« 「恋鎖」でトーク | メイン | 「恋鎖」9日目終わる »

「恋鎖」残り一週間

西條です。
金曜土曜と、上映中もトークについて考えてみたりしました。
やっぱりお客さん全員の聞きたい事を網羅する事は無理だけど
それでもなんとかね、考えなきゃと。
こちらが伝えたい事やそれぞれの立ち居地に付いてをメインに
質問時間も若干設けるかもしれません。
14日のトークはどうも方向性がピンぼけていたようで、すっかり上映後に求められていた事とは違う道を目指してしまったようだ。あれはあれで楽しかったという意見もあるけど、なんなら違う形を模索する機会、ですんで18日はちょっと落ち着いて話そうと思います。

 そんなわけで金曜、土曜と、「恋鎖」上映。
土曜日はテレビで「電車男」がやっていたので、かなり苦しいかな、と思っていた。
そんな@DEEPな中で「恋鎖」を見に来てくれた方々、ありがとうございます!
久しぶりに会うコンタさん。
コンタさんは名前からして必ずバービーボーイズの人じゃないの?と聞かれてしまうのだが、
バービーボーイズの人ではない。北海道出身のモデルから俳優に転身したマッチョマンである。
「恋鎖」では佐久間の先輩弁護士を演じた。この役柄は僕が大好きな役である。西條組前作「アスリート」のなごり的なこの役は、いざという時頼れて強い先輩らしい先輩、のつもりで描いた。
コンタさんとも話しをしたかったが本編を見たいと会場に入ったので、あまり時間が取れず、若干遠いところに住んでいるのでちょっと引っ掛けてはいけなかった。また今度!

 上映前にシネマアートンのデザイナーの方々に会う。
気さくなデザイナーの方々。どうして最近デザインをやっている人達に会う機会が多いのだろうか・・・
ホント多いんですよね。イベント行っても友達紹介されても、デザイナーが多い。デザイナー自体が多いのだろうか。じゃなんで今まであんまり会わなかったのかしら。やっしーも来てくれた。
とかそんな事を話しながらシネマアートン下北沢前に新しく出来た焼き鳥屋さんでレバーを一本買い、
ハイネケンを注文してアレコレとチラシ作成や展示企画等についての構想等を聞く。皆さんいいアイデアを沢山持っている、そして実現する気でいる。

 金曜日は西條組前作「アスリート」に出演した浜田さんとみえこさん。
「ラストサムライ」で合戦に参加した原田さんが応援しに来てくれた。
原田さんはお祝いだからと一杯奢ってくれた。前に会ったときも凄くいい人だったけど、
いい人っていつまでもいい人なのかしらと。奢られたから思うのではなくその気さくな振る舞いからそう感じでしまう。監督もしている人で、次回作の企画を聞いたが結構面白そうだ。期待大!

 お客さんとの会話で、いろんな感想を聞く。
もちろん作品だから印象は様々。
感覚に正しいも何も無いのでホント素直に感じたままを持ち帰って欲しいと思ってます。

 そんなわけで最近の上映は
応援に駆けつけてくれる西條組関係者が多く、支えられてる感を持たざる終えない。
ここにたどり着くまでに結構長い年月を重ねてきたんだなとも。
「恋鎖」一週間と書きましたが、今日入れても一週間無いんだな。
あと6回の上映か。
おー・・・
6回ですか!
雨にも負けず、風にも負けず、あと6回の上映。
上映期間中のほうが暇だろうと思っていたのに全然そんなことなく、なんでだろ?とにかく最後までひた走りまする!
台風が迫っていますが今週の平日は晴れそうですね東京。

コメント (2)

aiai:

晴れていただきたいですね!

私もあの先輩弁護士、大好きです。(2回目鑑賞あたりから)
「パプニングバー行くか。」という言い方が妙におかしくて、ククク。という感じだったのですが、先日ニュースで「都内のパプニングバー摘発。」ということが報じられ、『恋鎖』のことを思い出した次第です。
どこにスイッチがあるかわからないものですね。(笑)

西條:

晴れますよキット。そのぶん今降っている・・・んじゃないかな。タイムリーであるよいやいやぁ、逮捕された方にはあれですけど。どこにスイッチがあるかわからないねえ。
昨日も佐久間のシーンから映画に入っていったという人がいた。地味なエピソードだけど、リアルさは一番だからかもしれないね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年09月17日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「恋鎖」でトーク」です。

次の投稿は「「恋鎖」9日目終わる」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.