« きんちゃんに会う | メイン | 1時間半だから困る »

ラスト・アクション・ヒーローを観る

西條です。
さっき金曜ロードショーでやっていた「ラスト・アクション・ヒーロー」を観た。
この映画、当時高校生だった僕は長野の長野ロキシーという劇場に見に行ったのだ。
あんまり宣伝も派手なものではなく、ストーリーも良くわからないままに見に行って、
あんまり面白くなかった印象を受け、その後シュワルツェネッガーから徐々に遠ざかっていった作品。
確か監督はジョン・マクティアナンだったんじゃないかな。多分。「ダイハード」の監督だ。
テレビでは何回か放送されている。
ずっとドラゴンボールの悟空の声をやっていた人が主人公の少年の声を担当していた。
今回は局が変わったのか知らないが、違う人が担当している。シュワちゃんは変わっていない気がする。
シュワちゃんが少年の家を訪ねるシーンがカットされていた気がする。
そのシーンだけがなんとなく印象深かったんだけども、ギャグが冴えてなくて。
そんな思い出深い作品「ラスト・アクション・ヒーロー」
改めて観ると結構面白い作品だ。
うん、ちょっとそんだけ書きたくなったから書いてみました。

 雨降ってますね。
秋雨というのは梅雨よりも降水量が多いらしい。
雨質が違うように思える。水滴がでかい感じがしませんか?気のせいかな。
気のせいかもしれないがまだまだ続くんだろうねこの雨天気。
僕の引越し大作戦を遮る問題児、いや問題水。何度も書いてますが、とにかく雨の日はロクなことがないと。いうことでしてジンクスでして。動かない方がいいんだよね、ホントマジで。

 それでも新作の話を島村君と会い、
打ち合わせ。結果、ロケ地と役者の都合により延期をしてみようか、ということになった。
予定しているロケ地は11月には雪が降ってきて車で移動できないらしい。
なかなかうまくいかんなあ。
まあしかし、一度にいっぱいのことをやろうとすると、全部できなくなりますから。
引越ししてから制作ということになるんでしょう。いいシナリオなんだけどなあ~
新作が延期になった変わりに、短編を作ろうか、
またいつもの西條だなあ。短編作るとか言って出来ないんだよね、
話が長くなっちゃって。
だから今回はシナリオじゃなくて画コンテから描いてみようと思います。
青春の~
いや、サスペンスの~
いやいや、ファンタジーの~
短編。
全然思いついてないってことですが。

 「恋鎖」の展開についていろんな人がいろんなことを言ってくれる。
自分の知らないことを教えてくれる人の話は面白い。逆にもう経験していることとかトクトク言われると疲れる。ああしなきゃダメだこうしなきゃダメだとか言われてももうやってるんだよね・・・なんて。
まだまだ甘いってことなんですが。売りがな~・・・無いってのが売り込み方を見つけられない要因。の一つ。僕の態度も迷い混じりだし。難しいな。まあ、なんとかなるだろう。動くことはやめない。
でも雨の日は動かないこともやめない。
延期になった新作のタイトルは「スターダスト・インタビュー」というとてもかっこいい題名なのです。
春に作ろ。新作もやめない。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2005年10月08日 00:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「きんちゃんに会う」です。

次の投稿は「1時間半だから困る」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.