« 5月。字幕をつけていた | メイン | ジャッキー好きは大変なのさ »

食あたりの疑い

西條です。
食あたりって、なったことありますか?
僕はあります。先週から。
木曜日。朝からなんだか下っ腹の調子が悪くてトイレに駆け込む。
なんだわさ、下痢ですか、まいったのう、とタバコをプカり。
と再び下っ腹が痛い。ハテナ?(@_@;)とまたトイレに駆け込み、やれやれ、とタバコをプカり。
パソコン作業を始めるか、と机に座って5分後、更に下っ腹が痛くなり、トイレに駆け込む。
あんですか!?(ToT)/~~~
とタバコをプカり。
作業するか、と座ってすぐに下っ腹が痛い。
そんなことが繰り返し、繰り返し、1時間に4,5回トイレに駆け込む。
いい加減に何も出来なくなって寝転がった。
寝転がると少し収まるようで、1時間に1回の割合になる。

 こんな時。僕は毒を持って、の策を選ぶ癖があります。
消化に悪いものを食べればいいんじゃないかな、
と家にある消化に悪そうなものを食べてみる。
うん、コレで大丈夫だ。
と思いきや、トイレに駆け込む。
となると、食わなければいいんだな、と何も食わずに腹を空っぽにする。
が、もう腸の中身はnothingのはず、が、下っ腹が痛い。
で、トイレに駆け込む。
う~ん、どうなっているんだこれは、なんなんだいったい・・・

 しかし時間は誰にも平等に流れている。
仕事に行く時間だ・・・腹の中には何も無い。祈るばかりで、仕事場に向かう。
向かっている最中は気合のせいもあるのか何とか大丈夫だった。けども
ついてからまた大変痛い。
夜勤は朝がつらい。そのつらさが腹に来て、余計に辛い。もう立っているのもやばい感じになってきた。
休み休み動く。気合で帰宅。
寝れば治るだろう・・・と寝てみたが、治らない。治らないのです。椅子に座れない。
つまりパソコン作業なんか出来るわけが無い。これは、やばい・・・でも医者は嫌いだ。。。まいった。

 参ってしまった僕は土曜日、医者に行った。
久しぶりの医者、どうせふんだくられるんだろう、でも背に腹は代えられないくらいにヤバイ。なんせ食えないんだから、まったく力が入らない。
みなさん食事ってすごいんですよ。食わないと人間てドンドン背が曲がって、握力が無くなり、頭全体がしびれてくるんです。触覚が無くなって来るし、声も出なくなる。アンパンマーーーン!!!
助けを呼んでも2次元ヒーローは来てくれるわけも無く。
ドクター、よろしく。

 久しぶりの病院。
待合室でこの前後輩さんからもらったインディペンデント映画の特集雑誌を読む。
全部英語だから10分の1くらいしか読めないんだけど、辞書を引きつつ、時間を忘れるように単語を覚えていった。辞書に無い言葉も沢山あるんだね。そんなことよりインディペンデント映画の雑誌があるってことがすごい。外国はすごい。さらに訳しながら気づく。あ、この雑誌、表紙の女はサラ・ポーリーじゃないか!

 サラ・ポーリーとは
アトム・エゴヤンの「スィートヒアアフター」と言う映画でヒロインを演じていた人。
そうね。監督したもんね。「スイートヒアアフター」しか見て無いけど非常に印象深い女優さんである。
こんな感じになったのかナダ。

 飯が食えないと、音も聞こえなくなる。
明らかに病院待合室に流れるアナウンスが聞こえにくい。
それでも西條の名前は若干珍しい分類に入るので、それらしき言葉を聞き取り、指示されたであろうドアから入った。
そしたら看護婦が「ドアの前で待っていてくださいと言ったんです!」と。
追い出された僕は怒る気力も無く。。。さら・ぽーりー・・・って歯を折ったんじゃなかった・・・っけなあ・・
看護婦「西條さん5番にお入りください」
西條「どうもです」
そんなわけで検査開始。ケツに麺棒入れますねー。と看護婦がグさっと何か入れてくる。
痔になったこと2回。その際もあれこれ穴に入れましたけど、こればっかりは全然慣れない。こういうの好きな人の気持ちが判らない。なぜか吐きそうなくらい気持ち悪くなるし。
さらに朦朧とした状態で採血。
看護婦は一回指した針の位置に満足せず、指し直す。完璧主義はかっこいいけど、同じくらい迷惑だ。

 そんなわけで薬を貰い、リンゴを買う。
下痢にはリンゴらしいです。
仕事を3時間遅刻。あんまり役に立たず。
リンゴを食べて帰宅。薬飲んで寝る。

 医者に貰った薬はそれなりに効くようで。
徐々によくなっていった。で月曜日。薬を変えて整腸ザイとかなんとかになった。
医者曰く、何か、金が入ったんじゃなかろうか、間違えた、菌がはいったんじゃなかろうか、食あたりの一種なんじゃなかろうか、血は問題ないようですので、木曜か、金曜に来てください。とのこと。
そんなわけで金曜に行くことにする。薬がそれまで残っているだろうから。

 いや~つまりですね。大変ですよ。食あたりって。
よく聞くでしょ、カキが当たった、とかタマゴが当たった、とか。
耐えられないんだよね、普段と全然違う。もう二度と成りたくない。
何にも出来なくなるんだからホントに。食べ物に注意しましょう。何を食べたんだろう僕は。。。思い当たるのはスーパーで買った半額のサンドイッチくらい。
半額ったって食べたのは次の日なんだよね。う~ん、でも最近暴飲暴食でもあったしな。
なんか、立ち止まれ、と体に言われたのかも知れないね。とポジティブシンキンである。大腸ガンでないことを祈るばかりだ。金曜日は楽しくビールが飲みたいよ。

 そんなわけで薬が聞いている最中は作業が出来るので、
字幕の直しも全て仕上げた、エントリーシートも仕上げ中。エンコードの失敗が発覚したので、それを直す。
新しいシナリオを書いてみる。その他モロモロ。料理だけは出来ていない。心なしか下っ腹が微妙にへっこんだ気がする。

 海外に作品を紹介・出展するためのプロダクションというか、
そのようなものを立ち上げようと思っています。ていうか立ち上げました。名前はまだ内緒。さすがにnishijo,nishijoばかりじゃどうにもならない。ホントにそのようですし。そのうち公募します。一緒にやりたい人大募集。現場じゃなくて、その後に興味がある人大募集。

 インディペンデント映画の雑誌に書いてあったことがいくつかあるのだが、
リマーカブルな記事の中で福島さんや泉さんがやっているp-kraftに似た活動をしている人を高く評価しているんであろう記事を発見する。つまり海外のインディペンデント映画活動野郎は日本のp-kraftのような展開をしているのだ。p-kraftってすごいなぁ、と下っ腹を抱えながら思った。
勉強しよ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年05月30日 23:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「5月。字幕をつけていた」です。

次の投稿は「ジャッキー好きは大変なのさ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.