« 撮影7日目でした | メイン | ウズマキング »

ビックリにサプライズで準決勝

西條です。
メキシコ様様ですね。
まさか勝つとは思わなかったですよ。でも結構メジャーで活躍している人を有しているんですよね。メキシコ。ワールドベースボールクラシック。アメリカに2対1。メキシコが2点とってアメリカに勝てば差は関係なく日本が準決勝進出。ややこしいルールだけど、とにかく日本が準決勝にいけてよかった!
まだまだ面白さが続きますね。韓国戦。ホント悔しかったからねえ~なんで国旗埋めるんだよー!絶対勝つぞー!

 そんな朗報を僕は仕事仲間からの
電話で知った。夜勤明けで寝ていたところに友達のスパーク気味な電話。
眠かったが飛び起きた僕はすぐにテレビをつけて事実確認。ほどなく星野君がウチにやってくる。
2カメ体制で撮った素材の受け渡しなのだ。

 2カメとか言っても、
星野君のカメラはメイキングメインなので
本編に使えるものはそれほどあるわけでもない。でも撮影中突発的に撮ったエキストラカットや
違う角度から撮った役者の演技は面白く、30分の素材のなかで26カットほど本編に使えるかもしれんと取り込んだ。

 新作「お前に雨は降ってない」はすでに
カット順に並んでおり。音にあわせてカットの長さを変更させる体制になっている。
結構切れているのでせっかくだから2人で見てみる事にした。
22分の本編は会話のシーンに入る前の走行カットが若干短いかと思えたので、
2つ目の会話シーンに入る前の走行シーンを最初の走行シーンに足して長くした。
その分3つ目の会話シーンに入る前の走行シーンを2つ目に分配して帳尻を合わせている。
こうなると最初は走行シーンメイン。中盤は会話がメイン。後半は雨がメインとなる。たかだか23分の中でいい展開をしてくれている。
と思いつつザザッと観てみる西條と星野君。
星野君「展開早いっスネ~」
確かにちょっと展開が速すぎる気がしたので走行シーンのカットを少し長くしようと思います。

 音撮り。
でもここまで自転車を全速力で走らせる事が出来る道なんて、
住宅街にもいくら広い公園でもないんじゃないかと思う。
やっぱ現地にもう一度行くしかないのかなあ。でも今度行くときは結構あったかいぞこりゃあ春がしっかり訪れているだろう。

 そんなわけで友達がミュージックステーションに出る日。
前々から連絡もらっていたのでメチャンコ楽しみにしていた。
こんな時、DVDプレーヤーじゃなく、DVDレコーダーであれば・・・
SONYのビデオデッキにカセットを入れて待ち望む。
お~ほんとに出てるよすげ~。全編に渡り微妙な立ち居地をキープしていた友達はかなりのカット全国放送されていた。これは後でメールしておこう。
と思ったが春の暖かさにやられ、すさまじい眠気に襲われる。
まあ夜勤明けで準決勝と走行シーンを長くする事を決めたわけだからしょうがない。
深夜に起きるだろうと布団に入ったが、起きたのは穏やかな朝。おはよう諸君。。。

 パソコン編集でなんでもパソコンで
フォローすればいいや、と撮影時の努力をないがしろにしてた感がありました。
今回はちゃんと撮影時にいろいろカメラを適正に持っていったので、パソコン編集の際に
画面をどうするとかあんまり考えなくてもよさそうです。っていうか考えようと思っても思いつかないんですよね。これでオッケイって事であります。

 2カメで撮ったメイキングを視ると、ビックリする事がある。
それは撮影中の僕があまりにも汚い格好なのだ。ダサい服着てるし。
綺麗な格好の役者さん達にいろいろ演技を就けているので余計にそう思うのかな。
メチャクチャ変な髪形しててビックリ。魅力の無い奴でビックリ。
爆発している髪型を見て、こんな人従兄弟の兄ちゃんに居たな・・・と。遺伝子なんだな。
そんなわけで音撮りだの作品をどうするかだの将来を考えるだのの前に先ず髪の毛を切りに行かないといけない。と悟った。春らしいものにしよう。桜のような。あ、散ってしまう。やばい!ツクシみたいなのにしよう。

コメント (2)

先生:

ダウンローズがでたらしいですね。いっくんからメールがはいってこの曜日この時間ならそういうことかとおもったです。まだ家に帰ってなかったのでみれなかったけれども。あれは企画もののバンドなので今後はどうなるんでしょう。。。作詞が確か我が尊敬する師、秋元康だった気が。。。ちゃっかりおにゃんこのメンバーと結婚してぬかりがない。革命的な破廉恥歌詞をつけながら最近はよくNHKで堂々とまじめなコメントをしてるぬかりないやつ。女子高生が逆レイプ的な歌詞も書いてます。今度秋元康をあつく語らせてください。
髪型楽しみにしてます。桜は散ってしまうってw。

西條:

電車でダウンローズを見るたびに、ドキドキするよ。
企画モノだけど、キッカケにブレイクしてもらいたいのだ。
おにゃんこって良く知ってるね。そんな歳だっけ?僕は直撃世代なのにそのころスピルバーグにハマってました。だから今生き残っているおにゃんこしか知らないんだ。でもこの前のミュージックステーション見てモーニング娘っていいな、と新橋のオヤジ的脳になってしまった。秋元康、ぬかりなく川の流れのようにしてるからね。あなどれませんわ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年03月18日 10:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「撮影7日目でした」です。

次の投稿は「ウズマキング」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.