« 素晴らしい上映だった! | メイン | ネットを外す »

ダンボールハウス

西條です。引越しの準備で家の中は
ダンボールだらけ。僕のすごいところは引越しして来た当初、
次の引越しを想定してダンボールを保有していたことだ。
ワレながらすごい。いちいちスーパーやコンビニに取りに行かなくていい。
そんな昔懐かしいダンボールを広げ、セクセクと荷造りに励む。
祝日は彼女も来て一緒に荷造り。おかげでほとんどの荷造りは終わった。あとは台所だけ。

 ダンボールに「ゆうパック」張られたラベルがある。
前に住んでいた住所が書かれてある。つまり何か送ってもらったときに、
ダンボールを取っておいたってことなのさ、引越しのタメに。
すごいね~僕って。と感心しつつもこんなにも取っておく必要は無いんじゃないかと思う量。
モノが減ったか?増えたような気がしているんだけどなあ。
まあとにかく後は台所。そして風呂、トイレ。
清掃期間に入ってゆくのだ。
来週の前半に清掃を済ます。
そして、いよいよ引越しだわさ!
あ~感慨深い。。。と部屋を改めて見渡してみると、汚れがチラホラ目立つ。。。
掃除頑張らねば!

 この前のTAMA映画祭で
ヨッシーから自主映画作家の白川さんを紹介された。
その昔、「眠る右手を」という映画をシネ北で見た。凄まじく長い作品であった。
しかし僕には撮れないと思わせる力があり、インターミッションにまでこだわっていた。
そんな白川さんと初対面。そして手渡された「SPICA」
白川映画新作である。白川さんはそのDVDを惜しげもなく皆さんに配っていた。
受け取ったとき予告編だろうと思ったのだが本編だと聞き、ビックリ仰天、そしてこれはラッキーだ!と盛り上がる。
帰りの電車で白川さんと話したが、明らかに僕は酔っていたようで、今から考えると初対面なのにざっくばらん過ぎたかなと少々後悔。もっと大人な僕で接すればよかった。。。なんか失礼なことを言ったんじゃないかなと少し不安が積もるも遠慮して手元にあるDVDを見ないわけには行かない。

 で「SPICA」を観た。
暗い短編である。映画なんだけど、僕はニュースを見ている気がした。
ニュースって衝撃を食らってもそのうち忘れますよね。イラクで殺された日本人旅行者のことや、日比谷線の事故や、言われれば、ああ、そんなことあったな、と思うものから、言われても、そんなことあったっけ、なニュースまで。僕らは情報を楽しみ、考察するけど、手にとってポケットにしまうってあんまり無いですよね。そんな余裕無いのかもしれないけど。伝えてるメディアもアレヨアレヨでニュースは新鮮第一というわけで。そんな忘れ去られたニュースの詳細を見せてもらっているような感じがした。
おそらく監督の意図した印象ではないのだろうけど僕にはそう映ったのだ。感想は人それぞれ自由なんで書いちゃうけど。というか個人のブログですから。
そんなわけで最後のカットなんかすごかったですよ、思いついても自信無きゃ撮れないカットだ。役者の福島さんも雰囲気いい。背中が丸まってるのが良かった。
ストーリーはドナー待ちの子供が9歳までしか生きられないのでその親がテレビ中継ジャックして助けてくれと訴える話。ぶっちゃけ、撮影上手い。

 そんな感じで深深と考え、
僕はまた梱包作業開始。昔のシナリオとかどうすれば捨てられるのか考えて、
結局一回読むことにした。
バイトの休憩中にワラワラと読む。大学時代に書いたものが大半なんだが、
ヘタクソ三昧だ。しかしたまに新鮮なものもあり、それは残しておくことに。
自分で自分が過去に書いた、まだワープロさえも持っていなかった手書きの時代、そんなシナリオを読むってのはなんともバカバカしく、なんとも懐かしい、なんとも情けなくも、なんとも力強いものだった。
誤字脱字はかなり多い。それはさっぱり変わっていない。。。

 このところ音楽を作っている人に連続して3回ほど遭遇している。
そんな縁が回ってきているのだろうか、新作も大体書きたいことが固まってきた。今のところ3本。シナリオが出来ているのが2本。出来ていないのが1本。長編にはしないぞ~!
パソコンはいつ梱包しようかしら。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年11月25日 10:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「素晴らしい上映だった!」です。

次の投稿は「ネットを外す」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.