« ハショり | メイン | 春でよく寝る »

下北のカレー屋

西條です。
天気のいい日が続いていますね。桜も開花。
暖冬の影響で日本海にハリセンボンが大量発生している様を昨日テレビで見ました。
ハリセンボンというと僕の実家にはハリセンボンのハク製が昔からあり、
針をバシバシ出している様が金具から垂れ下がってブランブランしているので、
てっきりあの姿のまま海で泳いでいると思ってました。
あの針は痛い、と知っています。何度か刺さっていますハク製のがね。
そんなわけでハリセンボンの話はどうでもいいわけです。温暖化はヨロシクありませんが。

 昨日はWEBマガジンCINRA主催のイベントを見に行ってきました。
「パビリオン山椒魚」冨永監督とboidの樋口さんのトークショー。
冨永監督には「恋鎖」の試写にお誘いした際、メールで少しやりとりを交わした事が有り。
その際は結局会えずだったので今回初めてご挨拶。非常に理知的で控えめで努力家、トーク中そんな印象を受けた。でも作品は大変攻撃的であります。
音についての談義。
製作者にはわかりやすい内容の話でしたが、たぶん、スタインベックのことは掴めないだろう。
僕は日芸のダビング室なんか思い出したりして結構懐かしかったです。boidの樋口さんは爆音上映をバウスで主催している人。なぜにそのような企画を考えたのか、から聞けて面白かった。
ホントに音は映画にとって大切ですね。最大級に重要な要素です。爆音上映を企画させるまでに至らせるんわけだし。

 そんなトークショーの開催地は下北。
久しぶりに下北を訪れたのだ。会場のPIGAというカレー屋さんはアートについて開放的なお店らしい。
しかしそんなことよりメニューのカレーがメチャンコにうまそうだ。
http://www.piga.or.tv/fm_menu.html
絶対食べに来よう。横で食べている人がいたけどメチャクチャうまそうだった。カレーにゆで卵っていいよね。

 その前日、僕はバイト仲間の送別会に参加。
これから親の実家で働くらしいT君の送別会。僕はT君とは1回しか会ったことが無い。
非常に、うるおぼえ。それでもM君に「送別会の会場どこがいいすかねぇ」と聞かれたもんで、
前々から行きたかった焼き鳥屋に行きたい!と提案。アドマチック天国で紹介されていた面白そうな店。自分で焼き鳥を焼く店なのだ。自分で焼いて自分で食べる、というバーベキュー感覚の送別会なんてどうだろう!我ながらすばらしい提案である。
 しかしその日、すっかり寝坊した僕は電話で起床。
それでも急いで電車に跨り、後部車両に鞭打つと、予想以上の速さを実現し、リカバーに成功。
焼き鳥を今から焼こうとした矢先に登場である。が、主役のT君がいない。なぜか電話連絡が取れなかったらしい。主役がいないで誰の送別会なんだ、とみんなで焼きながらワイワイと飲む。
仲間のKさんが焼き鳥を焼くのが本職なのでそのうちKさんにまかせきりになる。
だってさすがは本職である。焼き方一つでこんなに味が違うものかと思わせるテクニック。手に職持ってるとはこのことだなぁとね。どんどん焼いてどんどん飲んだ。主役はそのうちKさんになっていった。

 春。新しい場所に向かう人も多数。
僕は相変わらずでなんだか面白くない。手に職付けたいね、技術屋ってかっこいいからね。
新しい映画の企画もそろそろ出来上がりそうです。いい感じです。ほっと一息ついたらまた別の話が思いついたので、これはゴールデンに勝手に撮りたい。短編を量産出来たらいいね。映画ってブランクが影響しますから。いや、ホントに。僕だけかもしれないけど、僕はブランクがあると出来なくなってゆく人らしい。だから定期的に短編を制作していければとね。
そんなわけで春です。でも日差しは暖かいが日陰は寒い、まだそんな季節。風邪に注意!
ですよ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年03月22日 10:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ハショり」です。

次の投稿は「春でよく寝る」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.