« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月に書かれた日誌

2006年11月02日

結婚

西條です。
なんだかすっかり忙しくてブログを更新しませんでしたが
ちゃんと生きておりました。
昨日はp-kfaftの10周年記念パーティーに行った。
泉さんや福島さんが設立し、映像だけでなく、最近は演劇部も発足した団体。
10年も続くというのはすごいことである。
その間いろんな人と事柄がp-kraftを形成していったのでしょうが、その形がとてもアットホーム、且つ20周年目も予感させるもので。理想的である。
僕は郵便局に行く用事があり、集合時間に間に合うことは出来なかったが
30分送れて青山に着いた。それからテクテクとプリントアウトした地図を持って歩く。
地図に書いてあるケンタッキーを発見、その横に駐車場を発見。
しかし次のランドマーク「Blanz cafe」を発見できず、
なんだろう、なんだろう、つぶれたのかな、、とさらにテクテク歩くと、向こーうにでっかい

の文字。
お、でかいカフェなんだな。
と思って向かったらブリジストンのロゴだった。
ここで初めて僕の脳細胞は機能し始める。あ、青山についてから初めてね。
脳細胞「道を間違えたんだよ君」
僕は渋谷方面に来るとなぜか道を間違える。渋谷方面で僕と待ち合わせた人は賛同してくれるに違いない。

 246の青い看板を見るとやはり間違えていた。
渋谷方面とは反対に歩いてきてしまったのだ。
そんなわけでテクテクあるく。エイベックスってここにあるんだなあ、とか散策しつつ。
1時間送れて到着。参加。
映画も見れて、関口さんのライブも見れた。関口さんのバンドは本当に最高である。
いろんな人がいたが、中には長野県出身の方もいて、映画のロケ地にもなった大王ワサビ農場の話などした。名刺を切らしてしまったので、それならと恋鎖のポスターをあげた。ここにきてやはりA2のポスターは使い勝手がいい。久々に細谷さんにもあった。にこやかに若い細谷さんはマスクをしている。
風邪だ。最近みんな風邪を引いている。気をつけて!風邪にはネギです。だまされたと思ってネギを千切りにして思い切りマシマシ食べてみてください。喉と鼻にネギが直撃して次の日すごいっす。
そんなこんなでエンモタケナワ。素敵な出会いの場。
練馬でウズマキさん等と別れ、コンビニでタバコを買って帰宅。

 で今、日誌を書いています。
前に書いたのは半月くらい前でした。
それから今まで何で書かなかったのか、というと、単純に時間が無かった、ってわけなんですが、
時間を削ったうちのひとつ、西條組新作「お前に雨は降ってない」がもう完成間近です。
ホントは一昨日完成予定だったんだけども。あともうちょっと。
やっとそれなりの形になってくれた感じがします。
しかし学生服の出てくる映画ってコッ恥ずかしいねぇ。もう二度と作らん。
先週再び星野君がカメラを届けに仕事先まで来てくれたりした。
僕は従兄弟の結婚式があり、週末帰らなければならず、受け渡しの時間がもう僕の仕事の休憩中しかない、ということになり。星野君も予定があってこれを逃すとあと1週間2人の予定は合わないということで。そんなわけで。
家に帰り早速つなげて素材を取り込む。取り込んで編集する。
そして実家に帰る。

 従兄弟の結婚式。
小さい頃から知っている従兄弟は3人兄弟の長男。
他2人はお姉さんで既婚。子供も2人いる。
体格のいい従兄弟は衣装もすさまじく似合い、中身も見た目も頼れる男である。
お嫁さんも綺麗な人で映画作っている人達の中にいるとすっかり忘れてしまいがちな、落ち着いた良さ、を体現している。まさに体現している。お嫁さんてこうでなくちゃいけない。いやいけなくはない、こうであってほしい、と思わせるくらいすばらしい結婚式。
なんだか非常に感動してしまい、だってねえ、小さい頃から知っているのが結婚とか言っちゃってるわけですから、と書いている今もグッときてしまうけどもさ。グッとくるからもう書けないけどもさ。

 そんなわけで帰ってきてからは持ち込み用の企画を書かねば、
と書き、編集もし、とりあえず一区切りつくまであと少し。

 11月18日(土)に
第16回TAMA CINEMA FORUMで「恋鎖」が上映されます。
昨年はコンペ参加でしたが今回はプログラム参加で「お散歩」や「猫目小僧」等と同時上映です。
「恋鎖」だけでなくこの映画祭はホントにすごいプログラムが低価格で見られます。
チラシゲットしたら見てみてください。
これだけみて、この値段は安いぞおい、と隣の人に言いたくなる映画祭ですよ。
しかもゲストがかなり来ますし、プログラムも著名人のコメントが多数並んでます。うわすげえと思いますよホントに。18~26日まで開催してますんで!

 ということで、昨日井川さんにも
井川さん「企画持ち込むんなら早目がいいぞ」
と言われたので早めに作って早めにアタックします。
次は何時撮るんじゃろう。
まずは「お前に雨は降ってない」をお楽しみに!
あと今週末僕の母校、日本大学芸術学部の文化祭が開催されます。
今年は、全部所沢でやるのかな?なんかそんなような話を聞いていますが、詳しいことはわかりません。誰かに聞いてください。石を投げれば日芸生に当たるんで。
あと同期の保坂君が一時帰国するらしい。保坂君についてはまた今度。華麗なる飛行機野郎なんです。

2006年11月07日

今日は嵐らしいね

西條です。
連休を超えて、なんだか今日は嵐らしいね。
風がビュンビュン吹いています。窓に打ち付ける風が強烈で今にもパリリンと割れそう。
ドキドキしていますよ。人生にドキドキって必要ですね。
そんなわけで、西條組作品「恋鎖」が
18日(土)にTAMA CINEMA FORUMで上映になります。

 昨年はこの映画祭のコンペティションにノミネートし、
高橋監督から賞を頂いた。売込みをして、9月に劇場公開。
たくさんの方々に見てもらえた本作。一回り大きくなって凱旋上映である。
と自分では思っています。イエぃ。
お昼過ぎくらいの上映なので食事を取ってから見に来てください。
伊刀監督短編「渦中のひと」松田監督「お散歩」井口監督「猫目小僧」
「恋鎖」はその合間、「渦中のひと」と「お散歩」の間に上映されます。松田監督は他何本か上映となるらしい。コレは見逃せない!!!!

 まあしかし、
西條の作品ばかり上映してもなんだ、あれだ、よろしく無い気もするのでね、いや、もったいない気がするので、とにかくチラシを見つけたら手にとって見て。プログラムが尋常でないから。
やっぱり間違いなく混雑するのは「起動戦士Zガンダム1,2,3」と富野監督×福井さんのトークでしょう。これが全部見れて前売りだと1200円。ですか!みたいな!って感じで!
とか、いろいろ。チラシを手にとって開いてみれば、間違いなくお得極まりないと思うはずです。
そんな中、やっぱり「恋鎖」の上映の日だってお得なのさ。なぜかって「恋鎖」が面白いから!・・・
8ミリ映画特集もかなりお得です。福島監督の作品もやるし川野監督のもね、「あのコがいねぇ」も面白そうだし、長崎俊一監督の「闇打つ心臓」の、8ミリ版やりますから!すげーこのプログラム。。。書いてて思うもんねすげー。。。1200円かすげー・・・

 で話変わって西條組新作「お前に雨は降ってない」ですが
やはり関係者に見てもらわないと完成にはならない。見てもらって感想ではなくアドバイスをもらわねば納得しない僕なのだ、っていうか、心配なわけなのです。ドキドキですよ。人生にドキドキは必要ですね。深刻だとストレスになりますが。
規模の小さい短編なので、試写は家庭用テレビでやろうと。つまりは僕の家なんですが。
今日の夜に見てもらってちょっと意見を聞こうと思います。
来月の融解座で初上映かなぁ。
音がね~まだうまくいってないところがあるんだなあ。さっき自転車乗っててああ、あそこに紙の音を足せばいいのかと思いつき、漕ぐ速度が速くなった。危ない。嵐だ。

 昨日カメラの返却でまたも星野君が
僕の仕事の休憩中にやってきて、カメラを持っていった。
その際にあれこれ圧縮形式について話をする。いろんな圧縮形式がありますが、
何が一番作品に見合っているか、なかなか試行錯誤が必要で。そんな知識無かったわけで。
今から少し圧縮を試してみます。う~ん、動画編集って奥が深いねえ。

 そして仕事仲間と、西條が最近考えている企画について話す。
たくさん考えてはいますが、最近はその一つに何かと話題の「いじめ」がある。
しかし僕はいじめな映画が嫌いだ「ロックアップ」とか。腹が立つ。見ている最中見ていることしか出来ない自分でいるのが無性にいてもたってもいられない。いじめっこがぶっ飛ばされてもなんか納得しなかったりする。
そのおかげで僕はジャッキー・チェンの「クーロンズ・アイ」を一回しか見ていない。
ジャッキーがいじめられるシーンが以上に腹が立つので。しかしカンフーアクションとしてはおそらくジャッキー史上最高だろう。と僕は思っている。特に鉄パイプのアクションは神業である。アパアパ叔父さんはメチャンコに強い。やられっぷりもすごい。マギー・チャンもよくやったと褒めちぎりたい。しまった、いじめとは話がずれた。まあいいや。
とにかくジャッキーは最高なので見る機会があったら見逃さないで下さい。
DVDのジャケットどの作品もかっこいいよね。そうだよね。
まあ企画なんですが。
ヒーロー物を書こうと思っています。
今の子供たちの一番のヒーローって、誰なんだろうね。仮面ライダーなんだろうか、クレヨンしnちゃんなんだろうか、こち亀だったりして。つまり僕のヒーローはジャッキーなわけです。そんな存在が必要だろう。誰にだって。
コとある度に言ってますが、スパイダーマン2で
おばあさん「子供にはヒーローが必要なのよ」
トビー・マグワイア「・・・」
なんてすばらしいトークがあった。子供には、ヒーローが必要だ。「香港国際警察」でニコラス・ツェーがコとある度に「さすがヒーロー!」と言う。最高なんすけどニコラス・ツェー。
まあそんなわけで、僕のヒーローはアクションスターなんか目指さずに勉強して医者や弁護士とかを目指すべきだとしょっちゅう語っていた。すいません映画監督目指してしまった・・・
いかん。話を元に戻すべきなんだがどうしても元に戻らない。
なんか違う話を書こう。

 今日嵐らしいっすね。
ジャニーズの「嵐」ってキムタクが命名したらしいっすよ。
山に風。ここは都会。壁かもしれない見えないその山は住んでる場所も脅かすけど、ドキドキしますね。
人生にドキドキは必要です。深刻だとストレスになりますけど。

2006年11月09日

ラジオ出演

西條です。
晴天の中、僕は京王線に乗り、かれこれ4回目となるラジオ出演をした。
今度のTAMA CINEMA FORUMでも「恋鎖」が上映となるので
その宣伝と、映画祭自体の宣伝をするべく!聖蹟桜ヶ丘にあるFM多摩へ出発。
ここのラジオ局は大学の後輩がディレクターをしていてDJも後輩。
そんな縁で幾度かお邪魔させていただいているのだ。
前回は10分程度のしゃべりで
その間「恋鎖」を連呼して必死にアピールしてきた。
今回もその作戦で行こうかとも思っていたが、やはり2週間の上映後なので、作品より映画祭のこと。
それをなんとかアピールできないものかと。

 早めに着いて、スターバックスでコーヒーを飲みつつ
時間までMP3プレーヤーからの音楽を聴いてIN。
席に座ってしゃべり始める。
DJのしのきさんはシネマアートンで作品を見ていたので、
「恋鎖」について結構詳しい内容の話が出来た。そしてTAMA CINEMA FORUMの爆裂したプログラムについても語る。やっぱり気の知れた間柄だとリラックスして話すことが出来ますね。
そんなわけで今回は音楽を流すことも無く、目いっぱい話しまくってきた。
映画祭は18日~26日まで。
思いっきり楽しみにしていてください!

 その後、僕は関係ないのだが中継があるということで、
車に乗せてもらい、初めてパルテノン多摩というところに行ってみる。
なんだかすさまくでかい階段があり、その上に何があるのか見えない。
ディレクター「公園ですよ」
公園があるらしいのだが、僕らは行かずにカフェで昼食。
35歳にしてアメリカに行き、ワーナーでAPになった人の話とかしたり、
大学時代の人の話とかしたりして、エビピラフなんか食べながら。
エビピラフってなかなか家で食べませんよね。だから軽食屋に入るとつい頼んでしまうのだ。
一緒に食べているディレクターは後輩で今日が誕生日らしい。
そんなわけでコーヒー180円分くらいおごった。4ヶ月くらい同い年である。

 それから再び聖蹟桜ヶ丘に戻り、
電車にドンブラコと乗って家に帰り、企画を考えるかと思いつつ、ウトウト寝る。
時間が来て、池袋に向かう。
今日はアメリカから一時帰国している保坂君の会おう飲み会なのだ。
で池袋の長いスロープがある飲み屋へ。
久々に会う保坂君は前より太っている。寄る年波でお互い贅肉が落ちにくくなってますね。
彼はパイロット。
今まで観光用飛行機を運転していたが、今年からは国内線を飛ばしているらしい。国内ってアメリカですよ。シカゴからどこだっけな、ニューヨークだったかな。ユナイテッド系列。
大学時代のクラブの同期である。
卒業してから10年。
いろんなことがありましたが何か形にするには10年はかかりますね~とさっきしのきさんとも話したばかり。
集まった皆は一様に頼もしくも勇ましくもありで、僕ももっと頑張った人生送らないといけないなあと反省。
まあとりあえず、18日に「恋鎖」が上映になるので、見に来てください!

 レンタルビデオ屋で「交渉人 真下正義」を借りてさっき見た。面白かった。
これだけのエキストラを裁くのは大変だったろう。いい脚本である。脚本が良くないと映画って良くならないよホントに。

 親戚から米が届き、メチャンコうまい飯を食べています。
鍋の季節ですからお礼に水炊きセットを送ってみた。果たしてうまいんだかどうだかわかんないんだけど。名古屋コーチンて書いてあるから、いいかなあ、とね。

 で新作「お前に雨は降ってない」
昨日試写をして、ついに完成になっています。
自分でも迷っていたりつかめなかったりするシーンがあったりしたからそれを重点的に突っ込んで、
みんなで考えてみた。それぞれ創造はさまざま。議論しつつ最後の音楽をどうするかあれこれ案を出して、すぐにそれを具体化させて、またあれやーこれやー、と話し。
そして着地点を見つけた。
爽快。
やっとこさ完成である。
微調整は後回しで、まあ飲むか!とワサワサ飲んで。
まだ微調整していませんので明日あたりやろうと思います、多分30分くらいで終わってしまうでしょうが。いい~感じだ、いい~感じであるよ今回の作品も。
西條組初の学生服が登場する映画。
その昔1カットだけ学生服が登場するものが2作品ありましたが、今回はちゃんとエピソードになっているのでね。かゆい。青春てかゆい。まあ、力技の作品です。わかりやすいしね、単純な話なのさ。
12月の融解座で上映します。
融解座で上映用に作りましたので、まずはそこから、それからどこぞでまた上映したいと。
「お前に雨は」HPも力技で作っちゃうぞぅ。あ、その前に予告編つくらなきゃ。

2006年11月15日

グリーンのカレー

西條です。
やっぱ考えますよね、いじめについて。
最近は自殺の連鎖とかいって子供から校長先生まで自殺してしまう事件が報道されまくっていまが、いじめと自殺。逃げ場所が死ぬことしかないなんて、、、家出すればいいのに。
とさっき、ある人と話してきました。
いじめってものはいつでもどこでもあるものですが、死んでしまうくらいの代物、なんて、どういったいじめなんだろう、といろいろ周りに話を聞いています。
けども、結局のところ、程度ではないようで。
こいつはホントに難しい。
この前飲み会にいった時も、大学では今、カウンセリング室が大賑わいになっていると聞き、
おお、大体そんなものが母校にあることされ知らなかったけど。大賑わいらしい。なんで大賑わいになってしまうんだろう。
単純に、弱いとか、いじめられやすいとか、そんな言葉で片付けてしまうと大変なことになりそうな気がしますね。

 妙ないじめ話もある。
ある日、いじめられっ子が廊下でからかわれている。
次第にいじめている子のテンションが盛り上がってしまい、いじめられっ子のひざを抱えて思い切り真上に持ち上げた。すると天井が低い廊下だったため、いじめられっ子の頭が思い切り天井にめり込んでしまった、らしい。さすがにおったまげたいじめっ子は解放し心配したが、いじめられっ子は無傷。天井の素材が柔らかいものだったから良かった。その後、あまりテンションを上げてはならないといじめっ子達は学んだという。
こんな話。なんだろう、マナーってものが生まれた、笑い話でもあるし、受験シーズンに突入すれば、ぱったり止む程度のいじめですけど妙に奥が深い話しな気もする。う~ん。「ダブル・タップ」で似たようなシーンがありますね。「ダブル・タップ」は本気で痛そうですけど。
これ以上やったらヤバい、と思えればいいんだと思うね。
いじめっ子はそこまで意識していじめていないんだろう。

 いじめられっこ諸君、嫌だったら思い切りいじめっ子をぶん殴って家から出てしまえ。
ぶん殴るときはかならず自分のこぶしで殴りましょうね。知り合いで高校の時に人を殴った衝撃で、
指の付け根の骨が手の甲の真ん中まで来ている人がいます。
今、その人はとっても元気に仕事をする人気者です。
あと何か発信しようとする人達、明るく楽しくかっこよく新しいものを発信して行こう。
そして僕らはかっこいい大人になろう。ちゃんとした下着を履こう!(by新庄)明るく楽しく新しくかっこよくね。大人は子供の友達よりも、憧れであるべきだと思うのだ。特に男は。

 そんな僕が今一番見たい映画「デスノート 後編」。すいません。
やっぱさ~、男の子だからアクションとかアドベンチャーとか歴史ロマンとか見たいんだよね~、「ガメラ」撮った人の映画とかさ~。
「恋鎖」でラブストーリーを撮った僕ですけどね~見てもらえればわかりますがバイオレンスでもありますから。「お前に雨は降ってない」は男女の三角関係ですが、力技になっています。ドカーンバキーンとかね。自転車レースのシーンはホント頑張ったんだよ。役者が。いや僕だって頑張ったさ!
そんなわけで近くのユナイテッドな映画館に「デスノート」を見に行こうと思っていたが、寝坊。
しょうがないのでスーパーにレトルトのグリーンカレーを買いに行く。

 タイのカレーはグリーン。
だけではないのですが、グリーンカレーは最強に好きだ。
グリーンカレーセットを買ってきて作ったりもしましたが、自分で作るより、レトルトの方がうまいもんだから、もっぱらレトルトを買ってきている。
で行ったんですけど、精肉見てたら普通のカレーを自分で作りたくなってしまい、普通に食材を買うのみでグリーンなカレーを買わずに帰宅。
フウライボウ。
タロットでいうと、愚者ですな。

 そんなわけで食材を買ってきたはいいが、
卵の賞味期限がもう少しで切れそうだったので、スクランブルエッグを作り、キャベツを添えていただく。
カレーは、明日に持ち越しとなった。
こうやってせっかく作った企画がうまく通らなかたりするのかなぁ。とか。
世の中って、うまくいかないね(^^)v

 秋っすよ皆さん。
どこか行きました?紅葉シーズン。
僕は来週行ってきます。どこ行くかは内緒です。あのねのねです。
kakidasi-v1.JPG
お前に雨は降ってないわけです。
そしてありがたいことに18日(土)「恋鎖」がTAMA CINEMA FORUMで再上映です!
今後僕から上映に動くことは無いのでこれがスクリーンで見られる最後になるかもしれないかもしれない上映ですから見るべしべし!!

「恋鎖」
TAMA CINEMA FORUM
11月18日(土)
13時10分~
場所=ヴィータホール(関戸公民館)聖蹟桜ヶ丘駅徒歩2分
駅に着いて八王子方面の改札を出て、左に行って交差点をわたる。
そこらへんでエレベーターに乗れるところがあるので、乗ってくださいヴィータホールまでピューンと。到着すると景色いいっすよマジで。
料金=当日1200円 前売1000円(どこで売っているのかは電話して聞いてください)

この日はTAMA NEW WAVE関連の作品が続々と上映されますんで、ちょっと遠いですけどお楽しみにね!

2006年11月18日

TAMAに行ってきます

西條です。
あれです。すっかり起床時間を失敗し、
なんと夜の0時くらいに起きた。
う~んやはり夜勤はもうそろそろ出来ないお年頃なんだろうか。
帰ってきて「お前に雨は降ってない」のサンプルDVDを焼き、
そういえば、と「日曜日は終わらない」をセットし。
今日のTAMAに備えて寝ようとしたら寝すぎて体調が備えられていない。
う~ん、やはり夜勤がもう出来ないお年頃か、なんで太陽が出てると寝てしまうんだろう僕。

 そんなわけで、
起きたまま本日のTAMA CINEMA FORUMに行ってきます。
「恋鎖」の上映が13:10からありますんでね。
トークもありますんで、久々に松田さんと会うのも楽しみなのだ。新作上映するらしいですし。
夜中、メチャンコ寒くなってきました。
もう布団にはいってしばらくモゾモゾしていないとあったかくならない。
僕の部屋は、幸か不幸か風通しのいい部屋で窓際に布団があるのですが、
だからこそ布団が冷えている。やっぱり模様替えを早急にすべきなのかもしれない。
とあれこれテレビやらなにやら配置を考えていますよ。
21世紀に残したい模様替えにしたいですね。21世紀ですけど。

 机の周りだけはすっきり片付けた。
とりあえず手近なところから。そうすると恋鎖上映の時の資料がわんさと出てきて、
印刷所の資料とか、プレスの資料とかね。歴史を感じつつ、ゴミ箱に捨てる。
捨てるときはバシバシ捨てていかないと自立した生活は出来ませんよ。
 
 その他、相変わらず企画を考えたり。
名刺をプリントアウトしたり。
フリーソフトをダウンロードしてみたり。

 そうやって準備を整えて本日を迎えていますが
僕が何をするわけでもないので、何を一番すべきかといえば、
ヒゲを剃る、とか、忘れ物が無いようにする、といった類のことばかり。
遠足、ですかね気分は。でも昼飯はケンタッキー行くのかな今回も。
素敵に晴れて良かった。
今空は青。
たくさんのお客さんに来てもらいたい。
1年たっての凱旋上映ということで、1年かけて成長したんだなあこの作品も。もう1年たてば、もっと成長するかしら、いや枯れてしまうかもしれない。水あげなきゃ。雨はどうだろう
そんなわけで「お前に雨は降ってない」が12月3日(日)
融解座という西武池袋線江古田駅北口江古田銀座にあるフライングティーポットという
しょっちゅうお世話になっている喫茶店で上映されます。あ、融解座って誘拐映画社というウズマキマキオさん主催の自主上映会です。基本タダで自主映画が見られます。でも喫茶店なのでドリンクは注文してください。あったかいものとか。
「お前に雨は降ってない」はまずは融解座で上映しよう、と思って作りました。
ホントは10月の融解座に間に合って、「恋鎖」の余韻をぶち壊す感じで違うテイストとして当てたかったのですけど、残念なことにスピードが遅く、12月の上映になってしまったわけです。
だけどもTAMAで「恋鎖」が上映になるわけですから。

 カメレオン俳優ってがいるんだから、
カメレオン監督がいたっていいじゃないか。
仕事来ないでしょうけど。
でもね~作家性とかにとらわれて自分のやりたいことを狭めてしまうのは、なんだかナンセンスな感じがするんだよねえ。作風なんて変わっちゃっていいんじゃ無いかと思うのだ。変わらないところは変わらないのだし。変われるところはドンドン変えていこうじゃないかいい天気だ今日は!いい上映になるなこりゃ!
TAMA CINEMA FORUMは開催されたばかりです。
これから26日まですさまじいラインナップを低価格で提供していますので、お近くの方が是非チラシをゲットしてください。絶対お得です。特に機動戦士Zガンダム特集。

2006年11月20日

TAMAに行って来ました

西條です。
18日(土)TAMA CINEMA FORUMに行って来ました。
「恋鎖」の上映はコレで最後となるため、感慨深いですが、感慨深すぎて遅刻。
皆と待ち合わせの時間に遅れた。
上映にも少し遅れてしまい、最初の上映作品「渦中のひと」は冒頭を見ることが出来ず。
監督の伊刀さんに聞いたら冒頭がクライマックスなのだ、と言っていた。
でもクライマックスを見なくても面白い作品。男と女と映画と雨。機会があれば是非見てください。

 そして恋鎖が上映。
僕はその間、多摩川へ向かう。
多摩に来る機会はたくさんあったのに、多摩川に来たのは花火の時だけ。
花火は夜ひらく。だから川は見えない。昼間に行ってみようと思ったわけさ。
会場から近い川に向かうとススキがホサホサと風に揺られ、のどかな多摩川。
土曜だからか人口が多い。マラソンや野球、犬の散歩にいそしむ人多数。
鉄橋を潜り抜けるとアヒルがいた。

 丸々と太ったアヒルが川岸近くに佇んでいる。
水に浮かんでいるのではなく、二本足でドッカリ立ったまま、まったく動かない。
電車がゴトンゴトンとやってきてもまったく動かない。
動かないなあ、、と見ている自分は動けない。
動けなくなりませんか?こういうときって。
見切りをつけて、会場近くに戻り、ケンタッキーでツイスターのテキヤキ味を注文。
鳥と竜巻がタイムリーだったのさ。

 とかなんとかしていると上映終了時間になり、
舞台挨拶をしに会場に行くと、トイレで小口君と会う。
僕のバイト先の知り合いである。
小口君「おお、来たよ、やっとこさ」
西條「でも上映終わってるぞ、なんだよ巨匠の映画を見逃して」
小口君「ええ?なんだって?」
西條「だから巨匠の映画を見逃してさあ」
小口君「ええ?何?」
西條「だから巨匠のさ」
小口君「え?なんだよ」
西條「だからさ」
小口君「え?なんて言ったの?」
西條「なんていったって言うかさ」
小口君「上映終わってるの?」
小口君はなかなかつかめない人で会話に困るときがある。しかしマイペースな彼はこのペースで今まで修羅場を潜り抜けてきた。実はかなりの人気者である。非常に周りに愛されている。うらやましいである。舞台挨拶を5分位するからそれを見ておくれ、
といって僕は控え室へ。

 北田さんにうながされて
ステージに行き、生野君や石川さん吉村君などと挨拶。
来てくれたお客さんは暖かい拍手をくれた。とても感動的でした。
1年経って少し大きくなった恋鎖はけじめをつけた感じだ。
今後はどこで上映されるんだろう。
その前に自分も作品同様少しは大きくならないといけない。その時にきっと上映されるんだろうなあと。
それが理想的かな。どうにもならなくなって上映くらいしかできないとかならないように頑張らねば。

 それから松田さんの作品を一気に3作上映。
すごいですねぇ、さながら今日は松田彰上映会である。
それから「猫目小僧」の上映。
この作品は脚本を書いた安田さんがTAMA NEW WAVEで受賞した経緯があり、本日上映となった。
あのね。とても面白い映画ですよ「猫目小僧」

 梅図かずお原作で「クルシメさん」の井口監督。
円谷の作品です。非常にギャグが豊富で気の聞いた台詞が多数あります。
山のほう向いて飲もう。とか。
一昔前の雰囲気を持っている。メチャクチャ懐かしい。
それはメトロに乗って昭和を描いたものとか、子供の頃の夢とか、そういった類の懐かしさじゃなく、
映画として懐かしい描き方をしているということです。
自分でもびっくりしましたが宮崎アニメを思い出した。特にナウシカやラピュタ。
テラ戦士BOYとか思い出した。そういった雰囲気なんすよ。Mr BOO!とか。
ちょうど描きたいヒーロー物だったりもしたので、僕にはかなりヒットしましたね。
上映後、一緒に来た彼女に声をかけると、彼女も爆発的にヒットしたようで、ハンカチで顔をぬぐっている。つぶやきシローも竹中直人もとても良かった。子供の演技もとても子供らしく、ヒロインもかわいい。猫目小僧がちょいデブという設定もいい。回りくどく作りやすい僕の中にも、こういった単純で気の利いたものを求めてしまう自分がいるようで。いるのですよ。

 飲み会では伊東さん、石出さんと話し、恋鎖についてあれこれ話す。
お2人ともきにいってくれたようで。いい~お客さんだ~とお酒も進む。
TAMA実行委員の面々も寒い中、大変熱い。愛ちゃんにはホットな出来事があったようで。抱擁。

 帰りの電車は方向が一緒の北田さんと帰る。
少しの間ぶっ飛ばしてくれる映画がいいっすよね、とバック・トゥ・ザ・フューチャーの話になったり。
未だにバック・トゥ・ザ・フューチャーの話で盛り上がるんだからあの映画ってホントすごいよね。
あの映画は最後に「未来は白紙だ」とドク博士が言う。
昔は白紙であることに希望を見出していましたが、最近は白紙であることに不安を感じたりもします。
白紙なんだけど白紙じゃないように思っているのかな、年金がもらえないかも、とか。うん、話が違うや。
そういうことじゃない。まあ地道に頑張りますよ僕ぁ。

 家に帰らず、直通で夜勤のアルバイトに向かう。
お好み焼きを買って食べて、仕事であります。体調が崩れ気味なのでネギを食べました。
ネギ、利きますよ、風邪に。
雨降り、メチャンコに寒い、さすがにもうだめだと今、エアコンつけた
ら久々にブレーカーがパチーンと上がった。
ウチはね~、メトロに乗って到着しそうな集合マンションなのでアンペアあげたくても個別にはあげられないのですよ。住人全員の家を工事しないといけなくなるので。
そんなわけでガスに移行しようと考えています、が、ガスファンヒーターとかもコンセントがやっぱり必要なのだろうか。電池かな。
ガスで明るく、ちょっといい未来を創造しています。

2006年11月25日

箱根に行って来ました

西條です。
箱根に行って来ました。
箱根ってのはあれですよ、神奈川県にある温泉場です。
一泊旅行。
準備って言うより温泉入るだけなのはもったいなから他何しようかどうか、
とあれこれ調べるとまたすごく面白そうな場所だったもんで箱根。ロマンスカーに乗りました。

 箱根湯本の駅に着き、
すぐにバスに乗って、まずは仙石原というススキのたくさん生えているところへ行く。
すでに旬は過ぎているのだが、ポツポツと穂をゆらししているススキもなかなかいいもんで、
一直線に伸びた道をテクテク歩きながらススキを眺めていると
一気に歳取った気にもなりますが、すっかり頭から東京が抜け落ちても行く。
なんでこんなあたり一面ススキなんだろう。

 で再びバスに乗り、今度はラリック美術館へ。
ラリックというフランス人が作ったガラス工芸品美術館です。
期待以上に面白いところで1時間くらいで帰ろうと思っていたが、2時間以上いた。
ありがちなポストカードを買ってしまうまでに至る。4枚も。自分用に。
小さいブローチとかすごい。どんでもなく細かい。かなり綺麗。
5センチにいかないブローチのデザインに、ちゃんと奥行きを出している。
こんなの作る人がいるのかと。自分に出来ないことしている人に出会うと興味がわきますよね。

 それから宿に入り、室内温泉につかり、食事。
箱根って温泉街ですけど、僕が泊まったのは、こじんまりとした宿で木造の古い作り。
落ち着いた部屋に川の流れと露天風呂ではしゃぐカップルの声が薄く聞こえる風情ある宿。
卓球とかあったってどうせやらない僕である。何にも無いに越したことはなかったりする。
チェックインが遅かったので食事をしてから貸切露天風呂に入る。
さすがにコンタクトレンズして入った。見たいもんね雰囲気。
小さいな滝や、カエルの置物があったりして。ずっと浸かっていたかったが時間制ですんで、
すんなり上がり。次の日起きて、また入った。

 ヘルシーな朝食後、バスに乗ってガラスの森美術館へ。
いたるところに喫煙所があり、喫煙者には居やすい環境。
おみやげ物が激高。なものから手に届きそうなものまで充実。
ラリック美術館でも思ったけど、ガラスって不思議ですね。綺麗で、妙に妖艶である。
そんでガラスとはまったく関係ないんだけど、
この日はヴェネチアの仮面祭りの写真展をしていた。
仮面をつけておどけたり、ポーズとったりの人達。なんだかすごくかっこいいし。雰囲気あるし。異世界というんですかね、異人というか、宇宙人じゃなく。顔を覆っている仮面は無表情なんだけど、目が人間の目をしているのでそう思うのかな。
お土産屋に売っている仮面の値段を見ると、4万円とか。
都の決める宿泊料には若干足らない。芸術のためならすぐに買えるはずだ公費で。僕にもください。
デイル・チフーリというリビングトレジャーが作った作品も展示されていた。
展示品より写真のチフーリさんのはっちゃけっぷりに目を奪われる。チフーリさんがカメハメ波を撃っていた。芸術家ってその人自体が絵になりますね。

 それから強羅公園までバス。
箱根美術館の隣。箱根美術館が一番紅葉がすごいと聞いていたのだが、時間も無かったので、
隣の強羅公園を散歩することしたのだ。
ここの紅葉もすばらしかったが、とにかく寒い。寒い、寒い、えらやっちゃ寒い。
息が白い。
紅葉が向こうにそびえる山々の紅葉とも相俟ってすばらしい秋。
バラ味のソフトクリームとか食べた。バラの味がした。バラ食べたことないんだけど。

 坂道をくだり、強羅駅から登山電車に乗って箱根湯本へ。
再びロマンスカーに乗り、新宿に着くと速攻でバイトへ向かう。
そんな小旅行。とても充実していた。今度は兼六園とか見に行きたい。
この時期に行って良かったです。
雪の季節はそれはそれで楽しめるけど多分移動が思うように行かなかっただろう。
秋の色。今年も満喫でした。
そんであと1ヶ月でクリスマスですな。

2006年11月29日

断水の後携帯がつながらない迷子

西條です。
さっきから携帯がつながらない。
ドコモっす。Iモードにさっぱり接続しません。
朝は接続できたんだけど、10時半くらいから今までまったく接続できない。
おかげでメールを送ることも受け取ることも出来ない。
やはり、変え時期だ。しかし「恋鎖」上映の前にプランを変えており、
今携帯メーカーを変えると違約金とか発生する3000円くらい。
キャメロン・ディアスが楽しく通話しているからなあ、迷うなあ。
というわけで、今も試してみましたが、やはり繋がらない。FOMAの野郎・・・
何か用事のある方は電話ください。電話だったら、多分大丈夫だと思います。

 月曜日に吉村君がうちに来て
恋鎖のDVDを取っていった。相変わらず焼き鳥とパンを買ってくるのだが、
相変わらずうまい。セブンイレブンの焼き鳥ってうまい。
スナックパンではなく、クリームパンを買ってきた吉村君と共に、あれこれと近況を話し、
ワハワハ笑って模様替えの話なんかもして、とりあえず、西條組新作「お前に雨は降ってない」を見てもらった。この映画は西條組前作「恋鎖」とは対照的にストレートしまくった作品で深みもヘッタクレもないのだが、それはそれで楽しんでもらえたようで。いい~お客さんですね吉村君!

 西條組作品には学生服と海が出てこないので
そろそろ、っと今回は学生服を出したのですが
まああれですね、この歳で学生服って笑っちゃうので、
多分学生服映画はもう撮らないと思います。から貴重ですよ。僕としては。
若さゆえのいっぱいいっぱいさを出している本作は今度の融解座で上映されます。
多分今回だけじゃなく、年に一回くらい上映します。上映したい。
だって融解座で上映するために作ったので融解座以外の上映を一つも考えていませんから。
配る。とかね。そういうこと考えてます。

そんなわけで告知
12月3日(日)
西武池袋線江古田駅北口下車江古田銀座方面に歩いて踏み切りを渡らないで右に折れて少し行ったところの地下にある喫茶店フライングティーポットで月に一回開催される自主映画上映会「融解座」(←クリックでHPに飛びます)にて、西條組新作「お前に雨は降ってない」を上映します。
時間
多分18時くらい(HPの上映順番の並び順を見るとそんな感じ)
かなりフランクな上映会です。
融解座スタート時間の17時頃からいるといろんな自主映画が見られます。だから17時くらいから遊びに来ると、いいんじゃないかな!
料金
無料(喫茶店なので1ドリンクは頼んでください500円くらいです)

 喫煙しつつコーヒーとか飲みつつ鑑賞会といったところですね。
とんでもなくフランクな上映会なので、あんまり気合を入れてこないでください。
適当イズベストな場所です。自主映画を一度も見たことが無いという人なども、是非是非。
つまらないものから、激烈に面白いものまで幅広いです。そして映像を身近に感じてもらえるでしょう。

 まあそんなわけで「お前に雨は降ってない」の予告編も作ってみました。
こちら→ (T_T)/
まああれですよ、だいたい25分の作品でうまい予告編作れったってムズイっす。
全部見せなきゃいけなくなっちゃう。まあいつものてんこ盛り系監督が作った映画だなと思っていただければ。
青春映画です。あと僕は雨が嫌いなので、作ってみました。

 雨大嫌いな僕としてはここ最近の雨にはしてやられている。
雨自体が嫌いというよりも雨の降っている日が嫌いなのかな。
ろくなことが起こらないのだ雨が降っている日は。タンスの角に小指ぶつけたり。鍵がうまくドアノブに入らなかったり。すげーイライラすることが重なっていくのです。なので動かないのが一番。
でも予定が重なり、月曜日は雨だったんだけど急遽、石川さんの演劇を見に行った。この日しかないやと思ったから。
そんで椎名町までいって石川さんが出ている演劇を見、
帰るその道で迷子になった。
行きも迷子になったのだが、帰りもですよ。
目白通りと新目白通りの交差する山手通りあたりの交差点で、東西南北がわからなくなり、とっちが朱雀方面でどっちが玄武かしら、とマックとオリジン弁当を交互に見てもわかるわけ無いので、とりあえずこっちが青龍方面かな?と行ったら白虎だったらしく。。。また戻って南極はこっちだろうと走ったら白クマがいたりして、また戻り、まあとにかく迷った。明日はどっちだ!と走ったらやっと家に着いた。すぐにバイトへ向かう。

 バイトから帰り、本日の夜中に断水となること知っていた僕は
そのまま起きていることにする。家の近くで水道工事があるから断水しますと告知されていた。ポスティングで。井川がヤンキースってのはびっくりだね。
なので、事前に知っていた僕は帰宅後、一睡もせず新しい夜を向かえ、真夜中の断水を回避するべく寄る10時過ぎには就寝。
起きて大変体調がいいことに気づき、カーテンを開けると快晴。
よ~し、洗濯だ!
とコインランドリーに行き、
チャンチャリンとコイン×入れてスイッチを押したら洗濯機が変な反応。
普通金額のところには「200」と表示されるのだが、「888」と表示されてまったく動かない。
なんだ・・・666じゃないけど、ぞろ目なんて不吉じゃないか!しばししたら表示が「100」になった。
なんだよぅ。200円入れたつもりが、100円しか入れてなったってことだなきっと、ともう100円入れてスイッチを押したら「888」なんすかぁ?!?どこだ管理人出て来い!見回してもお問い合わせ番号は無く、数字といえば怪しい人を見かけたら「110」のみ。しょうがないので、横の酒屋に行き、
西條「すいません。コインランドリー管理している人知りませんか?」
酒屋「蕎麦屋」
コインランドリーの横にラーメン屋がある。多分ここのことを言っているのだろう。
西條「すいません、洗濯機が動かないんですけど」
ラーメン屋「うん。すぐ行くから待ってて」
待っていると、ジェルでバリバリ固めたラーメン屋店主が鍵を片手にやってきた。
洗濯機を叩いたり斜めにしたりして、ほんとにそれで直るのだろうかと思うアクションを繰り返し、
とりあえず中から300円を取り出してくれた。
返却後、やれやれと隣の洗濯機を回す僕。その横に「故障」と書かれた紙をガムテープで止める店主。
お店の経営って大変ですよね。

 家に帰り「お前に雨は降ってない」の予告編を再編して、
ここにあげようとジオシティーズHPを立ち上げたら、無料になったHP作成ツール、ジオクリエーターが起動しない。どうもIEを7にしたら使えなくなってしまったらしい。しょうがないので他のブラウザ、Operaってものをダウンロードしたんだが、ジオクリエーターは使えない。う~ん、キャメロン・ディアスは楽しく通話しているのに。
めんどくさいのでIEを旧バージョンに戻すのは後にします。とりあえず予告編見ておくれ!
そして12月3日の上映に見に来てもらいたいのだが、あんまり無理はしないでくれ、なんせ30人も入ったら大混雑になってしまうので。まあまた次回、必ずやりますから。お暇な時にね。あと「恋鎖」とは全然違うテイストなので、期待しすぎないで下さい。「恋鎖」がつまらなかった人は期待して下さい。直球勝負以なんで。井川が30億でヤンキースですわ、すごいね~

About 2006年11月

2006年11月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年10月です。

次のアーカイブは2006年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.