« TAMAに行ってきます | メイン | 箱根に行って来ました »

TAMAに行って来ました

西條です。
18日(土)TAMA CINEMA FORUMに行って来ました。
「恋鎖」の上映はコレで最後となるため、感慨深いですが、感慨深すぎて遅刻。
皆と待ち合わせの時間に遅れた。
上映にも少し遅れてしまい、最初の上映作品「渦中のひと」は冒頭を見ることが出来ず。
監督の伊刀さんに聞いたら冒頭がクライマックスなのだ、と言っていた。
でもクライマックスを見なくても面白い作品。男と女と映画と雨。機会があれば是非見てください。

 そして恋鎖が上映。
僕はその間、多摩川へ向かう。
多摩に来る機会はたくさんあったのに、多摩川に来たのは花火の時だけ。
花火は夜ひらく。だから川は見えない。昼間に行ってみようと思ったわけさ。
会場から近い川に向かうとススキがホサホサと風に揺られ、のどかな多摩川。
土曜だからか人口が多い。マラソンや野球、犬の散歩にいそしむ人多数。
鉄橋を潜り抜けるとアヒルがいた。

 丸々と太ったアヒルが川岸近くに佇んでいる。
水に浮かんでいるのではなく、二本足でドッカリ立ったまま、まったく動かない。
電車がゴトンゴトンとやってきてもまったく動かない。
動かないなあ、、と見ている自分は動けない。
動けなくなりませんか?こういうときって。
見切りをつけて、会場近くに戻り、ケンタッキーでツイスターのテキヤキ味を注文。
鳥と竜巻がタイムリーだったのさ。

 とかなんとかしていると上映終了時間になり、
舞台挨拶をしに会場に行くと、トイレで小口君と会う。
僕のバイト先の知り合いである。
小口君「おお、来たよ、やっとこさ」
西條「でも上映終わってるぞ、なんだよ巨匠の映画を見逃して」
小口君「ええ?なんだって?」
西條「だから巨匠の映画を見逃してさあ」
小口君「ええ?何?」
西條「だから巨匠のさ」
小口君「え?なんだよ」
西條「だからさ」
小口君「え?なんて言ったの?」
西條「なんていったって言うかさ」
小口君「上映終わってるの?」
小口君はなかなかつかめない人で会話に困るときがある。しかしマイペースな彼はこのペースで今まで修羅場を潜り抜けてきた。実はかなりの人気者である。非常に周りに愛されている。うらやましいである。舞台挨拶を5分位するからそれを見ておくれ、
といって僕は控え室へ。

 北田さんにうながされて
ステージに行き、生野君や石川さん吉村君などと挨拶。
来てくれたお客さんは暖かい拍手をくれた。とても感動的でした。
1年経って少し大きくなった恋鎖はけじめをつけた感じだ。
今後はどこで上映されるんだろう。
その前に自分も作品同様少しは大きくならないといけない。その時にきっと上映されるんだろうなあと。
それが理想的かな。どうにもならなくなって上映くらいしかできないとかならないように頑張らねば。

 それから松田さんの作品を一気に3作上映。
すごいですねぇ、さながら今日は松田彰上映会である。
それから「猫目小僧」の上映。
この作品は脚本を書いた安田さんがTAMA NEW WAVEで受賞した経緯があり、本日上映となった。
あのね。とても面白い映画ですよ「猫目小僧」

 梅図かずお原作で「クルシメさん」の井口監督。
円谷の作品です。非常にギャグが豊富で気の聞いた台詞が多数あります。
山のほう向いて飲もう。とか。
一昔前の雰囲気を持っている。メチャクチャ懐かしい。
それはメトロに乗って昭和を描いたものとか、子供の頃の夢とか、そういった類の懐かしさじゃなく、
映画として懐かしい描き方をしているということです。
自分でもびっくりしましたが宮崎アニメを思い出した。特にナウシカやラピュタ。
テラ戦士BOYとか思い出した。そういった雰囲気なんすよ。Mr BOO!とか。
ちょうど描きたいヒーロー物だったりもしたので、僕にはかなりヒットしましたね。
上映後、一緒に来た彼女に声をかけると、彼女も爆発的にヒットしたようで、ハンカチで顔をぬぐっている。つぶやきシローも竹中直人もとても良かった。子供の演技もとても子供らしく、ヒロインもかわいい。猫目小僧がちょいデブという設定もいい。回りくどく作りやすい僕の中にも、こういった単純で気の利いたものを求めてしまう自分がいるようで。いるのですよ。

 飲み会では伊東さん、石出さんと話し、恋鎖についてあれこれ話す。
お2人ともきにいってくれたようで。いい~お客さんだ~とお酒も進む。
TAMA実行委員の面々も寒い中、大変熱い。愛ちゃんにはホットな出来事があったようで。抱擁。

 帰りの電車は方向が一緒の北田さんと帰る。
少しの間ぶっ飛ばしてくれる映画がいいっすよね、とバック・トゥ・ザ・フューチャーの話になったり。
未だにバック・トゥ・ザ・フューチャーの話で盛り上がるんだからあの映画ってホントすごいよね。
あの映画は最後に「未来は白紙だ」とドク博士が言う。
昔は白紙であることに希望を見出していましたが、最近は白紙であることに不安を感じたりもします。
白紙なんだけど白紙じゃないように思っているのかな、年金がもらえないかも、とか。うん、話が違うや。
そういうことじゃない。まあ地道に頑張りますよ僕ぁ。

 家に帰らず、直通で夜勤のアルバイトに向かう。
お好み焼きを買って食べて、仕事であります。体調が崩れ気味なのでネギを食べました。
ネギ、利きますよ、風邪に。
雨降り、メチャンコに寒い、さすがにもうだめだと今、エアコンつけた
ら久々にブレーカーがパチーンと上がった。
ウチはね~、メトロに乗って到着しそうな集合マンションなのでアンペアあげたくても個別にはあげられないのですよ。住人全員の家を工事しないといけなくなるので。
そんなわけでガスに移行しようと考えています、が、ガスファンヒーターとかもコンセントがやっぱり必要なのだろうか。電池かな。
ガスで明るく、ちょっといい未来を創造しています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年11月20日 08:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TAMAに行ってきます」です。

次の投稿は「箱根に行って来ました」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.