« 春でよく寝る | メイン | 撮影後は筋肉痛が常 »

内容の濃い3日間

西條です。
春。都内は桜が満開。お花見のピークを迎えた週末。
ちらほらとお誘いを受けつつも体は一つ。金曜日は代々木公園で花見でした。

 その日は朝から風。風が吹き乱れ、家の窓ガラスもガタンガタンと鳴る。
「やっぱ風が強いから中止ー」というメールが来るんじゃなかろうか、と思いつつも、
コンビニで酒とつまみを買い、現地へ向かった。
夕方。代々木公園着。すっかり日も落ちて出店の明かりが煌々と照っている。
そういえば、ここにいつから来ていないんだろう。井の頭公園にチャリで行ける場所にいた時は一度も行かなかったような・・・となると、何年ぶり?とそんな感じ。
電話連絡で桜咲く場所へ。

 桜がある場所は限られているらしく、
その一帯は花見客がワンサワンサといる。
皆さんと合流。さすが主婦主催、子供の姿あり。
やがて子供とジャレた僕は、愛ちゃんと子供と一緒にじゃんけんしたり、光る棒を取り合ったり。
酔っ払って、調子に乗って子供と飛行機遊びをしたら左腕の筋肉を傷める。しかし楽しいので腕を揉みつつまたイナリ寿司を食べる。
暗くなればなるほど人は追加され、大量の人数。
「ヨコハマメリー」の中村監督が同い年と知り仰天。トミヤさんが保存食を作るのが趣味だと言うもんで無知な僕はカンパンを作っているのだろうか、と密かに興味津々。後に保存食を作るのはかなりオシャレな趣味だと知る。蛭田さんも圭作さんも細谷さんもやってきたんだが僕はこれから西国分寺に行かねばならないと告げ、その場を後にした。
人によってイナリ寿司の作り方が違うというのが発見である。家庭によってなのだろうか。美味いのは同じ。楽しい花見。また来年も。今度は僕も何か作っていこう。

 駅に向かう前に、トイレによると、
男性トイレにも行列が出来ている。
個室が開き、行列を無視して何事もなくうまく入った僕は数々の戦乱を駆け抜けたであろう、ひん曲がったトイレに用を足してJRに乗り込んだ。

 西国分寺は若干遠く、
今日中に帰れるのだろうかと不安になりつつも駅を降りる。
イベントで知り合った内海さんが、なんと僕の誕生日会を開いてくれるというのだ。
桜井さんと合同の誕生日会ということで、この歳で誕生日会、というのもなんだなと照れつつも
ホームパーティーってものを体験。
内海さんがドンドン料理を作るのだがその全てがオシャレだ。。。
なんだろう、よくテレビドラマとかで見る光景である、こういうの。ホームパーティーっていうの?
僕が作れる玉子焼きとかしょうが焼きとかそんなもんじゃなく、ナムルとか、水菜とささみの和え物とか、しまいにはパエリアが出てきた。
西條「パエリアって、なんでしたっけ?」
ノブ「確かスペイン風チャーハン、かな」
西條「なんか、貝が入ってますよね」
ノブさん「確か、入ってますよね」
で出てきたパエリアには見たことはある貝が入っている。
西條「なんて貝だっけこれ」
ノブさん「なんて貝だっけ?ムール貝?」
内海さん「ムール貝です」
内海さんと内海さんの彼女は大変ホット。沢山ご馳走になってしまった。
更に最後にはケーキが出てきた。すごいよ内海さん、、、恥ずかしながら感動である。ていうかなんでパンケーキが焼けるんだ。
チョコレートで「32」と描かれた文字に皆で大爆笑し、出来立ての生クリームが乗ったケーキを食べる。
最高に美味い。すばらしい一時でした。結局桜井さんは仕事のため、夜中の三時に内海宅に到着し、朝まで飲んでいたらしい。僕は終電で帰った。寝てしまい、東中野で乗り換える予定が新宿で目が覚めた。それでも目覚めてよかった。

 土曜日も花見に行く予定であったが、
天気は曇り。その他モロモロだったので変更。
彼女と珈琲ショップに行ったりバーに行ったり。
次の日にはしっかり晴れたので駒込の六義園に行く。

 しだれ桜の六義園。
落ち着いた風景の中にごった返す人。みんな携帯やデジカメで写真を取り捲り。
花の力はすごいね~、こんなに人をひきつけるんだもんねえ。
小船が浮く池のほとりで亀がコーラ干し。大木に触ったりしていると福島さんから花見の誘いメール。
P-kraftも花見をしているらしい。お花見日和。誰も彼もが上着を脱いで桜を見上げている。

 それから融解座に向かう。
せっかく春なので西條組作品「98%ホリデー」を上映しようと思った。
「98%ホリデー」はなんと、、、5年前の作品。2002年撮影・完成である。
あれから5年も経ったのか・・・
今見ても面白い!といってくれる人もいて、ほっとする。
明るくセンスの光る作品が多く、ウズマキ作品も今まで以上に洗練されたものだった。
2007年。
融解座がいつもお世話になっている喫茶店「フライングティーポット」が10周年を迎えた。
おめでとうございます!と皆で祝いケーキを食べる。フライングティーポットへのメッセージビデオを作ろうと携帯電話で撮影した動画メッセージを井川さんが編集した。みんなすさまじく凝っていてびっくり。
僕一人だけしらっとした動画であった。なんだよ~そんなにみんな凝っているなんて知らなかったよ~!
マスターおめでとうございます。
これからも僕は通い続けます。20、30年後の映像では僕も懲ります。
行きつけの喫茶店がある楽しさ。それを知ったのはフライングティーポットと融解座のおかげなのだ。

 その後井村さんと来週の撮影について打ち合わせ。
遂に上京した井村さんは社会の荒波と戦っている。興味深い映像の仕事をふってくれてありがとう。
今週静岡に行くのが楽しみです。その日は30時間労働になる予定なので前日は早めにぐっすり寝ておきます!

 先週の木曜日には
この前企画がポシャッた人と共に新宿のパスタ屋で新しい企画の立案を手伝った。
すんごい面白そうな映画の企画が思い浮かぶ。これはさすがに通るんじゃなかろうか、と。
一人で考えても無理なものって世の中には沢山ある。そんな時は頑張らずにあらゆる人に相談しよう。とする僕である。相談したい気持ちも良くわかるので、何かあったらお気軽に。しつこいのはダメよ。

 同世代の人達がプロデューサーとして
徐々に力を発揮していますね。80年代の音楽を用いる作品が徐々に出始めている。
ウカウカしているとすっかり先を越されてしまう!けどマイペースでね。10年後の自分を模索しつつ、今を楽しく過ごす。笑顔ばかりが印象深い金土日でした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年04月02日 14:30に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「春でよく寝る」です。

次の投稿は「撮影後は筋肉痛が常」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.