« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月に書かれた日誌

2007年01月04日

明けまして東京

西條です。
東京に舞い戻ってきました。大晦日に実家に行き、昨日まで滞在。
毎度の事ながらぶっ続けで飲んでいました。
親戚同士が集まるところってあれだね、酒が無いわけが無いね。
大晦日の格闘技はプライドを放映しなくなったので、ダイナマイトのみになってしまいましたが、
今回は大変宜しくない内容で、ぶっちゃけ曙が負けた試合が一番印象に残っています。久々にああいう負け方を見たなあ。

 故郷は雪もそんなに積もっておらず、
気候も穏やかだけどやっぱり寒い!いい感じで寒い。
今年は年賀状が6.7%減でメールで”明けまして”が大躍進。
僕はさっぱり繋がりませんでした。
明けましておめでとう!もう4日になってしまったね。

 初売り、ということで、
僕は弟の運転する車に乗り、靴と帽子を買いに行った。
雪国の服屋はウインターファッションにかなり力を入れている。
東京には無い品揃え、いや、あるんだろうけど、いっぺんに見れてこんなにも安いものは無い品揃え。
ずっと靴が欲しかったんだけど、ピンと来るものが無くて買わずにいたが、
ここに来て2足も買ってしまった。安いし。
それから親戚の家に行き、僕も車を運転したりして、子供達がバシバシのた打ち回る賑やかな飲み会が始まる。
善光寺にも相変わらず行った。
むじなの話を深く知り、なんともドラマティックだとセンチメンタルになったり。
とにかく食うし飲むしでいい年越しでした。
生野君にもらった”のし餅”もかなり美味く雑煮に最適。どうもありがとう。

 年末に高校時代の友人から突然電話が来た。
まだ東京にいるらしい。東京で就職しているらしい。そんな人君くらいかもしれないよ。僕の知っている地元民では君くらいだ。あとはみんな帰郷したと思う。今月中に会おうね。

 東京に帰って早々、ゆーさん、宇野さんと飲む。
結構いろんな話をして、5時間以上3人で話をしていた。
帰って、くたんと寝。現在に至るわけです。
今日はこれからバイト、明日は飲み。と今週の夜はなんでもかんでも飲みじゃ。正月はまだまだ続く。
従兄弟が家を買うらしい。すごい~僕も買いたい~お金が無い~車が欲しい~
知ってますか新宿で駐車場代は4~5万円とか言って。今住んでいるところでも多分2万円くらい。
お年玉つき年賀状の一等に駐車場をもらえると嬉しいですね。

 そういえば年末にウズマキさんの忘年会もあった。
お好み焼き屋での忘年会は盛り上がった。やはりチーズの入ったお好み焼きは最高だ。
来れなかった福島さん他「Over8」の面々は池ノ上のシネマボカンでナイスなプレイベントをしていたに違いない。今年はシネマアートン下北沢で「Over8」という8ミリフィルムで制作された短編集を上映します。僕ではなく福島監督他すごいメンツが勢ぞろい。3週間上映しますから見に行きましょう。8ミリフィルムってのを見ておくといいよ。僕は8ミリフィルムで1時間40分の作品を作る暴挙に出たことがあります。

 そんな宣伝もしつつ、今年のおみくじは、中吉!
前半辛抱すると後半クライマックスがある、らしい。
よしよし。いい感じだ。今年は後半に向かってガンガン伏線を貼っていこう。

 そんなわけでデップリとメタボリックシンドロームです。
痛風になる日も近い。それまでに新しい靴を履き潰そう、今日も快晴でから。
今年も宜しくお願いいたします!

2007年01月09日

新年会と妖怪

西條です。
新しい携帯に変えてからなんとなく時間がある時ついつい着メロのダウンロードサイトとかを見てしまう。
すっかり携帯文化を無視して生活していたもんで、ついついね。何が出来るんだろう、とチャカチャカ触ってしまうわけです。
で今着信メロディに設定しているのは、とあるディズニー映画の続編のテーマ曲です。いいと思います。

 先週某新年会に誘われて行ってきました。
ご自宅での開催。なんて新年会は初めて。その場にいる誰とも面識が無かったので、
ドキドキしながらビールとか飲んでいましたが、僕は以前、まったく輪に入れない飲み会に参加したことがあり、その時はタバコだけが友達という大変な大変を味わっているのでその経験を活かし、こういった場所ではまず横にいる人と仲良くなる、という技を編み出した。
しかし、その時横にいた人がすっかり僕に興味無いらしく、席を移動して僕の両サイドは空白となる。う~ん、なるほど。大人な気分だ。そんな最中真正面に座ったイケメンがオープンな雰囲気だったので、その人にガシガシ話しかけた。映画好きだと話が早い。が話の半分は目の前の食べ物のことだったかもしれない。なんせうまい。ご自宅開催ということで、奥さんが腕を振るっていたのだ。すさまじく美味くてみんな手が止まらないのである。僕も食えるだけ食いたい。そのうちいろんな人が来て、圭作さんも来て、かなりの人数になり、酒も追加されジャカスカ話して帰る。う~ん、楽しかった!誘ってくれたKさんどうもありがとうございます!

 先週の夜は仕事か酒か、どちらかという感じでした。
おかげでまあすごいデップリであります。いかんのう。
初詣ということで。
彼女と一緒に深大寺に行ってきました。
どこに行こうか迷ったのだけれど、西荻方面に住んでいたときにいけなかった深大寺にしようと。
西荻方面にあるお寺じゃないんだけど。
今住んでいるところと比べればまあ近いんじゃなかろうか、ということで少し心残りだったので。調布方面にある深大寺。

 地下鉄に乗る。と、ほしの君バッタリ遭遇。
ほしの君はこれから仕事らしい。かこんで引越し先の話とか、新しい西條組HPの話とか。
あ、そうそう、そろそろ新しい西條組HPが出来上がります。て何度も書いていますけどもね。ここ数年。
このHPのURL観てくれればわかりますが、このHPはRINJIなんです。仮。というか。そんわけで。本。が出来そうですんでそのうち。

 電車に揺られてつつじヶ丘。
バスで深大寺に向かう。結局のところ、深大寺に行ったら一番に行きたいのはゲゲゲの鬼太郎茶屋。と深大寺そば。とかいって。いやいやお参りもちゃんとしましたよ。平成18年の10円玉がピカピカ光って財布に入っていたので、それを投げてきました。今年もいい年になりますように。

 ゲゲゲの鬼太郎茶屋はとても小さく、外観は懐かしい、
妖怪がいたるところにいて目玉のおやじまんじゅうとか売っている。一反もめんのマフラーとか。ぬりかべのマグカップとか。なんだかんだと小さい頃一番読んでいたのは妖怪大辞典だったからとても懐かしい。なにか買っていきたかったがお金も時間も無かったので妖怪汁という缶ジュースを買った。飲んだら妖怪になってしまったりして!とかはしゃぎつつ深大寺そば屋さんに行く。

 深大寺と言えばそばで有名だ。と思っていた。
ので「深大寺そば下さい」と注文したら、「深大寺そばってものは無いんですよ」と言われ、「え?だって深大寺のそばって有名じゃないですか、戸隠そばとかみたいに深大寺そばって無いんですか?」と聞くと「深大寺ではそばを売っているというのが有名なだけで、深大寺そばってものはないんですよ」とそうなんだこんなにそば屋があるのに。じゃいったいどこのソバかしら、とお品書きをみるとソバは出雲から取り寄せているとのこと。ウチの地元ももしかして荘なんだろうか、、、
 さるそばを注文した。
深大寺そばってものが無くても、うまいものは美味い。美味い!上にのったノリも美味い。
世の中美味いモノだらけだ。

 そんなわけでいよいよ今年がスタートしました。とこの前も書いたか。
遅すぎなスタート宣言、あのねぇ働きすぎだよジャパン。ていうか東京。
まあ僕に限ってはもうちょっと働いたほうがいいと思ってますけども。
今年は働きますよ。多分。激動の年にしたいと思ってしまったわけですしね。

 全然違う話ですけど
テレビで自然を写した番組がやっていました。北極。ホッキョクグマが水面を泳いでいます。
ゆうゆうと泳ぐ背中に見入ってしまいましたが、これは温暖化の影響で陸地から遠くはなれた場所に移動するための長いスイミングだとの事。歩いて行ける氷が無い。ホッキョクグマはやがて適応して違う形になってしまうのだろうか。とか考える。悠々と泳ぐホッキョクグマがかっこいいと思った矢先のナレーションだった。タバコやめるかなあ。

 さっき中村さんからも電話があり、
みんなすでに今年を頑張り始めている。負けないぞう。とりあえず携帯文化に早急に追いつかなければいかん。

2007年01月14日

書くことを忘れる

西條です。
書こうと思っていたことを忘れた、そんな経験ありませんか?
ありますねきっと。僕はもともと忘れやすい人間なので、忘れネタはとても多い。
でも忘れるくらい小さなことだったりするので、そろそろこんな生活もやめてダイナミックにマグロとか釣りに行ってみたい。    とたまに嘘も書きます。

 そんなわけでこの前
高校時代の旧友に会ってきた。
弁護士を目指していた男。今は不動産勤務らしい。
ある時期からお互いパッタリ連絡を取らなくなった。
そしてなぜかこの前電話があり、久しぶりだね~と会うことに。
新宿の紀伊国屋前で待ち合わせる。久しぶりに会った友達は少し太っていた。
しかし元々背が高い奴なので、いい感じで健康そうに見える。
フラフラと歩き、さくら水産でビールをいっぱい飲んでから店を変えてハブりたかったんだけどどこも開いてなかったので西新宿の鳥鍋屋に行った。

 鳥すき焼きを注文すると、鉄板の上で店員さんがジュウジュウと焼いてくれる。
日本酒を飲みながら取りとめも無い話をしつつ、久しぶりに会っても結局何も会話内容が昔と変わらない気がした。趣味も性格も早々変わるものではない。収入も。先の見えない未来も。仕事についても模索は続くのなら安定するのは生活だけか、と思ってしまうね。
そんなわけでまたの再開を約束し、メールアドレスを教えろと赤外線通信を試みる。
赤外線通信。それは携帯電話で相手もしくは自分の情報を相手に瞬時に伝える方法。
僕は赤外線通信経験2回目である。ソフトバンク携帯での赤外線通信はもちろん初めて。しかし久しぶりに会った男は何の躊躇も無く「おい行くぞ」と携帯を傾ける。う~ん、慣れてる人は違うねえ。

 家に帰るとシューマートで購入した4000円の靴のおかげで
足がスリスリになっていた。あ、今、書きたいと思っていたことを、思い、出した!

 掃除の話。
掃除の話を書きたかったんだけど書いたっけか?
僕は文字が苦手なので自分の日誌も読み返したくない。だって長文だし。
バカモン、確認のために読み返しなさ。はい。あとで。
そんなわけで掃除をしたのです。トイレ掃除。
僕の家は古い家でトイレがユニットバスではなくユニット的なバスである。その分広い。風呂なのに日当たりも抜群で昼間に風呂に入ると素晴らしい気分になる。
それはさておき、そんな水周りを掃除したのさ。
黒カビ&白カビもあるだろうし、タバコも吸うから汚くなっているんだろうとスーパーでゴシゴシ洗い棒を買い、後にビール飲むんだと決めて思い切り掃除した。そしたらまあ綺麗まくりである。タイルとか最高に綺麗だ。壁も最高に綺麗だ、トイレも真っ白である。すばらしい、汚れが落ちるってなんて素晴らしいことなんだろう!しかしバスマジックリンを使っていたのに詰め替え用にバスルックを買ってきてしまったのは失敗だった。混ぜるな危険なので圧力が軟弱になっても頑張って使い切らなければならない。
まあとにかく掃除は素晴らしい。今日も素晴らしい風呂に入ろう。

 そんなわけで赤外線通信も掃除もし、
なんと昨日はバイト先でゲームのダウンロードをした。
すごい、僕はすでに最先端の人間である。おサイフケータイもそのうちやります。
ダウンロードしたゲームは、将棋。まさにデジタルとアナログの融合だ。さらに全然勝てない。強すぎるんだこの将棋。一日3勝負はしたいと思います。

 年末年始で実家に帰った際、母親にもらった日めくりのカレンダー。
日付の下に英語の問題が書かれていて、一日一つ、英語を覚えられる仕組みになっている。
が、明らかにあまり使わないであろう言葉ばかりさ。
問題=“隙間産業”英語にすると?
答え=niche industry
問題=“知的財産権”を英語にすると?
答え=intellectual property rights
今日の出題問jは“源泉徴収”を英語にすると。である。
なんだろう、明日が楽しみだ。

 ちょうしゅう、といえばこの前の親日プロレス見ました?
テンコジ対武藤、蝶野 の試合後、爆勝宣言のなか長ハチマキでポーズを決めた三銃士。
橋本コールの観客。テンコジも最高。僕は小島ファンである。年々かっこよくなる小島。今年は僕も上映の時は「いっちゃうぞばかやろう」と叫んで再生ボタンを押そう。
とりあえず素晴らしい風呂に今から入ってきます。いい夜を!今日も「みがいちゃうぞばかやろう」

2007年01月18日

のんきな姉さんと硫黄島を見る

西條です。
雨、降りましたね。
案の定外に出る予定がありました。
来週演劇の撮影依頼を受けているので、ほしの君にcameraを借りに行くことになっていたわけです。
ほしの君はなんと明日、つまり今日、お引越し。URで見つけたナイスな物件。僕が雨の中シトシト自転車を走らせて着いた時には荷造り真っ最中でした。
かれこれ4年住んでいた家。お引越し。感慨深いね!ロケ地としても使用させていただいたこともあり。爪跡は西條組作品の映像に残っていますよ。

 あれこれと物件と今後の話とかもして、
ラーメンを食べに行った。寒い最中ラーメンを食べるとそれがどんな味だろうとうまい。
そうでなくても美味いお店なので、更に美味い。美味い美味い美味いよ!とセアブラを飲み干してcameraを担いで帰る。返却は新しい家に。たずねるのが楽しみだ。

 そんなこんなで皆さん、
ポリスってバンド知ってますか?

ポリス。

それはスティングが過去に在籍していた、えげれすのバンド。
アンディ・サマーズとスチュアート・コープランドとスティングで結成した元パンクバンド。ファーストアルバムだけパンクな感じがします。
「見つめていたい」=「エブリブレーズユーテイク」
って曲は多分聴けばみんなわかると思います。携帯をソフトバンクに変えるまでは着信音にしていました。

 高校時代に聞いてハマり、アルバムを買い捲り聞きまくり、スティングのアルバムも買い捲り聞きまくり、アンディ・サマーズのソロまで聞いて、スチュアート・コープランドの担当した映画も調べたりした。
そんなポリスが再結成の動きを見せている!のだ!
ポリスはあの人とあの人がメチャメチャに仲が悪く、ベスト版出して解散したのです。
僕がハマった時は解散後で、ベスト聞いて好きになりました。スティングのコンサート(IN 代々木体育館)では「シンクロニシティ」も「キングペイン」も聞けて最高でした。「マーキュリーフォーリング」後のコンサートには行ってません。チケットが買えませんでした。多分再結成して日本に来ても、チケットは手に入らないんだろうなあ・・・
聞くたびに高校時代を思い出す、ポリス。
一番好きな曲は「サハラ砂漠でお茶を」です。地味で何が悪いのさ。

 なんてニュースを聞く前に、
「硫黄島からの手紙」を見た。
良かったですよ。見に行ってください。
硫黄島で穴堀している二宮和也から始まり、渡辺謙が到着して、ジョニーウォーカー飲んで、ついに戦闘に入っていきます。
年末に見た戦争の映像の記憶と合わせてすさまじい戦闘シーンを体験しました。音がホントにすごいから、いい劇場で見てください。グロテスクなシーンもありますけど本当の戦争はもっとグロテスクで、きっとグロテスクなんて思うことも出来ないくらいの状況だったんだろうと。事柄として最後まで描いていました。反戦とか命の大切さとかを描いたのではない気がしてます。日常としての戦争なのかな。僕はこの映画で硫黄島を知りました。東京都、硫黄島。ぜひともアカデミーとって欲しい。
ちなみにWikipediaで検索した資料にこんな逸話が載っていました。
「イーストウッドは、当初は日本側から描くこの映画は日本人監督に依頼するつもりであった。彼と長年共に仕事をしているチーフカメラマンによれば、彼は、今作品の構想を練る際に「黒澤なら完璧なのに」ともらしたという。」
そう言わせる黒澤明はやっぱりすごいがイーストウッドがこの作品をいいものにしたいと本気で願ったことが伺えます。

 そしてこの前の新年会で一緒の席に居た七里圭監督の作品「のんきな姉さん」のDVDを見る。
姉が弟の子供を妊娠してしまう話。ってだけじゃないのだけれど、なかなか文章では説明しずらい作品だ。なんていうかホントに夢の中にいるような映画だった。三浦友和の存在がそれを印象付ける。夢ってものの感覚をそのまま描いたような。どうしてこんな映画を作れるんだろうとびっくり。僕には出来ない。さらにカメラマンの方がすごくいい。久しぶりにいいカメラマンの画を見た。
お時間ある方は是非レンタルされているので見てみてください。ヘンテコで優しい夢の中に居るような映画です。

 そんなわけで雨、降ってましたね。
この前洗濯したばかり。干していたんだけど生乾きのまま一旦部屋に入れました。
今日は晴れてくれ~

 新作の企画とジョブチェンジを模索しています。
今年の僕は何をするんだろう。もう決めていますけど、ちゃんと出来るのだろうか。
僕は散々考えた挙句直感で動くのでタチガワルイんだよね相談される人にとって。
今度飲みに行きましょう。そして相談されてください。さらにポリスの話とかしましょう。
マイカーリースの話も教えてください。あといいカード会社ありますか?ポイントが貯まるとか。変わりに美味いラーメン屋教えます。あと映画の企画出せるところとかあらば教えてください。そんなわけで。
あ、あとキム・ギドクの「魚と寝る女」もギャオで見た。この話はまたいつか。会った時にでも。

2007年01月24日

まだ雪を見ていない

西條です。
寒いんですが、コタツで寝られるのが楽しくて、布団を枕にコタツで寝てしまいます。
でもうまく眠れずに起きても体が疲れている。でもまたコタツで寝てしまう。コタツって罪ですね。
「発掘あるある大辞典2」で特集した納豆ダイエットのおかげでスーパーに行くと未だに納豆がありません。ねつ造っすよあれガセビアです。僕も納豆食べたいので納豆買わないでください。
そんなわけで豆腐を買いました豆腐最高。

 先日ウズマキさんが主催している「仮ぎんなん会」に行って来ました。
おでん屋「ぎんなん」がただいま修繕中なので、お好み焼き屋での飲み会。前回は一次会で帰ったけど、今回は2次会まで参加。話に花が咲き、結局朝まで飲み会。だって「スピン・シティ」の話が出来るとは思わなかったし、またプロレスの話をしてしまいましたし。2次会会場を出たらnori5さんがリンゴを食べていたので欲しそうな顔をしたらクレタ。その後うどんを食べに行ったが食券を買うときになって牛丼が食べたくなり一人だけ牛丼を食べた。家に帰ってコタツに入ったら一瞬で寝てしまった。そして起きたら2日酔いですよ。グラングランに頭が痛くて彼女にポカリスエットを買ってきてもらい、ちびちび飲んで何とかバイトに行くまでには回復させる。でもコタツで2日酔いだと体力が戻らず、仕事しててもかなりつらい。もう二度と飲むまい!と大学の頃から何度思ったことか。

 月曜日は青春組立式キットの井村さんと会った。
近々東京に来るという。おお、で引越し好きの僕は一生懸命アドバイス。
そのアドバイスが役に立ってくれたのかどうかは聞かなかったが部屋を決めたようだ。
久しぶりに会う井村さんは同い年なのに僕より若々しい。おととし公開した「蹴る女」はいい映画でしたよホントに。イタリアントマトで食事をした後に僕の部屋も見てもらう。やっぱり日当たりが重要なんすよ部屋って。「お前に雨は降ってない」のDVDを渡す。青春組立式キットの新作は「サイクリング・ヤング」という自転車映画。一緒の上映できると面白いよね、と。まあとにかく、落ち着くまではガンバって!カレーとか作って持っていきますから。

 でさっき企画を出しに赤坂に行って来た。
赤坂。赤坂降りたことないな~とネットで調べ、電車に乗ってから携帯で調べ、便利だね~携帯で乗り換えを調べられるって。乗り換え乗り換えで赤坂着。それから地図で目的地まで向かうも全然道がわからない。途中で電話して道を聞いてなんとかたどり着いた。しかしTBSの横の階段を抜けていくのがきつくてね、抜けた先の道はかなり閑散としていて妙に面白かったです。あまり足に合わない靴を履いていたもんで、小指の爪が食い込んじゃって企画の話をしてても足の小指をクルクル回してしまう。それから飲みに行った場所でも小指をクルクル回してしまう痛いのう。終電近くに地下鉄に乗って帰宅すると案の定足の小指が血まみれである。爪、切ればよかったらしい、爪、長かったです。

 先週からスッポリあく時間も無かったもので、床屋に行ってない。
今日も人と会う約束をしてる、さらにその後も人と会う約束をしている、なのでその間に床屋に滑り込めればと思っています。そうしよ、どんな髪型にしようかな、再来年くらいにはかなり薄くなっているだろうからリミットであります。

 親戚から送ってもらった新米が遂に尽きた。
あまりにも美味い米だったので、これからまたスーパーで買った米を食べるのがなんだか嫌なんだ。
だからちょっと高めのものを買ってしまった。ささにしき。しかしなんで新米ってあんなに美味いんだろう。ていうかスーパーで売ってる米ってどこから味が落ちていくんだろう。
まあとにかくですよ、米買ったんだから納豆も買わせてくださ~い。

 まだ雪を見ていない。この冬。
東京はこの前深夜に降ったらしいですけど、僕は見てません。
そろそろ見たいね、シンシンと降る雪。だって冬じゃないか。コタツが更に楽しくなるしね。

2007年01月27日

頭の側面が無い。

西條です。
床屋に行きました。
ヴぁっさり切って下さいと毎度のことでお願いし、ばっさり切ってもらう。
沖縄県出身の床屋さんで何年通ってるんだろうか、もう10年くらいになるんじゃないかなあ。
その床屋さんは恋鎖をシネマアートンに見に来てくれたのだ。そして未だに恋鎖のポスターが貼ってある。
しかも道路に向けて、まっすぐに貼ってあります。店内じゃなくてね。
床屋さん「恋鎖のあの感覚は若い人にはわかんないんじゃない?」
十分理解してくれたんだなと感動する僕。
ほんとにね、楽しさに興味を持つ人って暇人じゃないんですよって恋鎖の上映とこの床屋さんに教えてもらったんですけど。忙しい人ほど楽しみに貪欲で自分からも楽しもうとする、仕事している人ってすばらしい。忙しさで感性が揺らぐということはあんまり無いのだ。ノイローゼになってるなら別だけど。

 そんなわけでばっさりと頭の側面がありません。
ハゲてきているので頭の上はなるべく残してくださいとお願いしました。
床屋さんに行く前に生野君と会い、「恋鎖」と「お前に雨は降ってない」のDVDを渡す。
彼も頑張っている。いやこれから頑張ろうとしている。そろそろ頑張りなさいと思っていた矢先。
いろいろあるんだね僕の知らないところで。突き進もう。その一歩が道となり、その一歩が道となる。迷わずいけよ行けばわかるさ、である。

 昨日は夜勤の後に仮眠して頼まれた芝居の撮影に行ってきた。
久しぶりの撮影。
ほしの君に4:3で撮る方法を教えてくれとメールしたが相変わらず帰ってこないので16:9で撮影となる。
結果16:9での撮影のほうが良かった。舞台が結構広いので4:3だと多分大変だったろう。
場所は横浜。のさらに向こう。遥か・・・向こう・・・僕の家から2時間近く掛かってその場所に到達する。
寝坊したらもうのっぴきならない!と気合で起きてYahooで路線を調べて重い荷物を持つ。
横浜から根岸線に乗るとそのうちかっこいい工場地帯が現れて
ここはロケ地にいいなあ~と10代監督志望のような感想。
劇場は駅から近かったので迷いなく到着。すぐにセッティングに入る。

 ゲネ。
なわけで。本番撮影するとお客さんの邪魔になってしまうからゲネにしてくれとお願いしたのだ。
しかし小劇団の芝居というわけでも無いので劇場は広い。天井も高い。
年配の演出の方が会場のど真ん中に陣取っている。
う~ん、演出家の前席にカメラを置いて大丈夫なんだろうか・・・
僕も若干演出家なので芝居中に目の前に動くものがあったりすると気が散るのが良くわかる。
案の定演出家の方から目の前には何も置くなという指示。もちろんだなと思いつつ。さてさてそれならどこにcameraをおこうか、と南出君と考える、今回は2カメ。音の心配があったのでマイクと録音機で使おうと思っていた僕のTRV-18Kを持ってきている。がマイクは振れない、ということになる。予算があれば、もっとマイク持ってきて固定出来るのになあ。そんなわがままが頭を出してしまうくらいいい気分でセッティングを開始。やれることをやるのだ!
とカメラの内蔵マイクを生かすことで演出家の目に入らない前から3列目にTRV-18Kをテープで固定置き。僕と南出君はそれぞれ演出家のぎりぎり近づける場所、の後ろ、でカメラを据える。照明にもこだわっているような気配。タイミングを逃さないようにしなければ。

 なかなか面白い芝居。
普通で変化球を狙っていない。それがいいっすね。
嫌なのだ。シュールを狙っても浅はか過ぎてスカスカなものとか、
考えすぎてとんでもなく倫理を逸脱している爽やかなものとか。
テンションの高いギャグがつまらなすぎるものとか。
そんなこんなで目の前の芝居は久しぶりにすごく面白いものに映る。これは嬉しく楽しい。なんとかいい映像にしたい。と気持ちが逸る。リハを見てなくてよかった。多分見てたら考えてしまうだろ。瞬発力と自分が観たいと思う役者にスポットを当てることに終始しよう。と1幕でかなりミスった僕は考える。
2幕、3幕、はいい感じで撮れたんじゃなかろうかねえ。
 
 芝居が終わり、夜の10時近く、
まだまだ余裕というわけではない、ここは神奈川県だ。これから埼玉県近くの東京まで帰らなければならない!外は雨!雨!?なんでですかさっきまで晴れてたじゃないっすか!
でも駅の近くだから濡れずに乗車。腹が減ったノウ。

 そんなこんなで僕のTRV-18Kは壊れた。
無理させたね~。液晶の画面にはレーザービームのようなものが映っている。ファインダーから覗いても映っている。つまりは中身のとても重要なところが壊れたという感じだ。修理しよう。帰って寝転がるとすっかり寝てしまった、またコタツで寝たのさ。コタツって罪だぜ。

 起きて空瓶と空缶をゴミに出そうとしたら、
すでにゴミ収集車は行った後。またも出せなかった~資源ゴミの日=土曜日、やめませんかぁ?おきられないんですけどぉ。
でも快晴の空と太陽。
気分が良くて、この前オススメされた漫画でも買ってみようかなと本屋へ行く。
知っている人は知っていますけど、僕はまったくと言っていいほど漫画を読まない。このメディアミックス時代に。家に来ればわかります、つげ義春とゲゲゲの鬼太郎くらいしか無いのさ。
そんなわけでなめて掛かってBOOK OFFに行ったんだけど目当ての本は見つからず、代わりに面白そうな小説×1、映画の本×1、CD×2、買ってしまい、お会計2550円。結局漫画は買わなかった。今度買います。プライマルスクリームが550円だったんだよね。「どろろ」とか見に行きますよ。

 ということで、シネマアートン下北沢で「Over8」という映画が公開初日を迎えました。
福島監督他、若手監督達による短編集です。8ミリフィルムの映像を見たことが無い人、是非見てみてください。西條組前作「アスリート」に出演している宇野君も出ています。
僕も8ミリフィルムから映画制作を始めましたからね。これからの世代にも8ミリを知っていてもらいたいと思うのだ。

 ソフトフトバンク携帯の無料期間がそろそろ終わりになる。
何か着メロをダウンロード、しなければもったいない、ゲームとかダウンロードしなければもったいない。と探していたら、バトルシティーというゲームがあった。すげー・・・なつかしーーー。あと「妖怪探偵ちまちま」もあった、これだ、とアクセスしたら「この機種では出来ません」の表示。う~ん、マジで機種を変えたくなりました。あなたはMSX持ってた?

About 2007年01月

2007年01月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年12月です。

次のアーカイブは2007年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.