« posuta- | メイン | 「そして、一人きり」の頃 »

130枚がハケる

西條です。
先週今週と、「恋鎖」の宣伝活動真っ只中、まっしぐら。
あともう少し、上映までもう少しであります。
もう少し時間が欲しいとも思いますけど、果てしなく続いてもらっても困るとも思うわけで、
でもこの活動を通していろんな人に出会い、いろんな人の心に触れて、着実に自分も成長している、
というか変わってきている、と久々に会う人々に言われます。
変わるって言う字は、恋って字に似てるね、なんてね。そんな歌もありましたーねー

 そんなわけで、130枚のポスターが
なんとハケた。
でも手元にはまた1枚残っている。これは、僕用で・・・記念品と言う事で。まあいいじゃないの。
下北沢、吉祥寺、ギリギリまで迷って高円寺に向かい、
お店の方々に頼んで貼りまくった。
最初高円寺の街を散策したときは、雰囲気が今まで違う感じがして、
難しいか、と三軒茶屋に向かう事を考えたが、
途中伊藤さんが参加し、一気に突撃体制になった。
本日参加の松田君と共に二手に分かれてバシバシ貼っていく。
いい街高円寺。
途中「東京失格」のポスターも沢山観る。
「東京失格」公開中です。シネマアートン下北沢で。

 ポスター突撃隊はその後、
ゆーさんと待ち合わせて飲み会になる。
久々に会うゆーさんから先日の舞台の話しを聞き、
世知辛いなあ、そしてゆーさんも大きくなっているなあと。
ゆーさんも宣伝に参加。あ、ゆーさんて「恋鎖」で医者の役やった方。
予告編にもナイスな感じで出ています。更に店を買えて飲む。伊藤さん、英語しゃべれるのね!
本当に今回の上映を楽しみにしてくれている人といるとうれしいもんだ。
伊藤さんを見送り、帰り際ゆーさんと握手を交わす。
なんともいい感じで今日は終わった。行きの荷物はすっかり軽い。ポスターを縛る輪ゴムも2週して止めていたのが今は3週しても余裕がある。
こうやって作品は徐々に手を離れてゆくのだ。と。

 先日、BLACK BURSTというイベントに参加した。
桜井さんに連れられて参加したアートイベント。アーティストが集い、
パフォーマンスやライブ、展示などをして、飲みながら楽しむ、という融解座の豪華版という感じのイベント。僕は「恋鎖」の予告編を持って参加した。
普段映像はやらないらしいが、今回は特別に、桜井さんが根回ししてくれたのか、OKということで。
で行ったんだが、凄まじい人数のお客さんがいて、尚且つ席が埋まりまくっている。
全然座る場所が無い。
しょうがないので、受付に佇む青年に声を掛ける。
西條「いや~もりあがってますね~」
青年「ええ、僕はこのあと通訳やらなきゃいけないので凄く緊張しているんですけどね」
ショータ君という人。いきなりバイリンガルに声を掛けてしまったのか、と。
良く見ると会場はインターナショナル。なんか、凄いところに来てしまったなあ・・・

 これはどうしようか・・・
とにかく輪の中に入らせてもらわなければいかん。とりあえずビール頼もう。
でカウンターで待っていると僕の後ろに人が並んだ。
西條「いや~僕初めてきたんで誰も知り合いがいないんですよね、席もないんですよねアッハッハ」
その人「そうですか、僕も初めてなんですけど知り合いがいるんで紹介しますよ」
で連れられて席に座らせてもらった。
目の前にいたイラストレーターの方はパッと自分の作品を見せた。
いきなりの実力者で目を見張る画の上手さ。
その人2「あたしね、背景は自信無いんすよ~」
とそこらへんからドンドン話し始め、やがて席を移動するまでになった僕はいたるところで「恋鎖」のチラシを配った。

 とにかくいろんな人がいて、
見せてもらう作品すべてのグレードが高い。
創作の精神性を語らない。次のステージの人達だ。すっかり技術とセンスに魅せられた。
パフォーマンスも迫力があり、バリダンスも、お笑いのステージもあった。
また出てくる料理も上手い。「ななかまど」というお店。代々木です。宜しければ是非。
インターナショナルなのでニュージーランドの方とも話しをする事が出来た。
なんと長野県にいたらしい。おお・・・小諸だってさ。
写真本の出版を控えた人も、建築会社の人も、元配給会社の人もいてとにかくいろんな出会いの中、
「恋鎖」の予告編を上映させてもらった。
声が静まっていく会場の雰囲気に、ここでPRせずしてどこでする、と作品についてアレコレと説明。
司会の方もうまく質問を投げかけてくれた。

 その後もライブが続き、
やがて終電の時間を前にがやがやと人が去って行く。
僕も会場を出て電車に乗る。桜井さんとミヤタさんに感謝します。また来月もやるそうなのでBLACK BURST覚えておいてね。

 そんなわけで、いよいよやる事が無くなってきてはいます。
頑張ってね、と、ご苦労さん、の声を聞けなくなるのがちょっと寂しい。
絶対行くね、と言ってくれた皆さん、絶対来てね。

 昨日の月は三日月でした。稲穂じゃなくテレビアンテナ達の向こうに見えた。
トンボに連れられて秋が歩いてきている。
白い団子、食うか。

コメント (4)

ミナスケ:

130枚はけ、オメデトウございます☆
あぁぁぁ、これを読んでいると、益々観られないことが残念でなりません…。
というか、そのイベントに死ぬほど行ってみたかったっす…。
けれど、西條さんの文章で、疑似体験できたので、とても刺激を受け取りました。

西條:

かなりいいイベントでしたよ。
毎月やっているらしいので、今度一緒に行こう!
融解座にも興味あれば是非来てね。
上映来週だから緊張して眠れませんよ~
そして変な時間に寝ちゃうのよね。
ニントモカントモですぜ。

けづかしゅんた:

やりましたね!
きっと大成功間違い無しです!!

遠い国から応援してます!
・・・
ということで、日付的に明日、2日から「東京失格」が終わり次第、ロスに発ちます!行ってきます!
で、帰国日なんと、22日。。「恋鎖」楽日。
席空いてるといいんですけど、、、行くのギリギリになっちゃうかも。
22日、見れなくても行きますんでそれまで2週間頑張ってくださいね!
公開中の作戦としては、下北の駅前で、看板とか持って、ビラ配ると、アングラな街だけあって、案外効果ありますよ。
では。

西條:

おお~
行っちゃうのか~

行って来い、いろんな経験が君を待っているまずだ!
絶対に何かを得られると思うから、興味持ってアタックしてきてね。

22日、待ってるぜ!
お土産はキーホルダーにして!最近カギにつけてたヤツが壊れたんだ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年08月30日 09:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「posuta-」です。

次の投稿は「「そして、一人きり」の頃」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.