« ライブ撮影と企画打ち合わせ | メイン | タダ »

雪降らないかなあ

西條です。
シネマアートンで上映されていた「Over8」という映画の打ち上げに行こうと思い、
宇野君にも電話して準備も整えたのだが、
直前、返信に若干時間が掛かるメールが入り、それを返信しつつ日本アカデミー賞を見てたら、
ついダラダラとなってしまい、下北まで自転車を走らせる気がなくなってしまった。
福島さんに会いたかったのだけれど、、、多分いつでも会えるだろう、と近場でやっている飲み会に向かった。

 月一でやっている「ぎんなん飲み会」というもので
ウズマキマキオさん主催の飲み会。
すでに全員が常連化している。つまりはメンバーがほとんど変わらないのだ。
そんなわけで来ない人がいるとちょっと寂しい。オーグロさんが来ないと多分かなり盛り下がること請け合い。もちろんオーグロさんはいる。だってオーグロさんがいなきゃ始まらないじゃないか、オーグロさんに会うために開催されているような飲み会なんだから!とまでいうのはあれだけど、やっぱりオーグロ節を期待している常連達。「Over8」を鑑賞後、やってきた島村君を含めてみんなで「Over8」と8ミリ映画について談義。
やっぱり「ムゲントイノスペス」が一番良かった気がする僕は。
良かったって言うか8ミリ映画っぽかったんだなあ、ああいった映画を学生の頃、多数見ていた、半分見させられていた。自主映画を始めてからも何本も見た。見させられてもいた。そのうちそれが主流と思うようになり、反発心も出てきたし、再評価もする。殴りつけたような作風が当時の僕らの先人達の残したヒントであった。

 そんなわけで金曜だけでなく、火曜日も飲み、
水曜日は雨。でお目当ての映画を見に行けず。

雨ってさ~、                                まあいいや。

相変わらずジョブチェンジはギダギダとしてなかなか進行せず、ボヤボヤと春になるのは嫌だー!
とフラストレーションが溜まると何かを書き出す癖に従い、新しい映画の脚本を書き出した。
脚本書くと自分が今何を感じているのか、思っているのかわかりますね。
完成させないと掴めませんけど。

 最近ね。
映画監督というのは職業として成り立っていない、とそろそろ認めてみようかなと。
だってさ~、なんで生活できないのさ~、映画監督ってさ~、生活できなきゃ話にならんじゃないの。と。
もちろん映画監督で生活している人だって多数いるんだけどね。そこまで行くには遥か彼方な気もするしねぇ。と売れない監督志望の子が愚痴こぼしているような感じですけど、その通りです!
まあ頑張りすぎずに適度にやっていこう。
そんなわけで新しい企画をしっかり構築すべく、書き出しました。またも、ちょーへんです。

 さっきヨッシーと電話でトーク。
ヨッシーは役者さんでガシガシとチャンスを掴もうと努力している。
一本気な性格なので話をすると猛烈。押されてしまうがいい影響も受ける。
いい人なんで。僕は勢いをもらえるのだ。そんな人にはなんとか成功してもらいたい。なんでも協力しよますよホント。

 そして西條組作品に出演してくれていた人が、
いい~感じの役をゲットした。この人はなんか掴めばすぐに注目される雰囲気を持っている。
おそらく、有名になっていくだろう。そのくらいのチャンスを掴んだわけだ。テレビですし。有名な監督が作りますし、台詞も多数ありますし。おお~!!!すごい!!そのうちみんなに自慢しちゃおう。
長く続けていくとそれなりに何かあります。
東京には本気で食らい付く人にとってナイスな機会が点在している。点在しているところがミソである。
場所変えよ。いい、判断だ!

 最近ね。
「インディーズ映画が世界を変える」
という「ベルベット・ゴールドマイン」を作ったプロデューサーの本を読んでいます。
お金の流れをもっと知りたいと思ったので、試しにね。BOOK OFFで900円で売ってました。
その本の中で企画やシナリオの売り込みに対する注意点が書いてあった。
やっぱそうだよな、と思う文多数。
「売り込むときは、数撃ちゃ当たる、はダメ。ちゃんと送り先のプロデューサーがどういった作品に関わったのか、どうしてその人に送るのかを調べて考えてから送って欲しい。だってプロデューサーだって監督のことを調べて興味持って一緒に作りたいと思うんだから。自分がどういった人かを主張するために、相手がどんな人なのかを知ろうとすることは礼儀です」
的なことが書いてあった。
である。
僕は元来無駄な情熱が嫌いだ。マスコミ電話帳の端から端までの各位に資料送ってどこか引っかかるだろうと思うのは、情熱万歳だけど、若干失礼だし、ある意味本気じゃない。だからってその人となりを調べるにはヒントを探して想像するしかないのだけれど、それで十分なんです、とこの本は言っている。
ですね、ですよ奥さん。「ぎんなん会」か「融解座」に参加すると目からウロコです。なんつって。
うまくやろうとしたってうまくなんか出来はしない。それは相手もわかっている。だって相手は百戦錬磨だ。8ケタ以上の金額を動かすわけですし。経験上わかったことは嘘つくと見破られます。う~ん、しっかり書こう企画。無駄に送らないでおこうDVD。

 そんなこんなで
全然雪降らないんだなあ今年。降ってくれよ冬なんだからさ~。
雪だけ見に実家に帰ってみようかしら・・・それもそれで、オツかもしれん

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年02月18日 23:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ライブ撮影と企画打ち合わせ」です。

次の投稿は「タダ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.