« 伊豆に行ってきました | メイン | 雨が続いて安部さん辞任 »

カレーを制作

西條です。
台風が去って今はすっかりすっきりな空が広がっている東京。
これから一気に秋になって行きますね。
木々の色の変化が今年は早い気がします。青から黄色、そして赤へ、散ってゆく葉っぱ達。
そんなこんなで秋は結構好きな季節なのさ。静かだし、映画を見たくなる季節です。

 そんなこんなで
考えると「恋鎖」が公開初日を迎えてからそろそろ一年が経つ。
早いもので、どんどん時間が過ぎて行きますね。
昨年の9月は夜は結構寒かった気がするのにね、今年はまだ暑いねぇ。
まだまだ暑い、ならばカレーだ。
と先日の融解座上映の際にウズマキさんにカレーを食べさせる約束をしていたので、
火曜日は家に呼んでカレーを振舞ってみた。
ついでにダイビングを終えたリュヤ君も誘ってあれこれ水の中の話を聞きながらカレーを食べることに。

 ウズマキさんはチキンカレーにあまりいい顔をしない。
しかし僕はカレーの肉といえばチキンが一番なのである。
ここはひとつ、製作総指揮の僕の意見に従ってもらおう、と24時間スーパーで鶏肉を購入。
制作段階でリュヤ君が家に到着。
本栖湖ダイブの話をしながら
西條「これは水中撮影は難しいね~」
リュヤ君「そうですね~」
と軽く次回作の方向転換までさせながら待っているとウズマキさんが牛乳を持って到着。
ウズマキさん「給食ですよ、イメージとしては」
とどうやら給食に出てくるカレーをイメージして来たらしい。
ちなみに現在ウズマキさんは休職中で僕は求職中である。
一番人生まともなリュヤ君の話は多岐にわたり、シリカゲルが水没携帯を救う豆知識も教えてくれた。
夜はふける。たらふく食べた後、寝転がると最高。

 近くのビデオ屋が安いデーだったので、
何か借りようと手に取った作品は「tokyo.sora」という作品。
なんか自主っぽいな、と思ったので。で見てみたら日芸がロケ地で使われてんのね。
久々に学食とか見た。カレーじゃなくて、うどん食べてた。クレーターも移っている。今は改築してすっかり無くなっているのかな?わかんないけど。
この作品は数人の女性が主人公で結構いいところついてるいい作品なのですが、
そんなことよりも長塚圭史という俳優を知ることができたのがお得であった。この役者はすごい。と思い調べてみたら「リアリズムの宿」他それなりに映画にも出演しているようで、来週の安いデーで借りる作品が決まってしまった。

 伊豆から帰ってきてどんどん皮がむけている昨今。
肩あたりはソフト裂きイカの表面のようになっている。心も脱皮していこう。
所用で高橋監督と久しぶりに話をした。またいつか会えればなぁ。
台風の翌朝、親が海外旅行に行く。しかし東京としては翌朝だけど実家としては目下、渦中。
高速道路は木が倒れて通行止めになり、新幹線もストップ。しょうがなく新潟経由で空港に向かうらしい。日本の交通網はすごい。

 あれこれと映画を見るにつき、
どうしてこんなにビデオ屋にでも行かないと知ることもない映画がたくさんあるんだろう、と考える。
ビデオ戦略ものや宣伝材料がそろわなかった作品ならまだしも、なんでこうも公開されていることを知らないものが多いんだろう。埋もれている名作はたくさんあるのだ。と知っていながらこちらも日々に流されて情報を取得していない。でもねぇ。。。という話もカレーを食べながらした。宣伝て大切だし大変だ。
そして何万本もある映画の中で作品名を覚えてもらうことは至難の業だな、と改めて思った。
果たして僕らの活動は今後どう展開してゆくのか?
昔に聞いた筧監督という人が今度大作を監督するという話を知った。

 筧監督とは全然面識が無いんだけど、
「美女缶」という自主作品で世に出た人。昔僕の作品に出演してくれた役者さんの大学時の同期で、僕より年下なのだけど、活動や展開のさせかたは僕より大人で、当時から話を聞く度に、作品の毛色はどうでもいいとして、いわゆる秀でた印象を持っていた。そしてそんな人がなかなかブレイクしないことがやっぱりもどかしさを感じさせた。
少しでもチャンスをつかんだ人はそのままうまくブレイクしてほしいのだ。それを繰り返してやっと僕らの新しい道筋が出来るのに、と、人のことは言えませんが。。。
そんな筧監督の新作はなんとロボット、日テレで組む金城武主演の「死神の精度」というものらしい。
ついにきたようだ!
確実にヒット間違いなし映画である。なんせ金城だ、見に行かないわけには行かない。
かなり雨が降っている作品らしいので、監督は自分のやりたいこともしっかりこなせているんだと思う。
これは期待大だ。そして自主映画出身の監督さんをもっと認めてもいいんじゃないの?と業界も考えてくれるきっかけに、なってほしい。と勝手に願っています。

 映画だけじゃなくインディーズの世界は足を引っ張りあってる現実があります。
そんなことしてるからメディアミックスとか先にやられちゃうんだよ。壁なんか無いのに、無理やり範囲を作ってその中でナンバーワンだ!とはしゃいでる輩は一緒そこにいてくれ、と思うわけで。とかそんなことをカレーを食べながら話してたわけで。まあそんなわけで。夜も更ける。秋はコーヒーがさらにうまい。
夏が過ぎたのでテーブルを出してみた。そのままコタツになる代物です。
やっぱ部屋の中央にテーブルがあると、違うね!部屋って感じだよ。
ちなみに家で複数人による鍋はしません。大変だから。カレーのみです。
いつかカレーに匹敵する大ブレイクをしたいと思っていますのさ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年09月08日 07:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「伊豆に行ってきました」です。

次の投稿は「雨が続いて安部さん辞任」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.