« 乱視ではなかった | メイン | 直下型アリーナ »

ついに皮がむける

西條です。
お盆、ということで、帰省してきました。
ラッシュピークを少し避けて新幹線に乗り、高崎から座席を確保。
ゆっくり寝ていきました。

今回は善光寺の山門の修復工事が終わり、40数年ぶりに中に入ることが出来るらしく、
山門の中に入ってみました。松代の大地震の時に山門が傾き、それから中に入ることが出来なかったらしいです。僕は中に入れるなんて知らなかったけど。

山門の中には四国四十八箇所を簡易的に巡れるように、それぞれのお寺さんのご本尊レプリカが祭られていました。しかしそれより、善光寺山門上部に掲げられた、
「善光寺」
という看板をすごく間近で観ることが出来たことに感動。
眺めもよく、市街が一望できます。
ガイドさんの話では、善光寺には、年間600万人の参拝客が来るらしく、こりゃ相当な人数。
相当な人数がお賽銭を投げてくれるので、そのお金だけで修繕費をまかなうことが出来たらしく。
なんていうか、僕の投げた数枚の10円がそれに使われたのかなと思うと、それなりにいい気分にもなるわけです。そして新たにまた10円を投げて、いろんなことを祈願してきました。

今年の長野夏は、やけに暑かった印象。
いつもはもっと涼しい気がしていたんだけれど、焼けるような暑さでした。
最中はずっとテレビで北京五輪を見ていた。北島康介はホントにすごい。一人でトータル4つも金メダル持ってる人なんているんだろうか。僕も負けてはいられない。
と思ったからではありませんが、先日、海にいってきました。

昨年行ったのは伊豆。
今年も、やっぱり伊豆。相当気に入ったらしいです僕は。
昨年、怪我の功名で見つけた海水浴場。家族連れが多く、平和な海水浴場で、岩場もある。
思いっきし遊ぶ予定で、1泊、みっちり楽しむ予定で、朝から出発。もう慣れたもんであらゆることを想定計画して事前行動が出来る。大体海に行く日を決めたのは出発日の2日前だった。ネット社会に感謝だね。

ひとしきり泳いだ後、岩場の浅瀬を水中メガネで探索。
当たり前なんだけど、魚がいる。
魚見ると嬉しくなる。多分魚に詳しくないから楽しくなるのではなかろうか。
紫の、フグみたいに太っている魚がいて、なんだかわからなくて、楽しかった。

小太りな子供がいて、果てしなく、海にもぐる努力をするも、
小太りなため、なかなか水の中にもぐれず、努力をするたびに足が海面から伸びて、
まるで「犬神家の一族」の物まねを必死に練習しているかのようだった。
ギャル男とギャル達が海で戯れ、戯れすぎてギャルの水着がずり落ちてケツが丸出しになり、
みんなから「ケツ、っつーかケツ」と言われていた。
カキ氷より、カレーより、今回は醤油が染みた焼きとうもろこしが一番うまかった。
ゴロンとしていたら寝てしまい、気が付けば体の半分が熱い。
案の定、帰宅すると体の半分が赤い。もともと青白い僕なので、表が赤で、裏が青。
現在、皮がどしどし剥けて体がホロホロリである。

先日、ジャッキー仲間のセッキーの撮影を手伝いに、青梅まで行った。
朝、4時に起きて中央線に乗る。
僕も制作暦は長いのだけれど、なかなか人の撮影手伝いをする機会には恵まれず、
今回、誘ってくれて感謝である。しかし青梅は遠い。東京のそれとは別次元の風景になってゆく。現地に着き、ケーブルカーで山上へ。観光客がわんさかいる中、撮影。
それから山中、山道を歩きながらどんどん撮影。監督セッキーの脳内イメージは加速し、画をおさえては移動。移動しては画をおさえる。
ここは不思議で面白く、山を抜けると茶屋のような店があり、昔の宿場のような感じもあり、村もあり、風にカキ氷の垂れ看板が揺れて、なんだかいい思いをさせてもらえている気がした。
監督セッキーの動きを見ていて、
ああ、自分も傍から見るとこんな感じに見えているんだろうなあ、
とやっとこさ、傍から監督を見る機会を得たことを感謝しつつ。タメに成った。

仕事があるため、皆さんと別れて一足先に下山。
3時間掛けて帰宅。それから仕事場に向かい、仮眠の時間に寝て起きると、足が筋肉痛。
おお、翌日来た。最近僕は若返った。あとは毛根が復活することを祈るのみだ。

そんなわけでサザンのコンサートでさえ行く予定です。

しかしなんでこの夏に限ってこんなにも凄まじく遊ぶ予定が入るんだろう。
果てしなく飲んでるし・・・実家から帰って直ぐに愛ちゃんと飲み。明日も飲みが入っている。
大体7月からして異常な飲み会の数である。夜勤してるか飲んでるか、みたいな。会う人が毎回違うから話が尽きないし、楽しいんだけれど、そろそろ財布と肝臓が心配なので、少しの間、禁酒をしたいと思います。が思うだけになるかと思います。あ、それでサザンのコンサートに行く予定なので、CDを数枚借りてただいま聞いています。そう、にわかファンだぜ。

「稲村ジェーン」という映画は大好きでサントラはよく聞きました。
大体「稲村ジェーン」が好きだと言ってる時点ですでに当時から道を外れそうな気配がしますね、僕は。
まあいいとして。やっぱり「真夏の果実」は最高。そして今「夢で会えたら」のオープニングに使われていた曲を聴いています。

そんなわけで、そこらへんまで予定がずっと詰まっておりますが、
企画もちゃんと書いていますよ。と最後に付け加え。ああ、早く撮りたいものだ。みんなでうたをうたいたいものだ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年08月20日 00:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「乱視ではなかった」です。

次の投稿は「直下型アリーナ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.