
とりあえず来年の公開に向けて動き出すために、僕を含めて4人の監督が終結。
昔から名前を聞く監督さんもいて、なんだかドキドキした。
とド素人っぷりを演出できるほど僕も若くないのですが。

顔合わせの後、
久々にHUBに行って飲む。
そのうち80年代のハリウッド映画の話になって、ハワード・ザ・ダックの話になって
おじさんたちは勝手に盛り上がって若い監督さんを一人取り残してしまったりした。
ごめんなさい。やはり映画好きはいつまでたっても、どんな場所でも、迷惑なもんです。
が、とまらないわけです。だってある種のロマンティックだから。
しかし若い人と話をすると、やっぱり出てくる岩井俊二監督の名前。
決して思春期タイムリーな訳ではないはずなのに、みんな言うんだよね。あの世界観が好きって。
すごい監督なんだなぁと改めて思う。

そんなこんなで家に帰り、
吉野家で牛を食べてから就寝。
起きると、家のポストに変な紙が入っていた。
自治会の金を払え、という内容のその文章は、
自治会長が入れたらしく、どうやら、僕の大家さんは、昨年、今年の自治会費を払っていないらしい。
その紙には、電話してもいないから、こちらに連絡を取りました。
って。
なんで僕に連絡をするのさ。
僕も大家さんの電話番号は知らない。
家賃を払う時に使う銀行のATMでしかその名前を見ない。
不動産に行ってください。と電話したが、留守。
う~ん、、、なんで僕が大家さんの自治会の金のことで不動産に電話しないといけないんだ・・・
まあしょうがないか。借りてるんだし。
そんなわけで久々に不動産に電話をしよう。後で。

この前、シナリオがやっと上がったので、
一息吐こう、と夜中に自動販売機の前に立った。
やっと
あたたかい
の文字が表示された自動販売機。温かい飲み物を買いたい。だって寒い。
どの缶コーヒーを買おうかな。「粗引きコーヒー」と「微糖コーヒー」があるけども、どうだろう、
疲れているから粗引きかなぁ、いや、甘ったるすぎちゃうかもしれんから、微糖かな。う~ん、
よし、粗引きだ、荒削りな甘さに乾杯だ。とスイッチを押したら、ブラックが出てきた。
おい!自動販売機!と設置されてる店に文句を言おうと思っても、時間は夜中。
店はしまっている。。。う~ん、あたたかいはあたたかい・・・
しょうがないのでブラック缶コーヒーを一口。ホントにブラック。家に帰り砂糖と混ぜて飲んだ。

僕はコーヒーならブラックな人だけど、
缶コーヒーのブラックってあんまりいい気がしない。
缶コーヒーは甘いのが缶コーヒーらしい感じがするのだ。
そういったことを踏まえて、世の中黒いぜと再確認。
頑張っている人に、そうそう甘くない。いや、もうちょっと頑張りなさいよと言われているのかも。

主演をお願いしたい女性にコンタクトを取っていますが、
忙しいらしく、なかなか説明できる時間を確保できません。
それでも今週来週中には全部決めないといかん。
大体10分くらいの作品にそんなに時間をかけてはイカン。
のだけど、時間をかけたらかけた分よくなりそうな気もする今回の短編。
いや、多分、個人で盛り上がっているだけなのだ。適度に撮れればそれで良しです。

伊藤ハムの工場から有害物質シアンが出て、それで回収作業に追われているらしいけど、
僕の家にも問題の粗引きウインナーがある。
製造日はバッチリ当たっている。
これ、シアンが入っているウインナー、食べたらどうなるんだろう、デスラーみたいな顔になってしまうのかしら。と思って、とりあえず、食べてみた。
感想は、とてもおいしい。
今のところ、なんとも無い。
何か変化があったかと言えば、自治会の金を払え紙が入っていたことくらいだ。いまのところ。
もう一袋あるので、今から食べてみます。
オムライスにしちゃうぞぅ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年10月30日 14:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「愛の歌」です。

次の投稿は「小室とオバマな一日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.