« メガネに迷う | メイン | 湖を調べる »

またキネアティックに行ってきた

西條です。
夏本番。暑いですね。ドンドン汗が出て仕事に行く前に味噌汁を飲むことに勇気がいるようになります。
そんなわけで昨日は南出君の映画を見にキネアティックにまたしても行ってきました。
キネアティック。もう確実に道を覚えてしまった。

 南出君の映画は「ドクガス」という題名で、
全編札幌撮影のかなりpowerfulな自主映画。
南出君は越川さんの紹介で昨年の上映宣伝時期に知り合った学生さんである。若さ溢れているわけで。
「ドクガス」という映画は
若者が自分の位置を確認出来ず、決められた社会生活に疑問を持つことから始まる破滅的なお話。
自主映画にはよくある話。でも最近はあんまり見ない話である。昔はそれこそ名立たる監督達がこぞってそれ系のものを撮っていたし、そのパワーが現在の僕らの環境を立証する一つのヒントにもなっていたりする、くらいメジャーなものだったけど、最近はね、あんまり無いね。いや、あるかな。でもそんなに上手いものを見てないのかもしれない。こういう力を出す映画って浅はかだったり迷ってたり引きこもりなだけだったりすると甘えん坊に見えて非常につまらなく感じてしまう。
「ドクガス」にはやるからにはやらんと、という意気込みがちゃんとあった。新しかったし懐かしかったしね。キャストもいいし、編集もいい。なんでいうか、話し込みたいラストである。
画は映画なんだからもっと広い構図を取ったほうがいいと思ったりした。
何気にお母さん役の人が雰囲気あったねぇ。

 そんなこんなで上映に先立ち、トイレに入った僕はトイレの鏡を見て
またハゲて来たなあ、と少しゲンナリしながらも楽しくキネアティックを満喫。
「ドクガス」は月曜日までレイトでやっているのでお時間ある方は是非。
意見が割れる映画って、いいですね。

 先日、高校時代の友人と久しぶりに飲んだ。
彼は現在、賃貸仲介会社で営業をしている。僕が知っているなかでは唯一東京で生き残っている地元の友人である。相変わらず会話の少ない二人なのだが、なんだか不思議な時間が流れるわけで、妙なんだね。そんな関係って皆さんはあるのでしょうか?とりあえずバー2件ハシゴ。
移動の最中に知ったこと。
新宿のマイシティってもう無いのね、
この前の日誌に書いたけど昔マイシティってデカく書いてあったところにルミネエストって書いてあった。
知らなかった・・・いつからなんだろう。
もう「マイシティの前の交番付近で待ち合わせようぜ!」なんて言えないんだね。
あ、メガネなんだけど、メガネ市場のメガネって良さそうよ。そして無印でもメガネって売ってるんだねぇ、
全然知らなかったねぇ。何にも知らないんだねぇ僕は。やれやれ、時代は変わる、街は生き物だってことで。IT革命なんだろうか。
そんなわけでビールフェアをしていたバーで飲んだ後、僕はタッチアンドゴーで帰宅。

 8月になってますが7月の最後あたりに
この前誕生日会を開いてくれた人たちと飲んだ。
普段は映画仲間とばかり飲んでいるので、それ以外の友人と飲むと話題が違い、非常に面白い。
よくわかんないけど痛快感があるし、熱い、若返る。新しいことを始めようとしていたり、今を楽しもうとする人達の話ってドキドキするんだな。快活な生活をして行きたいと思うのだ。

 そんなわけでこの前仕事仲間が
仕事中にカブトムシを捕まえてきて遊んでいました。
そんな時期ですよ、東京も。スイカなわけです。
「ラッシュアワー3」の公開も間近なわけです。すいません世間では「トランスフォーマー」なんでしょうけども。

 「ドクガス」を見る前に西條組次回作の打ち合わせをしてみた。
プロットが出来てきているのだが、ロケ地の選定と撮影と制作期間が難しいからやめたほうがいいのではなかろうか、とのこと。おお、やっぱり?三拍子。でも夏だから水遊びがしたい。もうちょっと粘る気であります。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年08月04日 12:09に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「メガネに迷う」です。

次の投稿は「湖を調べる」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.