« 秋風、風にそよぐ水着 | メイン | 私は自分に言い訳しない »

金以外の幸せ要素は全て持っている

西條です。
雨降ってますね~と思ったら今は止んでます。
先日の連休は何をしていましたか?
僕はホルステンと言うビールを飲んでました。
未だにサザンを聞いていますが、
昨日、テレビから突然デビッド・ボウイのスペース・オディティが聞こえました。
今度これをテーマソングにしたドラマがやるみたいですね。
う~ん、悔しい。願わくば僕の作品でお願いしたかった。
と、まだまだそんな立場でもなんでもないのに悔しい。
それからしばらくスペースオディティ聞いてます。
やっぱ最高。いいものは、いつまでたってもいいね。

そんなわけで昨日
6月頃に参加させていただいたナイフ屋さんのメソッドDVDの撮影をしてきました。
今回は格闘技ではなく、護身術と身近に潜む危険から事前に身を守る注意事項、
という感じのコンセプトで撮影。
雨続きの中、奇跡的に晴れに恵まれ、撮影もスムーズに行きました。
これからしばらく編集です。果たして今回はどんなもに仕上がるのか。
HOW TO としてうまく伝わるもにしたいのだ。

その前日は福島さんの家で短編企画の打ち合わせ。
OVER8です。
第3弾の今回は女子×2がコンセプトらしく、とにかく女の子が二人出てくる、が条件らしい。
僕は再三に渡って書いていますが短編が極めて苦手。でも苦手とばかりは言ってられないので
毎回挑戦するんですよ。でもなかなかね。自分の中で、これおもしろいでしょ?と言えるものにならない。だからシナリオを書いていると、ドンドン長くなってしまうんですね。思うに、キャラクターなわけです。
これも何度も言ってるなぁ。しかしこれも今回はクリアできそうな気分です。理由はありません。なんとなく、クリアできそうな、そんな気がしています。このなんとなく感、よく当たります。早く美人を探すたびに出なければ。

練習というわけでは成りませんが、
週末にウズマキさんが企画した短編撮影会にも参加してきます。
これは融解座で流すシロモノで映画「ブリュレ」に出演している鯛一君を素材として
それぞれの監督さんが何かしらを作る、という企画。ひとまずこれで10分ものを目指そうと。
結局僕はアドリブが苦手なので事前に考えていかないといけない。まあでも、これは融解座上映用なので、そんなに気張らなくていいので。でもまかり間違っていいものが出来たらこのサイトで流すかもしれません。おや?いや、いいものを作りますからね。

ナイフ屋さんの撮影が終わった後、
フライングティーポットでアイスティーを飲んでゆっくりした後、
米を買って家に帰った後、
高校時代の友人から電話があった。
その友人は、現在不動産会社に勤めており、僕が知っている高校時代の友人で唯一東京でまだ頑張っている人である。近況を話し、懐かしくなった後、
今度は父親から電話が来た。
祭りがあるから来ないか?という電話。
その祭りは小さい頃、何度も行った祭りで、
とても小さな、しかし雰囲気があって思い出深い、神社の祭りである。
いろんな思い出のあるもので、
初めてザラメからワタアメが出来ることを目の当たりにした祭り、
初めてモモンガだかムササビだかを目の当たりにした祭り、
その他初めて~がいくつもある祭り。

その神社には線路を歩いて向かう。
家のある場所から川を隔ててある神社。
小さな川にかかる在来線の線路をおっかなびっくり歩いて神社に行くのだ。
枕木の間から下の川が見え、子供だった僕には結構な大冒険。
古い枕木とサビた線路が作る落とし穴満載の茶色い道である。
懐かしかったので行きたかったのだが、残念ながら僕は日々の仕事があり、いけない。
う~ん、また「ドリャレ」が聞きたいね。
鶏がくっついたお面人が舞い、ばあちゃんが傍らにいた。行くならばあちゃんの形見でもらった指輪をはめて行こうと思う。ちなみにオジジの形見の目覚まし時計は未だに健在。

そんなわけで
極めて体的にも心的にも充実した一日を過ごした。
また今日から頑張ろう。
プロットもずっと書いているのだが、やっとこさ、形になってきた。
短編はまだしっかり思いつかない。でも今回はとにかく等身大から抜け出たい一心である。
センスより愛情のあるものをしっかり作りたいです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年09月18日 13:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「秋風、風にそよぐ水着」です。

次の投稿は「私は自分に言い訳しない」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.