« あやうい | メイン | 新しいカードは肌色 »

デスノートの説明文は英語

西條です。
役者「どんな役が来ても対応できるように、髪の毛をずっと伸ばしているんですよ。キアヌ・リーブスみたいに」
西條「じゃあ、今回の役のために坊主にしてもらえませんか?」
役者「それはちょっとねえ」
なんて経験ありませんか?
僕はあります。

 もうちょっと穏やかに髪切り依頼を断られた事があり、
理由として、髪の毛の長い役のオーディションが控えている、というまっとうなものであった。
「恋鎖」の拓真さん役にはそんな経緯があり、最初は上野さんにお願いしたのではなかったのだ。
上野さんには他の役を考えていた。しかし拓真君役は断られ、考え直すと上野さんが合ってるかな
と、お願する。キャスティングはバランス。演技やルックスの良し悪しでは一概に決められないのだ。
上野さんのおかげで物語終盤の祥子さんとのシーンは気合十分の迫力あるものになった。
上野さんのまっすぐな演技に対する姿勢はすごい。
あの迫力ある殴り合いは、祥子さん役の清水さんが初めて相手にリードを任せたシーンである。
キスシーンはかなりのカット撮りましたね。
ジョン・ウーみたいな感じにしたかったが、使用したのは1カットのみでした。
編集って作業があるおかげで作品は完成という形を手にするのだ。

 そんなこんなで「デスノート」見て来ました。
金子修介監督・藤原竜也主演、死神共演・少年ジャンプで連載していた漫画が原作。
予告編の普通さと、企画のキャッチーさに触れ、楽しみにしていた作品である。
最近映画宣伝ばかりで映画を見ていないもんだから、見るぞー!としないと見れないのよね。
でユナイテッドな映画館の上映時刻を調べたら、
21:45開始。
おお、レイトショー。「恋鎖」もレイトショーです、全然関係ないですけど。

 でまだまだ時間に余裕があるな、と思いつつ、食事を作りながら
シネマアートンに電話したりしていたら、某サイト様から電話があり、
予告編を流してくれるという。金曜日午前中必着で送って欲しいとの事。
ありがとうございます。

 「恋鎖」の予告編は
劇場用の1分30秒バージョンと、ネット用の2分バージョンがある。
恋鎖HPで見られる予告編は2分バージョンね。
出来れば長いほうをお願いしたいけど、そんな贅沢言ってられないかと。
しかし頼んでみるくらいはいいかな、でも時間も遅いしなあ、と。
miniDVに2つのバージョンを入れて、出来れば2分の方でお願いしますとメールする。
その作業に結構時間を食ってしまい、
「デスノート」上映開始時刻に間に合うかやばくなってしまった。
ああ、なんでこう僕は作業速度が遅いんだろう。その割りに何一つカンペキに出来たものが無い。
と残念がりながらも自転車を走らせる。「デスノート」には友達が3人も出演しているのだ。

 ユナイテッドな映画館は
いつものユナイテッド、らしくない様子。込んでいた。
「デスノート」かなりの人気。レイトショーで終わるのは0時を回ってしまう、絶対地元民しかいないのに、
結構な込みようだ。恋鎖もこのくらい入ってくれればと、願う。
「デスノート」冒頭は最近の日本映画らしく凝った作りでかっこよく始まる。
それからは非常に普通のカメラワークとシナリオ。
しかしそこに死神がフレームからはみ出るくらいの大きさで存在していることで、かなり微妙なリアルさを出す事に成功している。
”L”という藤原竜也と退治する青年が出て来るんだが、甘党で凄い。
チュッパチャプスでコーヒーをかき回したりする。
僕にこの役のオファーが来たら死んでしまう。甘いの苦手なのだ。どうしよう、”L”やってくれとオファーが来たらどうしようどうしよう!

 と完全に映画の世界に入ってしまい、
見終わった後は「ふぅ、面白かったぜ」という感想。
没頭出来る映画って好きですね。
しばらくは
「コンソメ味は僕しか食べないんだよ」
が流行りそうです、僕の中でだけ。

 そんなわけで
「恋鎖」のポスターが仕上がってきました。
あまり多くあってもしょうない、記念品であげる気も無い、ということで、
20部、刷ってもらいました。かなりいい出来なのだ。広げてみたときビックリしました。
シンプルイズベストですねぇ。

 ビックリといえば西條組のリンクにある
ブラモさんがこの前、複雑骨折しました。
鎖骨&肩。
日曜日じゃないのに、日曜大工をしようとハシゴに登った際、ひょんなことから落っこちて、
複雑骨折。聞いたときはビックリしましたが、近々職場に復帰するそうです。それもビックリ。
無理せずお大事に・・・重いもの持っちゃダメです。骨が変な付き方してジョジョみたいになってしまうかもしれない。。。けど、そうなったらジョジョの実写版を一緒に作りましょう!
「デスノート」の後編も楽しみです。

コメント (3)

一試合:

ジョジョ作る時はご一報ください。
お手伝いします!

けづか:

ゲルマニウムのポスター戦略知ってます?
あれいかついですよね。
井川さんと話してたんですけど、あのやり方だと、1000枚は少なくても必要だよなーってな話をしてました。
20枚・・・控えめですね。。
必要最低限って感じですか?

面白いんだ★^^デスノート観たーい!

西條:

一試合さん
じゃ、リサリサの役、お願いします。

さっきブラモさんに会いましたが
脇をしっかり固定して仕事してました。
すごいわ、アクティブな人って・・・

けづかくん
その戦略、温泉か何か関係しているのかな?
控えめなのさ~、どこに張ればいいのやら。見当つけてないから、もしかしたら多めなのかも。そんなことないか。
「デスノート」のLってキャラはビックリしたよ。あんな甘党は見たこと無いよ~。あんなに甘くするならコーヒー飲まなきゃいいのに・・・

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年07月22日 02:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「あやうい」です。

次の投稿は「新しいカードは肌色」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.