« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月に書かれた日誌

2007年07月05日

久々に会った

西條です。
日曜日の融解座で久々に岩佐君や石川さんに会い、ノブさんや内海さんにも会った。赤間さんも見に来てくれた。
字幕のスピードとか、見え方とか、あれこれと考えながら見ていたんだけども、
好評な人には好評で、なんとか映画祭にねじこめ、とノリノリの言葉を頂く。

 「お前に雨は降ってない」は
今改めてみると、若干展開が速いのかな、と。
カットが早いというよりも、ちょっとだけ詰め込みすぎなんだなぁ。
よくよく見れば、何年間かの話だったりするし。
しかしながら字幕への評価は最高にいいという人もいれば、なんとかつけているね、と言う人もいて、気にならなかった、という良くわからない感想もあった。表示速度に関しては、速いと言う人もいれば、普通と言う人もいて、とりあえず、これはこれでいいんだろうな、と。
しかし、なるほど、ていうか、なんでそんなにみんな英語が話せるんだ?・・・
意外な人達が英語に堪能だったりする。これが今なんですねきっと。
そんなわけで久々に会った岩佐君はまた少し肩幅が大きくなり、がっしりしているし、
石川さんはミポリンに近づいている。生野君は相変わらずだった。

 海外での上映を考えていますけども、
ハクが付くとか抜きにしてだな、とりあえず外国の方の反応が知りたいですね。
ネットでも公開してゆこう。そしてもうちょっと短いものを作ろう。
そんなわけで梅雨の空ですな。
今日は晴れていますけど、やっと梅雨空になり、雨嫌いの僕としては体が起きてくれなくて苦労しています。なんでどんよりしている日って体が起きないんだろうねぇ。涙が出るくらい、眠い。
そして知らない間に、今年も7月に突入。

 7月。七夕。
短冊ザクザクに付ける催し物です。昨日銀座の地下道をテクテク歩いていたら設置された短冊付けコーナーにワサワサと人が群がり、短冊を付けていました。誰にだって願い事はあるのだ。

 エドワード・ヤン監督が死んでしまった。
「ヤンヤン・夏の想い出」知ってますか?ものすごくいい映画なんで是非見てください。
こういう映画を撮れたら自分で自分を誉めたくなるだろうな。
映画好きの人はみんな少なからずショックを受けている。僕もびっくりした。でもこの人はブルース・リーと同じく、作品は多く無いけどその全てが名作の呼び声高いものばかりだ。オンリーワン、なのだ。

 7月、今は上旬、そのうち中旬、そして下旬であります。
時間はドンドン経ち、せっかくの夏を逃すと後は冬を待つのみとなる。
最近最も基本的なことを感じています、宣伝・配給すると時間が掛かるので制作が出来ない。
おお、なんて基本的なことを今更実感しているんだ!なかなか上手く、いきませんね~。
腕が鈍る前になんかコ短いものを撮りたいと思いました。

2007年07月11日

ブートキャンプせずとも痩せる

西條です。
なんだかつまらない日々を過ごしています。
興味が沸かず、やることも特に無く、まああるんですけども、気持ちが向かないとやってても大して面白くもなく、そんな毎日。なんだろう、鬱ってマスね。雨のせいだろうか。そんなときもあるということで、片付けるのももったいない気がするので、こんな気分を何かに利用できないかと考えてしまいます。
マイホーム発電みたいな感じで何かに活用できないもんか。
考えた挙句、旅なんてどうだろうと。考えてないようなもんか?
まあそう言わずにさ。

 そんなこんなで映画祭の情報をかき集めたり、
新作のシナリオを書いたりしています。やっぱここら辺にしか気分を活用できないところからして、いかんのだ!漫然としちゃっているんだねえ。旅はいいとして、新しいことを求めているのですよきっと。
うん、まだまだ欲求不満ということだなこれは。・・・引越し?

 そう、僕は引越しが大好きだ。
だからといってそんなに頻繁に引越しをしてるわけでもないんだけど、
引越しには夢がある。まったく知らない場所で、まったく知らない人がいて、なんならまったく違う自分にもなれてしまう。まあ嘘はばれるからそのうちいつもの自分に戻るんだけれど。生活環境の変化をとても簡単に手に入れてしまえるものとして、引越しは僕にとって心躍るイベントなのだ。
小さい頃から引越しを繰り返しているが、一度も不満に思ったことは無く、その分人との繋がりが希薄な性格になってしまったけど、そこら辺はネットじゃなく、東京が助け舟を出してくれるので、安心しています。今年はこの家の更新年。う~ん、しかし12月だからいい物件もまだ出てこない時期だろう。どうしよう。どうしようって引越しを決めたわけじゃないんだけどもね。

 まあそんなわけで
友人たちが芝居をウつから来てくれと、立て続けに4つほど告知メールを受信。
そんな季節なんですね。最近日々面白くないのでもちろん観に行きます。しかし全部重なっている・・・おお、、、時期って決まっているもんなんだなぁ。全部は行けないようですが、力、貰いに行きます。

 そんな中、一つだけ、楽しみなことがある。
ええ!なんでそんなことが楽しみなの?という人多数なのですが、
銀行のカードにVISAをつけたんですけどその新しいカードを心待ちにしています。
ええ!なんでそんなことが楽しみなんだよ!?という人多数なんですが。
ついでにそのカードにスイカを付けてみました。
ええ!という人多数なのですが。ていうかなんでVISA持ってないんだよと思われる方も多いでしょう。
masterもってるんですよね、それで事足りると思っていたのですが、事足りなかったわけです。
そんでしょうがなくVISAを含むクレジットについてあれこれと調べてみると、いろいろ特典があるもんなんですね~、実は今年に入ってからいろいろ調べていたんですけどもねぇ。僕にとって一番得するカードはなんじゃらほい。と。一番はビックカメラのカードだったんですが、フリーターにスイカは付けられないのか、審査で落ちてしまいました。しかし負けない僕はその後、VISAカードでポイントを稼ぐことを思いついたのです。そんなこんなで審査が終わるまで申し込んでから3週間掛かるようで。落ちてたらやだな~と思いつつ、ドキドキしながら楽しみに待っているのです。非常に、かわいいでしょ。

 そんなわけで昨日、
バイト先の近くにあるスーパーでキャベツを買いました。
だって僕の住んでいる場所の近くのスーパーに並ぶキャベツってスカスカなんだもの!
スカスカのキャベツってゲンナリしてしまいますよね。手で持って、重いほうを選んで来た人生ですんで。
ホイコーローにでもするか。
余談ですがビールの賞味期限は気をつけたほうがいいです。ホントに味が変わりますから。
飯のこと考えてると、引っ越す金があるならそれでうまいものでも、と考えちゃうね。
ブートキャンプしなくても僕は痩せます。ストレス社会ですから。
これからもキャベツとストレスはいいものを選びたいと思います。

2007年07月14日

キネアティックに行って来た

西條です。
台風襲来で、雨が降っています。自然の猛威。
8㍍のイカがオーストラリアで釣り上げらたとのことで。でも15㍍くらいのものもいるらしくてすごいっすねホントに地球って。水の中って。
そんなわけで昨日、「お前に雨は降ってない」で有名な岩佐君が出演した新作自主映画を見に行ってきました。
キネアティック。

 場所はキネアティック。
ここ最近キネアティックに誘われる機会が多かったのですが、なかなか時間が取れず、
行くのは今回が初めて。原宿の竹下通りを抜けて、左に折れてずっと歩いてユナイテッドなアローズのある通りを歩いてナチュラルローソンの向かい道を左に曲がるとある映画館。
最近出来た。
リトルシアターや池袋の2000等の活用経験者がこぞって集まりそうな感じ。こざっぱりとして落ち着きのある上映場所です。新しく結構綺麗だし、見やすい!上映作品も目白押しの様子。
そのうち上映を企画したいと思わせるいい場所でした。

 岩佐君の作品は数作品上映する中の一番最後に上映した
「C」という作品。ビタミン系だろうかと思わせる題名ですが、岩井俊二みたいなテイストの恋愛映画でした。面白かったです。カメラも録音も結構良くてちょっとびっくりししましたね。プロっぽいんだもの。多分これからどこかしこの映画祭で上映の機会を得ていくだろうと思われます。その際は是非、岩佐君をヨロシク。

 そんなこんなで上映後、
館長さんや「C」以外の作品でこれもまた結構面白かった作品「球」の監督さんに無理やり挨拶。
「球」の監督さんは物腰が面白く、若いけどさすが製作者なだけあって、自分が表現したいものをちゃんと持っている。僕が23歳の時はこんなにしっかりしていなかったなあ。
話し込んで結構時間が経った後、岩佐君と一緒に電車に乗る。帰宅後、再び企画を書きつつ。
明日の飯は、どうするべ、と考える。雨で閉じ込められるのは必至。
しかし今、家にはキャベツとサバ缶しかない。貧乏ってわけじゃないっすよ、夏なんであんまり食材を買い置きしないんです。貧乏ってわけじゃないですからね。あ、ソバがあった。

 短編の企画を書いており、もう少しで出来上がる、
というかもう出来上がっているんだが、もうちょっと面白くなるだろう、と島村君からダメ出しが出たので登場人物を一人増やして再考しています。
短編の企画って面白いもんですね。今まで短編だとすぐにシナリオにしてましたけど、プロットにするのもいいもんだ。割り切ってやる分長篇とは違った挑戦が出来ますね。なかなか面白いです。でもこれから長篇の企画制作に移行します。やっぱ長篇が好き。

 海外への作品出品に関して、なかなか上手くいくもんじゃありませんが、
それでもね、やらないわけにはいかない。まあコツコツと。試してガッテンなのさ。
そして海外も短編の映画祭が非常に多いので、短編ね~・・・ほんとに作れるように成らないとなあ。
西條組の短編てものが確立できればいいな、とね。

 カビカビする季節。
テレビの裏とか大丈夫かい?スーツはビニールから出して吊るしておいたほうがいいらしいです。
この前バイト先のバイト仲間片野さんがフィギュアの雑誌を見ていたので、見せてもらったんですけども、いや最近のフィギュア事情はすごいですよ、すさまじいクオリテー。信じられないくらい本物そっくりです。また、そっくりにみせるだけでなく、躍動感にこだわったものもあり、なんていうの、ただのオタク文化だと思っていたら職人技になっているようで。さすが日本ですね。絶対ダンボールが6:4で入ってはいないと思われます。

そのガンダムやらマジンガーゼットやらラムちゃんやらのフィギュアの中に、、、
な、ん、と、「ラビリンス魔王の迷宮」のジャレスがいるではないか!(@_@;)!
えーーー!!!
映画のフィギュアはプレでターとかスターウォーズとかパイレーツオブカリビアンとか沢山出ているのですが、まさか、ジャレスがデスカ!
発売はもうちょっと先のようです。ちょっとこれは、欲しいぞ・・・
そんなわけですっかりターゲット狙い打たれた感のある32歳。23歳に戻りて~、早くVISA来ないかなぁ、雨上がれ~、そんなことをしていたら、7月がもう半分終わってます。死ぬ前に一度8㍍のイカが見たい。

2007年07月19日

圭作さんの映画を見た

西條です。
この前圭作さんの映画を見てきました。
渋谷のシアターNでやっている「人間椅子」という映画。
江戸川乱歩の「人間椅子」を原作に舞台を現代にアレンジして作ったものです。
「屋根裏の散歩者」と交互に、隔週で上映されております。
初めて圭作さんに会ったのは、いつだっけな・・・と思い返すと、jかれこれ融解座。
その日は福島さんとも初めて会った日で、雨が降っていて、泉さんが土砂降りの中、靴にジャポジャポ水入れて「2次会はこっちー」と迎えに来た。渡辺さんもいた。
その後酔いつぶれた圭作さんは飲み屋を破壊し、道路に寝て福島さんに写真撮影されてどこかに消えていた。
次にあったのはTAMA CINEMA FORUMのコンペで「恋鎖」を上映する時だった。
圭作さんは「恋鎖」の上映終了後にやってきた。
その次は「恋鎖」のプレス試写の時だった、かな。アドバイスと感想とあれこれと。運命的な出会いをしたようで。そんで上映初日にも来てくれて、その次はp-kraftの10周年パーティーで会った。で忘年会と新年会と。4月に花見でチラ見した。そんな圭作さんが遂に商業映画デビューである。
「人間椅子」
主演:宮地真緒、小沢真珠、板尾創路
エロチック乱歩という企画で二作品隔週上映。
と言うわけで、見てきました。正直言って、
面白かったですよ!

 と知り合いな人が書くと、どうせあれだろ、知り合いだからだろ、と思うでしょうし、
そんな時も、そりゃあります。
でもこの作品はすごく面白かった。商業ベースだし現場でもいろんな葛藤や困難があったろうし、プレッシャーもあったはずだから、とってつけたようなものになってたとしてもまああれだ、良くやったなあと思えればいいよな、と思いつつ劇場に入り、映画をみたんですけども、

とんでもなく、攻めてる映画でした。

すげーかっこよかった。ホントに面白かったのさ。そして本当にうれしくなったのさ。同業者としては羨ましいなあと思わなきゃイケないんだろうけど、その前にもう嬉しかったね。僕の知り合いな監督のデビュー作の中ではダントツである。おっと言い過ぎた、けどいいや。ダントツである。
つまんないとかわかんないとか言う人もいるだろうけどもね。なんだこれ?とかね。
でもね、そう言ってる人も後々評価してゆくんじゃないかな。新しいナニカに会うと人は一瞬立ち止まって即決出来なくなったりします。映画の特徴を持っているのだ。マスメディアじゃないんだから。
小沢真珠さんの「椅子のくせに小説を書くな~!」
の台詞と板尾さんの圧力が特にすばらしかった。

 上映後、黒川さんに会い、あれやこれやと話す。しかしよく僕を見つけたものだ。そんなに日々猫背なんだろうか僕は。圭作さんの次回作が楽しみである。話を聞くと、いろんなことが順風満帆に歩んでいるようだ。

 次の日強烈な頭痛に見舞われた僕は
さすがにもうダメだ。と薬箱を探る。偏頭痛持ちなのですが、あんまり薬に頼らないようにしている。
そんなわけで一回買った薬を使わないでずっと放置しているので、改めてみると期限の切れた頭痛薬ばかり。
う~ん、
でテレビをつけると地震(@_@;)
西條:出身:長野県。北信地方出の僕はすぐに電話した。
が、つながらない。
固定電話がまったくつながらない。話中ではなく、規制が掛かっているようで、おお~
で携帯に電話。しかしつながらない。やべーー。。。
で弟に電話。したら、
弟「さっきまで母と話をしていたよ」
と明かす。
ですぐに母に電話。母は、まさに、キュウリを取ろうと手を伸ばした瞬間、震度6+に見舞われ、目の前のキュウリが揺れた、らしい。父も大丈夫なようで一安心。しかし新潟はホントに可愛そうだ。なんでこんなに地震が来るんだ!地球には逆らえませんが、せめて今日にも梅雨が明けて欲しい。

 そんなわけで頭痛薬を薬屋に買いに行く。
一軒目は閉まっていて、次の店へ。店員の薬剤師的な人に相談して、
5錠入って390円の眠くならない頭痛薬を購入。沢山入っていても期限切らせるだけですからね。
飲んでみるとあれよあれよ、と頭痛が治り、ま~医学ってすごいね~。薬飲むたびに思うねぇ。
でも頭痛薬飲むと想像力が働かなくなって企画を考えても何も思い浮かばない。なんかブロックされてるような感じになるんだよね。薬って、すごいね~

 そんな薬の効能が切れた昨日、一気に企画を描いた。
だけどもこれは提出用にしては非常に透明感がありすぎるので、来年の海外出品用に作ろうと。
スキューバライセンスが、必要になってくるようです。あと造形。いい話ですよ。と今のところは思っています。
そんなわけで果物食べたいですね、桃とか。

2007年07月26日

メガネに迷う

西條です。
VASAカードが届き、非常に、使い勝手が良すぎて、
コレは確かにカード破産する人が出るのもわかるなぁと感心しています。
なんせスーパーの買い物でも使えるわけで、非常に簡単な買い物にさえ使える。
弁当一つ、カードで。
非常に単純なことなのですがね。まあね。いいじゃん、こういうことで楽しんで生きたいのさ。
そんなこんなでメガネを買いに行こうと、新宿に行きました。

 地元で買えば?
と思うでしょうが、そこはせっかく東京にいるんだから繁華街に行きたいじゃないか。
でも今掛けているメガネは荻窪時代に買ったもので、荻窪駅の近くにある眼鏡屋さんで購入。
とても小さい店だったけど、とても親切な応対で、僕はホントにこの店で買ってよかったなぁと思ったものだ。確かその時は3~4万円出した。僕は視力が非常に悪いので、レンズが結構イってしまうのだ。
しかしあれから幾年月。1万円でフレームからレンズまで買えてしまう時代である。
予備にもう一つ、なんていえる時代。TPOでもう一つ、なんて思える時代なのだ。

 メガネを買う時、若干の不安がある。
僕の顔は少しずれていて、まあみんな少なからず左右がずれているものなんだが、メガネが顔にフィットしてくると、フレームが顔のズレに合わせて結構ヒシャげる。つまり、ヒシャげてくれないメガネじゃないといけないのだ。だから今まで黒ブチフレームは敬遠していた。だって曲がらなそうだから。
でもネットで調べて見ていると金属の黒ブチとか、大丈夫そうだなあ、と段々。
やっぱり時代は変わっている、のだろう、きっと。
今の時代のメガネをゲットするのだ、カードで買うのだ!
と新宿へ向かう。ちなみにまだスイカ機能は使っていない。
カード買いがつまらなくなってからスイカしてみようと思います。そう遠くない未来です。

 ネットで調べたメガネ屋さんは新宿ルミネの中にあるというもんで、
もちろん地図も見て、大体ここら辺ね、と思って行ったわけなのだが、
どういうわけかさっぱり見つからない。ルミネの中にあるはずなのに、ルミネの案内にも載っていない。
えぇ~ひんしゅく~、なんてやはりましたね昔。
ひんしゅくは僕のほうなんでしょうけども。そんな事言ったってねえ。ちゃんと調べたのになあ。
とルミネの受付嬢に聞く。
となんとルミネには別館があるらしい。
普通新宿ルミネといえば、南口。でしょ?僕はそうなんす。
でもルミネにはエストという別館があり、それは東口なのだという。
あんだって!?
地図を見せてもらい、より詳しい説明をしてくれる嬢。聞き入る條。
どうやらマイシテぃーの横。東口と南口の、あいだ、辺りにあるらしい。確かにネットの地図はそっち方面に描かれていた。すっかりルミネ・ざ・吉本の入っているルミネ2の真横でタワーレコードにたどり着く前にあるんだろうと思っていた。まあ方向は、合っている。

 そんなわけでルミネ別館のメガネ屋さんにエスカレーターで向かい、
店内を散策したが、ピンと来るものはなかった。最近のメガネってあれね。小さいのね。車をバックで駐車する時思い切り後ろ向かないと見えないでしょこんなの。
非常に視力が悪く、メガネに慣れている人の特徴として、目で物・者を追うのではなく、ついつい顔で追ってしまう、という癖がある。と僕は密かに思っている。僕がそうだから。出来れば運動のために顔じゃなく目で追うべきですな。

 ルミネを後にし、新宿の街をほっつき歩きながら発見するメガネ屋全部に入ってみるが、
やっぱり最近のメガネってみんな小さいのね。まあ、あれです。それならそれでもうしょうがないので、
来週には買います新しいメガネ。今日は歩きつかれたので帰ってきました。

 短編の企画を送り、
長篇の企画も考え中で、尚且つ次回作のシナリオを書いています。もちろん職変えも頑張っています。
そんな中、光熱費の口座振替をカードに移行させたりラッキョで白飯を食べたり洗濯に勤しんだりしています。昨日今日と晴れましたね。
晴れる、たったそれだけのことでこんなに気分が違うものかと。
ホントに雨が嫌いなんだよね僕は。明日は夕方から雨が降る所もあるようで。
東京に雨が降っても僕にだけは降らないで貰いたいと常に願っています。都合のいい事を願うのは、人の常さ。
さっきまで薄毛と奮闘する男の日記を読んでいました。
AGAって体毛が濃くなるんだってさ(゜o゜)ホルモンバランスって、すごいんだねぇ。
体毛が濃くならずに薄毛と格闘出来る薬を探しています。人の常です。次回作は人魚モノです。予定は未定です。
久しぶりに見た映画「卒業」。あまりの破天荒振りと演出の素晴らしさに、ただただ唖然とするばかり。一歩間違えばプライベートレッスンなのに。ダスティン・ホフマンて、観れば魅る程バイオレンスだ。ガソリンスタンドのシーンはジャッキーかと思った。車の降り方が。

About 2007年07月

2007年07月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年06月です。

次のアーカイブは2007年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.