« 明け暮れたのさ | メイン | 雪降らないかなあ »

ライブ撮影と企画打ち合わせ

西條です。
あったかいですね最近。なんだか春が来たような。風も強いし。
企画用の書類で自分のフィルモグラフィを書いていたらかれこれ10年自主映画を作ってきたことが判明した。おお・・・いいんだか悪いんだか・・・まあいいってことで。
それなりに制作した作品はそれなりに上映している。が、まだまだ見せて行きたいのさ。
ちょっと前に僕の通っていた大学の保健室の裏にあるカウンセリング室が連日大盛況らしい、
と書いたと思います。
どうしてなんだろう、と考えつつ、あんまり具体的なことがわからないので出会う人達に投げかけたりする最中、それこそちょっと前にその答えに最も近いんであろう理由を聞くことができた。
それはこの前芝居の撮影を一緒にした南出君から聞いたもので、人を支える支柱の話である。決して宗教の話ではありません。あまりにも素晴らしい答えだったので僕の意見にしています。目からウロコというか。ちょくちょく思い出して「まったくだなあ」と唸っています。
今度僕に会った時、聞いてください。僕がいい気分になります。そんなわけで今週は激烈に忙しく。いやホントに久しぶりに激烈に忙しく、といっても「恋鎖」のパブリシティ活動ほどではありませんが。かなり忙しかったのさ、メールくれたのになかなか返信できなくて申し訳ないメールくれた皆様。

 ライブ撮影。
ライブ会場での演奏を数台のカメラで撮影。
僕は5カメのうちの一人。ライブ撮影は初体験だったので結構緊張したのだ。
火曜日。渋谷のライブハウスに向かい、指揮を取る蔭山さんと初対面。
物腰の柔らかな人で今回の仕事が終わったらベルリン映画祭に参加するらしい。おお、すげー。。。今シネマアートンで上映している「Over8」にも参加している監督さんであり、撮影監督さんでもあるのだ。
僕は会場2階から全体を映しつつもキーボードの手元を狙い、ドラムの手元や顔を撮ったりするポジション。鉄柵があるので若干自分も伸びつつ下に向けてカメラを据える、ので体勢に無理がある、がファインダーを覗くと気分も一気に乗ってしまう。
蔭山さんはこだわるところはこだわり、しっかり撮影したいという意思が伝わってくるかっこいいリーダーである。何でも聞こうと思った。

 演奏が始まる。かっこいい曲だもんで気合が入る。
ドイツから来たプログレバンドは2時間演奏。一人芝居で有名な方のゲスト参加もり、盛り上がる会場。
撮影が終わった頃には若干へんな体勢で撮影していた僕の首が硬直。戻すと筋が痛い。
次の日も同じように撮影。今度はそれぞれの曲のタイミングも少しわかっていたので、ちょっとは落ち着いて撮影出来た。

 さらに金曜日にも撮影。
今度は高円寺のライブハウス。蔭山さんから中根さんにリーダーをタッチして行われた4カメ体制の撮影。僕はノー三脚でフレキシブルに動いた。袖からも撮影が許されたので、ハイテンションでカメラを回す。
ライブ終了後、その場の飯とビールをバカスカ食らう。中根さんは社交性が高くみんなに好かれるタイプの人で、やはりリーダーというのは皆それなりのものを持っているよなあと思う。

 4人でビールを飲みつつ映画について話す。
その場に居るみんなが映画を撮っていた。なのになんで今まで会わなかったんだろうね。
自主映画の世界は狭いようでもトコロ変わらないと人も変わらないのかも。
そして新しい映画人がドンドンふえているのだ。今年はいろんな場所に行こう。今年もいろんな人に会おう。

 それから僕は機材を返しに夜の23時過ぎ、高円寺から自転車で青梅街道を下る。
雨が降っている。機材をぬらさないためにコンビニ傘525円を手に入れる。
待ち合わせた場所に中村研太郎さん。
西條・研太郎さん「どもー」
と軽快に挨拶し、機材を交換した後、
あ、研太郎さんは僕にカメラを貸してくれたのだが、編集の最中だったので、編集用に僕のカメラを研太郎さんに貸していたのです。
それから引っ越したばかりの研太郎さんの家に遊びに行った。
広いし静か、2部屋で奥の寝室にトイレが備え付けられている不思議なアパート。
白糖リキュールをご馳走になり、一緒にニュース23を見てから自転車にまたがり僕は自宅へと向かった。
雨は止んでいる。コンビニ傘525円はもう無用だ。とカゴに刺してしばらく走っていたらスルリと抜けてガードレール端に引っかかり自転車が横転。もちろん僕もである。さらに三脚もだ。なおかつリュックサックが地面に放出。さいあく~雨ってだからさいあくなんだよ~
とぶつぶつ文句を言いつつ引っかかったコンビニ傘525円はもちろん使い物にならなくなったので、近くのゴミ収集所に置き、自転車を直して家路に着く。久しぶりに警察に止められる。
警察官「ライトついて無いよ!」
さっきの横転でライトがイかれた様だ。そうですか。

 そんなわけで帰宅。
カップラーメンを食べてメールチェック。企画書類を書く。
こんなライブ撮影と日頃のアルバイトをやっている最中、締め切り間近の企画コンペに出すための書類を作成していたのだ。一人でやっているわけではないので何とかなったのだが、そうでなければ間違いなく、出せてません。本当にありがとうございます。
考えをまとめて文章にするのは非常に大変である。なんせ僕の一番苦手な科目は国語だ。この日誌を見ればわかることだが、僕には文章のセンスが無い。あと誤字脱字が多い。下線のそれとは何を指しているのか3つのうちから選びなさい、と言われてコレに違いない、と選んでも必ず間違えます。とにかく文章を作成するのは苦手なのだ。シナリオだったら書けるんだけどね。

 そんなこんなでものすごく忙しかったのですけども、充実していました。
まだ出来る、まだ出来る。今週もすでに2件飲みの予定が入っている。
飲むぞー!腹がメタボリックなのさ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2007年02月12日 00:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「明け暮れたのさ」です。

次の投稿は「雪降らないかなあ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.