« 穏やかに過ぎてゆく編集 | メイン | アフレコまちだ »

CGをお願いする

西條です。
カメ虫が家にいました。
おそらく昨日取り込んだ洗濯モノに引っ付いていたのではなかろうか、
と思われる。
立派なカメ虫。カメ虫が出るような季節になったんですねえ。
風呂の窓もしっかり閉めなければ、そのうちカラスとか入ってきそうです。
さっきベランダにスズメが飛んできました。
編集中で状況音を入れていたのですが、なんでスズメの音がでかいんだろうこのクリップ、とか思ったら、べランダでチュンチュンであります。
春が来て、夏が来て、やがて秋が来て、もう一度冬が来る。
でも今年は雪も多いし、風も吹くしでなんだか季節の表現が極端です。
夏は灼熱、かしら。

 そんなわけでCG作成をお願いしてきました。
知り合ったのは友達を介してですが、HP関係でもある人で、デザイナーの方。
今回は「もちろんCGです」といわんばかりの分かりやすいものをお願いしたい。
絵が書ける人がいいのだ。自分なりの絵を描いている人がいいのだ。
忙しい最中、なんとか協力してくれるとのことで、
打ち合わせ。
僕は素材をDVDに焼いて、持っていこうとしたのだが、すっかり調子の悪いドライブがそっぽを向いてしまい、DVDにデータが焼けない・・・しょうがないのでビデオに急遽ダビングし、紙の資料と共に持ってゆく。
マックで落ち合う事になり、
僕は店に駆け込んで、コーヒーを注文。店内の2階、3階と探したが姿が見えない。
電話するとマックの中ではなく外に居ると言う。
慌てて外に向かい落ち合うと、マックで食べながら打ち合わせようという事になった。
そんなわけで軽い夕食がてらバリューセットを注文する2人。僕はさっき頼んだコーヒーと共にチキンフィレオセットを注文。店内を見渡してもコーヒーを2杯分持っている人は僕しかいない。

 ゲーム会社に勤務。
後々には大きく自分の羽を羽ばたかせたいと頑張っているその人は、
創作意欲も社会性も持っているため、年下ながら感動を覚えてしまう。っていうか年下とか言っても31歳以下だからね、軒並みちゃんとしてるのは当たり前か。

 家に帰り、DVD焼き作業と格闘。
フリーソフトを何度もダウンロードしたりして、次の日ビックカメラに何やら買いにいったりして
やっとこさ焼けた。
その際、初めて本編を通してみたのだが、
まあすごいことになってますよ。途中、筋とは関係の無いところで何度も吹き出しそうになったが
いや、吹き出してしまった。この展開は一体なんなんだおい。と自分で突っ込みたくなりますね。
まあだからといって失敗作なわけではなく、どこかしらに挑戦状を叩きつけているかのような仕上がり。
雨が付いた段階を観るのがホントに楽しみである。そして編集をもうちょっと丁寧にした方がいいんじゃないかと。頑張りまする!

 そんな雨の日。
日曜日は雨降りましたね。
そんな雨の日の六本木。
六本木ヒルズの美術館に写真を見に行った。
情報ではウォン・カーワイ作品でスチールを担当していた人の写真展を開催しているらしい。
ウィン・シャという写真家。
ヒルズの中は迷路のようで、インフォメーションでエレベーターの場所を聞いても、
言われた場所にエレベーターが無かったり、よくよく見たらもうちょっと先のやけに奥まった所にエレベーターがあったり、展望台に行くには傘を持っては行けなかったり、展望台じゃなく美術館に行くにもやはり傘を持ってはいけなくて、なぜか52階に行くのに2階の傘置き場に傘を置かなければいけなかったりと、もう2度と来るかと思わせる様々なトラップをかいくぐり、たどり着いたウィン・シャの写真展。

 これはなかなかいいですよ。
ポーズ決めてる女性がほとんどですが、
ドラマティックに切り取った断片がエキゾチックに展開していた。
久々に観るレスリー・チャンの写真もすばらしい。ブエノスアイレス撮影時のポラロイドもすばらしい。
松浦あやもマギー・チャンもいい表情している。そして被写体の居る風景がまたいいね~。
何事もダイナミックだ。エンターテイメントでもある。
こういうの観るとね~こういうの作りたくなっちゃうのよね~カンかされやすいんでね~
とりあえず西條組新作「お前に雨は降ってない」しっかり完成させなくちゃね。
短編だけど結構盛り沢山です。それが吉と出るか凶と出るかはまだわかりません!
今週でアフレコを終わらせる予定じゃ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年04月05日 11:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「穏やかに過ぎてゆく編集」です。

次の投稿は「アフレコまちだ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.