« 突入の梅雨 | メイン | 目の手術をした2 »

目の手術をした1

西條です。
透き通る空が広がっていますね。現在裸眼でそれを見ています。

最近チマタで流行っているレーシックの手術を受けました。
僕は裸眼で0.04の視力。
小学校の頃から目が悪くなり、母親と共に自転車で目医者に通ったこともあります。
中学校の頃からメガネを掛け始め、買い換えたのは3~4回。
その都度、視力の低下に肩を落としていました。
でもここ数年はすっかり視力も安定し、眼鏡市場でおしゃれなフレームを買っちゃおうかなと思うくらい余裕をかましておりました。
レーシックの存在は昔から知っていたのですが、ここ最近は新機械の導入と紹介キャッシュバック制ですっかり流行りだしています。でもまだその安全性には保証が無く、手術を決断するにはそれなりに勇気が必要。また、流行っていることから、今後、より高性能な機械が開発されるであろう、タイミングを図るのが難しいですね。
現在数えで34歳。大体22年間くらい、眼鏡を掛けていました。コンタクトレンズを購入したのは、
22歳の時なので、12年使っていたことになるのか、外に出るときしか使わなかったので、いつまでも手入れに慣れることは無かったわけです。

スタンダードに視力回復への憧れを持っていたわけですが、
今年初旬のパイロット版作成の時に、視力の低さが響くな、と何度か思いました。
画面のディティールが見えていなかったことと、コンタクトと眼鏡の度数の違いと、もっと寝ていたいという欲求と。眼鏡時とコンタクト時では顔が違うらしいので、話しかけないと気づいてくれない人がいたり、ドライアイなのでコンタクトの長時間装着はえらく大変だったわけです。水中にも入りずらいしね。

一念発起。話に聞くと老眼は40歳過ぎた頃から徐々に始まるらしく、
どの道今手術しても、完全に裸眼でいられるのはその歳まで。逆を言えば、40過ぎてから手術をしても老眼鏡を掛けることになるならば。。。ということで。
あれこれ調べて情報収集する度に迷いましたが、受けてきました。

今日は術後3日目、順調です。

手術当日。
再度視力検査をして、今日のほうが視力が出ているね、視力って体調に左右されるんだよね、
と説明される。
映像の仕事をしているので、コントラストとか、パソコンを長時間見る時に支障があると困るんです、と
相談。あまり見えすぎてしまうと返ってよくないのかもしれない、とも。結構相談に載ってくれる。
納得して1.2、1.5を狙っていきましょう。ということになり。手術フロアへ。
非常に緊張している僕がいる。口の中が乾いてしょうがない。

説明を受けた後、かなりの時間待たされる。
一緒に待っている人は髪の毛を覆うキャップをはめながら、寝に入っている。
僕は3分の1程度、逃げ出したい気分。
しかしあと10年、裸眼でいられるというのは、とても魅力的だ。というか、奇跡に等しい。

何分くらい待たされたのだろうか、名前を呼ばれ、目に麻酔をしてもらう。
もう、後戻りは出来ない・・・ああ、どうしよう、手術が失敗して目が見えなく成っちゃたら・・・映画が作れなく成っちゃったら・・・数年後に支障が出て気が変になっちゃったら・・・等等。果てしなく広がる絶望的想像。それと戦う目が見えるようになったらどんなにいいだろう、という期待。
せめぎ合いで口の中がカラカラである。しかし、事実、後戻りは出来ない。

スタスタと、先ずはフラップの作成室に移動。
目玉の上を切って蓋を作るのである。その後、それをはがしてレーザーを当てて、蓋を元に戻す、ということなのだ。
裸眼で0.04.手術台に行き着くまで手を引っ張ってもらう。

手術台に寝転がる。
よろしくお願いします、と言って、
寝そべると、目の前に煌々と光る機械が設置される。昔見たSF映画のようだなぁ、と軽く考えることに終始。
担当ドクターが名前を言って、よろしくお願いします、と。
目はすでに麻酔で何かが麻痺しているのだろうが、あまり麻痺している感覚も無いので、不安はなかなか拭い去れない。
そんな中、なにやら器具が目に当てられる。目の近くは灯台下暗し。何やられてるんだかわからない。
まずは右目から。

目の周りをグイっと押し付けられる。結構な圧迫。しかし痛くはない。
目前は機械の光。その光が段々とぼやけてきて、最後には目の前が真っ暗になった。圧迫で視神経を遮断しているらしい。
赤い光を見て下さいね~
と言われてとにかく見るようにする。赤い光はなぜか見えた、ようなな気が。
なにがどうなっているのやら。
それからすぐに、機械音が聞こえ、確実に目に何かしていることがわかるような、状況。感覚は無い。
右目終了。
次は左ですね~
と左の目に映る。
僕の効き目は左。
右目より、なにされているのかよく見える。。。
次回に続く。

そんなわけでレポートは次回に続きます。
まだ目を酷使できないので、パソコンもそんなにしっかり見ちゃいけないのよね。
そんなわけで、お楽しみに。
今とのところ、目は順調です。
空がとても、綺麗に見える。

西條

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年07月04日 14:09に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「突入の梅雨」です。

次の投稿は「目の手術をした2」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.