« 眼の毛細血管を見た事がありますか? | メイン | 車に乗った »

来週車に乗る。

西條です。
雨の日が続いていますね~
ぶっ続けで雨。梅雨?そんな感じですね。
風が収まったかと思うと太陽が隠れ、中途半端な雨が降る。
5万2千円の我が家はくたびれているのでひび割れから謎の染みが出ています。階段とか。
おお~、蟻の穴から堤防が決壊するくらいですから、ブッ潰れるのがいつなのやら。
まあでもおそらく今まで東京に来てから住んだ家の中では一番にいい部屋なのでブッ潰れるまで居ようと思います。なんつって。

 この前ついにペーパードライバー講習の申し込みをしてきました。
僕はペーパードライバー。ゴールドペーパードライバーなのだ。
最後に運転したのはいつの頃か、そうねえ・・・多分、8年くらい前。
免許とってからすぐ事故っており、それから車に乗っても全然面白くなく、現在に至る。
しかしね、職を変えようと思うと※要普免の文字が踊っていますわどこ見ても。
それとは別にやはり車に乗れる自分でありたいと思うはかない気持ちもあり、前々から行こう行こうと思ってはいたものの全然行かず。なんだろう。30歳超えると焦りますよ出来ない事が目に付いて。
5万は掛かるだろうな、と踏んでいたのだが、とりあえず2万1千円で済んだ。
高速教習を受けるならもう1万2千円かかるらしい。
高速教習もやはり受けるつもりである。
なんだかんだ言って僕が一番不安なのは道路がよくわからんということだ。
5差路とか。あんまり向いてないんだよね運転。
でも車を乗れる自分でありたいのさ。

 バイト仲間は都心は走りたくないと言っている。
同感。
首都高、とか。夜中トライアルですよね。
だからって田舎道なら安全とは限らない。僕は田舎道で事故っている。
実家に帰ったときに運転できるようであればいい、とも限らない。僕は故郷で事故っている。
そんなわけで教習所の教官さん、なんとか真剣に教えてくださいね。僕は全然出来ない君だもんで!
と願いを込めて教習所の受付に行く。
あれですよね、教習所の受付の方っていつの時代も誰でも何でも変わらないですよね。
なんであんなにヤンキーなんだろう、なんであんなに顔がでかいんだろう。と余計な事を考えつつ、
僕がここの卒業生だと知ったら受講料を安くしてくれた。事故っている事を知ったら拒否されたんだろうか。なんつって。結構どうでもいい感じであしらわれつつ受付終了。

 帰り掛け、島村君の家が近いので、
西條組新作「「お前に雨は降ってない」の精算をしに行こうと電話したが繋がらない。
暇なのか忙しいのか全然わからん男だ。その後連絡が取れ、来週会う事に成った。
それから下北沢に向かった。
久々に昔住んでいた杉並の家の前を通る。
う~ん、そりゃあ半年しかたってないから全然変わっていない、けど、一番近くのビデオ屋はゲオに成っていた。吉祥寺までチャリで行き、井の頭線に乗る。
下北を出るときは帰りのラッシュ。まあすごいですよね井の頭線の混雑振り。渋谷から明大前までの急行。その後はクイクイ座れたけど。

 でラオックス前に止めたチャリにまたがると雨がポツリ。
雨ばっかだねえ最近の東京は。
雨にも負けず、ウチに誰かが来た時に良く連れて行ったラーメン屋に寄る。
うまい!
久々に食べたが、
うまい!
で意気揚々と家路に着く。
帰って西條組新作「お前に雨は降ってない」の音楽貼り付け作業。
なかなかいい感じだ。
で見てみるといい感じだ!仮に着いているCGがのっぺりしているくらいであとはカンペキだ!!!
で寝て起きて再度見ると、あんまり良くないな!とまた編集。
音楽貼り付けでカットを切っているのでその分リズムが微妙に崩れていたのだ。
編集に掛ける時間は編集しない時間も含めるわけです。
でさっき完成。いい感じだ!!!!なんか感動する。軽い話なのに。この前気合を注入したからしっかり作品に成ってくれたようだ。あとは本当にCGを待つばかり・・・時間掛かるけど楽しみだ~

 金曜ロードショーで「もののけ姫」やってましたね。
ずっと昔に見た作品だけど、いい作品だ。泣けるね、いいねえ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年05月13日 07:36に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「眼の毛細血管を見た事がありますか?」です。

次の投稿は「車に乗った」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.