« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月に書かれた日誌

2006年01月02日

あけましておめでとうございます!

西條です。
明けまして!
年末から元旦に掛けて、僕は仕事でした。
今年は土曜日ということで、抜けられる曜日では無いのですよ。人数少ないんで。
少ない中で協力し、仕事をこなす僕らですが、それでも終わらないものは終わらない。
まだまだ新年の仕事の忙しさは続くのですよ。今日も忙しいのよね~

 そんな感じで皆さん正月、いかように過ごされていますが?
僕はまったく正月を感じていません。正月じゃないんじゃないかとさえ。いや正月なんでしょうけどね。
やっぱ実家に帰らないとそうそうそんな気分にはならないんだあ僕は。

 先程、
ビデオに撮っておいたプライド男祭りを見ました。
どれもいい試合ばかりで楽しかったです。が、やはりメインの小川対吉田の小川の入場にはグッと来るものがありました。僕は橋本真也が好きだったので。なんて言うと友達がいなくなってしまうかもしれませんが、いい選手だったと今でも思っています。あのテーマソングで出てきた小川に感謝したさ。ついでに勝ってもらえればなお嬉しかったんだけど、吉田はすごい選手だからね。ホント、また起き上がって欲しいっす。
 そんなわけで新年一発目に食べたのは
仕事先の近くにあるスーパー、マルエツで半額になっていたざるそば。
年越しソバやねえ。
家に帰り、やっぱり俺はチキンライスでいいや、とチキンライスを作る。
上にレタスを掛けてバリバリ食べた。
なんかね、明日実家に帰るんで、何も冷蔵庫に無いわけよ。
根菜しかないわけよ。根菜ならカレーとか作ればいいんだけど、なんか時間のタイミングが合わなくて作れないのよ。そんなわけで今からカレーを作るわけよ!

 早朝。
カラスの声と共に、街宣車の声が聞こえる。
少し離れた大通りが俄かにうるさくなってくる。
まる1ヶ月。ここで過ごした。電気のアンペアをまだ上げてもらっていない。
なんかこのままでもいけそうな気配。でもこれからもっと寒くなるんだからやっぱりダメかもしれない。
成るように成るで。
東京は曇り。洗濯物は帰ってきてからにする。
シナリオのことはずっと考えている。これからのことも、難問は今年に繰越し。
頑張るか、と気合入れることも無く、悪いことが無く、穏やかに過ごせたらと。
新しい気分に全然成ってないなあ~
まあ成るように成るでね。
今年もよろしくお願いします!

さ~カレーを作るぜ。

2006年01月07日

物干竿と私

西條です。
明けてからすでに1週間。なんだろう、相変らず時の流れは速い。
一日が経つと必ずかさむものの一つに洗濯物がある。
僕は洗濯機を買う気にさっぱりならないので、東京に来てからずっとコインランドリーマンだ。
だって一回200円とか150円とかで月に一回か2回しか洗濯しないのに買う必要なんか無いじゃないか。
そうなのだ。実は、僕は、下着結構持ってんだ!!!
そしてコインランドリーに行っても乾燥機を使わない僕。
洗濯機で30分。乾燥機で20分。1時間近い時間コインランドリーに縛られるのはどうかと思ってしまう。
それに乾燥機で乾燥させると衣服が痛まってしまう。
そうなのだ。実は、僕は、天日干しにコダワってんだ!!!
それでも梅雨の時期なんかはどうしても干せないから乾燥機を使わざる終えない時もある。
と、思うでしょ?でも僕は使わない。なんか腹立つのよね。だから梅雨でどうしても洗濯が出来ない時は下着を買う。
そうなのだ、実は、僕は、下着結構持ってんだ!!!
そんなわけで洗濯が出来る出来ないで僕の下着は数を増して行き、洗濯の回数も徐々に減っていくわけだ。
新年早々何の話か、とお思いでしょうがね、引っ越してとんでもなく日当たりのいい部屋にいますので、
新しい物干しを買って洗濯物を干しました。いいねえ~それこそこの前観た「ビター・スイート」の1シーンみたいだ。あんなに広いベランダじゃないが。

実家に帰ると、とんでもない雪でした。
DSCF0392.JPG

年末年始、仕事だったので帰省したのは3日。
新幹線あさま自由席。思った以上に込んでいた。それでも座れる余裕のあさま。
発進して仕事明けの僕は就寝。起きたら群馬あたり。
そのうち軽井沢駅に到着。白い雪が街を覆っている。
おお~帰ってきたなあ。
それから駅を重ねるたびに白さに厚みが増し、懐かしさと共に少々焦る。
あさま「終着~、長野です」
窓外は吹雪いている。乗客は一様に唸る。ここ最近の雪の多さではない。
久しぶりに子供の頃の雪の多さに匹敵しそうな感じ。

 両親が先に帰省して今東京に向かう弟を送るついでに駅まで迎えに来た。
その間長野駅のタクシー乗り場付近で待つ。そこで待てといわれたもんで。
バカスカ降ってくる雪、雪、雪。凄まじい量積もっているのにすさまじい量まだ降ってくる。閉じ込めてやるといわんばかりだ。しかし人間はピンチをチャンスに変える術を心に持っている。僕はすっかり楽しくなっている。ドカンドカンと降ってくる雪の中にむしろ身を置きたいくらいだ。と思ってわざわざ雪の中でタバコ吸ったり。う~ん、最高。
そんなこんなで車で迎えに来た生粋の長野っ子両親は僕と弟を乗せて善光寺まで走る。
駐車場は雪でそこに駐車場があるのかどうかもわからない。
一応車を停めて雪慣れした初詣長野県民の中を抜け、参拝。

 僕の正月休みはやっと始まった。
弟を駅まで送る。果てしなく降り続きそうだった雪も4日には止み、
綺麗な青空の下、白銀の住宅街。向こうには名前がわからないけどとりあえず山。
長野県は山々山々な土地で、どこ見ても山が見える。
DSCF0392.JPG

昨年は雪の中一人で歩き、道がわからなくなり、ヒザを打って家の近くで遭難しかかったが、今回はそんな失敗はしないぞ、とまた一人で出かけた。雑貨屋に入ったり写真を撮ったりして満喫。
飲んだ後、しらぬまに寝てしまった僕は深夜に目を覚まし、テレビを付けると「メリーに首ったけ」がやっていたので、最後まで見た。この映画日本語吹き替え版でも面白いなあ。このひと「メダリオン」に出てたなあ、とか。

 翌日、東京に帰るため、新幹線あさまに乗車。
雪は吹雪いている。窓外から見える景色はいつも見える距離の半分先から雪で見えない。
帰るたびによくこの場所で18年も生活できていたなあと思うけど、東京に来てからは13年ほど経っている。例えば何年か後に長野で生活するかもとして、久々に東京に来れば、良くこんな場所で、と思うのだろうか。多分思うんだろうなあ。いい加減な感想ばかり持ってしまうもんだぜぇ。

 そのまま仕事に向かうと
相変らずの急がしブリ。頑張らねば~

 新しい話のシナリオの決定稿をやっと作った。
短い話だが、役者には無理をさせてしまいそうだし、雨をどうするかでいろんな人に助言や協力をまだまだ頼まなければいけない。心のどこかに「作れるのかなこれ」という感じがあるのだ。まあ自主映画なんだし、気楽にやろうとは思っているのだけど、イメージが僕の中ではっきり出来ていない分、いい作品成るのか作りたい作品に成るのか、自信が持てずにいる。
考えるより行動すべし。だわさ。来週ロケハンに行きます。今年も始めちゃうぞ!


え?写真でかい?

2006年01月14日

ロケハンで風邪を引く

西條です。
寒いですね。
風邪を引いてしまいました。
ロケハンで、荒川のほとりに行ったら風邪を引いてしまったらしく体調が悪くて大変でした。
今度のお話は、まあお話と言えるようなものじゃないんですけども。
土手とか出てくる。沢山候補地を考えて、一番近い荒川から行こうという事になり、島村君と行ったわけです。練馬から自転車で1時間掛からないという事もあってツーリングを決めこむ2人。
板橋を爆走し、荒川に着くとだだっ広い土手が姿を現した。
う~ん、広い。

 空も広い。
人がいない。あまりいない。
平日という事もあり、人気の無い土手に快晴と風。
自転車2台に職の無い2人。映画はスローフードだ。なんつって。
そんなわけで橋の下の住人なんぞに気をつけつつ、2人で土手を見て回る。
行けば行くほど景色も変わる。
面白いもんだなあ。
がしかしどこまで行っても同じ場所もある。
田舎っぽいっちゃ田舎っぽいんだけど都会っぽいっちゃ都会っぽい。
更に土手じゃないといわれると土手じゃないかもしれないと思えてきたり。
訳がわからなくなって着いた先が秋ヶ瀬公園。
ぐるっト回って巨大溜池のサイクリングロードを走り、再びスタート地点へ。
丸一日走りまくった。
大体、6時間くらい走っていた。
太ももがパンパンになって帰る。

 帰り道。
なんとなくCDを買いたくなってCDショップで2枚購入。
家に到着。
CDをラジカセにいれる元気も無いようで、ぐったりしたまま体調が悪くなってゆく感覚を覚える。
明日は寝込むかな。
そうとわかれば何もしますまい。出来ますまい。
なんとか仕事の時間までに治りますように、と願うも空しく、芳しくないまま仕事に向かう。

 仕事先で上司が
お勧めの風邪薬をくれた。おかげで引き始めの風邪はすっと引き、
帰ってすぐに風呂に入り、布団に入ると、体調はしっかり優れた。
う~ん、いい薬もらったもんだ。
そんなわけで活動再開で日誌なんぞ書いています。
大体の見当が付き始めた今回の作品。短編だけど、自転車2台使うから運搬費用が掛かるなあ。
怪我させたらヤダなあ。風邪引かせたらヤダなあ。しかし撮れないのはもっと嫌なのだ。
多少ヘンテコ映画なので、事前のイメージをしっかり持たないと撮影期間が伸び伸びになってしまいそう。悩んで何やろうか考えてしまって。合成とかあるんでね。
しかしホント雨のシーン出来るんだろうか、依然悩み中。普通に見えなくていいんだよね、雑な雨で結構。むしろそっちの方がいいのだ。何とかしたいね。

2006年01月19日

う~ん

西條です。
風邪も治り、鼻水がまだ出ますが、健康な気分で生活しています。
しかしまた寒波が来るらしいですね。東京も週末は雪になりそうな気配。
まあ冬は寒いものなんだから、いいじゃないか、と思ってもやっぱり寒いと早く暖かくなって欲しいなあと。
夏になったら早く冬になってもらいたいなあと。オフコースにそんな歌がありました。
無いものねだりは人の常であります。

 この前ホトヅカと島村がこぞって家に遊びに来た。
パソコンでの動画編集について知りたいという事で、僕もそんなに詳しい方じゃないんだが、基本的なことなら教えられるので。ここをこう切ってこうすると、こうなるのだ、と解説。
しかし僕は頭がいい人ではないので、何かを会得する時は頭で考えるのではなく、体で覚えてゆくタイプ。よく言えばオリジナリチィ溢れる手法を掴んで今までやってのけてきた。のけてきたものに関しては。
だから詳しく口答や文書で説明しようとすると、大体うまく出来ない。自分でもそんなにわからずやっていることが多いなあと改めて実感する瞬間がそこにある。
う~ん、やっぱ指導者には向いてないね僕は。
そんな感じで大した説明も解説も出来ぬまま、お前のパソコンは処理が遅い遅いと言われながら、ワハワハ笑いながら時を過ごす大学同期達。
夜になり、飲みにでも行くか、と駅前の飲み屋に行き、
盛り上がって深夜2時まで。
帰ってきて寝る。この日は飲み屋での食事しかしなかった。いかん、なんて不健康なんだ。せめて萎びたキャベツでもほおばったりしなきゃ。
 
 最近野菜が高騰していてなかなか手が出せない。
知ってます?この前もやしが1袋80円で売ってたんですよ。信じられませんね。ついに日本がインフレに突入した。と思ったんだ。天候の影響で野菜の値があっち行ったりこっち行ったりしています。
さっき買ったもやしは35円でした。やっと落ち着いてきたのかな。ついでに長ネギも買った。いい感じだ。

 新作のキャストは一人決まり。ロケ地も決まり。スケジュールも決まり。
段々決まってきたが、やっぱり雨のシーンをどうするのか、出来るのか、出来るならどうやるのか、
やったらどうするのか、何が出来て何が出来ないのか、ここが決まらないとやっぱりうまくいかないのだ。
そんなわけで映像編集を教えたついでに僕も合成マットについてこれから研究しようと思います。

 制作をお願いしているキタダさんが
雨素材についてのHPを見つめてくれて、なかなかためになった。
それ以外もモロモロ見つけてくれている。頼れる人だ。そしてそんな事されるとこっちもやる気になりますね。この前仕事先の休憩時間で一気に絵コンテを描いた。
絵コンテ書くと、またいろんなアイデアが出てくるんだよね。いいんだか悪いんだか。
とにかく出演者は少し増えそうだ。そしてクライマックスが「姿三四郎」みたいに成りそうだ。。。
あ、自転車映画ですよ。青春な感じのね。ロケ地は主に荒川です。その他、水道のあるロケ場所を探しています。雨用にね。う~ん、なんて簡単な事しか考えないんだ僕は。でもそんなことできっと出来てしまうから映画って!自主映画って!味方だね、僕らの。

2006年01月21日

積もってます東京

西條です。
雪が降っております。窓から見える雪景色がなかなかのもんで、冷気が流れ込んでくるにもかかわらず、カーテンを閉めずに雪を眺めております。
う~ん、熱燗飲みたい。これからバイトだけど。
あ、そんなことより撮っておくか。
自主映画人なら誰でもこの雪を一応、撮っとこうかな、と思うだろう。
使うかどうかはわからない。今までこうやって思い尽きで撮った素材を使った試しがない。
それでも撮っとこうと思う僕。貧乏性なのだ。

 三脚を探すのに一苦労。
引越しで奥のほうにしまったらしくなかなか発見できなかった。
やれやれ。2、3カット撮った。家の外に行くのはやめとこう。寒いし。意外といい画が取れないモンなのだ。経験上落ち着いて撮れる所で落ち着いて撮った方がいい画が撮れる。部屋の中から窓外を撮影。
向かいのマンションの屋上でこんな吹雪にカラスが飛んでいた。タフなカラスにREC。
風呂窓に積もる雪を撮って早々に片付ける。
全然やむ気配無く、それどころか勢いが若干増したんじゃないかと思わせる今日の雪。まだ降ってます。
積る町並み。こうやって雪高帽になるとここが都会だろうが田舎だろうが東京だろうが上海だろうがニューヨークだろうが関係なくなってしまう。風景は白。目の前もその先も白だ。

 昨日はレボリューション西山の送別会だった。
レボリューションはバイト仲間なのだが証券会社に就職が決まり、1月いっぱいで千葉に引っ越す。
証券会社に決まって早々のライブドアショック。すでに会社には通っている西山ンボ。個人投資家からの電話で悪態つかれたらしい。これからも頑張ってくれ。
しかし地検が入ったからってこんなにも株が売られてしまうというは動揺しすぎなんじゃなかろうか。まあ僕は株持ってないから何もあれなんだけど。個人投資家の皆さん、頑張ってくれ。
送別会で入った店は「海峡」という酒飲みに来るだけでなく、珈琲一杯からでも入れますよ、といった姿勢をウリにしている店に入った。
この店のカラアゲはすごい。ケンタッキーフライドチキン並みのカラアゲが出てきた。
僕は手で千切って食べた。その方が美味い。そしてやっぱり熱燗を頼む。冬っていいねえ。
いくら酒の飲めない人でも僕と同じくらいの年齢になれば、代謝が悪くなり、アルコールもそんな即急に回らなくなる。歳を重ねると、段々酒が美味く、多く、飲めるようになっていきます。
そんなわけで酒を飲まない野地君もこの日はガンガン飲んだ。
レボリューション西山、立派な証券マンになってくれ、僕が株を買うときは電話します。いいアドバイスをくれ!

 あ~、また雪が強くなってきたねえ。
よく降るね~。

 雨素材を星野君からゲット。 
合成をしてみた。色を抜いて合成なんて初めての経験だった。
奥行きのある雨となるとなかなか難しい。レイヤーを足してあれこれ試行錯誤。奥行きのアル雨~。
難しいなあ~!
結局ばっちりいける、というわけじゃなく、予想していた通りの答えが出た。
何とか成るところはなんとかなる。blueバックよりも黒バックの方がいい抜けっぷりだった。
みなさんいろんな合成の仕方があるんですよ。ルミナンスとかクロマとかいろいろ。意味わかんない。
優しく身に付くユーキャンの通信講座で合成講座とか無いだろうか。資格じゃないから無いよなあ。
でも新しい作品にチャレンジ出来そうです。新しい事って始めると楽しいよね。

 そんなわけで画コンテもほとんど出来上がった。
またシナリオを手直ししなきゃいけない。登場人物がしっかり増えている。やることがまた増えている。
CG合成のことでメール。来週打ち合わせに入る。ゆっくりしてる制作状況だなあ、だなあ~
だってコタツから抜けるまでに時間が掛かるんだもん。その前に布団から抜けるまでも時間が掛かる。
しかし雨素材をクロマで抜くいのは一瞬だったぜ。なんつって。
寒さに負けず、熱燗片手に頑張りやしょう~!
今日の雪は綺麗だね。

2006年01月24日

起きたら4時

西條です。
道路が凍ってますね。パキーンと凍っている道。
日陰は全然融けていない。自転車で走るとタイヤを取られて道の隅に追いやられたりします。
危ない!
危ないけどついつい氷の上を走りたくなってしまうんだよね。時間のある時は。
危ない!んだけど。自転車にも悪いんだけど。

 弟がウチにやってきました。
引っ越してから初めて。お宅拝見であります。
昔は2人で暮らしていた。駅から離れた場所で学校からは近い。いや遠かったかな。
お互い同じ大学に通っていたわけです。
僕が4年の頃、1年生だったので重なっている時間は1年。その間校舎も違うので実際同じ学校に通っていた感はあまり無いのだが。その後弟が卒業するまで住んでいたので、4年一緒に過ごしたのか。
おお・・・そんなに一緒に居たのか。まあその前は18年一緒にいたんだけども。
そんなこんなで僕は杉並に移り住んだが、弟は住み替えてまだ練馬に住んでいる。
ナイスな月給取りなので、ナイスな部屋に住んでいる。
あ、「恋鎖」の時、住み替えるまでの弟の家に撮影にいったんだった。
柏木の部屋の外観を弟の家で撮影したのだ。う~ん、懐かしいあれも2年前くらいになるのか。
そんなわけで弟がやってきて、ウチで彼女の作ったゼリーエースなんか食べて懐かしい話をして、徒歩で帰っていった。

 弟君の部屋第一印象。
「昔住んでいた練馬の家みたいだね」
まったくだ。ここら辺はみんな同じような作りになっているのか、
同じような作りを僕が好んでいるのか、よくわからんが同じような部屋に住んでいる2006年の僕。
あまり新鮮味を感じない部屋でもある。しかし洗濯には超適している、日当たりが最高にいい。太陽が出て、沈むまで、日が照るので洗濯し甲斐のアル部屋。
布団に入り、明日コインランドリーに行く事を考える。
うつらうつらして。気づくとカーテンの向こうが明るい。
おお、知らない間に寝てしまったんだなあ、時計を見ると4時。う~ん、まだコインランドリーは開店していないだろう。朝ズバ!でも見るかな、まだやってないかな、とテレビをつけたら夕方のニュースが流れていた。。。
やべー・・・仕事行く時間が近い。
走り出したら止まらないぜと洗濯物を背負いコインランドリーに向かう。こんな時、凍った氷は敵だあ!

 コインランドリーに着くと、月曜にもかかわらず、
混雑。150円で使える洗濯機が塞がれている。しょうがないので300円投入する洗濯機を選び、稼動。
40分掛かるらしい。
時間を計算すると干してすぐに家を出ないと仕事に間に合わない。まいったなあ。
家に帰り、食事。ムシャムシャンと食べ、洗濯物を取りにいく。こんな時、凍った氷は敵だ!凍った氷って変な文章か。氷の張った道って、敵だ!
急いで家に帰り洗濯物を干し、職場にGO!なんとか間に合った。
いい加減寝すぎる自分を変えたいと思っているのだけど全然直らない。やっぱり夜勤の仕事をしているとどうしてもね、そうなってしまうね。

 休憩中にテレビを付けたらライブドアショック。
激早い逮捕にビックリする。ホリエモンにはまったく味方がいなかったのだろうか、
ホリエモンが逮捕されて困る各界人はいなかったのだろうか、後ろ盾がないとこれほどもろいものなのか、といろいろ考えてしまった。怖いよなあ、怖いよ、本当に怖いと思ったね。これほどまでの劇的転落は見た事が無いよ。特捜も絶対に有罪にしないとメンツが立たないから絶対逃れる事が出来ない穴にはまった感じ。うわあ・・・      こえぇ・・・

 ここ最近は落ち着いているのだがあまり出会いも無く、新しい事もしておらず、
自分も何もしていないので話題に事欠きますね。あ、弟がうちに来るのは元々は本を返す約束をしていたからなのだ。
「東京タワー」という本。リリー・フランキーにというイラストレーターが書いた本で主に母親と自分を描いた自伝である。これはね、いい本ですよ。年始に実家に帰った帰りの電車の中でも読んだんだけど、堪えきれずに泣きそうになり、読むのを止めた。
家族を意識すれば誰にも当たり前に起こる話で、そこには普遍的な葛藤がある。是非読んでみてください。ここ最近落ち着いているのは、それはそれでいい事なんだろうなと今思った。

2006年01月28日

もともとは違うのか

西條です。
なんかね、今日はすごく飲んだ日でした。
そんな今日の前に、この前星野君がウチにお宅拝見でやってきた。
星野君の家からはウチは近い。
真夜中ということで、チャリで来なさい。住所はここです。近くなったら電話ちょうだいな
でイソイソ迎えに行ったら、すっかり家の前にいる。
住所と外観の特徴、などで予想が付いたらしい。
階段が響くので忍び足。夜中だ。珈琲を飲みつつHPや新作の話をした。

 あ、あのね、
このHPは西條組仮HPです。
何がどう仮なのか、というと、
プレハブ的になんでも置いておけるHP,すぐに閉鎖できるHP、大して力を入れていないHP、とかなんとか・・・あんまり仮の理由が明確じゃない。けど要するに前よりもっとちゃんとしたHP作りますから、今はこんな感じで前のHPから単純に抜いてきた資料を置いているHPですけど、そのうちもっとステキなHPつくりますから!という・・・そんな感じの曖昧な・・・
なのでいい加減仮HPのここから引っ越して新しい家に住みたいわけです。
僕自身も引っ越したんだし。

 本HPはある程度出来てはいるんだけどね。
なんだかんだ時間が経って掲示板やブログ、MacとWindowsの問題等々考えなきゃいけないことも増えた。一応西條組全体の資料、データを整理した状態を目指しています。さらに小技を効かせて清涼感のあるシックな全体像を想像してます。言うだけは簡単だなあ。。。コウゴキタイ!

 ライブドアショックで人々が想像をめぐらしています。
いろんな人の見解、テレビや雑誌やネット、なんか見るとホントにそんな感じなんだろうなあ、と。
怖いねえ、恐るべしですよ。恐るべし。僕はようわからんです。。。

 練馬区江古田にあるおでん屋さん「ぎんなん」
でウズマキさんが一人パーチィーを開いているらしく、どんなもんか行ってみた。
「ぎんなん」に興味あったし。
噂に違わぬ美味い店。美味いおでんを食べた。ウインナーが最高。でかいっす。
ウズマキさんの他、イラストレーターさんとマスターが居て、いろんな話を聞かせてもらった。
もちろんライブドアショックについても。
ライブドアってホリエモンが作った会社かと思ってたけど違うんすね。
オン・ザ・エッジがM&Aでゲットしたらしい。奪うような。知らなかったなあ。
東京拘置所は中は極寒だろうけど外から見ると熱い。「朝まで生テレビ」も視聴率良かったんじゃないかな。

 そんな「ぎんなん」に行き着く前に、
僕は池袋にいた。カナダから帰国した関口さんと会う約束をしていたのだ。
もともと福島さんに紹介されて、メールのヤリトリをし仲良くなった人なのだ。
今日会うのかどうか、
前に送ったメールの返事が来なかったので、余裕ブッコきで19時近くまで寝ていた僕。
電話で起き、急いで池袋へ。関口さんと初対面。
初対面で挨拶している最中、突然アジア系外国人が話しかけてきた。
西武百貨店方面に行きたいらしく、東武百貨店が目の前のメトロポリタン出口で思案に暮れていたようだ。いきなり「西武百貨店」と書かれた紙を見せてきたので僕は思わず
西條「人違いです」
と言ったが関口さんはすかさず英語で受け答え、
だうんすてあー
くらいしか聞き取れない僕。アジアン外国人はうれしそうに西武百貨店に向かった。
西條「かっこいいいじゃないっすか~」

 2人でHUBに行き、
HUBビールを飲んでカラアゲとか食べて19時半くらいから23時くらいまで話し込んだ。
映画、女性、恋鎖、音楽、BEER、P-kraft、国、都市、歳、タバコ等々あらゆる話になった。
いい時間、美味い時間を過ごさせてもらった。また是非飲みたいと思う。そしてコラボレーション出来たらと思うのだ。

 水曜日にはCG作成をお願いした大久保さんと打ち合わせた。
僕はサンプル資料になる映像を作って持っていった。
大久保さんはゲーム会社に勤めているデザイナー。僕はフリーター。接点は映画ー。
前に飲んだ事のある人。男らしくはっきりしている人。僕とは違い、一歩一歩着実に地盤を固めている人。すでに僕の作品を2本見てくれている人。話のわかってくれる人だ。
新作「お前に雨は降ってない」で降る雨をCGにしようと思っている。
雨を降らすお金が無いってこともあるが、実際に降る雨じゃないからファンタスティックを狙う気なのだ。
大久保さんに意図を説明。モロモロ素材が上がる前の打ち合わせは出来た。
西條「そんなわけでこういったCGをお願いしたいんですけど出来るって事で考えてていいですね」
大久保さん「出来るって言うか、やる」
最近かっこいい人に会う機会がホント多い。。。
僕もかっこいいんだろうか!なんて鏡を見るとヒゲの剃り残しなんかあったりして。。。せめていい映画を作らなければ・・・いやいや、今回はいい映画じゃなく、挑戦的ですよ。どこまで挑戦的になれるかがカギだね。

About 2006年01月

2006年01月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2005年12月です。

次のアーカイブは2006年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.