« BBQで再会を果たす | メイン | ついに皮がむける »

乱視ではなかった

西條です。
レーシック術後、1ヶ月検診、というものは僕の場合不必要なのだが、
左目の調子が悪いことが気になるので、クリニックを予約して向かう。
左目でモノを見ると、右目と比べて二重に見える。遠くも見えない。しかし近くが良く見える。
いったいぜんたいなんなんだい?治るのかい?

そんなわけで久しぶりにクリニックの門を叩く。
診察券を出して名前を呼ばれるまでは早く、手早に視力検査を終える。
どの C もやっぱり右と比べて二重に見えるし、ざっくり言えば、よく見えない。
看護婦さん「それではこれではどうですか?」
と検査用の眼鏡にレンズを入れると、おぉ・・・見える!見えることに感動。
その場で僕の目はどうなってるんですか?と聞きたかったが、流れるように待合室に促される。

オルゴールの音色で「真夏の果実」が流れている待合室。
呼ばれるまでが非常に長い。
しょうがない、今日も相変わらずの大盛況らしく、待合室にはびっしりと人が座っている。
若い人から年配の人まで、短パンの人から仕事前のキャバ嬢まで。
たかが検査でしかない僕は、結構後に回されてしまっているんではなかろうかなぁ・・・しょうがないか、これからの人の方が重要だ。とゆっくり構えてよかった。小一時間ほど待ってやっと名前を呼ばれる。

個室に入り医者と面談。
精悍な顔立ちの医者先生。こちらの業界で言えば、これから大物に成りそうなプロデューサーか代理店の方みたいな感じ。
西條「左目に乱視が残っているみたいなんです」
医者「乱視ではないですね」
西條「・・・え?乱視ではないんですか?モノが二重に見えるんですけど」
医者「ええ、乱視ではないです。近視が残っているんです」
西條「あの、右目だと遠くが見えるんですけど近くが見えづらいんです。左目は右目と比べて遠くが見えないんですけど、近くが見易いんです」
医者「ええ、まさにその通りです。左目に近視が残っているんです。左目は0.9です」
西條「右は?」
医者「1.5です。だから顕著にわかってしまうんですね」

なんと、僕の視力は
左目=0.9
右目=1.5
その差=0.6
となっているらしい。
夜間や、明るいところから暗いところに入った時、視界が少し、霧掛かったようになるのも、その差のせいらしく。もともとPC作業が多いので、1.5も視力は入りません。と言っていたのだけれど、手術前、医者に言われて、1.5まであげましょう、ということになった、が、左目が思うように上がらなかったらしい。
医者「もともと、弱めで設定しているので、右目が予定より上がってしまったということでしょうか」
と、メモを見つつ語る。医者先生、だから弱めの設定をやめて1.5にしようぜ、って決めたじゃありませんか。
まあそんな事言ったって今更どうしようもありませんが。

西條「どうしましょう?」
医者「3カ月目に、再手術するかどうか、決めましょう。1ヶ月経ってますから、変動はあまり無いと思いますが、左目の視力が上がるかもしれないし、下がるかもしれないですから」

下がるって、どういうことだ?・・・・

そんなわけで10月まで再び気の抜けない月日を過ごすことになるらしい。
再手術は本気で嫌だ。また焦げ臭い時間を過ごさなければ成らないと思うと、嫌!
せめて現状維持を望むことにして、この0.6の差をなんとか克服したいと思います。
克服って、慣れるか、右目の視力が下がるか、左目の視力が上がるか、なんだけど。
左目視力が更に下がったら再手術、の前に眼科に行かないとやばいだろうな、きっと。

そんなわけで。
現在の僕の見え方は、例えば居酒屋に入って、席に座っても、視界が霧掛かって、夢の中にいるような見え方になる。女性は非常に綺麗に見えますし、男性は若々しく見えます。しかし集中しないと頭に見えているものが入ってこない。その理由は0.6の差にあるようで。F1並のズレで見え方が違うのだ。目ってすごいね。
もしかしたら、眼鏡で何とかするかもしれない。まあ頑張ろう。まだ角膜は削れる分残っているらしい。
けどあまり医者の「大丈夫」という言葉を信用しないようにしたい。

何度も言いますが、昼間は最高なのですよ。

さっき研太郎さんがやってきて、僕の部屋から見える三日月を撮影して帰った。
僕は食材が余っていたので、カレーを作って食べてもらった。
最近は方々飛び回っているらしい。僕にも仕事を分けてください。

浴衣着てネクターなんか飲みながら、オリンピックの開会式を見る。
チャン・イーモウが演出していたらしく、ダイナミックに「ヒーロー」みたいな開会式の様子。
お盆は皆さん、実家でオリンピックですか?

8月後半も徐々に予定が入ってきた。またも飲みまくる感じになりそうだ。まだビアガーデンに行ってないんだよね~
夏真っ盛りだがあまりにも暑すぎて、バテる仲間の出てきた。
水飲んで、日陰にいようぜ。残暑もきびし~ぞ~きっと。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年08月09日 02:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「BBQで再会を果たす」です。

次の投稿は「ついに皮がむける」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.