« シナリオの作成 | メイン | さっぱり3月 »

撮影が始まる

西條です。
落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。
そんなわけで怒涛の2月。毎日やらなきゃいけないことがあってもう大変です。
昨日役者陣と本読みをし、メインロケハンをし、小道具作成を手伝い、
夕飯を食べたのは、深夜2時近くでした。
なんていうの、映画って大変。
しつこく書きますけど今やっているのは本編制作を狙う企画のパイロット版です。
つまり営業ツールです。でもだからと言って間に字幕を入れて「この爽快感!」とか「感じたことも無い走り!」とかのキャッチが入るものではなく、ドラマにしていかなければ成らない。だから短編映画を撮る感覚なのだ。とかいって15分の作品なんて、今まで撮ったことないからオフラインでどこを切ろうか、今から考えなきゃいけないんだけど。

 これまでの経緯をここに書こうかなとも
思ったけど、それは会ったときにでも。書いて誤解を招いたら嫌だしね。
だから昨日西川口駅に着いた時に駅の横のビルが火事になっていたことを書きます。

 昨日、本読みを終えて、小道具打ち合わせの後、
僕はスタッフの皆さんとスキップしながら食事に行くことができなかった。
なぜか、それは、イラストを発注している人のパソコンが不調らしく、僕の家のパソコンを使わせてもらいたいということだったから。引越しなどでバタバタもしているし、パソコンの不調は待ってて直るものではない。僕の家でやってもらおう。そんなわけで食事をせずに駅へ。
一緒に帰った片桐さんと駅まで行く。
と、なにやら消防車の赤いランプ。立禁テープが駅前のロータリーに張られ
どうみても火事が起きたとしか思えない光景。
駅まで歩くとコゲくさい。
おお、、、なんと朝ロケハンに行く前に立ち寄ったマックの入ったビルの最上階が現場らしく。
ハシゴ車が長~くはしごを伸ばして屋上から消防士が多数ビルに入っている様子。
鎮火しているのかどうなのか、最上階の窓から見える、時折ちらつく懐中電灯の明かり。
野次馬根性が出てしまうけど、死傷者はいないで欲しいなと。救急車の姿は見えなかったから、多分大丈夫だったのかなぁ。

朝、立ち寄ったビルが、夜、火事になっていたという一日。
それにしてもハシゴ車のハシゴってあんなに伸びるんですねぇ。もっと伸びそうな感じもした。
駅改札に向かうエスカレーターのところまでコゲコゲな匂いが漂っていた。う~ん、怖い。

 僕は火事が恐い。
だから火の元には十分注意しているつもりなんだけど、
心配性が祟っていつまでも注意していしまう。
一旦家を出たのに不安になってまた戻ったりする時もしばしば。
タバコを吸っていますからね。それと電気ストーブを足元においてパソコン作業をしているので、
パッと外に飛び出すと気づかないまま付けっぱなしになっている、かもしれない!と思ってしまう。
コタツは付けっぱなしでも大丈夫と思っているんだけど。
あとコンセントね。タコアシにするのはとにかくやめたほうがいいですよ。これは若い人じゃなく、歳取った人がやりやすいんだけど、コンセントにコンセントを重ねて、タコ足のように密集している状態を見ると、心がワサワサする。う~ん、危ない。

 そんなわけで僕はなるべく火事にならないように気をつけている。
出かけるときの指差し確認は忘れない。いや忘れる時もある。
そんな時は心配で自分が最後に家を出た瞬間を思い返してみる。
保険も入ってます。
火事って恐いよ。全部燃えちゃうんだから。部屋って住んでる人を表している、といいますね。
思い出も性格も表現している部屋が焼失してしまうなんて悲しい。
火の元に注意。餅焼くときも気をつけましょうね。
そんなわけで。
今からまたキャストの方に会いに行ってきます。
時間が立つの早いね~

 今度日誌を書くのは撮影が終わった後、いや、編集が終わった後?となると、
3月かな・・・
メールは受け取れるので、頑張れメールください。
アディオスアミーゴ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月12日 11:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「シナリオの作成」です。

次の投稿は「さっぱり3月」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.