« 2005年09月 | メイン | 2005年11月 »

2005年10月に書かれた日誌

2005年10月01日

液晶にした西條

西條です。
パソコンのモニターを液晶にしてみました。
なんせ西條組新作「恋鎖」の編集でまたも目をやられたので、
そろそろ気をつけていかないと何も見えなくなってしまうのではなかろうか、とね。
液晶モニターは目にいい、いいんじゃないね、目に優しい、あんまり疲れない、
ブラウン管よりも。でも映像編集には向いてない様子。色が違うんだって。
その違いを試すことにも興味あり。
編集はもうしないので、
ブラウン管のモニターを外し、液晶モニターを知人のお父さんから買った。

 知人のお父さん
エンジニアの人である。
西條組新作「恋鎖」の上映にも来てくれた。
なんせ知人が出演していますから。そう今作の出演者のお父さんでエンジニアなのだ。
実はこのパソコンもその人から買っている。カスタマイズしてもらいました。
このカスタマイズにより、「恋鎖」の編集は滞りなく進んでいったのであーる。

 液晶モニター
なかなかいいもんです。
薄いし軽いし、画面も綺麗だ。これから映像見てみますが、
大丈夫そうな予感もするなあ。バイト仲間に15インチを買うか、17インチを買うかで相談し、
17インチを購入。でっかいことはいいことだ。

 そんなわけで久しぶりに机の裏の
埃なんぞも取り除くことが出来、悠々自適。ではあるんだが、
隣のおじいちゃんがなんかたまに呻いているんだよねえ
そう、この前怒鳴り込んできたおじいちゃん。
その後、話をする機会もあり、まあうるさかったらやさしく言ってきてくれよ、
と笑顔で和解した気であったが、ここ最近またくすぶっている感じもする。
ぶっちゃけ僕はまだ怒っているんだけどね。相手もなんだか様子を伺っている様子。
そして最近風邪を引いたらしくうめいてるんだよね、たまに。
まいったなあ。
なんか嫌な感じがするんだよなあ。
まあ僕が考えたところでどうにもならないんだけどもさ。

 なんてことを考えていたら、
僕もこの家に住んで、結構古株になってきているよなと思い始めた。
思えば「そして、一人きり」のロケ地もここである。
それ以降の作品もかならずこの部屋が出てきている。
まいったなあ。「恋鎖」ではなんとか同じ部屋を使っていませんよ~
な雰囲気を作るのに一苦労した。照明とか。装飾とか生野君と一緒にがんばった。
なんて撮影のことばかりではなく、立地条件も隣人も悪いし、僕は長く住んでいるから
ここは一つ引越しを本腰入れて考えてみるかと思っている。
今年度で更新も切れる、いい機会かもしれない。

 本当は就職してから引っ越そうと思っていた。
しかし就職もままならない。次回の上映は今回のデータや経験があるのでそこまで大変でもないだろう。
そんなわけでネットで検索してみましたがいい物件はあるね!
でもネットや雑誌は大体エサだ、と思われるので、今度アパマンあたりに行ってきます。

 西條組新作「恋鎖」
こんなに気合入れた作品、作んなくてもいいじゃない、
と言った意見もありますが、そこまで気合の入った作品てわけではない。
結果的に気合を入れなきゃいけない状態にはなったけど、制作姿勢は毎回変わらないのだ。
ただ一つ違ったのはいつもより躊躇してたことだけどね。
個性的な作品だとも言われる。よく見せきったとも言われる。
全体的にはそれなりにいい評価ではある。
でも前作「アスリート」の方が好きだという意見もあり、
これはこれで嬉しい意見だった。そうなんすよ、「アスリート」だっていい作品なんですよ。
その前の作品だっていい作品なんす!
とか言いつつ最近上映の機会を全然作っていないので、へえ~、としか思われないだろうな・・・う~ん、上映しなきゃ。

 新作に入る前に環境を変えるのもいいかもね。
液晶モニターが来ただけで結構いい気分だし。日誌もはかどるわ。

2005年10月04日

きんちゃんに会う

西條です。
日曜日、融解座がありました。
融解座というのは自主映画を月1回、無料で上映するウズマキマキオ主催のフランクな上映会です。
毎回行ってみないとどんな作品を上映するのやらわからない。最近はわかるのか、HP観るとアップされています。今はP-kaftという自主映画団体が面白い自主映画を毎回発表しています。
僕もここでよく掛けてもらう。
「恋鎖」が落ち着いてやっと融解座に行き始めているような状態。
僕の場合、第一日曜日というのがなかなか都合付きにくいんですが、ここ最近はなんとか都合つけて行くようにしております。ここはザックバランになんでも話せる環境なんす。
行ってみたら
この日は融解座7周年記念の日。

 だったらしく、
少し遅く僕が行って上映作品を見ていたら、
井川さんの作品の後に、ウズマキマキオさんが花束贈呈されてクラッカーがパンパンと鳴った。
拍手喝さいで祝う一同。7年も自主上映を続けているってすごいもんね。最近は作品もバンバン出ているし、最新作のDVDは桁違いに売れそうな気配らしい。
そんな和気藹々の融解座。
以前から知り合いの諸江さんが今度劇場公開映画デビューをする!
すげーーー!
しかも持ち込んだ企画が通ったらしい。
かっこおいいじゃーないかー!!!
しかしホラー。僕はホラーが苦手なのだ。だって怖いじゃないか。
予告編観たら更に怖くなってしまった。がしかし、チケットは買った。う~ん、諸江さんの作品である。
怖いけど見に行こう。そんなわけで「死づえ」という作品です、イメージフォーラムでやるので皆さんも僕と一緒に怖がってください。

 そんなこんなで飲み会になる。
この前「恋鎖」上映に来てくれた方々とも話した。
福島さん曰く「作品を作る情熱と同じくらいその後の売込みをしたほうがいいね、だって作品作ってる時の自分て大変だったろ、そんな自分を助けてやろうとは思わんか」
そんな感じのことを言ってくれた。まったくその通りだなあと。売り込んでいきますよホントに。自分のためにも皆のためにも作品のためにもね、まだまだ頑張っちゃうぞ~
飲み会終盤にメールが来た。
きんちゃんからだ。

 きんちゃん。
正式には金ちゃん。
西條組前作「アスリート」で超高速炊飯器の発明に全力を注いでいた青年の役をした男である。
あんまり詳細は述べないが、その後彼は実家にトンボ帰りした。まあこっちにいられなくなったのである。
あんまり詳細は述べない。
そんな金ちゃんと連絡を取り合い、会ってきた。

 久々に会う金ちゃんは
去年より精悍になっているものの物腰は相変らず。
向こうからすれば、僕も相変らず。
金ちゃん「いやあ、1年前となんら変わらない西條さんを見て、なんだか安心しました」
いい事なんだか悪い事なんだか。ナカムツマしく池袋の公園で話す。
まっさらな状態にちゃんとなったらまた東京に戻ってくるらしい。そしたら飯でも食おうや、と約束し、僕はバイトへ。

 金ちゃんと会う前に
週間チンタイを買った。賃貸情報誌。間取りを見るのが大好きな僕は
今のバイトをする前に、不動産のバイトの面接に行ったりしたことがある。
尚且つ不動産の話を聞くのが好きだ。面白いよね、家って。部屋って。
僕は本気で引越しを考えている。
実はここ最近もめることが多い。隣人のおじいちゃんだけではなく、そのたモロモロ。
映画関係じゃない人ともモメたりしている、なんでだろう・・・
僕のせいか?そんなことはないと思うのだけれど。でもこの前の液晶モニターがやってきた時の気分をキッカケに、新しい生活を考え始めてしまったのだ。
とりあえず、訳のわからない状態になったら環境を変える。
それが一番。この引越しで誰とももめない僕を取り戻したいっす。
そんなわけで週間チンタイ。今度はね~換気扇のある台所で料理したいね。壁の厚いところがいいね、日当たりのいいところがいいね、なんて考えるとやはり家賃は高い。
収入は1年どころが何年も変わっていないのだった・・・横滑りでも都心に近くなりたいのだ!

2005年10月08日

ラスト・アクション・ヒーローを観る

西條です。
さっき金曜ロードショーでやっていた「ラスト・アクション・ヒーロー」を観た。
この映画、当時高校生だった僕は長野の長野ロキシーという劇場に見に行ったのだ。
あんまり宣伝も派手なものではなく、ストーリーも良くわからないままに見に行って、
あんまり面白くなかった印象を受け、その後シュワルツェネッガーから徐々に遠ざかっていった作品。
確か監督はジョン・マクティアナンだったんじゃないかな。多分。「ダイハード」の監督だ。
テレビでは何回か放送されている。
ずっとドラゴンボールの悟空の声をやっていた人が主人公の少年の声を担当していた。
今回は局が変わったのか知らないが、違う人が担当している。シュワちゃんは変わっていない気がする。
シュワちゃんが少年の家を訪ねるシーンがカットされていた気がする。
そのシーンだけがなんとなく印象深かったんだけども、ギャグが冴えてなくて。
そんな思い出深い作品「ラスト・アクション・ヒーロー」
改めて観ると結構面白い作品だ。
うん、ちょっとそんだけ書きたくなったから書いてみました。

 雨降ってますね。
秋雨というのは梅雨よりも降水量が多いらしい。
雨質が違うように思える。水滴がでかい感じがしませんか?気のせいかな。
気のせいかもしれないがまだまだ続くんだろうねこの雨天気。
僕の引越し大作戦を遮る問題児、いや問題水。何度も書いてますが、とにかく雨の日はロクなことがないと。いうことでしてジンクスでして。動かない方がいいんだよね、ホントマジで。

 それでも新作の話を島村君と会い、
打ち合わせ。結果、ロケ地と役者の都合により延期をしてみようか、ということになった。
予定しているロケ地は11月には雪が降ってきて車で移動できないらしい。
なかなかうまくいかんなあ。
まあしかし、一度にいっぱいのことをやろうとすると、全部できなくなりますから。
引越ししてから制作ということになるんでしょう。いいシナリオなんだけどなあ~
新作が延期になった変わりに、短編を作ろうか、
またいつもの西條だなあ。短編作るとか言って出来ないんだよね、
話が長くなっちゃって。
だから今回はシナリオじゃなくて画コンテから描いてみようと思います。
青春の~
いや、サスペンスの~
いやいや、ファンタジーの~
短編。
全然思いついてないってことですが。

 「恋鎖」の展開についていろんな人がいろんなことを言ってくれる。
自分の知らないことを教えてくれる人の話は面白い。逆にもう経験していることとかトクトク言われると疲れる。ああしなきゃダメだこうしなきゃダメだとか言われてももうやってるんだよね・・・なんて。
まだまだ甘いってことなんですが。売りがな~・・・無いってのが売り込み方を見つけられない要因。の一つ。僕の態度も迷い混じりだし。難しいな。まあ、なんとかなるだろう。動くことはやめない。
でも雨の日は動かないこともやめない。
延期になった新作のタイトルは「スターダスト・インタビュー」というとてもかっこいい題名なのです。
春に作ろ。新作もやめない。

2005年10月13日

1時間半だから困る

西條です。
雨降り続いて全然引越しの下見にいけないのですが、
東武練馬ってすごいね。知ってます?東武練馬。
ネットで検索したら8畳風呂付マンションが6万とかで借りられます。恐るべし東武練馬。
思わず心が動いてしまった。僕の希望はもっともっと海に近いところなのに。
そんなわけでモンモンとネット検索で物件を探す毎日ですが、
ネットや賃貸誌はエサが多い、と今の部屋を借りる時に不動産の人にも言われたんで、
行ってみてみないとわからんもんなんですよね。
8畳とか言っても天井がメチャクチャ低かったりするかもしれんしね。
そんなわけで今日晴れたんですけど、
昨日の深夜に映画を観てしまったので遅起き。
日当たりとかは観れ無さそうな時間帯だ。

 毎日ネット検索で家を探しているといっても空いた時間に気晴らし的に観ているのです。
今一番の問題はDVD。
ソデさんとかスエーデンの太田さんに送るように頑張っているんですけどね、なかなか出来ない。
3月や4月あたりにも頑張ってたんですけど、
新しいDVDオーサリングソフトを買ったので、そっちのほうがいいので、
なんとかそっちでやりたいと。
でもなかなか上手くいかないのですよ。1時間半もあると。
ビットレートももう一回試さなきゃいけないし。予告編を入れたいとも思ったので、
余計に時間が掛かった。
でアクセクアクセク、僕がアクセクしてたんじゃなくパソコンがアクセクしてくれたんですけども。
やっと~出来た~
やっと焼けたー
でもビットレートがあまり良くないので、
手持ちのところとかパラパラしてる~あ~・・・
まあこれが、限界だ!4.7GBの限界を見た!

 そんなわけでこれからバイト。
その前にDVDを郵送しようと思います。
スエーデンまでってどのくらい掛かるんだろう。いや、その前に、この住所で本当に付くんだろうか。
書いたことも無い住所だ。住所に;なんてついている。外国って進んでるねえ。
住所と言えば、京都の住所って見たことありますか?みなさん。
お暇でしたら郵便局の郵便番号帳などを参照してみてください。とんでもない住所が多いです。是非住んでみたくなりますよ。

 そんなわけで今まで書いていた新作が延期になり、
はてさて。どうしようか。また新しいの書くか。
で書いてみた。
青春映画。4畳半映画を作りたくないと思っている僕なので、
オールロケで行きたい。そっちの方が楽だし。
CGも使いたい。楽しそうだし。
ハードボイルドに行きたい。青春映画なのに。
そんなこんなで書いてみた。22分のシナリオ。
お~
我ながら、

雑だ!

「恋鎖」の一遍を短くしたような話ですが、
ちょっとまた誰かに観てもらおう。広がればいいんだけどもね。

ブルージーなインディーズバンドを募集しております。曲が映像に合ってるものを見たいと言う方。
是非聞かせてください!CD買います!

そんなわけで
次第に寒くなってきましたね。長袖を着る季節。
顎関節症で汁物が無いと食事が取れない僕なのでありますが、なんとか年末までに健康を取り戻したい。今年はなんだか左半身が変だ。湿疹も左半身、顎関節症も左半身、ハゲてきているのも左頭皮だ。
う~ん、つまり右脳がどうかしているんだろけどもね。
まあまだ30過ぎなんで気の持ちようで何とか・・・サクセスするぞ!

2005年10月18日

カゼッピキ

西條です。
アロアオェ!
風邪をね、引いてしまいましたよ。ここ最近雨ばっかり降っているので。
そんな最中飲みに行くからこんなことになるのかしら。
いやいや、きっとタバコの吸い過ぎで喉から風邪菌が入ったのさ。
なんにしても風邪。
今はしゃべることがままならない。こんな時、メールって便利ね~

 土曜、
僕はウズマキさんに誘われてボクシングに行った。
初めてのボクシング観戦。その前に初めて乗車する南北線。大江戸線並みに地下に降りる。
かなり歩くなあ、二度と乗りたくないぞこの電車~
乗車するときドアが2つ開く。着いた先、後楽園駅。出ると土砂降り。
その最中をホールまで歩く。
なかなか着かない、場所がわからない。案内の人に聞いたりしてやっとみんなと会う。
遅れてきたので謝り、エレベーターでホールへ。
リングサイドのすごくいい席である。試合もいい試合が多く、エキサイティング。
「KO~センセイショ~ン!」
アナウンサーまでもかっこいいリングの魔力。

 その後飲み。
結局福島さんの家でヨッシーと朝まで飲む。
朝になっても雨が降っている。僕は~雨が~嫌いなのに~
しょうがない。荻窪に着くと止んでいた。ラッキー!猛スピードで帰り、速攻で寝る。
起きる。
うっ
気持ち悪い、最近代謝が悪くなっているから二日酔いになりやすい。
時間は押し迫っている。コンタクトを目ン玉に放り込み、京橋へ。
う~ん、気持ち悪い。
松田さんや飯野さんなど5人の監督さんが取ったオムニバス映画「Born in the 5」を観る。
すごい画面が綺麗っすよ。話もいいしね。
5本の作品中、4本が恋愛モノ。「恋鎖」ももっと短くなったら入れてもらえたのかしら、
とか思ったり。上映中地震。直下型で結構揺れた。が会場外はあんまり気づかなかったらしい。
家に帰ると棚のものが落っこちている、引越し早くしなければ!
打ち上げに参加したいと思ったのだが、かなりの混雑ブリで落ち着くまでには時間がかかりそうだ。
二日酔いで飲める状態でもない。
王子で田井ちゃんの芝居があったので、そっちに行った。2部構成の芝居らしかったが、半分は間に合わない。一幕、観させていただく。
非常にシュールな作品だった。話はわからなかったがそれなりにいい時間を過ごせ、また芝居を見に来たのは久しぶりだ、と小屋の雰囲気にも浸り、昨日二度と乗るか、と思った南北線に乗って家まで帰った。

 で起きたら風邪。
悪寒がひどく震えが止まらない。
しょうがないのでしぶしぶパブロンを飲む。僕は薬が嫌いなのだ。
薬は速攻で利き、料理を作れるまで回復。風呂まで炊いて、日誌を書き始めた今この瞬間、
効能が切れそうな気配がしています。ああ・・・うう・・・寒い・・・れいんぼー!

 まあそんなわけでね
西條組新作「恋鎖」の次回上映もフツフツと決まってきました。
でも京橋で伊東さんにも言われちゃったけど、過去の作品ももっと積極的に上映せんといけんね。
身銭を投げ打って。
福島さんが言っていた言葉の一つ。
「宣伝費に集客が跳ね返る」
本当なんだろうか。と段々実証したくなってきております。
「そして、一人きり」と「アスリート」を一緒に流したって問題ないですよね?多分、2時間近くになっちゃうけど。そんなことを考えつつさっきまで、今は段々何も考えられなくなってきています。ああ・・・うう・・・
明日も、雨か?明日が、山だ。

2005年10月25日

TAMA映画祭に入選

西條です。
「恋鎖」がTAMA映画祭に入選しました。
11月20日(日)に上映ということで、詳細はメール来るらしいのですが、
TAMA CINEMA FORUMのページに詳細すでに載っております。
今日明日中にも「恋鎖」ページを更新するぞー
そんなわけで「恋鎖」次回上映は11月20日と言うことであります。
聖跡桜ヶ丘駅近くの会場なんでそこら辺に住んでいる皆様、是非!

 それにしても良かったですね、入選するところがあって。
上映時間の関係でなかなか応募できる映画祭も無く、良かった~
「恋鎖」以外に5作品上映します。飯野さんの「ガソリンゼロ」や松田さんの「お散歩」なんかも
同時上映。他にも面白そうな作品ばかりですから楽しみにしててね。

 そんなわけで、
風邪はかなりの回復を見せ、
僕は元気はつらつで日誌を書いている。
まだ咳が収まらないが、それにしても今回の風邪は一生涯で一番しんどかった。
なんせ食欲がわかない。僕は食欲がわかない風邪を引いたことが無いのだが、
今回初めて、食欲が無い辛さを知った。
いや腹は減るんですけどね、食えなんですよね。米が喉を通らない。
何も喉を通らない。しょうがないのでチョコレートとか食べていた。
だるさや頭痛、関節の痛み、すごい勢いで襲い掛かってきた。
まあなんでしょう、今年の風邪は要注意です。喉から来るらしいですよ今年は。
タバコで痛まっている人、注意してね。

 雨がさっぱり止まなかったのも治らない原因の
ひとつであった。土曜日に太陽が出て、やっと体が動かせるまでになった。
太陽ってすばらしい。僕はなんとか日当たりのいい部屋に引っ越そうと思っています。
雨と風邪で一向に進まない引越し先決め。
僕の住みたい町はどこじゃ~
いろんなこと考えるとやっぱり引っ越すと生活が今より多少苦しくなりますが、
今年は更新なので、なんとか新生活を決めようと思います。

 風邪の最中、
「21g」という映画と「200本のタバコ」
と言う映画を無理やり見た。
「21g」
ナオミ・ワッツが可愛い。しかし映画としては斜に構えすぎていて好きじゃなかった。
「200本のたばこ」
マーサ・プリンプトンが可愛い。まあまあ・・・な感じ。まあこっちの方が明るい作品だから好きかなあ。
僕の次回作は是非とも明るい作品に成って欲しいものだ。
風邪の最中考えた話をプロットにしてみる。
なかなか上出来だ。そしてシナリオを書き出してみる。いい感じだ、いい感じだ!!!
とノリノリで途中まで書くもいきなり意気消沈。手を止めて違う話を考えてみたりする。
まあ一本は書いてあるからね、2本目のシナリオってものはなんか違うことしたく成っちゃうわけですよ。
そんなわけで、元気を取り戻した僕であります。明日からまた曇りの日がづつくようですが、
気持ちまで曇らぬよう、お互い楽しい瞬間を見つけていこうぜ。
とりあえずは11月20日の「恋鎖」上映が楽しみだぜ。楽しみにしてー!

2005年10月27日

変わっていくのか

西條です。
秋雨はいつになったら落ち着いてくれるのだろうか。
雨嫌いの僕は風邪の咳を引きずりつつ、引越しについて考えている。
あそこがいいんじゃないか、いや、ここなんじゃないか、あれやこれや
大体今より高い家賃のところ借りてやっていけるのか?やっていかねばしょうがないんだけど。
いい加減バイト生活も飽きてきているので環境を変える第一歩としてもこの引越しは重要だ。
だから家賃が払えないなら払える職場を探せと自分に言い聞かせ。
でもねえ、なかなか映画制作しつつとなると難しいものよ、千円、二千円がね。

 そんなわけでアパマンショップに行こうとしたら
この曜日は定休日らしくやっていない。
なので引越し先候補地を下見するか、と自転車で池袋方面に行く。
その昔、もう何年昔かしら、僕は日本大学芸術学部に通っていた。
あの頃は桜台に住んでいた。
練馬に住むと練馬から離れられなくなるので、非常に敬遠しているのだが、
最終的にはやっぱ練馬っしょ、とかいうことにもなるやもしれん、
とか考えつつ日大のある江古田を通過、日大の前を通過して小竹方面に行こうとした。
駅近くの日大芸術学部は工事している。江古田校舎は古いので新しく立て直すと言っていた。
見たことの無いプレハブのようなものが構内の三角公園があった場所にドッカリできている。

おお

へえ

 そのすぐ近くに新しい正面玄関。
ほほ~、こんなところに正門が出来たんだねえ。
で自転車を走らせつつ横見。改築しているけど雰囲気は変わって無さそうだな、
と懐かしめに見ていたら、突然ぽっかりと空間。歯科医が開けた。
本校舎が無い・・・うっそーマジで~
僕の記憶では正面玄関を抜けてすぐに本校舎、左に図書館、右に大講堂。
本校舎と図書館が影も形もなくなっている。
右にずれた、ということなんだろうか。とにかく元の場所には何もない。
あれま~・・・
で更に練馬総合病院近くから見ると、
とんでもない状態になっている。
ぽっかり空いた空間。空が青い。
中庭のクレーターにクレーンが下りて更に巨大な穴を建造している。
おお・・・何がどうなるんだこれ・・・
通学している人はこの工事現場を校舎から見れるんだろなあ、いいなあ。
とりあえずクラブの部室とか無いんだろうねもう。

 変わってゆく街江古田。
変わっていくならここも引っ越し候補になりえるなあ。
要町の方まで行き、椎名町を抜けて落合、江原町を通過し、帰ってきた。
ここら辺の町並みは落ちついてていいねえ。
しかし西武新宿線も捨てがたい。東武東上線には遊び心満載の部屋が多いし、なんならいっそ池袋!
う~ん、迷うねえ。迷ってばかりの人生さ。変わらねば!

About 2005年10月

2005年10月にブログ「新・西條組監督日誌」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2005年09月です。

次のアーカイブは2005年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.