« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月に書かれた日誌

2006年05月01日

ジェット・リー最高

西條です。
そんでもってこの前、おでん屋ぎんなんに行ってきました。
毎月最後の金曜日にウズマキマキオさんが主催している飲み会で、
ぎんなんの会
という飲み会。おでん屋なんですぎんなん。
散々食べて飲んで、2千円いかなかったりする安いお店。
散々飲んで食べて、というのはホントの話。
おでんもヤキソバもてんこ盛りで来るんですよね。深夜に近づいてゆくと。
今回は総勢8名のぎんなん会。
散々食べて飲んで、2千円いかなかった。

 その後、2次会で
半兵衛に行く、僕ら。
半兵衛は昭和初期の雰囲気を演出したチェーン店で
ここもつまみが激安である。
この店にたどり着く前にイラストレーターのオーグロさんはかなり酔いが回っていたようで、
ぶっつづけで喋り捲っている。ちなみに大学の先輩である。放送学科だったかな。
練馬に住んでいるようだ。歩いて帰れる余裕からか練馬住人の僕らは散々飲み明かした。

 「ATM」
ってご利用にならない人はいないと思うんですが、
「ATM」の、Tってなんの略か知ってますか?

 なんて問題をオーグロさんは帰り際、僕らにふっかけ、
誰も答えられないので答えを教えてくれと頼んでも教えてくれないので、多少泉さんがブチ切れそうになり、ブチ切れそうになってはいないか、そんなわけで店の閉店時間まで飲みまくった僕ら。
0ーグロさんと渡辺さんが話をしている間に千川通りまで出た僕と来田さんと泉さん。
オーグロさんは走って僕らに負い尽きてきたが、無理がたたり息が切れまくって今度は上手く話が出来ない状態。僕はコンビニへ向かい一同と別れた。

 そんなぎんなん会へ向かう前に見てきた映画
「ザ・ニュー・ワールド」
監督テレンス・マリック。「シン・レッド・ライン」の監督である。
テレビで予告編を見た時から気になる作品、大体題名が挑戦的過ぎる。
テレンス・マリックということで、作品数の少ない人ながら、「シン・レッド・ライン」は素晴らしかったので
ユナイテッドな映画館まで行き、楽しみに上映を待つ。

 こういったシネコンは
常に指定席なんだろうと思っていたのだが、
今回は自由席だった。
凄まじく空いている劇場内を自由に座り、やっぱり自由席が気楽でいいね、と足を組むと暗転。
映画が始まる。
始まってしばらくすると少ない客の中からドンドン途中退席者が出現。
分数をおうごとにドンドン途中退席者が出てくる。。。にゅーわーるど

 作品としてはわかりづらいというより、
シンプルな話なんだが展開がジャンプしているので、付いていくには付いていく気が無いと無理な作りであった。その昔インディーズ出身の映画監督が撮った劇場用時代劇を鑑賞しに来た年配の方々が話がわからんということで途中退席する場面があった。
これはね、途中退席者は悪くないんですよ。やぱり途中退席させる映画がいかん。またあやふやに宣伝する会社もいかんのだ。映画は客のものだからね。
それでも僕にとってはインディーズ監督の撮った時代劇も「ザ・ニューワールド」も面白い作品だった。
途中カメラが動きすぎるモンで酔いそうにもなった。
が社会の中で自然に生きてる登場人物はみな運命に逆らう事をせず、流れを受けいていく姿勢に感動。
いい人生かどうか、なんてことさえどうでもいい感じ。

 ゴールデンウィークでいい映画が目白押しだ。
この休み、何を見に行こうか、僕はバイトマンなので毎日が休日なんだが。
さっき日曜洋画劇場で「ブラックダイヤモンド」がやってましたね。
ハリウッドが一番似合う香港スター、ジェット・リー。面白い映画だったぜー。
タイトルの出方がかっこよかったよね。バギーチェイスも良かった。

 まあそんなわけで、最近練馬勢としか飲んでいないので、
他の方々とも飲みたいと持っています。5月の終わりに友達が初ライブをするらしいので、
それを見に行くのも楽しみだ。いつものように演劇を打つ人も出てくる季節。あ、あんまり季節は関係ないか。僕も何かやろうかな、とさっき鳥肉料理を作った。。。イタリアン風のチキンソテーかな、創作料理だモンで。しかしながらかなり美味く出来、寝起きなのに今日はいい日だったと思ってしまう。う~ん、美味い飯。美味い酒。美味い映画。いい仲間。等等。人生は上々だ。なんてこともどうでもよくなってしまう映画「ザ・ニュー・ワールド」コリン・ファレルって眉毛すごいね、筆で書いたようだったさ。

2006年05月04日

さっきのキッドは

西條です。
さっきのキッドはすごかったね。
まさかあんなことになるとは思いもよらず。
すごかったわ山本“KID”徳郁。
ビックリする試合って最近無かった気がするんだが、これは今までの中でもかなりビックリする試合だったね。小原対健介の試合以上にビックリ仰天した秒殺。
ドン・フライの試合も感動したね、あえて曙の試合とは言わない。
そんなわけでこれから桜庭も参戦するようで、なんだかんだと歳取って何か起きても前田ってすごいなあと思いますね。

 そんなわけでゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?
さっきメールあけたら白川さんの作品「SPICA」がカンヌ映画祭にノミネートしたらしいです、すげえ!!!
そんなことが有りうるのか自主映画って!!!とまあしかし白川さんの作品はそれくらいの質で作っているから着実な努力の賜物って感じですね、これからビックになっていくんだなあ。井川さんも。
この前のぎんなん屋で撮った写真があった。
200604282216.jpg
手前にあるのはおでん。ものすごい量のおでんが来たもんだから皆で写真を撮ったのだ。
僕がこの角度で写真を撮っていると言う事は、井川さんは僕の向かいに座っていたと言うことなのだよ明智君。

 でゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?
僕は明日実家に帰ります。もう東京に戻ってきません。
嘘です。
2,3日で帰ってきます。
その間彼女が友達の結婚式に行くらしく、
そのために頭に付ける巨大な花を買いたい、と一緒に池袋へ。
凄まじい通行人の中、巨大な花を探すも結局見つからず、100円ショップに売っていたレイを購入。
それを一つの花にまとめて使うと言う。女ってえものは盛り上がるためには労力を惜しまないね。
僕はピーダッシュパルコでCDを買った。
視聴コーナーで「i tuneのCMで流れている曲です」と書かれたポップ。
聞いてみて買うかと。なかなかこういった曲を買うこと無いからね僕は。モヤが掛かったようなのが好きだから。
懐にパンクなCD。これをMDに変えて明日は新幹線に飛び乗ろう。

 長野県までの距離はオリンピック効果でグンと縮んだ。
その分峠の釜飯を買える駅での連結作業が無くなり、なんとかく寂しい、と帰省する際は未だに思ってしまう。でも昨日教育テレビでやってた「フルハウス」でジェシーおじさんは言っていた。
ジェシー「失ったものは大きいけど、得たものはそれよりもでかいぜ」
そんな失うのも得るのもビックなんて人生を歩みたいもんだ。
あ、ビックといえば
200604282225.jpg
ぎんなん屋のやきそばも信じられないくらいビックで
思わずみんな写真を撮った。もうすごいりょうなんすよ、だってヤキソバに見えないでしょ。よくわかんないでしょ。そんなもの出てきたらそりゃあ写真に撮るでしょ。もちろん僕がこの角度で写真を撮ったと言う事は向かいの席に座っていた井川さんの位置が、さっきより少しづれたということなのですよ明智君。座りなおしたんじゃなく人が増えていったからさ。
携帯からパソコンに写真を転送するとえらく時間が掛かるようで、この前の日誌を書いているときにアップロード出来れば良かったんだけど、さっき届いたんだよね。。。だから今頃アップです。
この人カンヌでビックに成ったらこの写真、プレミア付く、かな?
とりあえず、一番次の試合が見たいと思ったのは門馬だったな。門馬これから魅せてくれ!

2006年05月10日

眼の毛細血管を見た事がありますか?

西條です。
お元気?
ゴールデンウィークに実家に帰り、
蜃気楼を見に富山に行ったり、新鮮な刺身を使った、きときと寿司を食べたり、
PRIDE見たりスパゲティ食べたりしました。
おだやかな気候の中で長野はこれから咲く桜もチラホラ。
さて、帰るかと、乗った電車は大混雑。
新幹線あさまが込んでるってあんまり印象に無いんですが、失礼な話、
行きも帰りも大混雑であった。今回のGWが長~い連休だったことが原因か、はたまた癒しを求める密度が高いのか、とにかく東京から軽井沢まで座れない。帰りは早めに並んだおかげで座る事は出来たが通路はびっしり乗客。いや~、穏やか過ぎず、にぎやか過ぎず、でいいGWでした。

 最初に書きましたが富山に蜃気楼を見に行った際、
海を見るとまあ、飛蚊症がひどくて吐きそうになったりするわけです。
父曰く、網膜剥離の危険もあるから医者に行っとけ、と。
言うわけで、聞き分けのいいで有名な出来のいいバカ息子は東京に戻り早々、医者に行ってきた。

 家の近くに眼科は結構あるようで、
その中でも最も近い眼科へ。総合病院はあまり行きたくないので、なるべく小さい診療所へ。
医者に症状を打ち明けると、こっちが良くわかっていることを更に詳しく模型を用いて教えてくれる。
目玉を象った野球のボールくらいの模型を2つにパカッと割り、目の毛細血管がびっしり描かれた中身をクルクル指でかき回して、ここらへんがああで、こうで、と。なるほどなるほど。
医者「そんなわけで検査をします。これから4時間目が見えずらくなりますけど今日はお仕事お休みですか?」
西條「いえ、これからです夜勤なんで」
医者「じゃダメだー」
そんなわけで夜勤明け、僕は再度眼科に行き、検査をした。
目薬で瞳孔を開かせ、光を当てて医者が除き診る、という検査。
目薬をして30分すると、段々見えなくなってきた。

 遠くは見えるんだけど近くが見えない。
これはさすがに仕事も運転も出来ないなあ納得。
カーテンで暗くした部屋で医者は強烈は光を僕の目に当てて
「上見てー右見てー下見てー」と目玉を隅々までチェック。
その際
「右見てー」と「左見てー」の時、
とんでもない光景が見える。

 自分の目の毛細血管が見えるのだ。。。だぶん。あれはきっと自分の目の中だ。
暗い中、そんな模様がまさか部屋の右と左にあるわけじゃない。あきらかに目の中の光景なのだ。自分で自分の目の毛細血管を見るのだ。
すごくないっすか、目の中の光景を目で見るなんて。
昨日医者がパカッと明けた目玉の模型に貼り捲らされた毛細血管。そんな感じ。
洞窟の壁画を見つけた時のような。赤いんじゃなく、黒く見える毛細血管はまさに毛細血管ですといわんばかりの張り巡らし様。いやあ。。。気持ち悪いんだよね~

 そんなわけで今のところ目に穴は空いていないらしい。
剥離の心配も無い。ただ急に増えたらまた来て下さいと。また毛細血管見るのか~いや~・・・
家に帰ってパソコン見ても近くが見えないのでDVDに焼く作業をするくらいで後は何も出来ない。
就寝。

 起きてDVD焼きが失敗している事を知り、
とりあえず洗濯だな、とコインランドリーへ。
帰って四の五のしていると彼女が心配してわざわざ見舞いに来てくれた。
泣かせるね。で検査で毛細血管が見える話をした。がなかなか説明が上手く出来ず、
伝えるって、難しいなあ、と実感。
買ってきてくれたトンカツ弁当を食べ、再度、DVD焼き作業に取り掛かる。
でさっき焼けた。やれやれである。春は売り込みの季節。

 西條組新作「お前に雨は降ってない」
の音楽が届いた。いい感じでタイムラインに乗っている。速度の調整をしたりとあれこれやる予定です。
なぜか英語の勉強も始めた。
古本屋で見つけた「BRIGHT LIGHTS,BIG CITY」マイケルJフォックス主演の映画は知っている。
その原作。なんとなく、翻訳してみるか、と。しかし見た事の無い単語ばかりで3ページほど進んでグロッキー。まあいつかしゃべれるようになればいいか、と。無理だなあ。
新しい季節は新しい事を始めるいい機会。いろいろ始めていこう!

2006年05月13日

来週車に乗る。

西條です。
雨の日が続いていますね~
ぶっ続けで雨。梅雨?そんな感じですね。
風が収まったかと思うと太陽が隠れ、中途半端な雨が降る。
5万2千円の我が家はくたびれているのでひび割れから謎の染みが出ています。階段とか。
おお~、蟻の穴から堤防が決壊するくらいですから、ブッ潰れるのがいつなのやら。
まあでもおそらく今まで東京に来てから住んだ家の中では一番にいい部屋なのでブッ潰れるまで居ようと思います。なんつって。

 この前ついにペーパードライバー講習の申し込みをしてきました。
僕はペーパードライバー。ゴールドペーパードライバーなのだ。
最後に運転したのはいつの頃か、そうねえ・・・多分、8年くらい前。
免許とってからすぐ事故っており、それから車に乗っても全然面白くなく、現在に至る。
しかしね、職を変えようと思うと※要普免の文字が踊っていますわどこ見ても。
それとは別にやはり車に乗れる自分でありたいと思うはかない気持ちもあり、前々から行こう行こうと思ってはいたものの全然行かず。なんだろう。30歳超えると焦りますよ出来ない事が目に付いて。
5万は掛かるだろうな、と踏んでいたのだが、とりあえず2万1千円で済んだ。
高速教習を受けるならもう1万2千円かかるらしい。
高速教習もやはり受けるつもりである。
なんだかんだ言って僕が一番不安なのは道路がよくわからんということだ。
5差路とか。あんまり向いてないんだよね運転。
でも車を乗れる自分でありたいのさ。

 バイト仲間は都心は走りたくないと言っている。
同感。
首都高、とか。夜中トライアルですよね。
だからって田舎道なら安全とは限らない。僕は田舎道で事故っている。
実家に帰ったときに運転できるようであればいい、とも限らない。僕は故郷で事故っている。
そんなわけで教習所の教官さん、なんとか真剣に教えてくださいね。僕は全然出来ない君だもんで!
と願いを込めて教習所の受付に行く。
あれですよね、教習所の受付の方っていつの時代も誰でも何でも変わらないですよね。
なんであんなにヤンキーなんだろう、なんであんなに顔がでかいんだろう。と余計な事を考えつつ、
僕がここの卒業生だと知ったら受講料を安くしてくれた。事故っている事を知ったら拒否されたんだろうか。なんつって。結構どうでもいい感じであしらわれつつ受付終了。

 帰り掛け、島村君の家が近いので、
西條組新作「「お前に雨は降ってない」の精算をしに行こうと電話したが繋がらない。
暇なのか忙しいのか全然わからん男だ。その後連絡が取れ、来週会う事に成った。
それから下北沢に向かった。
久々に昔住んでいた杉並の家の前を通る。
う~ん、そりゃあ半年しかたってないから全然変わっていない、けど、一番近くのビデオ屋はゲオに成っていた。吉祥寺までチャリで行き、井の頭線に乗る。
下北を出るときは帰りのラッシュ。まあすごいですよね井の頭線の混雑振り。渋谷から明大前までの急行。その後はクイクイ座れたけど。

 でラオックス前に止めたチャリにまたがると雨がポツリ。
雨ばっかだねえ最近の東京は。
雨にも負けず、ウチに誰かが来た時に良く連れて行ったラーメン屋に寄る。
うまい!
久々に食べたが、
うまい!
で意気揚々と家路に着く。
帰って西條組新作「お前に雨は降ってない」の音楽貼り付け作業。
なかなかいい感じだ。
で見てみるといい感じだ!仮に着いているCGがのっぺりしているくらいであとはカンペキだ!!!
で寝て起きて再度見ると、あんまり良くないな!とまた編集。
音楽貼り付けでカットを切っているのでその分リズムが微妙に崩れていたのだ。
編集に掛ける時間は編集しない時間も含めるわけです。
でさっき完成。いい感じだ!!!!なんか感動する。軽い話なのに。この前気合を注入したからしっかり作品に成ってくれたようだ。あとは本当にCGを待つばかり・・・時間掛かるけど楽しみだ~

 金曜ロードショーで「もののけ姫」やってましたね。
ずっと昔に見た作品だけど、いい作品だ。泣けるね、いいねえ。

2006年05月18日

車に乗った

西條です。
西條組新作「お前に雨は降ってない」の宣伝をしたくなるくらい
最近の天気はグズいていますね。
梅雨か。
せっかく日当たりのいい部屋に越したのに、めっきり日が出ない。
まあよい。待ってれば自然と夏になる。布団干したいなあ。

 ペーパードライバー講習と平行して友達に車を借りて
クラッチとかギアの練習をした。
夜遅く、保戸塚君に連絡し、車を運転させてもらう。
久々の車はやっぱり怖い。ハンクラに関してはなんとなくできているようで、でもシフトに気を取られて他が見えていない僕。信号とかやばい。はやり向いてない人のブランクと言うものは向いている人のそれよりでかい。それでも不思議な事にずっと前に運転した時よりもどこかに余裕があるようで、左のドアミラーをしっかり見る事が出来た。しっかり見れたら安心かと言えば、しっかり見すぎると逆に危険なんすけどね。前は何かしら余裕が無くて四苦八苦していたが、今回は七転八倒な雰囲気。最後に起き上がればいいや。

 ペーパードライバー講習に行くと言うと、
そんなもんいかなくても乗ってりゃ思い出す、という人がたくさんいたのですが、
僕は運転が上手いわけではなく、上手くなりたいとも思っていない。車に乗れると言える自分と、事故らない自分であればそれでよいのだ。左寄せがうまいとか、すり抜けがステキとか、車庫入れが芸術的とか全然興味無いのだ。なんせこれはコンプレックスの一つでもあるわけなのでね。
昔、黒澤明が車の運伝が出来ないでいつも悩んでいた、という逸話?を聞いた事がある。
さすが映画監督やろうとする人は運転に向いてるもんじゃないんだよね~と言い訳していたが、
それでもね、乗れるか乗れないかで言ったら乗れるようになりたいモンね。
夜中の講習は久しぶりという事もあり、自分もそこまで手答えをつかんだわけでもなかったので、
1時間くらい乗った段階で終了。
その後、ファミレスに行ってハンバーガーを食べる。保戸塚君はプレーンピザを食べた。
プレーン好きっているよね。僕も最近はプレーンが好きになりつつある、何も足さない、何もひかない、そんなCMありましたね。シンプルイズペストはナニモノにも共通項だ。

 でさっきついにペーパードライバー講習受けてきました。
久々でドキドキする。雨も降り出している。チャイムが鳴り、助手席へ乗り込む。やがて教官がやってくる。
西條「6,7年運転してないんですよ」
教官「では発進動作からやっていきましょうね~」
非常に丁寧な教官。
僕は昔ここで免許を取得したのだが、あの時とは雲泥の差だと感じる。
教える人や使う車でハンクラの位置やタイミングが違うものだけど、今回はすんなり車と教官にフォローしていける僕であった。加速やシフトは問題無く、といっても上手くは無いが、あとは路上に出ての教習。それは次回から。
とにかく大きな道路などが怖いのでコースに組み込まれていないけど大きな道路に行ってもらいたい。と言ってみよう。今日の教官くらい親切な人なら聞いてくれるかもしれない。

 講習行ってよかったですよ。
すっかり忘れている事柄が多数あります。
僕は曲がる時、30メートル前にウインカー出して曲がる方に寄っておくってことをすっかり忘れていました。怖えぇ~
そんな基本的なことを忘れてしまっているなんて、お~!!!!自分でもビックリであります。
いろいろ忘れていることあるんだろうなあ。行っといてよかったっすよホント。まだ終わってないけどそんな実感を受けています。

 帰りにフライングティーポットでオレンジフィレッシャー飲みながらマスターと話す。
東京で生活していくにはさっぱり車が要らない。ホントそう。駐車場代を考えるとどうしても車買う前に家買わないと、なんて思ってしまう。
だから講習が終わっても車買うわけではないです。でもレンタカーを月に一回は借りて、これからは定期的に運転していこうと思っているわけです。行楽地とか行って車乗れないと厳しいですもんね。※要普免が多いですし。

 西條組新作「お前に雨は降ってない」
精算がてら本編を見た島村君も今回は気に入ってくれたようでホッと一息。
CGでどうなっていくのやらなんですが、それでもいい形は見えているので自分でも安心しています。
お楽しみに!あ、「お前に雨は降ってない」HP作ってます。お楽しみに!

 助手席で待つ僕にやってきた教官は親切にこう言った。
教官「なんでマニュアル受けるんですか?」
西條「そっちの方がいいかなと思って」
現代の世の中はオートマチックだらけである。せっかくマニュアルで取ったんだからという理由以外に何も無いんだよね。アレコレ考えてもやっぱり感覚で決めちゃうんだよなあ。

2006年05月22日

そして車に乗る

西條です。
この前の土曜日、教習所に行って来ましたが
ひどい雨でした。
僕はその日、午前中から御徒町あたりをブラブラし、上野公園で西郷さんなんか見て、
アクエリアスフリースタイルなんか自販機で買ったりして、
午後になったので教習所に向かったわけです。

 その日、
天気予報は午後から雨。なのに上野は凄まじい晴れ様。雲ひとつ無い。
天気予報がまた外れたか~、と余裕かまして電車で帰宅。
地下鉄の駅を出たら向こうにすさまじく厚く、薄暗い雲。
これはどうみても雨雲としか言いようの無い雨雲だわ・・・
さすが天気予報。今年に入って高性能な衛星をぶっ飛ばしたらしく、かなり当る確立が高くなったらしい天気予報。当ってるね~
で携帯で見ると、降るのは18時くらい。
おお、じゃ教習所に行くまでの道は大丈夫だな。
と自転車で教習所に向かう。

 その道すがら。
雲は予想以上の速さで太陽を覆い隠し、
遠くまで続く雨雲が一気に雨を降らせてきた。
長袖のTシャツに帽子。軽装は一瞬で水浸し。前も見えない土砂降り。
コンビニに駆け込んで傘を買う。
ビニール傘代=504円。
最悪や~、でも立往生している暇は無い。今の時間からはキャンセルが出来ないし、たどり着かなかったら教習代約5000円を損してしまう。う~、飛び出せ青春!

 降りしきる雨の中、車を運転するために、
傘を差して自転車を漕ぐ。途中、予想通り風に傘が破壊される。
先ずベキッと折れて、次にバサッとビニールと骨が分離。
ざばっと濡れる。
こうなるともうどうでも良くなるね。
唯一頼れる帽子が飛ばされないように注意しつつ自転車を漕ぐ。
途中信号で赤信号を無視したらしい僕はすれ違うタオルを巻いた女性に
「なんで赤信号無視してんの?」
と言われたが、無視しているのではなく、認識できなかったのだ。帽子を深く被りすぎたからか、五差路で違う信号を見ていたのかわからんが、とにかく無視ではなく、無意識です。そっちのほうが、やばい。

 信号ってたまに見えない時ありませんか?
特に、五差路。どの信号見ていいんだかわからん、とか。僕だけ?・・・
ペーパードライバー講習に行く理由がわかりますでしょうか?まあ行ったところでそこらへんは教えてはくれないものなんすけど。
そんなわけで教習所に到着。折れた傘を傘立てに入れて
配車手続きを申し込む。
西條「とんでもない雨ですよ」
と配車担当の人に話しかけて気持ちを整理。この日誌でも何度も書いていますが、僕は雨が大嫌い。だって今日みたいに迷惑じゃないか!・・・だれかわかってくれないだろうかこの気持ち。

 教習が始まり、
指定された車に乗り込むと、エアコンが効いていて、寒い。
凄まじく寒いので、即座に切り、持ってきた上着を着ようと探すが、バックの中に見当らない。
忘れてーしまったー・・・雨の日は、ロクな事が無い。
グシャグシャの靴を抜いで靴下をグイッと絞る。服が乾かず防寒も出来ないならこのままバイトに向かうのは無理だ。教習を終えた足でバイトに行こうと思っていたのだ。計画は変更。終わったら家に一旦帰ろう。
バイト遅刻代=約525円。
お金で買えない価値をこの教習で掴みたいです。

 今回の教官はやっつけ的なノリ。
路上講習で雨の中をグルグル回り、僕は幾度かエンストし、幾度か曲がる方向を間違え、幾度か寒さで震える手をさする。
それでも最後のほうはなんとか掴んできたようで、ミラー目視も車間距離もいい具合だった。問題は信号である。やはり信号が苦手だ。矢印とか。いまのところ前方しか見れていない。標識を確認できる余裕が無い。教習時間を追加しようかしら、どう思う?・・・と自問自答。

 帰り。
雨は止み。呆然。
雨を好きになるなんて出来ませんよ、雨が僕の事好きじゃないんだから。

 それはそうとこの前西條組新作「お前に雨は降ってない」にも
出演している石川さんの舞台を見に行った。「恋鎖」であの子はかわいいねえ、と評判の女の子。若いって素晴らしい。
今回の芝居は多人数出演で葬式の時に一匹のネコが居なくなったという設定からスタートする、いい話。
面白かったですね。役者もみんな素晴らしく、脚本もいい。石川さんも石川さんらしい役柄でハッチャけていた。実力のある劇団ていいですよね。面白い演劇だけ見続けて行きたいです。
神楽坂なんて初めていった。かな?
その帰り、一緒に観劇していたレボリューション西山君と島村君とで飲む。
証券マンのレボリューション西山はスロットで設けたらしく、金の羽振りがいい。
西條「今、ペーパードライバー講習受けてるから、終わったら車貸してよ、どこか行こうよ」
レボ「いいっすね、いいっすよ、明日とか」
明日は無理だ。今週の週末にでも誘ってみようと思います。

 教習所を出るとき、俺高さはすでに気を効かしてか、憤慨されてか
すでにどこかへ片付けられていた。傘建てに僕のエピソードは無い。一応感謝します。

 そんなわけで職探しをしていますが、マイカー通勤が出来るものがいいですね、なんつって。
マイカー持てるような仕事がいいなあ。映画じゃ無理か・・・早く天気になれー

2006年05月24日

更に車に乗る

西條です。
ペーパードライバー講習は3回目を向かえ、
路上教習も今回は少し大きめの道を走ってくれた。
教習所内での運転はもうせず、路上でドライバーを交代。
坂道発進なんかもあったりして。
なんていうのかな。免許取った時も思いましたが、路上駐車が多いですね。
駐車してはいけないはずの場所にバンバン止まっている。
しかし仕事柄しょうがないという人もいるわけで、迷惑だけど、6月からの徹底的な路上駐車狩りはやはりどうかと思うわけです。
教習の後半には速度とギアの変え時がつかめてきたね、と言われましたが、
もう1時間くらいは乗らないと不安だ、と僕も教習官も思い、本日行ってまいります。
よくわからないんだけど、判子押してくれるんだよねこの講習。

 そんなわけで本日も夕方から雨が降るようで。
おそらくぶち当たるんだろうなあ。まあいいや。
新作「お前に雨は降ってない」はCG待ちの最中なので、気晴らしにシナリオを書いています。
毎回同じようなストーリーを作ってしまうのですが、それが面白いと思ってるんだからまあいいか、と。しかし短編て難しいですよ。この夏は合宿なんぞしてみようかと思っています。
同時に職も変えなければなるまい、であれこれとネットを検索する毎日。よく友達に焦って決めるなといわれますが、焦らないと決めないんじゃないかとも思ってます。
今の職場がね~なんだかんだでバイトなのに金も悪くないし映画も作れる時間あるものだからね~
長いしね・・・

 今までの作品をMPGに変換してDVDに焼くか、と。
ばら撒くかな、と。こうご期待!「お前に雨は降ってない」も先ず最初は融解座で流しますからね。こうご期待!そろそろCG担当の人に連絡しなければ。雨は映画の中だけでいいっすよ。

2006年05月27日

最後に車に乗る。

西條です。
この前の水曜日だったんですけどね。
雨。
すごい降水量で、練馬はほとんど浸水に近い状態でした。
家を出るときは全然ふってなかったんだけど、
多分自転車に乗っている最中に降るな、経験者は語る、と電車で行く事を決意。
でビニール傘を持って電車に乗り、駅に着き、教習所に着くも一滴も雨が降らない。
どうしてこうなんだろうねえ、と思いつつ配車手続きをしたら、いきなり凄まじい雨。
その雨は怒り狂ったかのようにドンドン降って来て、
車に乗り込む頃にはもうとんでもない量になっていて、傘なんか役に立たないようになっていて、
教習官が乗り込んできた時の第一声は「すごいねー!」
西條の第一声も「すごいっすねー!」
であった。

 とんでもない悪天候にもめげず、
シフトをローに入れる。
ハンクラがまだおぼつかないが、無視。
時間は夜。
ライトをつけて、光が丘公園の周りを回る、ワイパーを動かしても、水がすさまじくて一瞬しか見えず、一瞬で水浸しのフロントガラス。
教習官「まいったねー!」
西條「こりゃすごいですねー!」
しかし教習官はさすがにこれで飯を食っているだけあり、こんな悪天候の夜でも歩行者を確認しては水をかけてはいけないと、車をもっと右に右に、なんてチョクチョクアドバイスをしてくれる。
この人凄いな~、と感心しつつ、目の前の雨に感嘆しつつ。停止線もさっぱり見えない。
交差点のほとんどは水浸しで通るたびにザバンザバンとサバイバルな音を出す。
車の便利さを痛感する。

 で教習が終わり、
また最後に言われた。
教官「なんでミッションやろうと思ったの?」
西條「なんででしょう・・・」
ここまで言われるとなんとも言えない。世の中オートマチックに進んでいるのは事実だか、
ミッションで取ったんだからミッションで再講習ってのは筋通ってませんか・・・ね?
とにかくペーパードライバー講習はこれで終わった。
あとは乗ってみるべしだ。
本当は土日で乗ろうと思っていたのだが、土日も雨が降るらしい、ので辞める。
たまには普通の天候で運転したい。。。

 そんなわけでみなさん、
インテグラが生産中止だそうです。
僕はもしも車に乗れるようになったなら、欲しい車が何台かあって、
インテグラはその中でも上位にランクインしていた。
あ、もしも買えたらの話ですよ、何十年後かに。
ホンダ インテグラは昔、マイケル・J・フォックスがCMで「かっこインテグラ」をキャッチコピーに宣伝していたスポーツカー、スポーツカーじゃなかったっけか、まあマイケル・J・フォックスがCMしてたから乗りたいと思ったんですけどね。ちなみにもう一つ「気持ちいインテグラ」というキャッチコピーもあった。
僕としては、エドワード・ファーロングのホットヌードルのCM並にガックリ来たキャッチコピー。
だってダサいじゃん!今聞くほうがいい響きに聞こえるね。中学時代の僕はトゲトゲしていたんだなあ、寛容じゃなかった。
そんなインテグラは7月で生産中止、購入するには中古を当るしかなくなるようで。
中古を当れるくらいまでになりたいもんだ

 春。
さっきカツ丼とソバのセットを食べに行ってきたんですが、
14時と言う事で、アイドルタイムを終えた店は閑散としており、いつもより多くソバが入っていた。
おかげで腹が膨れすぎで買い物して帰ろうと思っていたんだけど帰宅。
こんな時、コーヒーのカフェインが消化を助けてくれる事を知っているのでバンバン飲んだ。
飲みすぎて余計に腹が膨れたが、人間て凄いよね、消化するもんね。
そのうち楽になる。
う~ん、落ち着くとまた食いたくなるソバとカツ丼。このセットは無敵だ。

 そんなこんなで適当な生活をしていますが
今日は不動産に行き、電力を上げてくれないかと相談。
数ヶ月前、東京電力に電話したらマンションの管理会社に聞いてくれといわれたのだ。と伝えたところ、
不動産さんは、何言ってんだかわからん、みたいな返事だったので、
もう一度東京電力に電話して不動産と直に話してもらうことにした。
西條「電力の事で電話したんですけど、上げるには管理会社の許可が必要と言う事なんですよね?それなら直に話でもらえますか?」
電力「そうではなくて、そちらのマンションはそれ以上アンペア上げる事が出来ないんですよ」
西條「え?なんでですか?」
電力「そちらのマンションは上限が決まっていて、それを崩すとなると、マンションに入っている世帯全てに許可取ったり何万も金払ったりしなきゃいけないんですよ。配線がそうなっているんです」
・・・そういう意味だったのか。分譲マンションてどこもそうなんだろうか。

 ということで、これから夏になりますが、
網戸の無いまま20アンペアで乗り切る事になった。
冬。
エアコンつけてテレビつけてパソコンつけて炊飯器つけて電気ポットつけると飛ぶんだよね、
バンバン飛んだ。そんなにつけたら飛ぶよ君しかしー、と思う人、一人暮らしじゃないでしょ。
そんなもんなのよ、帰ってきて一気に電気をつける時って幾度もあるわけで。
この前ウズマキさんに愚痴ったら
ウズマキさん「ガスストーブですよ、ガスストーブ」
といっていたので来年の冬はガスストーブが決定している。
これからくる夏。
とりあえず、網戸をどうするかだなあ・・・

 バイト先のおじいちゃんは
100円ショップに網戸の網が売っているぞ、と言っていた。
なんでもあるんだな100円ショップって。
おじいちゃんは自分で木も買ってきて自作の網戸を作ったらしい。
人間は老いたと思うと老いてゆく。さっき右脳を鍛えるフラッシュゲームをしていたのだが、
一口メモみたいな感じで端っこに
「人間はポジティブに考えていると人生がポジティブになり、ネガティブに考えるとネガティブな人生になってゆく」と書かれていた、なんか科学的なのかどうか知らんが微妙に立証されているらしい。
右脳を鍛えると、想像力が増し、ポジティブに成れる原因の一つになるようで。
よくよく考えれば「歳取ったよ~」といって動かない人って東京には誰もいない。言い過ぎか、僕の周りには誰もいない。バイト先のおじいちゃんは真夜中に天ぷらをバクバク食べている。
人間は老いたと思うと老いてゆく。
僕にだってね、車の運転くらい出来ますよキット。釣りとか行っちゃうよ、海産物苦手だけど。

About 2006年05月

2006年05月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年04月です。

次のアーカイブは2006年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.