« ミクシするわけですよ | メイン | 週末はクリスマス »

忘年会

西條です。
忘年会といいましても、今回は多摩隊と一緒に飲もう会のつもりでありました。
僕はあんまり大きな飲み会を仕切るのは得意としない、のはわかるよね?
他人主催に参加するほうが楽ですしね。連絡とか。
毎年、ここ最近は石川さんが発起人となり「忘年会しようぜ!」
なので今年も石川さんの「忘年会したいぜ!」と多摩の方と予定があったので今回の忘年になった次第であります。
去年、一昨年と人数多かったのであんまりみんなと話すことが出来なかったから今回は予定を聞く前に日程を決めて参加できる人で参加という感じ。みんな立て込んでいますからね。当日にならないとわからないといった人も多数出てきますし。そんなわけで勝手に金曜日に指定して新宿に集合。

 ユニクロで買った6000円の服を着て、
新宿の飲み屋に行き、大体20人くらいだったか、そんな感じで飲み会がスタートした。
デザイナーの方から役者の方、配給の方、制作会社の方、恋鎖の面々、大学の後輩等など、小学生までも。もちろん酒は飲まずにコロコロコミックでしたけど。主婦参加であります。
石川さんの発起が切っ掛けで動き、多摩隊と一緒に飲むつもりでしたが、石川さんは金曜日は予定があり来れず、多摩隊は職場の忘年会があり来れず。
また新年会とかでね、いい感じで飲めれば最高っすね。
さっき大型飲み会を仕切るのが苦手と言ったばかりなのにねぇ僕ぁまあ飲みましょう来年も。

 そのあとの2次会は5名ほどで大衆居酒屋に移動。
こじんまりした飲み屋で話がドカドカ盛り上がり、この飲み会で知り合った人の知り合いが、
偶然にも隣のテーブルに自分の知り合いがいるとか言うもんで、声をかけたりしたらその知り合いさんが一緒に飲んでた連れが日芸の演劇学科の人で一緒に輪になってワンサカ。
最近はー若い日芸生に会う機会が多いのう~
知り合いさんはアニエス・ベーの人で、そういや昔、アニエスで買い物したことがあったなーと懐かしく。
知り合いさんの知り合いさんで演劇学科の人は曲作ってるんで聞いてくれとCDをくれた。いい日だ今日は!
で今聞きつつこの日誌を書いていますが結構いいっ。声が綺麗でPOPだ。誰だあの人。誰だったんだ!?連絡取りたいんですけど!!

 でウズマキさんと帰って
家に着き、なんだかまだ眠くないなあ、と「バットマン・リターンズ」を半分見る。
キャットウーマンのくだりがあんまり良くわからなかったが面白いや、キャラが目立つ作品は大好きです。けど、眠くなってきたな、と布団に入ったらなんだか気持ち悪くなって、イカんいかんとトイレに行き、バシバシ吐く。良い子のみんなは忘年会の後に「バットマン・リターンズ」見ちゃいけませんよ。
そういえば僕ァ乗り物酔いに弱かったんだった。と思い出した瞬間でもあった。

 乗り物酔い。小さく過敏だった頃はブランコでも酔っていたんですよね。
気持ちよく山を自転車で下って里に着いたらすっかり気持ち悪くなって1日潰した時もある。
父親のスカイライン(銀)に良く吐いていたりした。まああれから考えればとんでもなく強くなったものです。何かが鈍く老化していくこともいい事なんだろうね。

 日曜日はウズマキさんにパソコンを見てもらう。
リクエストされたカレーを作るにはニンジンも足らないから、まあ、買おうかな、と夜勤明けにスーパーへ買出しに向かう。
入ったこと無い大きなスーパー。
でニンジンを探したんだけど無い。どうしたんだニンジン。精肉コーナーの電灯は赤く光っているのに、実際赤いニンジンが無い。
伊丹十三監督の「スーパーの女」公開時、
チマタのスーパーから精肉をより新鮮に見せるべく点灯させていた赤い電灯がスッポリ無くなる現象
がありましたけど、今ではすっかり復活されて煌々と。
とにかくニンジンが無いので、ホウキで店内を掃いている店員のおばさんに聞いてみる。
西條「あの、ニンジンはどこでしょうか」
おばさん「八百屋」
西條「・・・え?八百屋」
おばさん「八百屋。あっち」
と指差したのはスーパーの出口。
・・・そんなバカな。。。ニンジンはとってももっとも代表的な野菜の一つではないのか、ニンジンの無いスーパーなんてクリープを入れないコーヒーのようなものだ、僕はクリープ入れないで飲むけど。
絶対おかしいはずだから今度は野菜コーナーの若い店員さんに聞いてみた。
西條「ニンジンありますか?」
若い「はい、あちらにございます」
手を差し出した先は出口。。。ホントなんだなぁ~・・・
若い「店頭にならんでいますので」
なるほど、行ってみるとニンジンがスーパーの店頭に並んでいた。
店頭は違うお店(八百屋)の管轄という事なんだろうか。郵政民営化もこういった問題が発生するのかもしれないね。まあニンジン手に入ったからいいや。

 そんなわけでブロックベーコンでカレーを作り、
パソコンを見てもらいつつ、さんまのからくりTVとか二人で見る。出演していた中西学はあんないいキャラだったのだな、と知った。

 それから「パイレーツ・オブ・カリビアン2」を見た。
面白かったんだけど今回はジョニー・デップよりオーランド・ブルームがいい演技をしている。目立っている。特典映像が長すぎる。しかし映画制作のいいキーワードがたくさん入っていた。やはり準備を万端にする必要は無いのかもしれないね。常に見切り発車なのかもしれない、それがいいのかもしれない。

 12月ももう半分を過ぎて今年もあと少し。
この前買ったストラップが仕事中に壊れた。今年はいい事も悪いことも沢山あった激動の1年だったけど、かなりの人数の人に会いました。出会いがすさまじく多かった年。充実してましたよ。でも来年はもっと沢山の出会いをして自分も変わって行きたいと本気で思います。
なんでも挑戦ですね。
「パイレーツ・オブ・カリビアン2」は1作目見て無いと関係図も話もわからないです。そして見たら3作目を見ないといけなくなってしまいます。だから1作目を見てから期待して2作目を見ましょう。
準備万端で挑戦しましょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年12月18日 09:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ミクシするわけですよ」です。

次の投稿は「週末はクリスマス」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.